goo

チャレンジCの出走馬確定

チャレンジC
サトノクロニクル
ジョルジュサンク
スーパーマックス
デニムアンドルビー
ニシノジャーニー
ブレスジャーニー
プリメラアスール
マイネルミラノ
マサハヤドリーム
メドウラーク
-----------------------
モンドインテロ
レッドソロモン
(感想)
混戦模様になりそうな気がします。
とはいえ、少頭数だし、的中しなければ・・・・。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ステイヤーズSの出走馬確定

ステイヤーズS
アルバート
カムフィー
グランアルマダ
サイモントルナーレ
シホウ
シルクドリーマー
デルマサリーチャン
フェイムゲーム
プレストウィック
プロレタリアト
(感想)
少頭数になりそうです。
18頭のフルゲートと比べると、
絞りやすいはず。
的中しなければ・・・。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チャンピオンズCの確定枠順

チャンピオンズCの確定枠順
1 1 コパノリッキー         牡7 田辺
1 2 ケイティブレイブ      牡4 福永
2 3 ミツバ                    牡5 松山
2 4 ノンコノユメ           セ5  Cデムーロ
3 5 メイショウスミトモ   牡6 吉田隼
3 6 モルトベーネ            牡5 秋山
4 7 ロンドンタウン         牡4 岩田
4 8 グレンツェント         牡4 ボウマン
5 9 ゴールドドリーム       牡4 ムーア
5 10 キングズガード        牡6 藤岡康
6 11 アウォーディー        牡7 武豊
6 12 カフジテイク           牡5 ルメール
7 13 テイエムジンソク     牡5 古川
7 14 サウンドトゥルー     セ7 大野
8 15 アポロケンタッキー   牡5 内田博
8 16 ローズプリンスダム   牡3 戸崎
(感想)
1人気はどの馬がなるのかな。
岩田のロンドンタウン、ジャイアンのアウォーディーは中目、
古川のテイエムジンソク、大野のサウンドトゥルーは外目の枠に
なりました。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ステイヤーズSの傾向分析(その4)

1.ステイヤーズSの騎手別連対数一覧('07~'16)
               1着 2着 3着 連対 複勝
横山典        3      1     0      4       4
北村宏        1      2     1      3       4
吉田豊        1      1     1      2       3
三浦           1      0     1      1       2
松岡           1      0     0      1       1
戸崎           0      1     0      1       1
田辺           0      1     0      1       1
蛯名           0      1     0      1       1
藤岡佑        0      1     0      1       1
川島           0      1     0      1       1
柴田善        0      0     1      0       1
石橋脩        0      0     1      0       1
内田博        0      0     1      0       1
ルメール     0      0     1      0       1
村田           0      0     1      0       1
---------------------------------------
引退           0      1     2      1       3
上記以外の
外国人         3     0     0      3       3
---------------------------------------
計             10    10   10   20      30

(感想)
複数回連対は横山典、北村宏、吉田豊のみです。
複数回3着以内は、連対騎手と三浦のみです。

上記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チャンピオンンズCの傾向分析(その4)

1.チャンピオンズCの騎手別連対数一覧('07~'16)
JCダートのデータも含む
               1着 2着 3着 連対 複勝
ルメール     2      1      1      3      4
武豊           1      2      0      3      3
幸              1      0      2      1      3
和田           0      2      1      2      3
大野           1      0      1      1      2
小牧           0      1      1      1      2
岩田           0      0      2      0      2
Mデムーロ   1      0      0      1      1
酒井           1      0      0      1      1
横山典        0      1      0      1      1
田中博        0      1      0      1      1
---------------------------------------
引退           3      2      2     5       7
---------------------------------------
計             10    10   10   20      30

(感想)
複数回連対はルメール、武豊、和田のみです。
複数回3着以内は、連対騎手と幸、大野、小牧、岩田のみです。

東京ダート2100m、阪神ダート1800mのデータを含みますが、
傾向が今年当てはまるのかどうか注目だね。

上記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チャレンジCの傾向分析(その2)

題記の件、当該レースは2012に12月の施行に変わり、
昨年まで、外回りの1800mのハンデ戦でした。
しかし、今年から内回りの2000mの別定戦に変わります。
なので、同じG3のレースですが、別物のレースに
なる可能性もあります。
胴元は、意地が悪いね。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チャンピオンズCの傾向分析(その3)

チャンピオンズCの馬券圏内ベスト3('07~'16)

1着数ベスト3
1位1人気
2位6人気
3位多数あり
難解率30%

2着数ベスト3
1位3人気
1位5人気
1位6人気
1位8人気
2位多数あり
難解率70%

3着数ベスト3
1位1人気
2位多数あり
難解率60%

連対数ベスト3
1位1人気
2位6人気
3位3人気

複勝数ベスト3
1位1人気
2位3人気
2位6人気
3位5人気

***(新項目)***
1着の人気数
6 (平均回数:1.67)

2着の人気数
6 (平均回数:1.67)

3着の人気数
9 (平均回数:1.11)

連対の人気数
9  (平均回数:2.2)

複勝の人気数
12  (平均回数:2.5)

(感想)
1人気がトップです。
1人気は、
勝ち数:1位、連対数:1位、複勝数:1位と、
他の人気馬と比べ、高水準かつ安定しいます。

1~3人気で複勝数全体の43%を占めます。
これらのうちの少なくても1頭3着以内に入った回数は
10回です。テッパンだね。
これらのうち、2頭3着以内に入った回数は
3回です。

