goo

テストのやり方を考える

模擬試験で子どもたちの解く様子を見ていると、スタート直後から鉛筆がカタカタ動く音が聞こえ始めます。

算数は最初に計算問題があることが多く、これを最初から一気に解き始めている、という感じなのですが、しかしまずしなければいけない音は問題用紙をめくる音だと思うのです。

つまりいったい何問出ているのか。最後の問題はどこにあるのか。どんな問題がでているのか。最初に全体を把握する。

その上で、これはできそうだな、とか、これはおもしろそうだな、という問題にしるしをつける。あるいはちょっと後回しにしようかな、という問題もあってもいいかもしれない。

一気に計算を始めると、うまくいったときはいいですが、答えが変な分数になったりすると、あせってしまいがち。

そこで時間をロスして慌ててしまい、最後のページを見過ごしてしまう、みたいなことも起こるものです。

急いては事をし損じる。

わけですから、すべての教科について、やはりまずは全体を見直して多少なりとも作戦を考えた方が良いでしょう。

良く言われるのは、国語は漢字から始めるという方法。

これもひとつの作戦ですし、問題文をすぐ読み始めるのではなく、問題から読む、という方法もあるでしょう。

試験時間は限られてはいるものの、逆にうまい使い方をすることで「取り得る点数を全部取る」ことにつながっていきますから、テストのやり方をぜひ考えてください。

中学受験、合格して失敗する子、不合格でも成功する子
クリエーター情報なし
株式会社 邦学館



=============================================================
今日の田中貴.com

グラフを上手に使う
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

小学校の教科書
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 過去問の得点... なぜ学校別対... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。