動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

置物

2017年06月24日 | 季節・空模様
梅雨の合間、夏のリハーサルみたいに暑い日が続きますね。
明日からは雨空が戻り寒暖差には注意したいところです。

周辺の森から、昼間はホトトギス、夜はフクロウの鳴き声が聞こえます。
肉眼では確認できない姿を模し各所に造り物を配置してみました。
全ての動植物は季節に対し正直で、季節は全てに対し平等です。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同居猫

2017年06月18日 | 可愛い子とご家族のお話
梅雨入りした日曜日、数年ぶりにワンちゃんのお参りにいらっしゃった方が本堂に挨拶がてら近況をお話して下さいました。
当霊園には2体のお骨を預かり、1体目のワンちゃんの時はお父様の名義、2体目の時はお母様の名義でありました。
お話しというのは御両親がこの数年の間に他界、お家の身辺整理などからご無沙汰になった事とそれに伴い名義を自分に変えて貰いたいという事でした。
入口での話声に出てきた事務所の黒猫の顔を見て「今は猫を飼っているんですよ」と話を切り出し黒く狭い額を撫でました。
お家に居る猫さんはお父様が亡くなった直後、親族への用事でお出掛けの帰りにお母様の後を付いてきた事がきっかけで数年間は庭の周辺で地域猫となっておりました。
その数年の間、お母様が脳梗塞により寝たきりとなり、およそ6年間の介護生活でいつの間にか子孫を増やした庭の猫を飼い猫として受け入れました。
両親亡き後の家は一人ポツンと寂しい思いをする以前に同居している猫たちの世話を欠かせず忙しくしているそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アサガオ

2017年06月10日 | 動物・植物
梅雨入りしたとみられる関東地方、本日は最高気温30℃を超え真夏日なるかもしれません。
屋外では気が付かないうちに体力が奪われますので水筒を持参しても大げさではないと思います。
朝の整備活動に於いて徐々に暑さが増すのを感じました。


第2駐車場の原野ではこの日差しにアサガオたちが東の空を向いておりました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通信紙第99号

2017年05月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成29年(2017) 6月


【5月のSNSより】
先週は園内の花の植え替えを行いました。
作業にはその時来園した子供さんにも手伝っていただき感謝申し上げます。


季節を超えた真夏日、日曜日には運動会帰りのご家族が日焼けした肌の笑顔で来園されました。
一年で一番植物が育つ時期を迎え、園内の緑化整備を毎日行っております。

連日の陽気で牡丹の花が咲きました。花言葉は「風格」「富貴」「恥じらい」「人見知り」。
立てばシャクヤク・・の言葉通りこの花を見て自分を律したい気持ちになりました。
本日も熱中症に気を付けましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
お遍路さんと白犬
新緑が眩しい5月、前日からお電話をいただいたご家族の元へワンちゃんのお迎えをいたしました。
案内された茶の間には毛足の長い白い犬が奥様により花を添え骸布されておりました。
ご家族は四国からワンちゃんと共に千葉に移り住みました。
ワンちゃんとの出会いは四国在住時、通り行くお遍路さんの後を付いてきたワンちゃんを保護した事がきっかけとなり今日に至りました。
八十八か所のうちいくつかの霊場巡りを勝手に付いてきた犬と共に歩いてたお遍路さんの困り果てた表情からご家族が声を掛け事情を察し条件を満たし犬を引き取ったそうです。
ワンちゃんに巡礼をしてた意識はなかったのでしょうがこのご家族の元で旅の仕舞い迎えました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
猫舌話
たくさんの猫さんと暮らす方を駅にお送りする際に車内でお話をして思いついた事なのですが「猫舌」。
これは熱い物を食べるのが苦手という意味や諺でありますが、猫によっては自分の気に入った物しか食べずソッポを向きます。
体調を崩し薬を混ぜたりすると見向きもせずに逃げてしまう。
少しの味の変化も赦さない行為も「猫舌」と言いましょうか。
たんに「食わず嫌い」を通り越した鋭い味覚は人間には真似ができないですね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


紙面版PDF

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫舌話

2017年05月27日 | 日記・エッセイ・コラム

たくさんの猫さんと暮らす方を駅にお送りする際に車内でお話をして思いついた事なのですが「猫舌」。
これは熱い物を食べるのが苦手という意味や諺でありますが、猫によっては自分の気に入った物しか食べずソッポを向きます。
体調を崩し薬を混ぜたりすると見向きもせずに逃げてしまう。
少しの味の変化も赦さない行為も「猫舌」と言いましょうか。
たんに「食わず嫌い」を通り越した鋭い味覚は人間には真似ができないですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お遍路さんと白犬