さらに、1~5人気のうち、2頭3着以内に入った回数は
6回です。
複勝圏内に入った人気の数は12で
過去10年の平均出走頭数は15.8頭です。
16個の人気に対して、75%の人気で
少なくても1頭3着以内にはいっています。
3着以内の17%は下位人気です。
もっと突き詰めれば、下位人気が少なくても1頭
3着以内に入った回数は5回です。

難解になるかどうかはフィフティフィフティだね。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ステイヤーズSの傾向分析(その3)

ステイヤーズSの馬券圏内ベスト3('07~'16)

1着数ベスト3
1位1人気
2位多数あり
難解率40%

2着数ベスト3
1位4人気
2位2人気
3位多数あり
難解率30%

3着数ベスト3
1位2人気
2位多数あり
難解率40%

連対数ベスト3
1位1人気
2位4人気
3位多数あり

複勝数ベスト3
1位1人気
2位2人気
2位4人気
3位多数あり

***(新項目)***
1着の人気数
7 (平均回数:1.43)

2着の人気数
7 (平均回数:1.43)

3着の人気数
8 (平均回数:1.3)

連対の人気数
9  (平均回数:2.2)

複勝の人気数
11  (平均回数:2.7)

(感想)
1人気がトップです。
1人気は、
勝ち数:1位、連対数:1位、複勝数:1位と、
他の人気馬と比べ、安定しいます。

1~3人気で複勝数全体の47%を占めます。
これらのうちの少なくても1頭3着以内に入った回数は
9回です。プチテッパンだね。
これらのうち、2頭3着以内に入った回数は
4回です。

さらに、1~5人気のうち、2頭3着以内に入った回数は
8回です。
複勝圏内に入った人気の数は11で
過去10年の平均出走頭数は14.8頭です。
15個の人気に対して、73%の人気で
少なくても1頭3着以内にはいっています。
3着以内の10%は下位人気です。
もっと突き詰めれば、下位人気が少なくても1頭
3着以内に入った回数は3回です。

余談ですが、今日は超美人の平原さんがMCの番組の放送日です。
MLBがシーズンオフになり、週1回の放送になったので、
さみしいね。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チャンピオンズCの傾向分析その2(続き)

枠順はまだ確定していませんが、
今回の登録馬の馬齢毎の分類は以下の  
とおりです。

期待度:〇→△→◇→×→☆→♡
              複勝の期待度  1着の期待度

サンライズソア           牡3            ◇                    -
サンライズノヴァ        牡3            ◇                    -
ローズプリンスダム     牡3            ◇                    -
---------------------------------------------------------------------
グレンツェント           牡4            ◇                    ◇
ケイティブレイブ        牡4            ◇                    ◇
ゴールドドリーム        牡4            ◇                    ◇
ロンドンタウン           牡4            ◇                    ◇
---------------------------------------------------------------------
アポロケンタッキー     牡5            〇                    〇
カフジテイク              牡5            〇                    〇
テイエムジンソク        牡5            〇                    〇
トップディーヴォ        牡5            〇                    〇
ミツバ                      牡5            〇                    〇
モルトベーネ             牡5            〇                    〇
ノンコノユメ             セ5            〇                    〇
---------------------------------------------------------------------
アスカノロマン          牡6            △                    △
キングズガード          牡6            △                    △
ピオネロ                   牡6            △                    △
メイショウウタゲ       牡6            △                    △
メイショウスミトモ    牡6            △                    △
---------------------------------------------------------------------
アウォーディー          牡7            ×                    -
コパノリッキー          牡7            ×                    -
サウンドトゥルー       セ7            ×                    -
---------------------------------------------------------------------
スリータイタン          セ8            -                    -
(感想)
今のところ5歳の登録数が多いです。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チャンピオンズCの傾向分析(その2)

チャンピオンズCの馬齢別連対数一覧('07~'16)
'07東京ダート2100m、
'08~'16阪神ダート1800mも対象に含める。
       1着  2着  3着  連対  複勝
3歳    0    2      2     2      4
4歳    2    1      1     3      4
5歳    5    3      3     8     11
6歳    3    3      3     6      9
7歳    0    1      1     1      2
---------------------------------
合計  10  10   10   20     30

(感想)
連対数を比較すると、
5歳 >  6歳 > 4歳 > 3歳 > 7歳の順です。

古馬の主力の4歳、5歳の合計で全体の55%を占めます。

勝ち馬の数を比較すると、
5歳がトップです。
2番手は6歳です。
差は2です。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

5歳:5回
6歳:4回
3歳:2回
4歳:2回
7歳:1回

5歳がトップです。
5歳は10年間のうち、5回少なくても1頭が連対しています。
3歳が連対しなかった年は、6歳と6歳、4歳と3歳、4歳と4歳、
6歳と3歳、6歳と6歳で決着しています。
5回のうち、4回、6歳が少なくても1頭連しています。
なので、5歳または、6歳が少なくても1頭連対する可能性は90%に
なります。プチテッパンだね。

ファクターは少し異なりますが、
過去10回分の牝馬の3着以内の回数は以下のとおりです。
1着:1回、2着:0回、3着:0回
合計に対する割合は以下のとおりです。
1着:10%、2着:0%、3着:0%
牝馬がマッチョのダート馬で勝ち負けする可能性は低い傾向です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