動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙版 第29号

2012年08月05日 | 通信紙版バックナンバー
平成23年8月
夕方は、ひぐらしの鳴き声が心地良い季節となりました。
8月8日は立秋にあたります。立秋とは、秋に入る日のことを言います。
この日から「暑中見舞い」は「残暑見舞い」に変わります。秋に入るとは言え、まだまだ暑さが続くこの頃は、全国高校野球がはじまる時期です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
盂蘭盆会追善供養のお知らせ
愛しき子たちの盂蘭盆会追善供養をいたします日程です。
期日:平成23年8月15日(月)  
時間:午後1時より読経開始
施餓鬼供養の卒塔婆をお書きいたします。ご希望されます方はお申し付け下さい。
電話 043-228-3099 E-mail g@dgm.ecnet.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みんなのエンピツ
夏至の遅い夕暮れに、市内に於きましてワンちゃんをお迎えにお伺いしました。
玄関先で最初に出迎えてくれたのは元気な3人の男の子達でした。
次いでお出になられた、お母様、お婆様に案内していただき男の子たちと一緒にワンちゃんの居る庭へ移りました。
縁側で横たわるワンちゃんをお棺に納め、男の子達に何か持たせてあげたい物があれば傍らに入れてね、と促すと皆駆け足でお家へ戻りました。
それぞれが持ち寄ったのは、庭に咲いていたお花、袋に詰めたドッグフード、お別れの絵文字を書いたノートの切れ端でした。
一人の男の子が、ワンちゃんから返信の手紙を貰えるようにエンピツを持たせようと提案しました。
男の子は同じ小学校に通う近所に住む仲の良い2人の友達と、下校後や休みの日は広いお庭と隣接する田園で亡くなったワンちゃんと遊んでいたそうです。
持たせたエンピツは3人が文房具の物々交換をしているうちに廻りめぐって戻ってきたのです。
お別れの言葉を済ませ、ワンちゃんを自動車に乗せ出立する頃には3人はいつものように田園へ駆け出しておりました


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初の向日葵
4月下旬、第2駐車場沿道に植えましたヒマワリが成長し最初の1つが咲きました。
大きな花の種類ではありませんが、照りつける太陽に一生懸命に顔を向けている姿を見ていると、
自分も夏の暑さに負けていられない、と言った気持ちになれますね。





第29号紙面




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通信紙版 第28号 | トップ | 通信紙版 第30号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。