goo

レパードSの傾向分析(その3)

過去5年の3着以内の血統を調べると、以下に
分類できます。

分類1:父がサンデー系、
分類2:母系がサンデー系
分類3:サンデー系血統を持たず、父または、
    母系がミスプロ系
分類4:上記血統以外

過去の該当数は以下のとおりです。
分類1:  6頭 (3着以内の40%)   1着:2頭、2着:2頭、3着:2頭
分類2:  0頭 (同     0%)           1着:-   、2着:-    、3着:-
分類3:  6頭 (同    40%)          1着:2頭、2着:1頭、3着:3頭
分類4:  3頭 (同    20%)          1着:1頭、2着:2頭、3着:-

(感想)
分類1は3着以内全体の40%を占めます。
サンデー系の血統を持つ分類1、分類2の合計は全体の40%です。
母方がサンデー系血統の馬が3着以内に入ってません。
少なくても1頭連対した回数は分類1、分類3、分類4が3回でトップタイです。
低水準で拮抗してます。

また、分類1、分類2を含めると、ミスプロ系の血統を持つ馬が
5回、1頭以上3着以内に入ってます。(注1)
次点は、ノーザンダンサーの血統を持つ馬で4回です。(注2)
同じく、ナスルーラの血統を持つ馬で4回です。(注3)

そして、今年の出走馬の分類は以下のとおりです。
分類1:(5頭)
エピカリス (注2)
スターストラック
トラネコ (注2)
サルサディオーネ (注1)
テンザワールド (注1)

分類2:(5頭)
タガノグルナ (注1)
イブキ (注1)
シゲルコング (注3)
テイエムアンムート (注3)
ノーブルサターン (注3)

分類3:(3頭)
タガノカトレア (注1)
ブライトンロック (注1)(注2)
タガノディグオ (注1)

分類4:(2頭)
ローズプリンスダム
ハルクンノテソーロ (注2)

(感想)
今年はサンデー系血統を持つ分類1、分類2の合計は
全体の67%を占めます。

注意の分類は今回の出走予定のうちの87%を占めます。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小倉記念の傾向分析(その4)

過去5年の3着以内の血統を調べると、以下に
分類できます。

分類1:父がサンデー系、
分類2:母系がサンデー系
分類3:サンデー系血統を持たず、父または、
    母系がミスプロ系
分類4:上記血統以外

過去の該当数は以下のとおりです。
分類1:11頭 (3着以内の73%)   1着:5頭、2着:2頭、3着:4頭
分類2:  4頭 (同   27%)          1着:-   、2着:3頭、3着:1頭
分類3:  0頭 (同     0%)          1着:-   、2着:-   、3着:-
分類4:  0頭 (同     0%)          1着:-   、2着:-   、3着:-

(感想)
分類1は3着以内全体の73%を占めます。
サンデー系の血統を持つ分類1、分類2の合計は全体の100%です。
勝った馬はすべて父がサンデー系血統です。
また、サンデー系血統を持たない馬しか3着以内に入ってないです。
少なくても1頭連対した回数は分類1が5回でトップです。
また、分類1、分類2を含めると、ノーザンダンサー系の血統を持つ馬が
5回、1頭以上3着以内に入ってます。(注1)
次点は、ミスプロの血統を持つ馬で3回です。(注2)

そして、今年の出走馬の分類は以下のとおりです。
分類1:(8頭)
スピリッツミノル (注1)
タツゴウゲキ (注1)
ヴォージュ
カフジプリンス
フェルメッツァ
フェイマスエンド (注2)
ケイティープライド (注1)
クランモンタナ

分類2:(2頭)
ベルーフ (注1)
サンマルティン (注1)

分類3:(3頭)
シャドウパーティー (注2)
ストロングタイタン (注2)
バンドワゴン (注2)

分類4:(0頭)
なし

(感想)
今年はサンデー系血統を持つ分類1、分類2の合計は
全体の77%を占めます。

注意の分類は今回の出走予定のうちの69%を占めます。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

レパードSの前日最終オッズ

レパードSの前日最終オッズ   
1  3  5   エピカリス                C.ルメール      1.6
2  8 15  タガノディグオ           川島信二           6.3
3  7 12  ハルクンノテソーロ     大野拓弥           8.6
4  8 14  テンザワールド           岩田康誠         11.8
5  1  1  タガノグルナ               江田照男         14.8
----------------------------------------------------------------
6  2  3  イブキ                       北村宏司         24.2
7  4  6  スターストラック         津村明秀         33.2
8  7 13 ノーブルサターン         鮫島良太         33.5
9  4  7  トラネコ                    武豊               37.1
10 3 4  タガノカトレア            菱田裕二         50.2
----------------------------------------------------------------
11 5 9  サルサディオーネ         吉田豊            50.3
12 2 2  ローズプリンスダム      木幡巧也         52.3
13 6 11 ブライトンロック         田中勝春        89.2
14 5 8   シゲルコング              柴田大知        98.1
15 6 10  テイエムアンムート    柴田善臣       136.6

(感想)
1人気はエピカリスで 1.6倍です。
断然人気です。
海外遠征帰りで時差ボケがなければ、勝ち負けはできるはず。
猫だましクリストフがミスをしなければ。

2人気はタガノディグオで6.3倍です。
押し出された感じの2人気です。
アタマを狙った場合、凡走もありえます。
着狙いならギリギリの可能性もあります。
どっちだろね。

