goo

チャンピオンズCの傾向分析(その3)

1.チャンピオンズCの騎手別連対数一覧('06~'15)
レース名変更前のデータも対象に含める

               1着 2着 3着 連対 複勝
川田           1      2      1      3       4
岩田           0      3      0      3       3
和田           2      0      0      2       2
小牧           1      0      1      1       2
池添           1      0      1      1       2
Mデムーロ   1      0      1      1       2
ルメール     0      2      0      2       2
福永           0      0      2      0       2
武豊           1      0      0      1       1
秋山           1      0      0      1       1
太宰           0      1      0      1       1
浜中           0      0      1      0       1
幸              0      0      1      0       1
鮫島良        0      0      1      0       1
大野           0      0      1      0       1
----------------------------------------
引退            1     2      0      3       3       
上記以外の  1     0      0      1       1
外国人
----------------------------------------
計             10    10   10     20    30

(感想)
複数回連対は、川田、岩田、和田、ルメールのみです。
複数回3着以内は、連対騎手と小牧、池添、Mデムーロ、
福永です。
複数回3着以内の騎手の数は、他のレースと比べると、
多いです。
ユーイチは、どうかと思いますが、他の騎手は、
結構、追える騎手のような気がします。

記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ステイヤーズSの傾向分析(その3)

1.ステイヤーズSの騎手別連対数一覧('06~'15)

               1着 2着 3着 連対 複勝
北村宏        1      2     2      3       5
横山典        3      1     0      4       4
吉田豊        1      1     1      2       3
三浦           1      0     1      1       2
松岡           1      0     0      1       1
田辺           0      1     0      1       1
ルメール     0      1     0      1       1
川島           0      1     0      1       1
藤岡佑        0      1     0      1       1
戸崎           0      1     0      1       1
内田博        0      0     1      0       1
柴田善        0      0     1      0       1
村田           0      0     1      0       1
石橋脩        0      0     1      0       1
----------------------------------------
引退            0     1     2      1       3       
上記以外の  3     0     0      3       3
外国人
----------------------------------------
計             10    10   10     20    30

(感想)
複数回連対は、北村宏、横山典、吉田豊のみです。
複数回3着以内は、連対騎手と三浦のみです。

複数回3着以内の騎手は、関東所属の、中堅以上の
騎手のみです。
当該レースは、関東で行われのが影響しているのかも。

あと、ルメールを含めて、外国人の騎手も
好成績です。
日本人と比べ、体力やパワーがありそうなのが、
よいのかも。

上記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

タガノトネールの不幸について

タガノトネールは、チャンピオンズCの前哨戦に快勝し、
本番のレースに出走予定でした。

しかし、今日の調教中に故障したため、安楽死となりました。

同馬は、セン馬だったので、繁殖はできなかったのですが、
G1で勝ち負けできる可能性もあったので、残念でした。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チャンピオンズCの傾向分析(その2)

06、07:東京 ダート2100m
08~13:阪神 ダート1800m
14、15:中京 ダート1800m
06~13は、今年と異なる条件での
施行だが、対象に含める。

チャンピオンズCの馬券圏内ベスト3

1着数ベスト3
1位1人気
2位多数あり

2着数ベスト3
1位多数あり

3着数ベスト3
1位1人気
2位多数あり

連対数ベスト3
1位1人気
2位3人気
2位6人気
3位多数あり

複勝数ベスト3
1位1人気
1位3人気
3位多数あり

***(新項目)***
1着の人気数
7 (平均回数:1.42)

2着の人気数
6 (平均回数:1.67)

3着の人気数
9 (平均回数:1.11)

連対の人気数
9  (平均回数:2.22)

複勝の人気数
11  (平均回数:2.72)

(感想)
1人気と4人気がトップタイです。
1人気は、
勝ち数:1位、連対数:1位、複勝数:1位と、
他の人気馬と比べ、高水準かつ安定しいます。

1~3人気で複勝数全体の43%を占めます。
これらのうちの少なくても1頭3着以内に入った回数は
10回です。テッパンだね。
これらのうち、2頭3着以内に入った回数は
2回です。

さらに、1~5人気のうち、2頭3着以内に入った回数は
6回です。

複勝圏内に入った人気の数は11で
過去10年の平均出走頭数は15.8頭です。
16個の人気に対して、69%の人気で
少なくても1頭3着以内にはいっています。

3着以内の13%は下位人気です。
もっと突き詰めれば、下位人気が少なくても1頭
3着以内に入った回数は4回です。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ステイヤーズSの傾向分析(その2)

