フーちゃんの花日記

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟のアレンジメント教室を
神戸、芦屋、西宮で開催しているフーちゃん先生の花日記

2016年 最後のお花のアレンジ

2016年12月31日 | フーちゃん作品

12月31日 今日で今年が終わってしまいます
毎年感じるのは、一年の経つのが早いということ

日々の生活が駆け足で過ぎていくのは実感していますが、
年齢を重ねるにつれて、一年の長さがだんだん短くなっているのではないか?なんて
思ってしまいます(笑)

振り返ってみると、今年もプライベートのアレンジメントをたくさん作りました
1週間ほど前に、iphone7plusに機種変更した際、写真の整理をしたのですが
改めて、ずいぶんたくさんアレンジを作ったものだと、自分でびっくり😵

このブログでその中の幾つかを紹介させていただきましたが、
多くの方々に見ていただけて、とても嬉しく思います

昨日、今日と年末のお掃除や買い物などで、またバタバタと時間は過ぎてしまいましたが、
その隙間を見つけて、お正月アレンジを3つ、作ってみました

(お玄関に飾るアレンジ用に用意した花材の残り花です)


まずはリビングのテーブルの上に飾るアレンジ



若松をほぼ水平に配置したデザインです

上から見ると



テーブル幅150センチに対して作品の横幅が80センチ
特に飲んだり食べたりという使い方はしていないテーブルなので、
お花をオブジェのように飾っています




このようにはっきりグルーピングして花材配置をすると、メリハリが効いた豪華さが出ます



2つ目はダイニングのお気に入りの鏡の前に置くアレンジ



この後ろにある鏡の前に置くので、奥行きの深い作品は無理
縦長のヴァーティカルデザインです

実際に置いてみるとこうなります





この2作品を作り終わった段階で、残った花はわずか
大きな輪郭の花はありませんでした

どうしようかしら?と思案して思いついたのがこちら



一辺が15センチ、深さ4.5センチのアレンジ用の重箱に
おせち風にお花を詰め込みました

重箱は正方形ですが、そこに輪郭の丸い花をきっちりと納めるのはとても難しいです
適度に少しずつはみ出させながらの配置です

おせち風ですから、花材配置はやはりグルーピングです



これは小さな作品ですので、食卓テーブルの上に置くことにしました


さあ、これで私の今年の作品制作は終了です

一年を締めくくる最後の日も
このようにお花に触れてアレンジをつくれるとは
幸せなことですね〜(^^)









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年「お正月の花」作りま... | トップ | 2017年 あけましておめでと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フーちゃん作品」カテゴリの最新記事