QLOOKアクセス解析

ローマの力その18「追加行政カードの効果詳細」

今回追加した行政カードは複雑な効果が多い為、処理に迷うこともあると思いますので、
こちらで詳細を解説します。

もっとローマの力を!のルールはこちら。
 ○説明書
 ○行政一覧


霊廟

このカードを捨てられた行政カードの1枚と交換する

獲得している場合:捨て札から好きなカードを選び、そのカードを獲得し、代わりに[霊廟]が捨て札になります。
         [霊廟]は交換する為のカードなので、1度使って交換して終わりです。

[図書館]→[霊廟]  :[図書館]の効果は、捨て札から1枚を選んでその効果を使用しますが、
           その際[霊廟]を選んでも、[霊廟]は捨て札との交換ですので、
           捨て札どうし入れ替わるだけなので何も置きません。

[灯台]→[霊廟]   :[灯台]の効果は、場札から1枚を選んでその効果を使用します。
           場札に[霊廟]があって選ぶと、[霊廟]は捨て札との交換ですので、
           捨て札から1枚を選んで場札に持ってきて、代わりに[霊廟]が捨て札になります。

[街道]→[霊廟]   :[街道]の効果は、他のプレイヤーの未使用の行政カードを選んで使用しますが、
           その際[霊廟]は選べません。

[資料館]→[霊廟]  :[資料館]の効果は、捨て札から1枚を選んでその効果を使用し、
           使用したカードを山札の一番上に移動させます。
           捨て札に[霊廟]があって選ぶと、[霊廟]は同じ捨て札との交換を行い、
           交換された行政カードが山札に戻ります。[霊廟]自身が山札に戻ることがありません。

[神託所]→[霊廟]  :[神託所]の効果は、山札から3枚を選んでうち1枚の効果を使用し、
           3枚はまた山札に戻す効果です。
           山札から引いた3枚に[霊廟]があって選ぶと、[霊廟]は捨て札と交換され、
           交換された行政カードが他の2枚と一緒に山札に戻ります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ボードゲーム制作 ゲムマ2017秋←秋!?

最近、ゲームマーケットの他のサークルさんの作品を見ていて、

 ・市販品に負けない優れたデザイン、可愛いイラスト
 ・出来の良い市販品並みのコンポーネント
 ・簡単に遊べるシステム

こんなゲーム初心者に受けの良さそうなゲームが増えてきたな~って
感じることが多くなってきました。

 こんなゲームを作れることが、とても羨ましい!!!

今よりもデザイン力や、イラストなどを向上させたいけど、
そうしようとするとデザインを外注するしかないですし、
今よりもコンポーネントを良くしようとすると、
いろいろと印刷所に発注をしていかないといけません。

そもそも問題は、私がコンポーネントを多く必要とする比較的複雑なゲームを作ることが多く、
複雑なゲームで、デザインやコンポーネントに金を掛けると果てしないです。
そして私は初心者向けでは無く、ある程度ゲーマー向けのゲームを
作ることを私が好んでいることが根幹にあります。

だったら、羨ましがっても仕方なく、今のスタイルを継続するしかないのかなー
っと思い始めています。

逆に今回のうちの「ローマの力」のような、ボードゲームらしいボードゲームを
作っているサークルさんって、結構少ないのかなって思っています。
なら、うちはうちで、

 ・中級者向けのドイツゲームっぽいゲーム
 ・カードだけにならないコンポーネント
 ・題材は歴史を中心としたもの

にしていくべきかなー。
マーケティングに当てはめても、うちのサークル体力なら、
ゲムマの多数の顧客を相手にするのではなく、その中の一部にターゲットを絞って、
絞った中ではニッチーな地位を築くべきですね。



と言う事で、次回は多分、ワーカプレイスメント!