ステイヤーズSの馬券圏内ベスト3

1着数ベスト3
1位1人気
2位多数あり

2着数ベスト3
1位2人気
1位4人気
2位多数あり

3着数ベスト3
1位2人気
1位4人気
2位多数あり

連対数ベスト3
1位1人気
2位4人気
3位2人気

複勝数ベスト3
1位1人気
1位4人気
2位2人気
3位7人気

***(新項目)***
1着の人気数
7 (平均回数:1.42)

2着の人気数
6 (平均回数:1.67)

3着の人気数
8 (平均回数:1.25)

連対の人気数
9  (平均回数:2.22)

複勝の人気数
11  (平均回数:2.72)

(感想)
1人気と4人気がトップタイです。
1人気は、
勝ち数:1位、連対数:1位、複勝数:1位タイと、
他の人気馬と比べ、安定しいます。
他の人気との比較すると、安定していますが、
他のレースと比べると、まずまずといった感じです。
4人気は省略します。

1~3人気で複勝数全体の43%を占めます。
これらのうちの少なくても1頭3着以内に入った回数は
9回です。プチテッパンだね。
これらのうち、2頭3着以内に入った回数は
4回です。

さらに、1~5人気のうち、2頭3着以内に入った回数は
8回です。

複勝圏内に入った人気の数は11で
過去10年の平均出走頭数は14.7頭です。
15個の人気に対して、73%の人気で
少なくても1頭3着以内にはいっています。

3着以内の10%は下位人気です。
もっと突き詰めれば、下位人気が少なくても1頭
3着以内に入った回数は3回です。

余談ですが、今日のクローズアップ現代のMCは、
鎌倉さんです。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

金鯱賞の傾向分析(続き)

枠順は、確定していませんが、
今年の登録馬の馬齢毎の分類は以下の  
とおりです。

期待度:〇→△→◇→×→☆
                  複勝の期待度
ヤマカツエース         牡4                         〇
リアファル               牡4                         〇
----------------------------------------------------------
スズカデヴィアス      牡5                         〇
トーホウジャッカル   牡5                         〇
パドルウィール         牡5                         〇
ヴォルシェーブ         牡5                         〇
シュンドルボン         牝5                         〇
----------------------------------------------------------
サトノノブレス         牡6                         △
トルークマクト         牡6                         △
プロモントーリオ      セ6                         △
レコンダイト            牡6                         △
デニムアンドルビー    牝6                         △
----------------------------------------------------------
マイネルラクリマ      牡8                         -
ムスカテール            牡8                         -

(感想)
上記の馬のうち、回避、除外になる馬がいるかも
しれません。
 
今年は、3歳の登録がなく、今年登録している、8歳は
実績がないので、3世代の争いになりそうな気がします。








                        

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チャンピオンズCの傾向分析(続き)

枠順は、確定していませんが、
今年の登録馬の馬齢毎の分類は以下の  
とおりです。

期待度:〇→△→◇→×→☆
                  複勝の期待度
ゴールドドリーム           牡3                    ◇
ラニ                            牡3                    ◇
-------------------------------------------------------  
アポロケンタッキー        牡4                    ◇
カフジテイク                 牡4                    ◇
モーニン                       牡4                    ◇
ノンコノユメ                 セ4                    ◇
-------------------------------------------------------
アスカノロマン              牡5                    〇
メイショウスミトモ         牡5                    〇
モンドクラッセ              牡5                    〇
ロワジャルダン              牡5                    〇
-------------------------------------------------------
アウォーディー              牡6                    △
コパノリッキー              牡6                    △
ブライトアイディア        牡6                    △
サウンドトゥルー           セ6                    △
タガノトネール             セ6                    △
-------------------------------------------------------
ブライトライン             牡7                    ×
ホッコータルマエ           牡7                    ×

(感想)
上記の馬のうち、回避、除外になる馬がいるかも
しれません。
 
過去の傾向で、3着以内の期待度が高いのは、5歳ですが、
今年は、他の世代と比べると小粒なメンバーのような気も
します。

結果はどうなるかな。







                   

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ステイヤーズSの傾向分析(続き)

枠順は、確定していませんが、
今年の登録馬の馬齢毎の分類は以下の  
とおりです。

期待度:〇→△→◇→×→☆
                  複勝の期待度
モンドインテロ            牡4                       〇
---------------------------------------------------------
ウインインスパイア      牡5                       △
スズカデヴィアス         牡5                       △
プレストウィック         牡5                       △
マドリードカフェ         牡5                       △
アルバート                 牡5                       △
---------------------------------------------------------
サムソンズプライド      牡6                       ◇
タマモベストプレイ      牡6                       ◇
プロモントーリオ         セ6                       ◇
---------------------------------------------------------
カムフィー                  牡7                     ×
ジャングルクルーズ      セ7                       ×
---------------------------------------------------------
マイネルメダリスト      牡8                       ×
ファタモルガーナ         セ8                       ×
---------------------------------------------------------
サイモントルナーレ      牡10                     ×

