動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙版 第26号

2012年08月05日 | 通信紙版バックナンバー
平成23年5月
立夏
ようやく暖房器具を必要としないくらいの気候になりました。
5月6日は立夏にあたります。
立夏は夏が始まる日です。この時期は大地が草で覆われ木々が繁ってきます。カレンダーには「夏が立つ」などと記載されている場合もあります。これは、簡単に言うと「夏がきたよ」という意味です。
立夏の頃(ちょうどGW〔ゴールデンウィーク〕頃ですね)は気持ちの良い風が吹き、晴天が続くので外に出ることが楽しみな時期でもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月に入り、園内外で様々な草花が咲きました。

・チューリップ 
個人で持たれております方の墓地に植えてる球根が今年も綺麗に咲きました。


・ハナミズキ
当霊園に御成街道側から向かいますと第2駐車場入口にはハナミズキの花が咲
いてるのが見えます。約5年前に植えた小さな苗木が現在このように育ちました。


・菜の花畑
当霊園前の歩道を御成街道を渡り行くと、右手に一面の菜の花畑があります。
この歩道を更に国道126方面へ進むと若葉球場があります。
お参りの際、お散歩されてはいかがでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チキンラーメン
市内に於いて猫さんとご家族をお迎えをいたしました。
ご家族お手製のお棺の中の猫さんの傍らに一つの袋詰めのチキンラーメンが添えられておりました。
この猫さんの仔猫時代はご主人の会社が保護し事務所のロッカーで飼われていたのだそうです。
会社にペットフードがなかったので、その場にあったチキンラーメンをどんぶりで温めて箸ですくって食べさせて数日間を過していました。
ある日、ご主人が奥様にその仔猫の里親が見つかるまで自宅に置いときたいと相談をしました。
当時、奥様は飼っていた猫さんを亡くされたばかりで気持ち的にはあまり乗り気ではありませんでした。
数日後、ご主人が仔猫をお家に連れて来ました。
それまで渋々承諾をしていた奥様ですが、仔猫の小さな姿を見て、里親を探す事では無く、先に亡くなった猫さんの分の愛情を注ごうと思い立ったのだそうです。
それから十数年が経ち前日の夜、仔猫だった猫さんが亡くなりました。
ご自宅から霊園へ向かう車内で奥様が懐かしそうにこうも語って下さいました。
「今、思うと主人は仔猫を引き取る前提で、里親探しは口実で、先の猫が死んだばかりでくじけてた私を気遣っていたのかも知れない」と、仰っておりました。
このチキンラーメンは昨夜ご主人がお別れの印(しるし)として猫さんに持たせてあげたのだそうです。



 


第26号紙面


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通信紙版 第25号 | トップ | 通信紙版 第27号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。