goo

オーシャンSの傾向分析

オーシャンSの馬齢別連対数一覧('06~'15)
       1着  2着  3着  連対  複勝
4歳    2     2     2     4      6
5歳    4     1     4     5      9
6歳    1     5     1     6      7
7歳    2     1     0     3      3
8歳    1     1     3     2      5
---------------------------------
合計  10  10   10    20    30
(感想)
連対数を比較すると、
6歳 > 5歳  > 4歳 > 7歳  > 8歳の順です。

本来、古馬の主力は4歳、5歳だと思いますが、
年があけてまもないので、5歳、6歳を主力と
します。(いつかは4、5歳にかえなければ)
その5歳、6歳の合計で全体の55%を占めます。

7歳と8歳で計5連対しており、全体の25%を占めます。

勝ち馬の数を比較すると、
トップは5歳です。
しかし、2番手との差はわずか2です。
さらに4~8歳全て1頭以上勝っています。
どの世代の馬でも勝つ可能性はあります。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

6歳:5
4歳:4
5歳:4
7歳:3
8歳:2

6歳が10年間のうち、5年で少なくても1頭が連対しています。
とはいえ、4、5歳との差はわずか1なので、ズバ抜けれいるわけではありません。

6歳が連対しなかった年は、
8歳と4歳、5歳と4歳、5歳と7歳、5歳と5歳で4歳と8歳で決着しています。
5回のうち、4歳が3回、5歳が3回、少なくても1頭連対しています。
合わせ技でいえば、5回いずれも5歳以下の馬が少なくても1頭連対しています。

ファクターは少し異なりますが、
過去10年の牝馬の3着以内は以下のとおりです。
1着:1回、2着:3回、3着:0回です。

1~3着に占める牝馬の割合は、以下のとおりです。
1着:10%、2着:30%、3着:0%です。









 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2月時点の予想成績

今日でフェブラリーともお別れです。
明日からはマーチです。

予想結果の集計は年末にまとめて行っていました。
しかし、なぜハズシテしまったのか。
を分析しなければ、的中を増やせないので、
現時点の的中数を数えてみました。

共同通信杯の予想はハズレていたのですが、
本文には的中と記載していました。
タイトルに的中したとは書いていないので、
単純な記載ミスでした。ごめんね。ごめんね~。

1月分:6レース的中/11レース中
2月分:6レース的中/12レース中
----------------------------------
合計:12レース的中/23レース中
的中率:52%

フェブラリーのモーニンをヒモ予想。
ダイヤモンドSのファタモルガーナはずし予想。
アーリントンCのレインボーラインはずし予想。
などなど、余裕で的中できていたはずのレースを
ハズシテしまいました。

なので、上手に予想していれば、もっと成績はUP
しているはずなのです。
反省しろ。オレ。

とはいえ、過去のことは変えることはできないので、
未来の成績を上げるしかないです。

一昨年、昨年の3月終了時の成績は以下のとおりです。

14 1~3月:16レース的中/36レース中   的中率:44%    
15 1~3月:16レース的中/36レース中   的中率:44%
偶然同じ成績です。

16の3月は14のレースが施行される予定です。
3月に5レース的中すれば、昨年、一昨年の同時期の
的中率を超えれます。

同じく、5レース的中すれば、的中数も超えることができます。

しかし、全部的中するつもりだし、昨年の年間成績も
超えたいので、月間で最低50%の的中率はキープできるように
しっかりと分析しようと思います。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

弥生賞の登録馬

弥生賞の登録馬(13頭) G2 3歳 馬齢 中山2000m(内回り)
アドマイヤエイカン
イマジンザット
ヴィガーエッジ
エアスピネル
エディクト
ケンホファヴァルト
シャララ
タイセイサミット
プレイヤーサムソン
マカヒキ
-----------------
モウカッテル
モーゼス
リオンディーズ
(感想)
さつき賞の優先出走権を争うレースです。
昨年暮れに対決したリオンディーズとエアスピネルの
再戦になります。
両馬で決まるのか。もしくは別の馬が割って入るのか。
楽しみだね。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チューリップ賞の登録馬