2017年05月27日 | 可愛い子とご家族のお話

新緑が眩しい5月、前日からお電話をいただいたご家族の元へワンちゃんのお迎えをいたしました。
案内された茶の間には毛足の長い白い犬が奥様により花を添え骸布されておりました。
ご家族は四国からワンちゃんと共に千葉に移り住みました。
ワンちゃんとの出会いは四国在住時、通り行くお遍路さんの後を付いてきたワンちゃんを保護した事がきっかけとなり今日に至りました。
八十八か所のうちいくつかの霊場巡りを勝手に付いてきた犬と共に歩いてたお遍路さんの困り果てた表情からご家族が声を掛け事情を察し条件を満たし犬を引き取ったそうです。
ワンちゃんに巡礼をしてた意識はなかったのでしょうがこのご家族の元で旅の仕舞い迎えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牡丹の花言葉

2017年05月23日 | 動物・植物
季節を超えた真夏日、日曜日には運動会帰りのご家族が日焼けした肌の笑顔で来園されました。
一年で一番植物が育つ時期を迎え、園内の緑化整備を毎日行っております。

連日の陽気で牡丹の花が咲きました。花言葉は「風格」「富貴」「恥じらい」「人見知り」。
立てばシャクヤク・・の言葉通りこの花を見て自分を律したい気持ちになりました。





本日も熱中症に気を付けましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の植え替え

2017年05月14日 | 園内の整備・準備活動
本日5月第2日曜日は母の日です。
人は皆、お母さんから生まれ今に至ります。
普段からの感謝の気持ちで猫像の側に小さなカーネーションを置きました。



先週は園内の花の植え替えを行いました。
作業にはその時来園した子供さんにも手伝っていただき感謝申し上げます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通信紙 第98号

2017年04月30日 | 通信紙版バックナンバー
平成29年(2017)5月




皐月
5月になると、地方各地で「皐月祭り」や「五月(さつき)祭り」が開催されるなど、
皐月という言葉がよく使われています。また、五月のことを皐月と呼びます。
なぜ、5月のことを皐月と呼ぶのでしょうか。
5月といえば、ちょうど田植えなど、苗植えの時期で昔はこの苗植えをする月のことを
「早苗月(サナエヅキ)」と言っていました。

このサナエヅキという言葉が短く略されて「皐月(サツキ)」と言われるようになりました。
また、もともと「サ」という言葉自体に、苗植えの意味があったようで「サ」ツキとして
「苗植えの月」だとされていました。

また「皐」は人名漢字としても用いられます。読みは「コウ」「さつき」「すすむ」「たかし」。
象形文字だそうですが、白骨の頭骨に四本足の獣のむくろ。
ここから「白く輝く」という意味となり、転じて沢や岸、
沼などの水辺を表す文字となったそうです。


旧5月といえば現代の6月頃。初夏の風を受けてさわさわと
揺れる水面のイメージでしょうか。語源からは想像できない美しさです。
他にも、「呼ぶ、ゆっくりと呼ぶ」「ゆるやか」「耕作」「神に捧げる稲穂」
などの意味があるそうです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
春の片付け
今年も新年度を迎えた4月の第1週目、月に一度ワンちゃんと猫さんをお参りにいらっしゃる方が
にこやかに本堂へお声を掛けて2枚の写真を上着のポケットから取り出し見せて下さいました。
何でもこの4月に息子さんが就職先の会社の寮生活となるので荷物の整理や掃除などを手伝ってると
棚のインデックスから息子さんが撮影した写真がギッシリ入ったアルバムを見つけ
開いて見ると様々な風景、乗り物、建築物が種類別に整列され中でも
動物の項目に当霊園の猫の画像がありました。
数年前、亡くなった猫さんのご供養をした際に本堂に
挨拶に出てきたところを撮影して下さい、
こちらも今は亡き葦毛がかった猫の画像を懐かしく思いました。
片付けをしてるうちに昔の写真や雑誌が出てきて当時の自分や家族、
ワンちゃんや猫さん達を思い起こす事は誰でも経験する事ではありますね。
お声を掛けて下さった方もつい昨日の事のように話をして下さいました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版PDF





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の片付け

2017年04月29日 | 可愛い子とご家族のお話
今年も新年度を迎えた4月の第1週目、月に一度ワンちゃんと猫さんをお参りにいらっしゃる方が
にこやかに本堂へお声を掛けて2枚の写真を上着のポケットから取り出し見せて下さいました。

