季節の中で 暮らしの中で -Through the seasons and daily life-

現代の都会でプチ昔&田舎暮らし
-old & country style in modern urban life

サンタ考

2017-09-21 20:56:37 | 工房working place
工房にて。
工房はもうサンタクロースの家みたいになっています。
クリスマスに向けて頑張って働いてる。

イエスが産まれました。

       

今回、聖家族を作るにあたって、肌と衣装の色を全部独自でブレンドしました。
その時に赤ちゃんの肌の色をバラのような色にした。
ひらり助産院で講習した時に赤ちゃんが産まれて、生まれたての赤ちゃんを観た時に知った。
元気なお母さんから産まれた元気な赤ちゃんってほんとにきれいなバラ色なんです。
それがとても印象的で、それでイエスの肌の色を作りました。

このセットはたくさん作るつもりはなくて、今の所二つです。
場所の雰囲気にきれいにしつらえて展示したい。
あとは注文と講習で補おうかと。


サンタを作った。小さいの。
作るにつけ、このサンタクロースと言う設定が不自然に思える。
それはこの格好。
夜中にこっそり持ってくるには派手!
しかも太った爺さんって煙突に入らないのでは?

       

置き場所変えただけでもうこの人は泥棒にしか見えない。

       

そこで私が考えた理論的な実用的なサンタクロースと言うのは
動きやすい黒っぽい服装。足には地下足袋。そしてたくさんのプレゼントを運ぶんだから細マッチョな若者。がサンタクロースです。

ま、忍者とも言うね。
あらら。

でも、もう一方でデンマーク人に聞いた「ニッセ」って言う小人の事を思いだして、それを調べてみたら
これが私の腑に落ちた。
小さなとんがり帽子をかぶった小人。
クリスマスにはプレゼントを持ってくる。

これじゃないの?この方が信じやすいよ。やっぱり企業が考えたキャラは甘いな。
日本でのサンタのキャラ。もう一度考えた方が良い。
すぐに賢い子にはばれる設定だから。

他にもいくつも天使を作る。
良い感じ。でもそんなにたくさんは出来ないなあ。
3日あるんだけど、品物なくなっちゃったらどうしようかな?



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ウィーンの夕餉

2017-09-19 21:21:00 | 食べ物 Eat
この前偶然見つけた。パン粉。
それはミラノ風カツレツやヴィエナーシュニッツェルに使う専門の細かいパン粉。
買う人が少ないのか安くなってた。
それと、おいしそうな豚のロースの固まりが安く手に入ったからそれを調理しようと。
オーストリアの動画を参考にした。

肉は切ったら筋も切って薄く叩いて伸ばす。
塩コショウ、それに小麦粉と玉子液とパン粉をつける。

パン粉はカイザーゼンメルを細かく砕いたものらしい。
オーストリアの家族は硬くなったパンをおろし金で細かくしてそれをさらに笊でふるってました。
向こうのパンは日本のと随分違うなと思う。探してもなかなか見つけられない。
毎日パンを食べてる人たちのパンってやっぱり本腰入ってる。

そしてフライパンに油を入れるんだけど、浅い。1センチくらいと思う。バターを入れる時もある。
そうやって揚げたら、レモンを添えてたっぷりのサラダと一緒に食べる。

       

今日は豚肉だったけど、ほんとにヴィエナーシュニッツェルだったら仔牛の肉。まあでも向こうでも豚肉でする事が多いと思う。
食べに行ったらお皿にいっぱいの大きな大きなシュニッツェルが出てくる。

同じようにして作るんだけど、やっぱり日本のトンカツと違うなあと思う。これはこれで美味しい。

それとこの前焼いたアップルシュトゥルーデルにバニラソースを添えて。

       

向こうのお母さんに写真を送ったら、ちょっと体調が悪いんだって返事が来た。
早く良くなりますように。
また行きたいな、オーストリア。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

小鳥 天使

2017-09-19 20:20:22 | 工房working place
工房にて。

行ったら、家主さんが居た。
ご実家の用事で帰って来たと言う事。
そんな事や畑の事など聴く。
またすぐに鳴門の畑に帰って行きました。今度の畑は露地らしい。何が出来るのかな?

いろいろな作品作りの計画や型紙作りや下ごしらえをする。
ふと思いついて、工房にかかってる小鳥のモビールに手を加える。
1年以上経ってるけど、ちゃんときれいに修復できました。やっぱり羊毛ってすごいなあと思う。
いくつか改良点を加えて、再誕!

