フーちゃんの花日記

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟のアレンジメント教室を
神戸、芦屋、西宮で開催しているフーちゃん先生の花日記

はじめまして

ブログを見に来ていただいてありがとうございます。 アレンジメント教室での生徒さん制作のレッスン作品を「今週のレッスン」「プリザーブドフラワーコース」「エクセレントコース」「いけばなコース」で紹介しています。 私フーちゃんが作ったアレンジメント作品は生花アレンジもプリザアレンジも「フーちゃん作品」にまとめています。 その他、お花以外のこともいろいろ書いています。 見てもらえると励みになります。

コチョウランのクレッセントブーケ

2018年05月20日 | フーちゃん作品

先週のレッスンカリキュラムは💐ブーケ💐

私の大好きなアレンジメントです(^^)

特にプロフェッショナルグレードの花材は
純白の大きなコチョウラン

横幅が11~12センチはあるコチョウランが
なんと3輪!

とても綺麗です(^^)

ブーケのデザインは下方に流れるデザインが
優雅ですね💕

参加した生徒さんたち
それぞれに
素敵なブーケを作って頂きました

さて
私も花材は自分で揃えて作ってみました

コチョウラン5輪
八重咲きトルコキキョウ
スプレーカーネーション
ナルコ
ソケイ
ミスカンサス
カスミソウ

デザインは、クレッセントブーケのスタイルです




コチョウランは全て花ごとに切り分け、
ワイヤーの脚をつけたランピックに挿してから
配置しています

欲を言えばコチョウランはあと少し小さめのものが2輪ぐらいは欲しかったかなぁ^^;

とても大きなコチョウランなので、やはり配置の仕方は難しいです

横幅の広いコチョウランを横に並べないように
縦ラインを意識

アウトラインのクレッセントか綺麗に見えるように
コチョウランを効果的にならべています


少し左から見てみると



作る手順を生徒さんたちからよく尋ねられますが、
私は大体どんな作品の場合も
アウトライン(輪郭)の目安になる花材から配置していきます

中央のコチョウランを先に挿してしまうと
そのあとは難しい展開になると思います💦

このクレッセントブーケの場合、
Gradually で履修するクレッセントブーケの基本点を最初に決めます

左斜め上のポイント、一番下のポイント、右側の膨らみの目安になるポイント、
そして左側の内側に入り込むラインの目安になるポイント

それらを配置する事で、輪郭が見えてきます
そうなるととても作りやすいのです(^^)

ブーケホルダーを
実際に人が持った時と同じぐらい前に傾けてスタンドにセットするとこう見えます




娘にも実際に持ってもらい、写してみました




水持ちを考えると
ブーケホルダーではなくブーケっぽく見えるよう
花器にフローラルフォームを入れて作ってももちろんかまいませんが、

ブーケはやはりブーケホルダーで作るのが一番キレイに作れます

出来上がったブーケは
こんなふうに細長い花器に、ホルダーの下のキャップを外して差し込むと
比較的長持ちします



白とライトグリーン、グリーン、イエロー

清々しい色合いのブーケがしあがりました(*ˊૢᵕˋૢ*)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加