私は結構、ルールを作っても、ボツになることが多く、ブログやホームページで
公表したものが作品にならないことが多いのですが、
今回のワーカプレイスメントは、連れの審査を通ったのでなんとか出ると思います。

実は、こちらのゲーム、以前に初心者向けのワーカプレイスメントを謳った
あるゲームをプレイしたのですが、私的には駄目駄目でした。
そのゲームはサイコロを使って運の要素を入れると言う発想は良かったのですが、
私的には選ぶ選択肢がほぼ1つになってしまい、ゲームになっていませんでした。
(ボードゲームに精通していなかったり、ダイスの期待値を計算しなければ、
 どこにワーカーを置こうか悩み、楽しめるのかもしれません。)

これが頭の中に残っており、
30分以内に終わる簡単なワーカプレイスメントを作りたい!
と言う想いから今回ゲーム作成に入りました。


「ローマの力」でオセロのコマをいっぱい使ったので、ケースが多量にあったので
これを盤にして、この100円オセロケースに収まるコンポーネントにした都合、
2人様になりましたが、ゲームシステムとしては4人まで遊べるので、
2つ購入すれば4人まで遊べるという「海パラダイス」方式にしました。
その代わり、今時にしては低価格帯の作品です。

この金額で、このコンポーネントならいいなって思える作品になればと思います。

そして、テーマは「天孫降臨」
所謂、神道ですね。実は昔、神道や密教にハマった時代があり、好きなテーマです。
システムが出来た後に、ギリシャのポリスとか幾つか当て込んで見た結果、
神道の世界観がハマったので、これで決定です。

うちが作っていますので、神道も一般受けするようなキャラ的なデザインにはならず、
ボードゲーム的ななデザインになると思います。
ルールも30分以内に終わる簡単なダイスワーカープレイスメントですが、
それでもかなりジレンマに陥るようにしてあります。

是非、2017秋 楽しみにお待ちいただければと思います。
但し、私のゲーム情報は初期段階はかなり、頓挫することも多いので、

あ・し・か・ら・ず
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【イベント】2017年5月21日(日) ボードゲーム会<結果>

ゲームマーケット後のゲーム会になりますので、ゲームマーケットで買った作品を中心に遊ぶ会になると思います。
しかし、個人的には秋に向けてのテストプレイもしたいな~っと思っていたり。
ゲームは持ち込まれた方が中心にインストしています。初参加でもお気軽にお越しください。

日  付: 2017年 5月 23日(日)
時  間: 10:00 ~ 17:00 (開場は9:15-9:45) ※日中からの途中参加もOK
場  所: 川崎市 多摩市民館 4階会議室  ※東京都多摩市ではありません!
      <地図
会  費: 300円~500円 ※会場費、参加人数で割る都合
参加方法: chiyakazuha@mail.goo.ne.jp
      こちらまでメールをください。
      ※スパムメール対策を行っている都合、件名に「遊び場所」か
       「asobi」(半角)としてください
詳細案内: http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~usa_neko/1800_v2/sheet11.htm

こちらのブログ(過去記事参照)で紹介しているゲームのほとんどは、ゲーム会で遊んだものです。
こういった作品を、こじんまりと遊んでいる次第です。遊んでみたいと言う方は是非、ご連絡お待ちしております。
特に、ゲームマーケットのゲームで遊ぶことや、製作者のテストプレイや、新作の事前プレイなどを行っております。
出展者の方も是非!お待ちしております。

■今後の開催予定■
  2017年 7月 9日(日)

<結果>
本日のボードゲームの結果です。表紙の写真は缶詰本舗様の「ひとしずくのせかい」
世界観がハンパねー!!! 神様になって大地を作っていくゲームですが、毎回違う風に地形が出来上がるのが楽しい。
システムや勝敗勝負が楽しいと言うよりも、世界を造っていくと言う感覚が楽しめる方にオススメ。
5人フルだと回数が少なすぎ、2人だとガチつぶし合いになるから、3-4人がベストかなー。


しのうじょう様の「ジャンドイッチ」
そのまんまルールは麻雀なのですが、麻雀が半ちゃん1時間半ぐらいなところ、
30分ぐらいで終わるし、人数が2-5人で出来るところがとてもGood!!
パン屋のテーマにしているのも、良い具合にマッチしており、これは何度も遊べます。
不思議なのは、麻雀と同じく、どうも『ツキ』があるみたいで、1人が大勝ちするケースが多いです。


