goo

年度毎にやるか、それとも教科をしぼるか

過去問の話です。

例えば4教科校だとして、年度毎に算数、国語、理科、社会とやっていくか。

算数だけまず2012、2011、2010、とやっていくか。

前者のメリットは、全体でどう点をとっていくか、というイメージがわきやすくなる。例えば算数ではこのくらい、国語でまあ、この程度。理科はこうで、・・・という感じ。

一方算数だけしぼると、その教科の出題傾向がしっかり身についてくる。

ただ、私は年度ごとに進んでいった方が良いかなと思います。というのは、結局、合格は合計点で決まる。つまり、合計点でどのくらいをたたき出すか、そのためには各科目はどうあるべきか、ということを戦略として持つべきだと思うからです。

今の段階だとまだ、知識は十分に覚えていない。算数もまだ不十分。ただ、算数が6割とれて、理科社会であと30点伸ばせば合格点に届く、というようなイメージが湧くと、それこそ理科社会の勉強にも力が入りやすい。

算数だけ、国語だけ、とやっていくと、最終的に嫌いな社会が5年分残ってしまう。「あー、やりたくない」という気持ちが先に出てきてしまうと、なかなか進まない。

とはいえ、教科毎にしぼってやってもメリットはありますから、すでに始めている場合は敢えて計画を変更する必要はありません。

秋にはやはり、年度ごとに進んでいった方が良いでしょう。今は、まだじっくり取り組む時期ですから、それほどやり方にごだわる必要はない。

むしろ、一問一問じっくりと解いていってほしいと思います。


==============================================================
今日の田中貴.com

浮力の問題
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

2012東京都私立学校展 進学相談会
==============================================================






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 何かを見つけ... 過去問につい... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。