(感想)
上記の馬のうち、回避、除外になる馬がいるかも
しれません。
 
今年は、3歳の登録がありません。
それも影響していますが、馬齢が若いほど、3着以内に
入る可能性は高いです。

今年は高齢馬の爆走があるのかな。








         

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

金鯱賞の傾向分析

金鯱賞の馬齢別連対数一覧('12~'15)
冬場の開催に変更後のみを対象とする。
変更前は、5月だったので、半年たったら、
意味ないじゃん、ということです。

       1着  2着  3着  連対  複勝
3歳    0     2     0    2      2
4歳    3     1     1    4      5
5歳    1     1     3    2      5
6歳    0     1     1    1      2
7歳    1     0     0    1      1
---------------------------------
合計   5     5     5  10     15

(感想)
連対数を比較すると、
4歳  > 3歳、5歳 > 6歳、7歳 の順です。

トップは、4歳で、全体の40%を占めます。
古馬の主力の4歳、5歳の合計で全体の60%を
占めます。

勝ち馬の数を比較すると、
4歳がトップです。
2番手は5歳、7歳です。
差は2です。
4歳は今がピークになりがちなのが影響しているのかも。
もちろん、馬それぞれの、早熟、大器晩成の個性は、
あると思いますが。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

4歳:3回
3歳:2回
5歳:2回
6歳:1回
7歳:1回

4歳がトップです。
4歳は5年間のうち、3回少なくても1頭が連対しています。
4歳が連対しなかった年は、5歳と3歳、7歳と6歳で決着しています。
残りの世代で1頭すつ連対しています。
データ数が、通常の半分なので、偏りはないのかも。

ファクターは少し異なりますが、
過去10回分の牝馬の3着以内の回数はありません。
牝馬限定の最高峰のエリ女が済んで間もないし、
最近は、牝馬路線も充実しているので、牡牝混合の当該レースに
出走する牝馬は少ないのかも。

余談ですが、昨日、レース後の予想結果、おさらいを
投稿したので、投稿回数をUP出来ました。

次回の100区切りの投稿回数の達成は、来週かな、と思っていましたが、
今週には、余裕で達成できそうです。
今年は、もう1ヶ月あるので、来週以降に、さらに、もう100回投稿できれば
いいかな、とも思っています。
どんなに、投稿好きなのかよっ!!!!!
↑三村つっこみ









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チャンピオンズCの傾向分析

チャンピオンズCの馬齢別連対数一覧('06~'15)
06、07:東京 ダート2100m
08~13:阪神 ダート1800m
14、15:中京 ダート1800m
厳密にいえば、今年と同条件は、2年分のみです。
細かいことは、気にしないで、過去10年分を
対象とする。

       1着  2着  3着  連対  複勝
3歳     1    2     2     3      5
4歳     2    1     2     3      5
5歳     5    4     2     9     11
6歳     2    2     3     4      7
7歳     0    1     1     1      2
---------------------------------
合計  10  10   10    20    30

(感想)
連対数を比較すると、
5歳  > 6歳 > 3歳、4歳、7歳 の順です。

トップは、5歳で、全体の45%を占めます。
古馬の主力の4歳、5歳の合計で全体の60%を
占めます。

勝ち馬の数を比較すると、
5歳がトップです。
2番手は4歳、6歳です。
差は3です。
机上の計算では、2年に1回の割合で5歳が勝つことに
なります。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

5歳:6回
3歳:3回
6歳:3回
4歳:2回
7歳:1回

5歳がトップです。
5歳は10年間のうち、6回少なくても1頭が連対しています。
5歳が連対しなかった年は、6歳と6歳、4歳と3歳、4歳と4歳、
6歳と3歳で決着しています。
4回のうち、2回、3歳、4歳、6歳のいずれかが少なくても
1頭連対しています。
連対する可能性は、5歳の一人勝ち状態です。
次点は、7歳以外の世代で、拮抗しています。

ファクターは少し異なりますが、
過去10回分の牝馬の3着以内の回数は以下のとおりです。
1着:1回、2着:0回、3着:0回
合計に対する割合は以下のとおりです。
1着:10%、2着:0%、3着:0%

昨年は、牝馬が勝ちました。
一説によると、当該レースに出走するため、当初引退の予定を
延期したと、メディアを通じて聞きました。
ミルコマジックや、相手関係など、複合要因が重なったのが、
よかったのかも。

余談ですが、今日のクローズアップ現代のMCは、
杉浦さんです。生放送だと、土日と合わせて、
3連投だね。(TV出演という意味です。)

内容は、緩めだと思います。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