フーちゃんの花日記

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟のアレンジメント教室を
神戸、芦屋、西宮で開催しているフーちゃん先生の花日記

はじめまして

ブログを見に来ていただいてありがとうございます。 アレンジメント教室での生徒さん制作のレッスン作品を「今週のレッスン」「プリザーブドフラワーコース」「エクセレントコース」「いけばなコース」で紹介しています。 私フーちゃんが作ったアレンジメント作品は生花アレンジもプリザアレンジも「フーちゃん作品」にまとめています。 その他、お花以外のこともいろいろ書いています。 見てもらえると励みになります。

秋のたわむれ

2018年09月22日 | フーちゃん作品

今月のエクセレントコースのアレンジメント
「秋のたわむれ」

テキストを手にした時から
絶対作りたい(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°と思っていた作品でした

キクの花
あまり好まれない方もいると思いますが
最近は品種改良によって
とても種類も増え
華やかでカラフル、美しいものが出回ってきてきます

今回はライトグリーンのアナスタシア
そしてオペラという品種のピンクのマムをメインに
両面構成のラフなラウンドスタイルです

仕上がった作品ではあまり存在が分かりませんが
ドラゴンヤナギ5本でリース状のアウトラインの目安を最初に作り、大きくアップダウンをつけながら、花材を配置していきます



この「大きくアップダウンをつける」というのが
なかなか難しいかもしれません😅

このような作品は面を揃えすぎると
ナチュラル感がガクッと損なわれてしまいます

花材配置に規則性を持たせず
輪郭も揃えすぎない

かと言って適当にお花を挿しているわけでもありません

常に全体を見て
バランスをとる

ピンクのペッパーベリーも
今回は細かくわけすぎずに
大きなパーツで使って存在感を持たせています







今回はプライベートでお稽古している「いけばな」
の花材の余りの「キイチゴ」が手元にありましたので
少しそれをプラスしてみました

大きく切れ込んだ葉が効果的に見えるような配置です



枝物のドラゴンヤナギで作ったリース部分が見え隠れするように、花材の長短を付ければ良いと思います

オレンジのバラの色がアクセントになって
満足のいく作品になりました(^_-)




コメント