北川純のアートなお仕事

現在進行形作品の紹介から旧作品の制作裏話まで小出しにお話します。

CNN

2014年04月19日 | ジッパーアート

先日のCNN取材が記事になった。

 http://edition.cnn.com/2014/04/15/travel/japan-public-art/index.html?hpt=ias_mid

と紹介したが私もまだ詳しく読んでいない。が作品画像も豊富でうれしい。

残念なのは近作が少ないこと。これは記者の方が最近の作品のことを好きではないからである。というのはウソである。

多分取材最初あたりに時間をとられすぎて後半はお店がラストオーダーになってしまったのであわてて切り上げたのが原因である。要するに近作についての話はできなかったのである。

でも彼女、裸体像Tが好きみたい。その画像が多いし、1枚はダブってるし。

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

『スロバキアへの道』 その6

2014年04月13日 | ジッパーアート

先日、CNNの取材を受けた。
待ち合わせ場所は東京ミッドタウンのスターバックス。
外国人と待ち合わせするには‘いかにも’というかんじのところ。

これも先方が「あなたの作品のあるところで取材したい」と希望したためである。
そう、私の唯一現存する作品は “ジッパー1”であり ここ六本木にあるのだ。

なんというラッキーな・・というかぎりぎりセーフというべきか。
作品が残っててよかった。

お店に到着して記者の方と対面してびっくり!何とアジア系の若くてかわいいお嬢さんである。
なんかごついのを想像して気張っていたのでほっとした。

作品前での撮影と2時間を越えるロングインタビューであった。
相手は細部まで精力的に質問してくる。さすが若いなあ。

内容は近いうちに掲載されるCNNネットで紹介したい。

 

コメント (2) |  トラックバック (14) | 

『スロバキアへの道』 その5

2014年04月07日 | ジッパーアート

すっかりご無沙汰してしまった。
パソコンが壊れて新しく買い換えていたのだ。

その後スロバキアの担当者からはまったく音信が無い。
彼女急にやる気をなくしたのか、予算がとれなかったのか?・・・

4月から英会話の本を買ってきてバリバリ勉強しはじめたのにこの勢いをどうしてくれよう。
と怒っていたらもっと英会話を必要とする事態が勃発した。

なんと CNN がジッパーアートについてインタビューがしたいと連絡してきたのだ。
「今度の金曜日日本に行くからそのとき会いましょう」・・ときたもんだ!

このこと自体はうれしいのだが英会話的にはまだ早すぎ!さすがに当日は通訳をお願いすることにした。

ということで「スロバキアの道」をさっさと改め「CNNへの道」に変更!・・・って
CNNはすぐだし、来てくれるんだし・・。

とりあえずインタビューは楽しみである。

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

『スロバキアへの道』その4

2014年04月01日 | ジッパーアート

最近の「ジッパーアート」掲載記事は はじめ海外ネットで紹介された関係上海外ものばかりであった
それを見た日本人が自分が運営に関係しているサイトroomieというものに掲載してくれた
おっ逆輸入か
これである http://www.roomie.jp/2014/03/152038/

しっかり記事を書いてくれているのだが最後にこうある

「余談ですが、この作品を観た時最初に思い出したのは、マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』の第5部に出てくるブローノ・ブチャラティというキャラクターのスタンド「スティッキー・フィンガーズ」(どこにでもジッパーを取り付ける特殊能力)。」 と

ジョジョといえば有名なマンガではないか(タイトルは私でさえ知っている)

しかしその後は知らない ので検索してみた
するとこんな画像が出てきた
確かにこれはよく似ている
なるほど世の中的には私の作品はジョジョのパクリと思われているのであろうか

そういえばこれを特集してくれた記者の人も最初私の名前を“北村純”と表記していたもんな(今は直ったけど)

 

コメント (0) |  トラックバック (2) | 

「スロバキアへの道」 その3

2014年03月22日 | ジッパーアート

最近の私の周りの“ジッパー”ブームは海外ネットからはじまった。
誰かが私の知らないところで取り上げてくれた。
よく分からないが海外のアート系紹介サイトらしい。

パラパラと検索してみると色んなサイトがジッパーを取り上げている。
紹介してくれてありがとうという感じでもあるのだが、私を通していないので記事が結構いい加減であったりする。
例えばこのサイト
http://justsomething.co/this-japanese-artist-is-literally-unzipping-the-world/

私が彼女になっている・・・つまり女と思われている。
Tシャツが売れないから裸体像に着せてたらアーティストになってしまった、ほとんどアクシデントのように・・とか。
私自身が気に入らなくて公表していない作品が代表作の一つとして扱われている・・・この画像のこと。

でもなかなかいいことも書いてくれていたりするので許す。
お閑なときに英訳して読んでね。

コメント (0) |  トラックバック (3) | 

「スロバキアへの道」 その2

2014年03月15日 | ジッパーアート

スロバキアへの道。
順調に爆走中・・・・・・と思いきやここでハタッと大きな障害が立ちはだかることに気がついた。

「そうだ!私は英語がしゃべれないのだ!!」

昨年のレッドブルの仕事でも私以外アメリカ人ばっかという状況によく追い込まれたものだが、そこは日本での仕事、日本語がしゃべれる人が常にいた。

しかし、今回日本語は・・・・無い・・・・。

送信されてくるメールは自動翻訳機能でなんとか解釈し、送るメールはこの機能で翻訳後、英語のできる友人に校正してもらって送っている。
こうやってなんとかぎりぎりしのいでいるのだ。

しかし、向こうへ行ったら日本語は・・・・無い・・・。

前述したがもともと海外志向のない私、まともに英語を習得しようとも思ってこなかった。
やるぜ!今更!!!