       

観てたら、鳥が天使に見えてきた。これ、天使でもいいんじゃないの?って思って天使にしてみた。

       

クリスマスの市に出せると思う。可愛い。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

子どもの目線で

2017-09-18 16:02:22 | 講習 PrivateClass
年明けに幼稚園の保護者の方向けの講習会があります。
内容をずっと考えてて、やっと固まりました。

数年前にした「小鳥のモビール」をもう一度。しかもバージョンアップして。

       

このモビール。長い間作っていますが、とても人気です。
何年も飾っておられるところがたくさん。
特徴は「子ども目線のデザイン」
モビールはたくさんあるけど、大抵は横から観る計算で出来ています。大人向け。
子どもは下から観るから角度が違うなと。
それで下から観て良いデザインにしました。これが風で動くと鳥が優雅に飛んでいる様子に見えるんです。飽きません。

前のは小鳥がもけもけしてきてしまうので、綺麗な鳥の形を保つように工夫しました。
しかも今回の講習の一番のテーマが「下の子を連れて来て良いように」なので、ニードルは使っていません。
独自の製法を開発できた。
これからキットの内容などつめて行きます。


ちょっと硬めで酸っぱめなリンゴがあったから焼いた。
アップルシュトゥルーデル。

       

巻いたところ。

       

いつも二つ作ります。1つはお昼のお呼ばれにお土産に。

       

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

枝から命を感じる

2017-09-18 11:36:55 | 季節 Season
前の日から計画してた。
台風の次の日の散歩。

結局台風はあんまりひどくなくて、夜中に通り過ぎたよう。
大きな被害にも合う台風だけど、良い事も持って来てくれる。
急に秋の空気になったり、空が綺麗になったり。
そして木々を揺らしていろんな宝物を落してくれる。

こんなものも見つけてびっくり。すごく大きなキノコ。他にもいくつもキノコを見つけました。

       

私の作品には枝や木の実など良く使います。それを拾いに行く。
前に流木を拾ったのも大きな台風の後の海岸だったな。

それが思ったほど枝が落ちてなかった。それでも大きな公園を注意して観ながら歩くと見つかった。
園芸用の鋏も持って来てるから、ちょうどいい大きさに切りながら集めながら歩く。
結構集まった。これでとりあえずは大丈夫かな。

       

枝拾いも感覚を豊かにするためのチャンスの一つだと思う。
枝には「生きている枝」と「死んでいる枝」がある。
手に持って重さやしなやかさを感じたらわかります。
ちょっとたわめるとすぐに折れるのは死んでるから使えません。
しっかりと弾力があって美しいもの。虫などついていないものを拾います。

木は幹から離れても生き続けるらしい。千年かかって大きくなった木は千年呼吸し生き続けるって薬師寺の話で聴いた。
落ちている枝から命を感じる、それは経験しないとわからない感覚だと思う。
まず幼稚園の講習の前にこれをして枝を拾って貰うようにしようと思っています。

取りあえずヨゼフの杖とモビール。




Comment
この記事をはてなブックマークに追加

世代間連鎖を防ぐ子育て論

2017-09-17 16:23:44 | 心と体 Mind&Body
インターネット上にはいろんな情報があふれていて、真偽が不確かなものもあります。
その中で、本当にたくさんの人に有益で参考になると思われるものを見つけたので紹介します。

子どもに対してこれだけはやるな!カウンセラーが明かす逆算の育児法

【新連載】世代間連鎖を防ぐ子育て論
信田 さよ子臨床心理士


信田さよ子氏は私がクリニックでの仕事を始めた頃に相談員から紹介されて講演に行ったり本を読んだりした人です。
自分の人生にもそして患者さんの人生と向き合うためにもとても大切なものをそこで得られたと思います。

机上の空論とは真逆の、実際に患者さん達を診て、その中から得られた考え。そのまっとうさと強さがあります。
この連載は6まであって、どれも家族関係や生き方に関しての大切なキーワードが込められています。

子育て中の方、生きづらさを抱えている方への確かな足がかりになると思われます。その人たちに届きますように。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

サプール

2017-09-15 22:54:07 | 暮らし Daily life
サプール
昨日聞いて調べてたら、ちょうど写真展をやっていると言う事がわかって、すぐに行ってきました。

       

詳しくはうまく説明できないので上のリンクから観て貰ったら良いと思います。

観て思ったのは、ものすごく強く確かな信仰心を感じるなと。
この完璧さ。
90年も続いた文化だと言う事。
自分の着こなしと身のこなしと心のあり方を始終考えて、お金をコツコツ貯めて理想の姿を築き上げて行く様子が修行のようだなと。
普通、宗教的な修行と言うと、地味で苦しいものを創造するけど、彼らは突き抜けて美しく明るく前向き。

とにかく完璧にかっこいいです。はずしのテクニックも合わせて。

自分に何の色が似あうか、どの柄を組み合わせたら合うか、小物の使い方や配置。装い方。
どれくらい考えたのか修練したのかわからないくらい凝ってる。

平和のために装うって言う。
そうかも。
これだけ衣装の事を考えて衣装にお金を使ってたら、タバコも吸わないしギャンブルもしないしお酒も飲まない。
本当にかっこいいとは何なのか考えたら悪い事は出来ない。

この日本の環境で考えちゃうけど、彼らの環境の事を考えると彼らの格好がどれだけ特別なものなのか計り知れないくらいだと思う。
きっと「今、地上に降り立った宇宙人(または神)!」ってくらいの浮き方だと思う。

「ただのええかっこしい」ちゃいまっせ!

