goo

天皇賞春の傾向分析(おさらい)

天皇賞春の馬齢別連対数一覧('07~'16)

       1着  2着  3着  連対  複勝
4歳    4     2     4     6     10
5歳    3     4     2     7      9
6歳    3     2     2     5      7
7歳    0     1     2     1      3
8歳    0     1     0     1      1
---------------------------------
合計  10    10  10   20    30

(感想)
連対数を比較すると、
5歳  > 4歳 > 6歳  >  7歳、8歳  の順です。

古馬の主力の5歳、6歳の合計で全体の60%を
占めます。
若干、5歳が他の世代よりも連対数が多いですが、
4~6歳が連対する可能性はほぼイーブンといえよう。

そろそろ、古馬の主力の定義を見直さなければ。
あくまで目安にすぎないですが。

勝ち馬の数を比較すると、
4歳がトップです。
2番手は5歳、6歳です。
差はわずか1です。
4~6歳が勝つ可能性はほぼイーブンといえよう。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

5歳:6回
6歳:5回
4歳:4回
7歳:1回
8歳:1回

5歳がトップです。
5歳は10年間のうち、6回少なくても1頭が連対しています。
5歳が連対しなかった年は、4歳と4歳、6歳と7歳、
4歳と4歳、4歳と8歳で決着しています。
4回のうち、3回は4歳が少なくても1頭連対しています。

ファクターは少し異なりますが、
過去10回分の牝馬の3着以内はありません。
中距離までなら牡馬相手にG1を勝つ馬はたまに
いますが、3000mでトップレベルの牡馬相手に
スタミナ+瞬発力で勝負するのは負が悪いのかも。

(レース結果)
1着:5歳、2着:5歳、3着:4歳でした。
少なくても1頭連対回数トップの5歳は今年も連対しました。
さらに、ワンツーフィニッシュでした。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

天皇賞春の傾向分析その3(おさらい)

1.天皇賞春の騎手別連対数一覧('07~'16)

               1着 2着 3着 連対 複勝
蛯名           2     1      1      3       4
武豊           1     2      1      3       4
池添           0     1      2      1       3
松岡           1     1      0      2       2
岩田           1     1      0      2       2
福永           0     1      1      1       2
横山典        1     0      0      1       1
石橋脩        1     0      0      1       1
内田博        0     1      0      1       1
北村宏        0     1      0      1       1
田辺           0     0      1      0       1
四位           0     0      1      0       1
和田           0     0      1      0       1 
----------------------------------------
引退           2     1      1      3       4
上記以外の
外国人        1      0      1      1      2
---------------------------------------
計             10    10   10     20    30

(感想)
複数回連対は蛯名、武豊、松岡、岩田です。
複数回3着以内は、連対騎手と池添、福永のみです。

上記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。

********************************************
上記の騎手の今年の騎乗予定馬は以下のとおりです。

(〇)は上記とおり、複数回3着以内があり。

蛯名    ディーマジェスティ (〇)
武豊    キタサンブラック (〇)
岩田    アドマイヤデウス (〇)
福永    シュヴァルグラン (〇)
-----------------------------
横山典 ゴールドアクター
田辺    シャケトラ
四位    トーセンバジル
和田     ワンアンドオンリー
 
(外国人 参考)
ルメール  サトノダイヤモンド
Mデムー  レインボーライン
 
(感想)
過去に3着以内に入ったことのある騎手が
今年8人騎乗予定です。
今年はどうなるかな

(レース結果)
1着:武豊    キタサンブラック (〇)
2着:福永    シュヴァルグラン (〇)

上記の8人の騎手のうち、2人の騎手が
今年、3着以内に入りました。

岩田騎手のアドマイヤデウスは惜しい4着でした。
来年、どの馬に騎乗するか分かりませんが、
注意が必要なのかも。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

天皇賞春の傾向分析その4(おさらい)

過去5年の3着以内の血統を調べると、以下に
分類できます。

分類1:父がサンデー系、
分類2:母系がサンデー系
分類3:サンデー系血統を持たず、父または、
    母系がミスプロ系
分類4:上記血統以外

過去の該当数は以下のとおりです。
分類1:13頭 (3着以内の87%)   1着:5頭、2着:4頭、3着:4頭
分類2: 0頭 (同    0%)            1着:-   、 2着:-   、3着:-
分類3: 0頭 (同    0%)            1着:-   、 2着:-   、3着:-
分類4: 2頭 (同   13%)           1着:-    、2着:1頭、3着:1頭

(感想)
分類1は3着以内全体の87%を占めます。
サンデー系の血統を持つ分類1、分類2の合計は全体の87%です。
少なくても1頭連対した回数は分類1が5回でトップです。
テッパンだね。

そして、今年の出走馬の分類は以下のとおりです。
分類1:(11頭)
シャケトラ
キタサンブラック
スピリッツミノル
ファタモルガーナ
シュヴァルグラン
タマモベストプレイ
ディーマジェスティ
プロレタリアト
ワンアンドオンリー
サトノダイヤモンド
レインボーライン