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

「スロバキアへの道」 その1

2014年03月12日 | ジッパーアート

前回まで大昔を振り返ったりしてすっかり湿っぽくなってしまった。
ということで明るい未来に話をすすめよう。
 
現在、進行中のプロジェクトである。。
スロバキアのアートイベントに“ジッパー”を出展する話が持ち上がっている。(といってもこの先ボツるかも知れないが)

なぜスロバキアか?

現在まで私は外国での展示経験はほとんど無い。「できたらいいな〜」と漠然とは思いながらも積極的に働きかけてこなかった。なぜなら基本海外志向でない私は特別行きたい国が無い。動こうにも動けないのである。
そうすると「誰かが誘ってくれないかな〜」となるわけで、当然そういってると誰も誘ってくれないわけで・・・と繰り返し早何十年、私の作品は日本を出ることはなかった。

しかしネットが発達し私も遅ればせながらそれに乗っかるようになり、最近ちらほらと各国から作品写真を送れとか契約をしろとかいうナゾの問い合わせメール(謎じゃないけど英文メールはそう見える)が増えてきた。
しかしネットでの情報はネット止まりかとあきらめかけたその矢先、とうとう来た!

「私の国で作品を展示してもらえませんか?」・・・・・・それがスロバキアなのである。

現在、メールで互いの条件を交換している最中である。
やはりネックになるのは資金面で、別に大儲けしようとは思っていないが大赤字になるのは困る。
こちらも、初めての体験でなかなかそのあたりの交渉が難しい。

・・・・・・スロバキア・・・・あんまりお金無さそだもんな。


 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

『ジッパー検戮気えdeつながるアート

2011年02月07日 | ジッパーアート

[現在のプロジェクト/ジッパーアート/ジッパー]

「さかえdeつながるアート」が昨日で終了した。
この画像は先日、搬入時に撮影したものである。

裂け目から見えるものは何であろうか?
画像ではちょっと分かりづらいかもしれない。実は土が盛り上がっているのである。
そう、ジッパーを開けると地表の土が隆起してあふれてくるという様を表現してみた。

ほんとのところは、ジッパー兇里茲Δ望欧鮴擇辰胴渋いのぞき見えるといったほうが迫力があるのだが、ここはそうはいかない。
それで考えたのが土バージョンである。

近代的な建物も土の上に建っているということを意識してもらえたらうれしい。

最近、土って見ないしね〜。

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

『ジッパー検拈るか?

2011年01月08日 | ジッパーアート

[現在のプロジェクト/ジッパーアート/ジッパー4]

「さかえdeつながるアート 2011」 SHIN-SHIN アーティスト展に出品する。

これは一昨年度、昨年度と私がアートディレクターとして参加していたアートイベントであるが今年度はお金が出ないということで参加を辞めたイベントである。 その後、実行委員会の方は今年度もイベントを開催していたが私はお客に徹するつもりでいた。

しかし、担当者から「特別参加で出してもらえないか?」と打診があり、人間関係ということで出品することにした。

「お付き合い お付き合い・・・」と乗り気で無く、軽く流し展示をするつもりでいたのだが考えているうちにだんだんアイディアが膨らんできてしまった。エロアーティストとしては膨らんできたものは胸でも何でも好きなので実現せねばならない。

こうして結局イベントが終わってから、一番膨らんだのは赤字であったことに気がつくのである。トホホ・・・。

2/5(土),6(日) 横浜京浜東北線 本郷台駅 地球プラザリリスギャラリー

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

『ジッパーTV』のたたり

2010年12月29日 | ジッパーアート

[アート作品集/ジッパーアート/ジッパーTV]

身近なものを布で覆ってジッパーによりちょっとあけてみるシリーズ。本物のジッパーを使ったはじめての作品である。

ほとんどブラウン管の画像はぼやけ、裂け目よりのみ鮮明な画像がのぞき見える。思ったよりシュールな映像で満足できる作品になった。作品になったテレビにしてみたら目の前はふさがれるし、熱はこもるし迷惑な話であったろう。

そのせいか、いつのころからTVは壊れ、私のうちには現在、TVが無い。もともとTVを見るたちではなかったのでほとんど支障はない。ここでほとんどといったのは少し支障があるのだ。     最近、K-popと称して「KARA」とか「少女時代」とかが雑誌やラジオを賑わしていて気になるのだが、私はまだ動く彼女らを見たことが無い。

由々しき問題である。

コメント (0) |  トラックバック (0) |