「ペチェリブレ」大喜利系のゲームですね。選んだ人物+特技2枚で、自分が如何に相手より強いかを説明するゲーム。

頂上決戦は、ユーチューバ―とハト(笑)で、ユーチューバ―の勝ちでした。


ゲームマーケット2016秋の話題をかっさらい、春も大行列だったitten様の「TOKYO HIGHWAY」
元々、2人用ですが連れと2人で遊ぶ限りだと、勝敗がシビアな1点を競うゲームになってしまい、
逆転の楽しみが無かったのですが、3人で遊ぶと相手2人を利用して高得点が稼げる局面も作れるので、
3・4人の方が楽しいかも。


「SANT DOMINGO」バッティングと交易のゲームですね。バッティングが良く考えられていて、
単純に勝利点を得る方法と、商品を得てそれを勝利点にする方法の2系統あるのが良く、
他のバッティング系よりも戦略が練れるところがGood!!
本日遊んだ中では一番システム性に驚きを得ました。


彩彩工房様の「LOGS -ログズ-」
4人用ルールをプレイ。これは難しい! ガチのアブストラクトゲームなのに、他の人を利用したり、
協力したり、他プレイヤーの辛みが凄い! 真剣に悩めて久しぶりにアブストラクトを楽しみましたぁ。

※この図の左のケース(挟むものと挟まれてとれるものが同じケース)も取れるとのことでしたが、
 これが取れると相手陣地に序盤に侵入出来ると、取り放題になるので、これは取れないと言う
 ハウスルールで遊びました。


裏ではT.A.WORKS様の「マギアルマ」
後で聞いたら面白い!とのことだったので、別途機会を作って遊ばなければ・・・


最後、名前をメモれなかった市販のゲーム
マジョリティーが多段的になっており、ジレジレする熱い戦いが出来る良ゲーでした。
またやりたい!

以上、本日もいっぱい遊びました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ローマの力その17「属州キリキア」

もっとローマの力を! の予約特典としてもれなく付いてくる属州の紹介です。

今のトルコ領の東南でシリアと国境を接している地域です。海を越えた向かい側にキプロス島があります。山岳が多いトルコには珍しく、キリキアの東には平原が広がっており、貴重な穀倉地帯の為、古くから大国と大国が争う地域でした。アレキサンダー大王がペルシアと戦ったイッソスの戦いの舞台もこの地にあります。州都はタルソス。

【初期行政】
キリキアは海賊がはびこる地として有名で、ローマ時代に皇帝によって討伐されたことから、[海賊討伐]を入れました。本国から来る艦隊に漕ぎ手として奴隷を提供する意味で、奴隷が1つ必要です。サイコロを振って戦果を決めると言うローマの力初のサイコロ運の行政です。そしてこの海賊が信仰した宗教がミトラ教です。ミトラ教は牡牛を生贄に捧げる宗教で、牡牛と言う訳ではないのですが、[祭壇]は奴隷2つで民1つを作り出す効果にしました。それ以外は、キリキアの門など東西の交易路を有していたので、[市場][交易所]を入れてあります。

【オススメの戦略】
[祭壇]が奴隷を2つ必要とする為、【討伐】アクションを選択しまくることになります。これは属州アフリカと真逆の戦略です。また[市場]があるので、麦を得てそれを奴隷に換えて、それをさらに[祭壇]で民にしても良いでしょう。[交易所]は効果が弱いので、金を作り出すのには向いていないので、【贈賄】アクションで金を作り出せる効果の行政カードを得るのも良いかもしれません。
[海賊討伐]は、奴隷に余裕があり、選択する【行政】アクションが特にないときに、6の目が出ればラッキーぐらいで行うべきだと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【イベント】2017年4月23日(日) ボードゲーム会<結果>

ゲームマーケットが近く、準備に追われている身分なのですが、そんなの知ったこっちゃね~!(^_^;)
ストレスもたまっているので、ボードゲームを遊んで発散させたいと思います。

日  付: 2017年 4月 23日(日)
時  間: 10:00 ~ 17:00 (開場は9:15-9:45) ※日中からの途中参加もOK
場  所: 川崎市 多摩市民館 4階会議室  ※東京都多摩市ではありません!
      <地図
会  費: 300円~500円 ※会場費、参加人数で割る都合
参加方法: chiyakazuha@mail.goo.ne.jp
      こちらまでメールをください。
      ※スパムメール対策を行っている都合、件名に「遊び場所」か
       「asobi」(半角)としてください
詳細案内: http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~usa_neko/1800_v2/sheet11.htm