分類2:(5頭)
ラブラドライト
アルバート
アドマイヤデウス
トーセンバジル
ヤマカツライデン

分類3:(1頭)
ゴールドアクター

分類4:(1頭)
なし

(感想)
今年はサンデー系血統を持つ分類1、分類2の合計は
全体の94%を占めます。

今年は分類4の馬が出走しません。
過去の傾向で不振の分類2と分類3が3着以内にはいるのか、
それとも、分類1が独占するのか、注目だね。
後者になった場合、傾向通りということになります。

(レース結果)
1着:キタサンブラック (分類1)
2着:シュヴァルグラン (分類1)
3着:サトノダイヤモンド (分類1)

少なくても1頭連対回数トップの分類1は
今年も連対しました。
さらに、サンデー系血統の父を持つ分類1の馬が今年、3着以内を
独占しました。

ディープの息子のサトノダイアモンドは連対できませんでした。
優等生のキタサンが強すぎたのかもしれませんが。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

天皇賞春の傾向分析その5(おさらい)

天皇賞春の勝ち馬の単勝オッズ('07~'16)

オッズ            該当数 
-------------------- 
1~4.9倍        3頭
5~9.9倍        3頭
10倍~19.9倍  2頭
20倍~29.9倍  0頭
30倍~39.9倍  0頭
40倍~49.9倍  1頭
50倍~      1頭
-------------------- 
合計              10頭
(感想)
10倍未満が勝つ可能性は
60%です。

(レース結果)
今年の1着馬のオッズは2.2倍でした。
オッズ別では1位タイの分類でした。

余談ですが、今日の旅ずきんは、
久しぶりにののかちゃんが出演予定です。
砂浜ロケでも、温泉ロケでもないようですが。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

天皇賞春の予想を的中したよん。

天皇賞春の予想結果
注目馬                       着   人気
キタサンブラック   (軸) 1着固定、2着、3着押さえ   1着   1人気 
サトノダイヤモンド  (軸) 1着固定、2着、3着押さえ   3着   2人気
シャケトラ      (軸) 1着固定、2着、3着押さえ   9着   3人気
アルバート       (軸) 1着固定、2着、3着押さえ    5着   6人気
シュヴァルグラン    (相手) 2、3着押さえ                 2着   4人気
ゴールドアクター   (押さえ) 2、3着押さえ             7着   5人気
レインボーライン    (押さえ) 2、3着押さえ             12着   7人気 
トーセンバジル      (押さえ) 2、3着押さえ                8着  9人気
スピリッツミノル    (押さえ) 2、3着押さえ             14着  16人気

1着(的中)、2着(的中)、3着(的中)なので、的中です。

レースはヤマカツライデンが逃げて、道中、大逃げをして、
後続を大きく引き離す展開でした。
5F通過は58.3秒で、長距離レースとは思いえないほど、ハイペースでした。
1着となったキタサンブラックは道中、番手を進み、後続を引き付けて、
引っ張っていました。

最後の直線でヤマカツが後退すると、キタサンブラックはメンバー中
3位の末脚を使って、後続を完封しました。
2着はメンバー中2位の末脚を使ったシュヴァルグラン。
3着はメンバー最速の末脚を使ったサトノダイアモンドでした。

最後の直線ではアドマイヤデウスとサトノダイアモンドの
3着争いをヒヤヒヤしながら、観てました。
サトノに並びかけられたアドマイヤがううひと伸びして、
サトノの食い下がっていたからです。
ゴール直前で辛うじてサトノが先着しましたが、
配当面を考えると、アドマイヤが3着の方がよかったので、
アドマイヤを選んでいなくて、下手な予想をしてしまったと
反省しています。

配当は3,780でした。

なお、ディープインパクトのレコードタイムを0.9秒更新する
レコードタイムでした。

キタサンブラックは大阪杯の続いての連勝となり、
さらに好タイムだったので、今後、無事であってほしいです。
無理なら宝塚の出走はパスしていいのかも。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

青葉賞の傾向分析その2(おさらい)

1.青葉賞の騎手別連対数一覧('07~'16)

               1着 2着 3着 連対 複勝
内田博        2      2      0      4      4
蛯名           2      2      0      4      4
川田           2      0      0      2      2
松岡           0      2      0      2      2
福永           0      0      2      0      2
横山典        1      0      0      1      1
吉田豊        1      0      0      1      1
武幸           1      0      0      1      1
柴田善        0      1      0      1      1
四位           0      1      0      1      1
勝浦           0      1      0      1      1
戸崎           0      0      1      0      1
田辺           0      0      1      0      1
北村宏        0      0      1      0      1
ルメール     0      0      1      0      1
幸              0      0      1      0      1
北村友        0      0      1      0      1
----------------------------------------
引退           1      0      1      1      2
上記以外の
外国人        0      1      1      1      2
---------------------------------------
計             10    10   10     20    30

