ドリアン長野の海外旅行記

長期休暇もない有給休暇もないリーマン・ パッカーが、短い休日と高い航空券にも
めげず、海外を旅したお笑いエッセイ

海外旅行記

ドリアン長野が2010年(平成22年)以前に作成した14か国(香港と中国は別口扱い)の海外旅行記ですので現在とは状況が異なる部分が多々あるかと思いますが皆様お楽しみください。
なおリターンズ2.0とは「過去に発表したドリアン長野の海外旅行記を、管理人マーキュリーマークの感想文、伝達事項、画像そして動画を付加した上での(事実上の)再掲載。」とお考えください。
当方では、海外旅行記を発表してます。影響を与える事が出来ても責任は取れません。皆さん、もしも海外旅行に行かれるならば熟慮の上で行くか行かないかについて、ご決断下さい。敬具 平成30年1月
タイランドバンコク 長野夫妻の新婚旅行記、イギリス(ロンドン)、アメリカ(NY NJ MI and CA *1 NY前編
NY後編)、メキシコ(ティフアナ *2)、ベトナム(ホーチミン)、マレーシア(クアラルンプール)、台湾(台北)、
ミャンマーヤンゴン等)、カンボジア(アンコール・トム等)、インド(西ベンガル州コルカタ、デリー連邦直轄地、
ウッタル・プラデーシュ州ベナレス等 前編後編)、
ネパール(カトマンズ)、フィリピン(マニラ)、香港 *3
中国
上海そして北京 
*1 NY NJ MI and CAとは、ニューヨーク州、ニュージャージー州、ミシガン州とカリフォルニア州という意味です。
米国では州の略称が存在する。
*2 米国のロサンゼルスからメキシコのティフアナに行ったそうです。
*3 ドリアン長野は英国から中国に返還される前(英国統治時代)の香港に行ったばかりか、中国返還後の香港にも赴いたそうです。

URLを訂正しておきました

2010-01-31 | Weblog
http://www.fiertebell.com/index.htm余目澄美代公式ホームページのURLを訂正しておきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログパーツを二件程追加

2010-01-29 | Weblog
 前者はANAのバンコクの時間。 後者はメインの真下にDFFです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンコクの時間

2010-01-29 | Weblog

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

説明追加

2010-01-26 | Weblog
 本日、説明追加をしました。 自己紹介の部分です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リターンズについて

2010-01-21 | Weblog
 平成10年代に発表していた海外旅行記を元管理人の感想文を加えた上で2010年代に発表していく予定です。
 すでに発表されている内容ばかりですので仮に続きを知りたいと考えられたらバックナンバーを閲覧されても一向に構いません。
  
 以上 元管理人からの連絡でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#1 オリエンタル・ホテル (リターンズ)