今週末までやってるみたいです。心斎橋大丸にて。
元気貰いました。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

水筒のためのフェルト

2017-09-12 17:56:03 | 工房working place
工房にて。
自分の水筒のカバーを作りたい。
子どもの水筒の紐の肩当てを作りたい。
お二方いらっしゃいました。

午前中に出来る小さなものをと言うリクエスト通り、おしゃべりしながらテキパキと作業を進めて
昼までに出来上り。

       

保温の水筒でも、夏でも冬でもその上からフェルトのカバーをすることで、さらに保冷や保温の機能がアップします。

お昼も食べてゆったりして楽しく過ごす。

また来て下さいね。お待ちしています!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

渓流釣り教室

2017-09-10 17:27:34 | 旅 Journey
この前、びわこ博物館に行った時にチラシを見つけたのだった。
夫が。
そして申し込むと。私の分も。
渓流釣り教室!
なんと定員の倍くらい応募があったらしく、それを勝ち残った私たち。行ってきました。

滋賀県の北の果て、そして山の中にずんずんと入って行った所にその会場はあった。
早く付きすぎたので近くの良い感じのお寺に寄ってみた。
そしたら私がすごく好きな感じのお寺でした。
木之本地蔵院
カエルのお寺。

       

お地蔵さんの謂れが複雑で面白かった。
大阪湾に流れ着いた地蔵さんがお坊さんにかかえられて旅をして、この土地を選んだのだと。

目にご利益がある地蔵さんで、そのご加護がありますようにと片目をずっとつむって願掛けをしているカエルがマスコット。

       

戒壇めぐりがある。長野市の善光寺にもあったやつ。
真っ暗な中を歩いてお参りする。
あれ、瞑想になるのかも。

木之本の門前通りが良い感じで、酒屋や醤油屋などいろんな店が良い感じで並んでる。
パン屋さんが有名らしく、サラダパンってのを売っていた。お弁当買って行っちゃったから食べられなかった。
今度食べてみたい。

釣り教室。
道具も全部揃ってて、先生の指導は二人に一人着くと言う贅沢さ。参加費は1000円。
アマゴを放流してあるらしく、それを釣る。
ぶどう虫という幼虫を針につけるのがちょっと気持ち悪いけど頑張った。

まあでもたくさんの人でがやがや行ったから、魚は緊張して釣れない。
それでも小さいの一匹釣れました。

渓流釣りは初めてだから、長い竿と糸を操るだけでもとても大変。すぐに草や木に引っ掛かってしまう。
重りも川底の石にひっかかってしまう。
そのたびに先生が取ってくれて。申し訳ない。

でもたくさん教えて貰って、そのうちに餌が水面のすぐ下を流れるように操れるようになってきました。
ものすごい集中力使った。もう釣れるかどうかなんてどうでも良かった。

終わりの時間が決まってて、強制的におしまいにならなかったら暗くなるまでやってたかもしれないって程の集中っぷり。
最後に記念撮影してお土産にアマゴをたくさんもらって帰りました。

       

帰って塩焼きに。小さいのは唐揚げにして骨まで食べた。
やっぱり美味しいなあ。

どうしてこういう教室をしてるかと言うと、最近渓流釣りをする人が減ってるらしい。
それで若い人にも初心者にも広めようと教室をしてるって。
思ったより道具も要らないし楽しい。
行きたい時は漁協に頼んだら先生もつけてくれるらしい。
ちゃんと道具やルールを守って漁協に遊漁料を支払う事で、川にも魚にもよりよい環境を保てるらしいから、釣りには行った方が良いんだと思う。
また行きたいな。なにしろ魚が美味しい。
長靴とか買わないとな。






Comment
この記事をはてなブックマークに追加

夢のキラキラ

2017-09-09 17:12:36 | 暮らし Daily life
宝塚歌劇に誘われました。夫に。券を貰ったらしい。
すごくうれしい。

早いめに行ってお昼を食べて手塚治虫記念館で過ごす。
入口の床が火の鳥のモザイク。

       

ブッダを読み始めたけど、時間が来てもまだ仏陀登場ならず。一回全部読んでみたい。

今日の出し物はこれ。ロシア革命の話。

       

夫は歌劇鑑賞初めて。どうかな?と思ってたけどすごく楽しかったらしい。良かった。
男役の人たち。出てきて20秒くらいは観て固まるんだけど、慣れてそれがすごくかっこ良く感じるようになる。それがヅカマジック。

今回のは特にヒロインが良かった。なんとも美しい。美しい上にも美しい。そしてただのお姫様じゃなくて強い。その強さが良かった。
主人公は死んでもちゃんと後で夢か思い出で会える場面を出してくれるのが宝塚のやさしさ。

私はオペラグラスを持って行ってたので衣装をじっくりと観た。ほんとに美しい。細工やデザイン。
後半の踊りも思ったよりずっと良かった。ストーリーもあって。曲のCD欲しいなと思ったくらい。

宝塚歌劇、夢の世界。あれは良い。
関西人のたしなみ。随一の娯楽なり。




Comment
この記事をはてなブックマークに追加