(感想)
複数回連対は内田博、蛯名、川田、松岡です。
複数回3着以内は、連対騎手と福永のみです。

上記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。

********************************************
上記の騎手の今年の騎乗予定馬は以下のとおりです。

(〇)は上記とおり、複数回3着以内があり。

内田博      ダノンキングダム (〇)
蛯名         スズカロング (〇)
-------------------------------------
戸崎         トリコロールブルー
田辺         イブキ
北村宏      タガノアシュラ
ルメール    ポポカテペトル
 
(外国人 参考)
Mデムーロ アドミラブル
 
(感想)
過去に3着以内に入ったことのある騎手が
今年6人騎乗予定です。
今年はどうなるかな

(レース結果)
上記の騎手は今年3着以内に入りませんでした。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

青葉賞の傾向分析その3(おさらい)

過去5年の3着以内の血統を調べると、以下に
分類できます。

分類1:父がサンデー系、
分類2:母系がサンデー系
分類3:サンデー系血統を持たず、父または、
    母系がミスプロ系
分類4:上記血統以外

過去の該当数は以下のとおりです。
分類1:12頭 (3着以内の79%)   1着:3頭、2着:4頭、3着:5頭
分類2: 1頭 (同    7%)           1着:1頭、 2着:-   、 3着:-
分類3: 1頭 (同    7%)           1着:1頭、 2着:-   、3着:-
分類4: 1頭 (同    7%)           1着:-    、2着:1頭、3着:-

(感想)
分類1は3着以内全体の79%を占めます。
サンデー系の血統を持つ分類1、分類2の合計は全体の86%です。
少なくても1頭連対した回数は分類1が5回でトップです。
テッパンだね。

そして、今年の出走馬の分類は以下のとおりです。
分類1:(7頭)
サーレンブラント
ポポカテペトル
ダノンキングダム
マイネルスフェーン
タガノアシュラ
アドミラブル
トリコロールブルー

分類2:(3頭)
スズカロング
アドマイヤウイナー
イブキ

分類3:(1頭)
アグネスウイン

分類4:(1頭)
ベストアプローチ

(感想)
今年はサンデー系血統を持つ分類1、分類2の合計は
全体の83%を占めます。

(レース結果)
1着:アドミラブル (分類1)
2着:ベストアプローチ (分類4)
3着:アドマイヤウイナー (分類2)

少なくても1頭連対回数トップだった分類1が
今年も連対しました。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

青葉賞の傾向分析その4(おさらい)

青葉賞の勝ち馬の単勝オッズ('07~'16)

オッズ            該当数 
-------------------- 
1~4.9倍        4頭
5~9.9倍        3頭
10倍~19.9倍  1頭
20倍~29.9倍  1頭
30倍~39.9倍  1頭
40倍~49.9倍  0頭
50倍~      0頭
-------------------- 
合計              10頭
(感想)
10倍未満が勝つ可能性は
70%です。

(レース結果)
今年の1着馬のオッズは1.5倍でした。
オッズ別では1位の分類でした。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

青葉賞の予想を的中したよん。

青葉賞の予想結果
注目馬                      着   人気
アドミラブル       (軸) 1着固定、2着、3着押さえ   1着   1人気
トリコロールブルー  (軸) 1着固定、2着、3着押さえ 7着   2人気
アドマイヤウイナー  (軸) 1着固定、2着、3着押さえ  3着  8人気
ベストアプローチ    (軸) 1着固定、2着、3着押さえ   2着  4人気
ダノンキングダム    (軸) 1着固定、2着、3着押さえ   6着  6人気
マイネルスフェーン  (相手) 2、3着押さえ               9着   5人気
イブキ                  (押さえ) 2、3着押さえ             8着   7人気
ポポカテペトル      (押さえ) 2、3着押さえ              4着   3人気

1着(的中)、2着(的中)、3着(的中)なので、的中です。

レースはタガノアシュラ、アグネスウィンが後続を引っ張る展開。
5F通過は59.7秒で流れ、過去のタイムと比較すると、若干ハイペース。
一般的にはほぼ平均ペースなのかも。
先行馬には厳しい展開となり、
道中、最後方を走っていたアドミラブルがメンバー最速の末脚を
使って1着になりました。
2着のベストアプローチはメンバー中2位の末脚。
3着のアドマイヤウイナーはメンバー中3位タイの末脚でした。
なので、最後の直線での末脚勝負になりました。
アドミラブルが本番に出走した場合、今回のような強引な競馬だと、
勝ち負けするのは難しいような気もします。
もちろん、展開にもよりますが。
本番に出走する馬は今回よりも、強い相手になるはずだからです。

配当は8,440でした。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クイーンエリザベス2世Cの予想

クイーンエリザベス2世Cの予想
注目馬
ネオリアリズム        (軸) 1着固定、2着、3着押さえ
ワーザー            (軸) 1着固定、2着、3着押さえ
パキスタンスター       (軸) 1着固定、2着、3着押さえ
シークレットウェポン   (軸) 1着固定、2着、3着押さえ
ブレイジングスピード   (軸) 1着固定、2着、3着押さえ
ザユナイテッドステイツ (相手) 2、3着押さえ
デザインズオンローム   (押さえ) 2、3着押さえ







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