何でもこの4月に息子さんが就職先の会社の寮生活となるので荷物の整理や掃除などを手伝ってると
棚のインデックスから息子さんが撮影した写真がギッシリ入ったアルバムを見つけ
開いて見ると様々な風景、乗り物、建築物が種類別に整列され中でも
動物の項目に当霊園の猫の画像がありました。
数年前、亡くなった猫さんのご供養をした際に本堂に
挨拶に出てきたところを撮影して下さい、
こちらも今は亡き葦毛がかった猫の画像を懐かしく思いました。
片付けをしてるうちに昔の写真や雑誌が出てきて当時の自分や家族、
ワンちゃんや猫さん達を思い起こす事は誰でも経験する事ではありますね。
お声を掛けて下さった方もつい昨日の事のように話をして下さいました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の花弁

2017年04月15日 | 動物・植物
桜舞い散る南風、そろそろ枝の緑が目立つようになり季節の伝達者は街の歩道に咲き出したポピーに交代しましたね。
今朝の風で園内にも姿の見えない桜の花弁がそよそよ入り込んでおりました。



今夜からお天気が不安定のようで山間では雷様の轟きがあるかも知れません。
本日も通常開園をさせていただいております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通信紙第97号

2017年03月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成29年 4月




3月18日~20日
平成29年春彼岸会合同慰霊祭をとり行わせていただきました。


期間中は天候に恵まれ御多忙の中、たくさんのご家族が来園されました。


様々な思いを込め手を合わすご家族の願いが届きますように供養を務めさせていただき
書きました戒名紙は全て読み上げ、行事参加されたご家族の名鑑に記帳させていただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
見送るお友達
ほんの少し冬の寒気が戻った3月最後の週。
街道の桜の蕾が大きくなりだした市内の住宅街へワンちゃんとご家族をお迎えし、ご自宅の前ではご主人が出迎えて下さりワンちゃんの納棺出棺をご主人自ら奥様と仲良しのご近所さんの手伝いを受け行いました。
いよいよ出発をするとき見送るご近所さんが庭の垣根を見て「あっ来た来た!」
視線の先には植木の隙間から縁側を覗く赤い首輪を掛けた猫さんがいつもいるワンちゃんの事を探す仕草をしておりました。
ご近所同士のワンちゃんと猫さんはとても仲良しで朝のお散歩では毎日近隣の公園で挨拶を交わし、晩年で動けなくなったワンちゃんの事を同じ時間にお見舞に来ていたそうです。
仲良しを亡くし寂しい気持ちになるのは人間だけじゃないのかも知れませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
紙面版PDF




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見送るお友達

2017年03月29日 | 可愛い子とご家族のお話
ほんの少し冬の寒気が戻った3月最後の週。
街道の桜の蕾が大きくなりだした市内の住宅街へワンちゃんとご家族をお迎えし、ご自宅の前ではご主人が出迎えて下さりワンちゃんの納棺出棺をご主人自ら奥様と仲良しのご近所さんの手伝いを受け行いました。
いよいよ出発をするとき見送るご近所さんが庭の垣根を見て「あっ来た来た!」
視線の先には植木の隙間から縁側を覗く赤い首輪を掛けた猫さんがいつもいるワンちゃんの事を探す仕草をしておりました。
ご近所同士のワンちゃんと猫さんはとても仲良しで朝のお散歩では毎日近隣の公園で挨拶を交わし、晩年で動けなくなったワンちゃんの事を同じ時間にお見舞に来ていたそうです。
仲良しを亡くし寂しい気持ちになるのは人間だけじゃないのかも知れませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春彼岸会合同慰霊祭

2017年03月24日 | 行事・出来事
3月18日~20日
平成29年春彼岸会合同慰霊祭をとり行わせていただきました。



期間中は天候に恵まれ御多忙の中、たくさんのご家族が来園されました。



前回に引き続き会場の全席はセパレートに揃えました。



お参りにいらした可愛い子ちゃんたち











出迎える黒猫





様々な思いを込め手を合わすご家族の願いが届きますように供養を務めさせていただき
書きました戒名紙は全て読み上げ、行事参加していただいたご家族の名鑑に記帳させていただきました。





近隣の沿道では黄色鮮やかな菜の花が咲き、季節は春になりました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 春彼岸

2017年03月18日 | 行事・出来事
そよぐ空、この連休は天候に恵まれてお出掛け日和になりそうですね。
当霊園でもウグイスの初音が心地よく響いております。
本日より3日間はお彼岸行事をとり行わさせていただき、心をこめてご供養を務めさせていただきます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加