こちらのブログ(過去記事参照)で紹介しているゲームのほとんどは、ゲーム会で遊んだものです。
こういった作品を、こじんまりと遊んでいる次第です。遊んでみたいと言う方は是非、ご連絡お待ちしております。
特に、ゲームマーケットのゲームで遊ぶことや、製作者のテストプレイや、新作の事前プレイなどを行っております。
出展者の方も是非!お待ちしております。

■今後の開催予定■
  2017年 5月 21日(日)

<結果>
今回は、3卓と盛況だったので、全ては撮りきれませんでした。
また、ゲムマ前なのでサークルさんの参加も多く、作品のお披露目会になりました。


F-04 堀場工房さんの新作「みかんdeキャット!
家族でワイワイ楽しめる積みゲー。幾つかの遊び方があります。何せコンポーネントが凄い凝っています。



うちは、今回の春では無く、秋の作品のテストプレイ。
コンパクトなダイスワーカプレイスメントです。順調で安心しました。

ちなみに春は P-13 植民地戦争+α は、「ローマの力」とその新作拡張「もっとローマの力を!」を出します。



今回初参加で新作ゲームのマニュアル確認に来られた ひゅひゅ様
新作は【情報マネジメント】+【相場操作】ゲームの「Collecting is Blind」です!

あと、ショーナンさんも来ていただき、新作「ブラアウリア1356」と「奉天1905」を持ってきていただいたのですが、私は遊べず・・・是非次回は遊びたい!


その他、いろいろと遊びました。
      


最後に「樹ブロック」のスチャーギン・ハウスで終えた充実したゲーム会でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ローマの力その16「属州ヒスパニア・ルシタニア」

もっとローマの力を! で追加された属州の紹介です。

今のポルトガル全土とスペインの一部です。長くルシタニア人が居住していた地域ですが、ルシタニア戦争を経てローマに編入されます。
州都はエメリダ・アウグスタ(現メリダ)で、この地の中心地として栄え、多くのローマ建築が立ち並び、小ローマと呼ばれたほどです。
この地はオリーブと葡萄の栽培が盛んで、ルシタニアの名はワインと饗宴の神バックスの息子または従者とされるルススに由来しています。

【初期行政】
ローマに特にワインを輸出していた為、葡萄からワインを作りそれを輸出する[造酒所]、メリダに水道橋が残っており、この水道橋で運ばれた水によって農業が盛んだったことから[水道橋]、隣のバエティカが大市を持っているので、それに対比して[闇市]、そして麦3つで奴隷を民に出来る[神殿]と言う構成です。
葡萄2で金を得られる[造酒所]はこの属州オリジナル、資材を1つを交換してさらに別の行政を行える[闇市]は、拡張カードに入っている行政です。

【オススメの戦略】
資材を交換できる[闇市]、金を有効に作り出せる[造酒所]に、民を作る[神殿]と揃っており、ともすると行政カードを得なくても良いぐらいバランスが取れている属州です。しかし、本当に行政カードを一切取らないと、【贈賄】アクションが無駄になってしまうので、このバランスが取れた中、どのように追加の行政カードを獲得していくのが良いのかを考えるのが悩ましいです。
また[水道橋]は、何度も使えるタイミングは無いでしょうが、自分の民や奴隷の集落への配置状況だけでなく、他のプレイヤーの状況を見ながら、ここぞと言うタイミングを見計らってみましょう!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゲーム制作でのカード・ボードの宅配事故について

ゲームマーケットなどで自作ゲームを作られている皆様。
実は、今回うちは作ったカードが宅配の事故に遭いました。

写真を見て頂いてのとおり、送られてきたダンボールは破損し、
中のカードは ぐにゃ! です。
かなりショックでしたが、このままと言う訳にはいきませんので、
損害を出さないように頑張ってみましたので、とった対応策を紹介したいと思います。

