QLOOKアクセス解析

ローマの力その9「ルール公開」

購入の判断になればと思い、「ローマの力」のルール全文公開を致します。
ちなみに、製品にはB5サイズで入れています。これを今回A4にして公開している為、余白が変ですがそこは目をつぶってください。(笑)

説明書
行政一覧  ※判りにくい一部の行政カードの説明
ルール補足  ※後から質問を受けた判りにくい点の説明


このゲームの中核となっているのは、選択したアクションを全プレイヤーが行い、選んだプレイヤーのみが特権効果を得る「バリアブルフェイズシステム」です。これはスタートが「サンファン」だった為です。
全般的に、私の独自性を出そうとシステム的に狙っては作らなかったので、ルールはオーソドックスなものに仕上げています。
このゲームは徹底的に長く遊んで貰いたいと言う思いがあったので、トリッキーで目新しいルールよりも、安定的に楽しいルールにした方が長く親しまれるのではと思った為です。

それでも私なりの独自性は出したつもりです。
このゲームでは5つのアクションから選ぶのですが、【生産】アクションで手元の民や奴隷を、盤上に配置(働きに行かせる)し、【収穫】アクションで盤上の民や奴隷を、手元に回収するとともに、資材を得ると言うのが骨格になっています。
盤上に民や奴隷を配置しなければ、収穫できないのですが、逆に【討伐】アクションは、討伐する蛮族と同数以上の民が手元にないと行うことが出来ません(盤上に出払っていると行えない)。同じように【行政】アクションでは各種行政の効果を使うことが出来ますが、行政カードの効果によって手元に民や奴隷が無いといけないものや、盤上に無いといけいないものなどあり、民や奴隷を盤上に上げるのか、一部を残すのかなどをジレンマになるように仕上げています。
民や奴隷を手元と盤上を上手く行ききさせて、無駄なくアクションを行っていくことで、相手との差を生み出す仕組みになっています。

あとゲームのジャンルは、拡大再生産に含まれると思います。ゲームが進むにつれて民や奴隷が増えていきますので、収穫できる資材も多くなりますし、行政カードを得ていくことで、いろいろな行政カードの効果が行えるようになってきます。
この【行政】アクションでいろいろな行動が行えると言うのが大きな特徴の1つでもあります。
例えば、[納屋]と[神殿]を組み合わせて使うと、手元に奴隷がない状態でも、[納屋]の効果で盤上から手元に奴隷を回収し(その際、麦を収穫できるならさらにベスト)、その上で麦を支払って回収した手元の奴隷を[神殿]の効果で民に換えることが出来ます。
   ⇒ 
これは[納屋]を得ることで効率よく出来るようになった行動です。こんな感じで、色々な効果のある行政カードを【贈賄】アクションで得ていき、それを上手く使いながら、効率よく進めていくゲームになっています。

このゲームは、ソリティアの1人用ルールと、2・3人用の対人とで遊ぶことが出来ます。対人の場合でも、戦争など相手とガチで戦うルールはありませんので、対戦が苦手な方に特にオススメです。逆に対人の意味がないのでは? と言うことはなく、【討伐】【生産】【収穫】【贈賄】【行政】の5つのアクションは、それぞれのプレイヤーが選び合う為、得たかった特権効果の取り合いになります。また、各アクションは相手には都合の悪いタイミングでその効果を選ぶのが効果的なので、このアクションの選択が大いに対人での楽しみを作ってくれます。

ざっくりとルールの概要でした。詳しいところは、掲載した説明書をご覧ください。


【PR】ゲームマーケット2016秋 - 植民地戦争+αの出展予定作品
属州統治ゲーム

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 【イベント】2... 【イベント】... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。