goo

とにかく式を書く

そろばんをやってた、とか、暗算が得意、とか、まあ、そういう子に限って式を書こうとしない。

気持ちはわかりますね。式を書くのがまどろっこしいのです。だって、頭の中で計算が進むのだから。

しかし、こと、入学試験である限り、記述式であろうと、そうでなかろうと式は書くべきです。

なぜか?

途中の過程を調べられるから。

例えば、人数が分数になってしまった場合。

暗算でやっているとどこまでもどるかわからない。面倒だから、最初からまたやり直す、ということになるでしょう。

しかし、式が書いてあれば、どこで間違えたか、わかりやすい。実際には直前の計算が間違っていることだってあるのです。

だから、とにかく式を書くことが大事です。

記述の練習をせずとも、式を書いて、出た数字が何かを書けば、立派な答案になっていますから。


==============================================================
今日の田中貴.com

場合の数の問題
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

付属校から他大学を受ける
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 算数が突然で... 普通にやればいい »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。