チューリップ賞の登録馬(20頭) G3 3歳牝 馬齢 阪神1600m(外回り)
アドマイヤリード
アリアカンタービレ
ヴィブロス
ウインファビラス
エルビッシュ
カイザーバル
クィーンズベスト
グランドサッチャー
クリノラホール
クロコスミア
------------------
サクレディーヴァ
ジュエラー
シンハライト
デンコウアンジュ
フォールインラブ
ブライスガウ
ブランボヌール
ラベンダーヴァレイ
リルティングインク
レッドアヴァンセ
(感想)
桜花賞の優先出走権を争うレースです。
本番で女王(あの馬)と対戦する権利を争うわけなのです。
ジュエラーちゃんは気になりますが、
女王のお友達のレッドアヴァンセ、シンハライトの走りも
注目ですね。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オーシャンSの登録馬

次の土日の重賞は、土曜日に2つ、日曜に1つ
予定しています。

クラシックのトライアルレースがあり、興味深いね。
先週もヘビーだったので、早めに投稿しよう。
巻いていこう!!!!!!!

オーシャンSの登録馬(19頭) G3 4歳上 別定 中山1200m(外回り)
アフォード
アルビアーノ
エイシンブルズアイ
カハラビスティー
ゴールドペガサス
サカジロロイヤル
スカイキューティー
スギノエンデバー
スノードラゴン
セイコーライコウ
-------------------
セカンドテーブル
トータルヒート
ネロ
ハクサンムーン
ブラヴィッシモ
フレイムヘイロー
ヘニーハウンド
ベルルミエール
ワキノブレイブ
(感想)
出走した場合、アルビアーノが気になります。













コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2/28WIN5予想結果(タイム差なしなので、98%的中してるんや)

2/28WIN5予想結果
阪神10R:3、6、7、9          →的中
中山10R:2、5、7、9、11   →ハズレ。
小倉11R:1、3、7、10、12  →的中
阪神11R:3、5、9、11、13  →的中
中山11R:2、3、5、6、9   →的中

2レース目は、ゴール寸前まで注目馬が先頭だったので、
的中できるかな。と思ってみていたら、差されて、
クビ差の2着になりました。

2着馬もハズレはハズレなので、ダメなわけですが、
残りの4頭の予想がダメだったわけです。
しっかり反省しろよ。オレ。

上記の1着馬の騎手は以下のとおりです。
阪神10R:武豊
中山10R:勝浦
小倉11R:藤岡佑
阪神11R:松山
中山11R:Mデムーロ

配当は76,850でした。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

阪急杯の傾向分析その4(おさらい)

阪急杯の勝ち馬の単勝オッズ(06~15) 
オッズ            該当数  
--------------------  
1~4.9倍        4頭
5~9.9倍        3頭
10倍~19.9倍  2頭
20倍~29.9倍  0頭
30倍~39.9倍  1頭
40倍~49.9倍  0頭
50倍~         0頭
--------------------  
合計              10頭

・今年の1着馬のオッズは3.8倍でした。
オッズ別では1位の分類でした。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

阪急杯の傾向分析その3(おさらい)

今年の騎乗予定馬は
以下のとおりです。
四位 ヒルノデイバロー
武豊 オメガヴェンデッタ
岩田 レッツゴードンキ
川田 ブラヴィッシモ
池添 ティーハーフ

(外国人参考)
ヴェロン     ダノンシャーク
フォーリー   マイネルエテルネル


・レース結果
1着:ミッキーアイル    松山
2着:オメガヴェンデッタ 武豊 
3着:ブラヴィッシモ    川田

上記の5人の騎手のうち、2人が
今年、馬券圏内に入りました。

現在、負傷で療養中の 浜中っちも
過去に3着以内の実績がありました。
タラレバは禁物ですが、ケガがなければ、
ミッキーアイルの主戦騎手なので、
騎乗していたはずでした。