2010-01-13 | Weblog
NO1 オリエンタル・ホテル

 オリエンタル・ホテルに泊まった。あの世界一という栄誉を冠せられるオリエンタルである。私がカオサンでよく泊まっていたサイアム・オリエンタルじゃないぞ。シャングリラもペニンシュラもリージェントも頭が高い! ひかえおろ~う! 正真正銘、一番安い部屋でも310米ドルもするビンボー人には絶対泊れん、あのオリエンタルじゃい! ハァ、ハァ、ハァ。(肩で息をする音)同行の友人(アジア旅行は初めて)が宿泊代を出してくれるというのだから私に異存はない。これは泊まらないわけにはいくまい。いや、泊まりたい。是非泊まらせてくれ、お願いだ。オリエンタルにはスイカジュースを飲みに行ったことがあるが、まずくて冷えてないわりに200バーツもしたぞ。どうなってんだ? ちなみに私がバンコクで一番好きなホテルは知る人はよく知ってる、あのグレース・ホテルだ。この前、昼過ぎにチェックインしようとしたら満室だからと断られた。フロントのおばちゃんに近くにもっと安いホテルがあるからそこへ行けといわれたが、ここがいいと駄々をこねたらパスポートを預かっとく、6時頃もう一度来いやと言われ、やっと泊まることができた。その際、押し合いへし合いするフロントに割り込もうとしたアラブ人にフロントのおねいさんが 「みんな順番守ってんだからちゃんと並んで待ってなさい!」 とものすごい剣幕で怒鳴っていた。幼稚園児のようなアラブ人もアラブ人だが、客にそこまでいうか、ふつう。とにかくこのホテルはあやしい。アラブ人のおっさんがタイの少年二人をつれて部屋に入っていくのを見たことがあるし、隣の部屋から苦しそうなあえぎ声が聞こえてきたこともある。(何してんだ?)ロビーには売春婦とアラブ人が、てめえらここのソファーで夜をあかしてんだろ、と思うほどいつでもたむろしている。一階の卓球台では黒人がいつも卓球やってるし。(まっ、健全)ここにはディスコが二つあるが、一階のディスコは中近東風の音楽でみんな踊りまくっている。いっぺんだけ行ってみたことがあるが、ついていけん。あのリズムでどうやって踊ればいいんじゃ~い。それに比べて地下にあるディスコはまともだ。(まともか?)毎晩(たぶん)、売春婦をつれて朝の二時まで踊り狂うアラブ人。熱い、熱すぎるぞ。マーブンクロンで黒のアメリカンスーツ(笑)を買った時なんざあ、ホテルの近くのアラブ人街をうろつき、見せつけてやった。我ながらアホやぁ~っ、ワシって。その時、黒人の二人連れが近づいてきて 「おれたちアフリカの○○○○出身(国の名前は忘れた)なんだけど今度、日本で働きたいんだ」 と言うのだ。あわてて「こっ、これから友だちに会いに行かなきゃならないし、明日は朝一番の便で日本に帰らなくちゃならなくて時間がなくて」 とかいって逃げてきた。そんなことはどうでもいいのだが、オリエンタルにチェックインした時は私もようやくゲスト.ハウスからここまで登りつめたのだと感慨深いものがあった。(人の金だけど)                
 さすがオリエンタル、部屋もさることながらホスピタリティつうのか、一人一人の客の顔と名前を覚えてくれて至れり尽せりのサービスである。そんでもって立食形式のレセプションパーティーに招待されたのだが、そこにいた女子大生の二人連れ! 聞くと、バンコク滞在中の4日間はず~っとオリエンタルに泊まるとぬかすではないかっ! タイは初めてだからオリエンタルだと安心だと思ったからだとぉっ! ワシでさえ一泊なのに。(人の金で)学生やったら、安宿に泊まらんかいっ! とぶっちしたんだけど(内心ね)、気をとり直してその夜はオカマショーの「マンボ」に行くことになった。ショーがはねたあと、せっかくオリエンタルに宿泊してるんだからと出演者をホテルの部屋に招待することにした。そのむねを小太りのマネージャーに伝えると、 「オリエンタルはドレスコードが厳しいから入れてもらえないかもしれませんよ」 というではないか。出演者のカマー(オカマのことね)も 「あら~ん、あんな高級ホテル、大丈夫なの? あなた保証する?」 などという。どうにかなるだろっと九人のカマーを三台のタクシーに押し込み、ホテルに向かった。結果はホテル・マネージャーに頼みこんで、部屋は駄目だがガーデンならいいということになった。ホテルが氷やグラスを用意してくれてわれわれは宴会を始めたのだが、いや~さすが世界一のホテルといわれるだけのことはある。さすが鷹揚やね。チャオプラヤー川の夜風に吹かれながらの宴会は最高でしたっす! とここまではよかったんだけど、実は大きな声じゃあいえないけどさ、部屋にあったセイコーの置き時計をカバンに入れて持って帰ったのよね。チェックアウトの時になんにも言われなかったから、しめしめって感じで。ところが一か月後にホテルから請求書がきた。時計が紛失していたのでクレジットカードからその代金を引き落とさせていただきますってな。それがなんで2000バーツになるんじゃい! 何の変哲もないただのちっこい時計やないかい! 世界一にしてはせこくないか! もしかしたらボッてるんちゃうんかい、オリエンタル! ふざけんじゃね~! って悪いのはオレか。よい子のみんなはお持ち帰りはスリッパか歯磨きセットまでにしときましょうね。(泣)
元(ハジメ)管理人の感想文と皆様への伝達事項
 ブランドがセイコーかどうかはともかくとしても1000円(税別価格)も支払えばクォーツ式置時計位は日本では余裕で買える。 タイランドはともかくとしても諸外国では旅行者がホテルの備品の持ち帰りを窃盗と捉えられ(違法行為)厳しく追求する場合(外国)があるので本当に寝泊りする場所位に考えておくのが無難です。
 昭和と違い平成になってから六本木やアメ村では本当に外国人労働者が増加しているようです。

追記 平成22年6月25日時計と国旗のイメージを追加しました。

以上、リターンズのタイランド旅行記でした。

追記
元(ハジメ)です。¥1058でセイコーの時計を平成26年12月18日に買ってきました。最近タイランドの通貨1バーツは日本円に換算しておよそ¥3.5です。2000バーツ(日本円に換算しておよそ¥7000)よりも¥1058の方が圧倒的に安価です。皆様も時計が欲しければ普通に時計を店で買うようにしましょう。絶対にその方が安いです。