3人気はハルクンノテソーロで8.6倍です。
切れ味勝負なら、上位だと思います。
勝ち負けできるかどうかは展開次第のような気がします。

10倍未満は3頭です。といってもオッズ上は1本かぶりです。
最低人気は136.6なので、3着以内に入るのは苦戦しそうな気がします。

余談ですが、明日の早朝に鷲見ちゃんが出演する番組が放送されます。
先週は別の人が出演してたので、今週は出演してほしいね。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小倉記念の前日最終オッズ

小倉記念の前日最終オッズ   
1 7 10   ストロングタイタン      川田将雅         4.1
2 6  8    サンマルティン           戸崎圭太         5.2
3 2  2    タツゴウゲキ              M.デムーロ   5.6
4 8 13   バンドワゴン              和田竜二         7.5
5 4  5    フェルメッツァ           北村友一       10.6
----------------------------------------------------------
6 3  3    ヴォージュ                松若風馬        10.7
7 1  1    スピリッツミノル       幸英明           11
8 5  6    ベルーフ                   D.ホワイト  14
9 4  4    カフジプリンス          中谷雄太        16.8
10 7 11  ケイティープライド    鮫島克駿        25.6
----------------------------------------------------------
11 8 12  クランモンタナ          熊沢重文        34.9
12 6 9    シャドウパーティー    浜中俊          40.4
13 5 7    フェイマスエンド       松山弘平       82.9

(感想)
1人気はストロングタイタンで 4.1倍です。
若干押し出され気味の1人気です。
格下馬なのに、今回のレベルが低いので、
期待込みで人気してるのかも。

2人気はサンマルティンで5.2倍です。
こちらも格下馬です。
ストロングタイタンと同様だね。

3人気はタツゴウゲキで5.6倍です。
こちらも格下馬です。
ミルコのパワーでどこまで持ってこられるかな。

10倍未満は4頭です。
最低人気は82.9倍なので、どの馬にも3着以内に入る可能性はあると思います。

余談ですが、世界陸上の中継が始まってます。
日本人は苦戦しているので、残念です。
そもそも、欧米、アフリカ人と日本人では体格、筋肉の質が異なるので、
ガチで競争したら勝ち目はないです。
科学が進歩しているう現代なので、体格、筋肉の質で不利なアジア人に
ハンデを与えてくれなければ、欧米、アフリカ人と対等な勝負にならないと
思います。
そんなことは、おそらく世界の大半の人が知っているのに、
何も改善しないルールのまま争っています。
スポーツを通じて、運営団体の金儲け、世界平和のため、とか理由はあるのかも
しれませんが。
不公平な勝負では興味がわかないね。

明日は、かわいい里帆ちゃんが出演するドラマと旅ずきんの放送はありません。残念だね。
世界陸上なんか、観ないよん。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

レパードSの傾向分析その2(続き)

1.レパードSの騎手別連対数一覧('09~'16)
               1着 2着 3着 連対 複勝
戸崎           2      1     0      3       3
武豊           1      1     0      2       2
幸              1      0     1      1       2
柴田善        0      0     2      0       2
田辺           0      0     2      0       2
内田博        0      0     2      0       2
松岡           1      0     0      1       1
大野           1      0     0      1       1
北村宏        1      0     0      1       1
岩田           1      0     0      1       1
蛯名           0      1     0      1       1
川田           0      1     0      1       1
吉田豊        0      1     0      1       1
津村           0      1     0      1       1
和田           0      1     0      1       1
----------------------------------------
引退           0      0     1      0       1
上記以外の  0      1     0      1       1   
外国人
---------------------------------------
計             8       8     8    16      24
(感想)
複数回連対は戸崎、武豊のみです。
複数回3着以内は、連対騎手と幸、柴田善、田辺、内田博のみです。

上記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。

************************************

上記の騎手の今年の騎乗予定馬は以下のとおりです。

(〇)は上記とおり、複数回3着以内があり。
武豊        トラネコ  (〇)
柴田善      テイエムアンムート (〇)  
--------------------------------------
大野        ハルクンノテソーロ  
北村宏     イブキ  
岩田        テンザワールド  
吉田豊     サルサディオーネ  
津村       スターストラック

(外国人 参考)
ルメール エピカリス

(感想)
過去に3着以内に入ったことのある騎手が
今年7人騎乗予定です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小倉記念の傾向分析その3(続き)

1.小倉記念の騎手別連対数一覧('07~'16)
               1着 2着 3着 連対 複勝
和田           2      1     2     3        5
武豊           1      1     2     2        4
浜中           2      0     1     2        3
川田           0      3     0     3        3
池添           1      0     0     1        1
酒井           1      0     0     1        1
松若           1      0     0     1        1
藤岡佑        0      1     0     1        1
熊沢           0      1     0     1        1
柴田大        0      0     1     0        1
田辺           0      0     1     0        1
太宰           0      0     1     0        1
----------------------------------------
引退           2      1     2     3        5
上記以外の   0      2     0    2        2   
外国人
---------------------------------------
計             10    10   10     20    30

(感想)
複数回連対は和田、武豊、浜中、川田のみです。
複数回3着以内は、連対騎手のみです。

あくまで過去の話ですが、上記の複数回3着以内に入った騎手は
過去10年のうち、9年、少なくても1人3着以内に入っています。
プチテッパンだね。

上記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。

************************************

上記の騎手の今年の騎乗予定馬は以下のとおりです。

(〇)は上記とおり、複数回3着以内があり。
和田  バンドワゴン (〇)
浜中  シャドウパーティー (〇) 
川田  ストロングタイタン  (〇)
--------------------------------
松若  ヴォージュ 
熊沢  クランモンタナ 
  
(外国人 参考)  
ホワイト       ベルーフ 
Mデムーロ    タツゴウゲキ

(感想)
過去に3着以内に入ったことのある騎手が
今年5人騎乗予定です。

 









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )