与那国島で歓迎される自衛隊 ホテルや民宿は満杯、住民税も増収でミニバブルの経済効果

2017-02-13 13:28:12 | Weblog

日本最西端の島・与那国島(沖縄県与那国町)は、東京から約1900キロ、沖縄本島から509キロ、台湾からも111キロ、武装した中国海警艦が領海侵入を繰り返す尖閣諸島まで約150キロの位置にある。東シナ海と太平洋に挟まれた国境の島である。

 本来ならば、他国のように国境警備隊が常駐してもおかしくないが、最近まで、たった1人の自衛官すら存在しなかった。島内2カ所にある駐在所の警察官2人が持つ拳銃2丁だけが、島を守る武器だった。

 島の人口は、最盛期の約1万2000人(戦後の混乱期に3万人説もある)から減少し続け、平成27年の人口は、わずか1489人。地場産業の停滞で雇用も行き詰まり、高校がないため子供の進学に合わせて一家で離島する者も多かった。これでは、いつか「海上の限界集落」と化し、尖閣諸島と同様、無人島への道を歩みかねない。

 過去には、麻薬や中国製トカレフなどの密輸、ベトナムのボートピープルが上陸する事件もあった。尖閣諸島に最も近い島として、東シナ海の覇権を狙う中国の圧力や、台湾・中国漁船の領海侵犯などを考えると、安閑としてはいられない

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 終戦直後、朝鮮人が日本人に... | トップ | 日本の国境を直視せよ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。