さらなる追記
元(ハジメ)です。上記で紹介した時計ですが、初期不良(電池を入れるとアラームが鳴って鳴りやまない)だったので返品し、平成27年五月にセイコーの小さい時計(¥1008 税込み価格)を買い直しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとレイアウト変更それと・・・

2010-01-13 | Weblog
 謹賀新年。 皆様あけましておめでとうございます。

 レイアウトですが変更しました。

 過去に発表した旅行記を元管理人が少し感想文を加えて月一回程再度発表していくつもりです。
 
 お楽しみ下さい。 元管理人 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご連絡




平成26年五月ドリアン長野と娘

ドリアン長野が撮影した画像を用いた動画の作成は平成29年12月末日を持って終えさせてもらいました。
http://moby.to/vgw56k
スライドストーリーを用いて作成した動画についてはこちらをクリック。




http://twilog.org/duriannagano/search?word=quik&ao=a
Quikを用いて作成した動画についてはこちらをクリック。


Banners バナー
   

   

紹介文(一例)
長期休暇もない有給休暇もないリーマン・ パッカーが、
短い休日と高い航空券にもめげず海外を旅したお笑いエッセイ
Links(リンク集)

西原理恵子公式サイト



海外旅行の最新情報 地球の歩き方



クリックで救える命がある www.dff.jp

DARAZ FM

自己紹介
尊敬する人は大山倍達とマザー・テレサとジョン・ライドンと町田康と中村うさぎです。
ピストルズを聴いて人生に目覚め、スマッシング・パンプキンズで人生の悲哀に気づいた
野球嫌いのA型の魚座の極真空手を愛するインドア派。-大阪在住の鳥取県産まれ-

   

家族は永遠に

平成24年 長野家



平成30年1月 マーキュリーマークからのお知らせ
フェイスブック上においてドリアン長野は複数の人物との連絡をやり取りされてます。それはドリアン長野が自己責任で決めた事なので問題はございません。周知のように実際に会った事がある人物とフェイスブック上で友人になる事が推奨されてますので恣意的かつ無意味な友達申請の行為は推奨されておりません。世の中には実際に会った人物であっても肯定的になるか否定的になるかどうかは人それぞれの自由意志が存在します。冷たい人だと考えられたくないがブログ等を通じて知ることになっても前述した内容を一度読み直した上でフェイスブック上でコメントをされていたドリアン長野の友人に対して関りを持つかどうかは各自でご判断ください。
平成24年に私とドリアン長野が実際に会って決めた事ですが平成24年に紹介を取り止めた特定のホームページについては相互リンクの解消を主張します。なぜなら、安全に関わるような不要な争いに巻き込まれたくないからです。ホームページですが現存してるか否か、過去ばかりか現在の内容の是非、新規投稿が頻繁に行われてるかどうかは問います。 もし、皆様の中でドリアン長野に連絡をされたければフェイスブック上でして頂きたい。
www.facebook.com/durian.nagano 
平成30年四月一日以降ですが、ドリアン長野がフェイスブック上で投降した内容について感想を述べる回数については削減の予定です。
平成十年代の某日、ドリアン長野からホームページの開設を頼まれ私はその手伝いをしました。彼は多くの海外旅行記を発表した。後に私が管理人になりドリアン長野がフェイスブック上で発表した内容の転載をしました。平成29年の夏の某日に私とドリアン長野が再会した時に「中長期的にはこういった活動をするのは難しい。」と伝えたら返答は「無理しなくて良いから。」との事でした。平成30年3月末頃迄は平成29年度なのでブログ上の変更はしますが今後はほぼ毎日の投稿を辞めフェイスブック上の新規投稿の転載は行うにしても厳選し過去のようにほぼ毎回の転載は取りやめ紹介しているホームページのつぶやきを月に一回以上はしていく予定です。
私は平成27年10月にブリティッシュコロンビア州に行ってきました。

ツイッター

スーパーブラックについて

管理人マーキュリーマークからのお知らせ。 労働基準法違反に該当する求人広告を堂々と告知されたお店を「スーパーブラック。」と発表してました。職場での問題は誰もが抱えております。世の中には出来る事、出来ない事がございまして不条理な人は厚顔無恥ですが悪い提案を躊躇無く発表してる。すると問題が発生し社会全体から否定されます。業務上の問題は特にそうですが「あ、これ間違えてる。」と言われ証明されると色々な意味で嘲笑や批判にさらされますね。仕事には安心感が必要になるがそれが分かっていないと誰も相手にしないしされなくなる。仕事をしたら給料が得られないと生活が成立しません。この点は重要で議論の余地がございません。労働基準法は存在する。あまり悪い企業は社会生活の邪魔になるばかりで公益に反する。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1116730211747880&set=a.104659426288302.14811.100002327340613&type=3&theater