明日へのヒント by シキシマ博士

ご訪問くださりありがとうございます。あまり頻繁には更新できませんが、どうぞよろしくお願い致します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ありがとうございました。最後の投稿です。

2016年11月05日 15時32分21秒 | 明日への雑記帳
このまま自然消滅で良いのかとも思いましたが、やはりけじめとして最後に投稿をしました。 . . . 本文を読む
コメント

映画インデックス (あ~そ)

2016年11月04日 23時59分59秒 | 映画インデックス
このブログで紹介している映画の タイトルが(あ~そ)で始まる作品の一覧です。 . . . 本文を読む
コメント

映画インデックス (た~わ)

2016年11月04日 23時59分58秒 | 映画インデックス
このブログで紹介している映画の タイトルが(た~わ)で始まる作品の一覧です。 . . . 本文を読む
コメント

手応えのある毎日を

2014年08月08日 22時02分39秒 | 明日への雑記帳
3年前に両親を見送った直後に「これからの自分の存在価値は?」などと自分に問い掛けていたことを思えば、今はとても良い状況に身を置けているんだと思います。 . . . 本文を読む
コメント

「おおかみこどもの雨と雪」 母はこうして育ててくれた

2013年12月21日 13時15分55秒 | 明日のための映画
やがて子は成長し、母の願いとは違う方へと歩んでいってしまうこともある。 その時の母の気持ち。 母が子に言えるのはただ「しっかり生きて!」の言葉だけ。 でもそこにどれほどの想いが込められているか。 母の子として、私もあらためてその言葉と想いをしっかりと受け止めたいと思いました。 . . . 本文を読む
コメント

「四十九日のレシピ」 人生を満たすもの

2013年12月04日 13時52分34秒 | 明日のための映画
四十九日(しじゅうくにち)と言うのは、まだこの世に残っていた死者の魂が、いよいよあの世へ旅立つ日。 そして、レシピという言葉には、料理の作り方のほかに処方箋という意味があるんだそうです。 伊吹有喜さんの原作を私は未読ですが、ファンタジー色が濃いらしいですね。 映像化された作品は、その原作よりファンタジー色は薄まり、現実味のある話になっているようです。 が、ドラマ版・映画版とも展開がほぼ同じであることから察するに、原作の基本的な部分は踏襲しているのでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

わが町のイメージキャラ 〝ひのでちゃん〟

2013年11月11日 16時12分49秒 | 明日への雑記帳
いささか 遅ればせながら感がありますが、私の住む 東京都西多摩郡日の出町でも、ついに町のイメージキャラが誕生しました! . . . 本文を読む
コメント

「地獄でなぜ悪い」 絶賛してなぜ悪い

2013年10月24日 23時33分27秒 | 明日のための映画
とにかく、好き勝手にやりたい放題やってる超おバカ映画です。 でも、出演者の誰もがとても真剣で生き生きとして見えます。 主要キャストの國村隼さん、二階堂ふみさん、堤真一さん、星野源さん、友近さん、原菜乃華ちゃんらはもとより、チョイ役や端役の人までとても存在感がありました。 そしてなんと言っても、特筆すべきは長谷川博己さんですね。 あの異常なハイテンションは凄いです。もう今年度の男優賞は総ナメでしょう。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

「さよなら渓谷」 贖罪。そして…

2013年09月30日 22時39分21秒 | 明日のための映画
容易には取り返しの付かない、赦されないことだけれど、 それでも、悔い改めた自分の全てをかけて償うことで、いつか、少しでも何か取り戻せる日が来るのかもしれない。 そんなかすかな希望を、この映画は原作よりも少しだけ強く信じさせてくれている気がします。 . . . 本文を読む
コメント

「奇跡のリンゴ」 純粋な心で

2013年07月02日 18時29分46秒 | 明日のための映画
人が純粋にひたむきに頑張る姿の清々しさ。 苦しい時に支えてくれる家族のありがたさ。 そして純粋な思いはいつか必ず報われるということ。 私は素直に、素敵だなって感じました。 . . . 本文を読む
コメント

「みなさん、さようなら」 大丈夫!克服できる

2013年02月06日 17時24分06秒 | 明日のための映画
ほとんどの人が、今回は辛口の感想を述べているようです。 たしかに、伊坂作品のような意外性のある展開や爽快感を期待すると肩透かしを食らうでしょう。 でも、少数派だと思いますが、私はこの作品が大好きな一人です。 . . . 本文を読む
コメント

「希望の国」 一歩、一歩、一歩

2012年11月05日 11時33分10秒 | 明日のための映画
ただ先を急ぐのではなく、自分の歩みがどこへ向かっているのか、何か大切なものを踏みつぶしていないか、それを一歩、一歩、確認しながら歩くんだ。 それが過去の過ちから学ぶということだし、それをしなければまた新たな過ちを引き起こすことは明白なのだから。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

介護を終え…、そして今

2012年07月09日 11時50分19秒 | 介護の記
今振り返ると、たしかに過酷な経験ではありましたが、その全ては絶妙のタイミングで起こっていた気がします。 神は乗り越えられない試練は与えないと言います。 ギリギリ乗り越えられるさじ加減の試練を、神はを与えているのでしょう。 そしてそれを乗り越えていく過程で、人は強くなったり成長したりできるのだと思います。 . . . 本文を読む
コメント

「ポテチ」 違っていても、それもまた良し

2012年06月18日 18時20分50秒 | 明日のための映画
この映画、震災後の仙台の〝復興の後押し〟の意味も込めて製作されたようですが、確かにそれに相応しい作品だと思います。 と言うよりも、まず私の気持ちが後押しされました。 ガンバレ!というのではなくて、 本来の道から逸れたとしても、それはそれで悪くない。 思いがけないことは悪いことばかりじゃない。 いろんな人が助けてくれるし、自分も誰かの力になれる。 だから、どう転んだって大丈夫! そんなメッセージが、すがすがしく、そして確かな手応えとなって伝わってきます。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)

「幸せへのキセキ」 いいないいな、人間ていいな

2012年06月04日 22時51分40秒 | 明日のための映画
難を言えば、この邦題「幸せへのキセキ」はまったくセンスが無いですが、これはオリジナルには責任がないので目を瞑ってください。 邦題から受ける印象よりも、はるかに丁寧に細やかに、そして心優しく描かれた人間賛歌です。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)