1. カード印刷会社に連絡する。
ネットをみるとネットショップで買った荷物が破損した場合は、
ショップに連絡しろとありましたので、某カード印刷所に連絡してみました。
ネットの問い合わせで、受っとったカードが宅配の事故で破損して届いたと書き込んだら、
比較的早く電話を頂きました。
とても丁寧にどうすれば良いかを教えてもらいました。
どうもうちから宅配業者の営業所に直接電話して欲しいとのことで、
電話して物を見に来て事故が確定すると、宅配業者がカード印刷所にお金を払って
再印刷になると言う流れを説明して頂きました。

2. 宅配業者の営業所に連絡する。
中々、電話が繋がらず、暫くして掛けなおすなど
ちょと苦労しました。
でも、繋がったら、意外に丁寧に対応して頂きました。
その際に、中身が何で、どのように破損しているかを聞かれます。
カードゲームのカードで、60種類×50枚で、その内 1種類の30枚ほどがダメになったことを説明します。
なので、1種類を刷り直すことで合意。その上で、確認と回収の為に巡回している配達員を向かわせて、
荷物の破損状況の確認を行う手配をしてくれました。

3. 荷物の確認、回収。
電話した当日に配達員が2人も来られて、玄関で早々に陳謝。
その上で、ダンボールのつぶれぐあいと中身のカードの破損状況を確認して、
ダンボールごと破損品を回収して帰っていきました。

これで一応、手続きは終わり。その後、印刷所からも状況確認の電話が掛かってきたり、宅配業者からも印刷時間があるので、時間が掛かってしまうことに対するお詫びの電話を頂いたりしました。
総じて丁寧に対応して頂き、ほっとしております。あとは再度刷り上がったものが来るのを待つだけです。

今回の事故で思ったことは、事故が起こると商品の代金分は保障されているので、そこまでは損失を受けなくてすみますが、例えばゲムマに間に合わずなどの機会損失は補償されないので、こんなことがあってもいいように早め早めに準備をするべきだと思いました。



【PR】ゲームマーケット2016秋 - 植民地戦争+αの出展予定作品
属州統治ゲーム 髪型アクションバトル!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ローマの力その15「4人用について」

ローマの力 拡張「もっとローマの力を!」では、1~3人用のローマの力を4人用まで
遊べるようにしています。

ローマの力 はサンファンを元にしていますので、5枚あるアクションタイルを
そのまま4人目が選ぶと言う手もありましたが、それですと4人目は残った2枚の
あまり選びたくないあまりものを選ばされると言う問題がありました。
サンファンと違って、ローマの力のアクションは、「出来ない」と言うことも多いので、
あまりものを選ぶのが辛いのと、あと、特権の効果を得るタイミングを増やさないと、
ゲームバランスが取れないと言う問題がありました。

この両方を解決する案として生み出したのが「委任カード」です。
委任カードは、4番目の手番プレイヤーが持ちます。
4番手の手番プレイヤーは、同じように1~3番手のプレイヤーが選んだアクションを
特権なしで行い、そのラウンドではアクションカードを選べないのですが、
1~3番手のプレイヤーが選んだアクションのいずれかで、委任カードを使用することで、
そのアクションの特権を得ることが出来ます。

つまり、自分ではアクションを選べない代わりに、1回だけ他のプレイヤーが選んだ
アクションに相乗りして、特権効果を得られます。

これで4番目のプレイヤーは、どこで委任カードを使うかと言う選択権が得られ、
特権効果も得られると言うことで、ゲームシステム上バランスが取れるようになりました。

と言うことで、バランスは悪くなっていないと思いますので、是非4人プレイを
ご堪能ください。

ちなみに、細かな話として、人数が増えていますので行政カードは 25枚で遊びます。
あと4人分として、民コマ、奴隷/蛮族コマを 1人分を同梱しております。
奴隷/蛮族コマですが、N極とS極の両方を入れていますので、基本と合う磁極をお使いください。
ただ、1点 実は以前使っていた部材が廃版となり、別で用意した都合、
以下写真のように、若干一回り小さくなってしまいました。本当に申し訳ないです。


製作者としても本当に廃版が悔しい限りです。
でも、遊び心地は変わりませんので、よろしくお願いいたします。


~属州統治~ ローマの力 ホームページ
もっとローマの力を! ホームページ
予約ページ
通販ページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ローマの力その14「もっとローマの力を!」

ぱんぱかぱーん!