結果はどうなったかわかりませんが。

早くよくなってね。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

阪急杯の傾向分析(おさらい)

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

4歳:6回
5歳:6回
6歳:3回
8歳:2回
7歳:1回

4歳または、5歳が10年間のうち、それぞれ6年で少なくても1頭が連対しています。

4歳が連対しなかった年は、
8歳と5歳、5歳と5歳、5歳と5歳、5歳と6歳で決着しています。
4回のいずれも5歳が少なくても1頭連対しています。

5歳が連対しなかった年は、
7歳と4歳、4歳と6歳、4歳と8歳、6歳と4歳で決着しています。
4回のいずれも4歳が少なくても1頭連対しています。

4歳または、5歳のいずれか1頭が連対する可能性は100%のテッパンだね、

ファクターは少し異なりますが、
過去10年の牝馬の3着以内は以下のとおりです。
1着:0回、2着:2回、3着:3回です。

1~3着に占める牝馬の割合は、以下のとおりです。
1着:0%、2着:20%、3着:30%です。

2、3着であれば、少し可能性はあります。
マッチョの牡馬を負かす牝馬はいないだろね。

・レース結果
1着:5歳、2着:5歳、3着:4歳でした。
今年は、(少なくても1頭連対回数トップタイの)5歳のワンツーフィニッシュでした。










 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

阪急杯の予想を的中したよん。

阪急杯の予想結果
注目馬                              着   人気
ミッキーアイル     (軸) 1着固定、2着、3着押さえ   1着   1人気
ブラヴィッシモ     (軸) 1着固定、2着、3着押さえ    3着   5人気
レッツゴードンキ   (軸) 1着固定、2着、3着押さえ    6着  2人気
ミッキーラブソング (軸) 1着固定、2着、3着押さえ    4着  3人気
オメガヴェンデッタ (軸) 1着固定、2着、3着押さえ    2着  4人気
マイネルアウラート (相手) 2、3着押さえ              12着  9人気
ティーハーフ       (押さえ) 2、3着押さえ              13着 10人気
ダイワマッジョーレ (押さえ) 2、3着押さえ              14着 11人気

1着(的中)、2着(的中)、3着(的中)なので、的中です。!!!!!!!!

前日のアーリントンCは、全然的中できるイージーな結果だったのに、
へたへた予想をしてしまったオレ。
さらに阪急杯は過去6年、全然余裕で的中しなければいけないケースも
あったのに、へたへた予想をして、ハズレていたオレ。

そういう状況でレースを観ました。
1人気のミッキーアイルがスタートダッシュよく、先頭にたち、
後続を引き連れて、進み、影を踏ませず、そのままゴールしました。
3歳時の強いミッキーアイルに戻ったような気がしました。

1着の予想はそれで的中だったのですが、
2、3着争いが際どくなりました。
Liveでみた映像では対象馬の中で一番外から追い込んだサドンストームの
脚色がよかったので、3着に入ってしまい、ハズレたと思いました。
オメガの内にブラヴィッシモ、外にサドンストームだったので、
ブラヴィッシモとサドンストームのどちらが先着したのかわかりませんでした。
リプレイを見ると、サドンストームがわずかに先着したようにも見えました。

レース結果で、3着がヴラヴィッシモだったのを見たときは本当にうれしかったです。
ようやく、阪急杯の3連単予想を的中できたからです。

配当は18,050でした。

タラレバは禁物ですが、サドンストームは4着同着になりました。
人気がなかったので、3着同着になって、オレが選んでいれば、
高配当だったのに・・・。と思いました。
今回は的中できたけど、二けた着順になった馬を選んでいたので、
反省しよう。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