と言うことで、植民地戦争+αは、ゲームマーケット2016秋で高評価を頂きました
「~属州統治~ ローマの力」の拡張を発売いたします。

名付けて「もっとローマの力を!」
どこかで聞いたことのあるタイトルなのは気のせいです。。。

さて、「もっとローマの力を!」はどこがどう拡張されたか? についてです。

1. 4人用対応
これ大きいですよね。4人じゃないから買わないと言う人すらいました。ローマの力のルールを知っている方なら、単純に4人でも遊べるように思うかもしれませんが、残るアクションタイルがだんだん選びたくないものが残るようになるので、その中から4人目が選ぶのは得策じゃなかったんですよね。そこで、今回『委任タイル』と言うのを付け、4人目はこの『委任タイル』を3人目までの手番で使用することで、使用した時、特権を一緒に得ることが出来る効果にしました。これで4人目はアクションタイルは選べないものの、自分が欲しいと思った時の特権効果を得られると言う選択権が出来、さらに全体のゲームバランスを見ても、特権の比率が 3人で遊んだ時とあまり変わらなくなりました。


2. 追加された20枚の行政カード
ローマの力を面白くしている1つの要素に行政カードがあります。どの行政カードをいつ獲得するかによって、大きく戦略が異なってきますし、プレイ感も変わります。そんな行政カードも基本では20種固定ですので、これが40枚の中から2人用は20枚、3・4人用は25枚をセレクトして遊べるようになりました。より変化に富んだ効果の行政カードがありますので、是非さらなる戦略を楽しめるかと思います。
ここでは名前だけ公開!です。[凱旋門][闇市][パン屋][広場][官舎][資料館][神託所][大農場][大聖堂][圧搾所][造幣所][貯水槽][要塞][野営地]など


3. 追加属州アフリカ、ルシタニア
さらに属州ボードを増やしちゃいました。ローマの力は属州ボードを何を選ぶかで大きく戦略がことなり、遊び心地が違います。ですのでさらにリプレイ感が広がったと言えます。詳しくは、個別にブログで紹介しますが、属州アフリカはかなり今までと異なった遊び心地となります。一方、ルシタニアはザ!王道初期行政にしています。


こんな、「もっとローマの力を!」ですが、まもなくゲームマーケット2017春に向けて、予約を開始します。
勿論、数量限定ですが 予約特典(通販者向け通販特典でもあります)を付けますので、
予約開始の案内を見ましたら、是非!ご予約をお願いいたします。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【イベント】2017年3月26日(日) ボードゲーム会<結果>

ちょっとバタついていて案内が遅れました。
ストレスもたまっているので、ボードゲームを遊んで発散させたいと思います。

日  付: 2017年 3月 26日(日)
時  間: 10:00 ~ 17:00 (開場は9:15-9:45) ※日中からの途中参加もOK
場  所: 川崎市 多摩市民館 4階会議室  ※東京都多摩市ではありません!
      <地図
会  費: 300円~500円 ※会場費、参加人数で割る都合
参加方法: chiyakazuha@mail.goo.ne.jp
      こちらまでメールをください。
      ※スパムメール対策を行っている都合、件名に「遊び場所」か
       「asobi」(半角)としてください
詳細案内: http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~usa_neko/1800_v2/sheet11.htm

こちらのブログ(過去記事参照)で紹介しているゲームのほとんどは、ゲーム会で遊んだものです。
こういった作品を、こじんまりと遊んでいる次第です。遊んでみたいと言う方は是非、ご連絡お待ちしております。
特に、ゲームマーケットのゲームで遊ぶことや、製作者のテストプレイや、新作の事前プレイなどを行っております。
出展者の方も是非!お待ちしております。

■今後の開催予定■
  2017年 4月 23日(日)
  2017年 5月 21日(日)

<結果>
表紙の画像は、次回作のテストプレイ。
今の所、順調。。。ダイスワーカプレイスメントで、天孫降臨がテーマ。


あと、ひさしぶりにサンファンを遊んだ。

それ以外で、RAボードゲーム、小早川など遊びましたが、写真を撮り忘れてしまった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