季節の中で 暮らしの中で -Through the seasons and daily life-

現代の都会でプチ昔&田舎暮らし
-old & country style in modern urban life

ヒマを埋める

2017-02-17 21:25:05 | 心と体 Mind&Body
3日前くらいに喉が痛くなって微熱が出て、
熱なんてすごく久しぶりだからびっくり。
花粉か?風邪か?
わからないけど医者に行って薬を貰ってきました。
熱は下がってるけど3日は休もうと思って今日も一日ゆっくり。

何も作らないと決めてるから、本当にヒマ!
食事もシンプルに(でも昨日餃子作ったんだった)。

さすがに今日は大掃除で手を付けてなかったラスボスに手を付けたり。
けっこう手ごわかったわ。
(結局動いてるな)

それでもじっとしようと映画を結構たくさん観ている。
面白かったのも面白くなかったのもいろいろ。

「海難」は和歌山の串本沖でトルコの船が遭難して村の人が助けた話。1890年。
トルコの兵隊さんたちがどれもヒゲでぴちぴちの軍服を着てて、こりゃフレディーだなあと思いながら深刻な画面を観る。



元々貧しい村に流れ着いた遭難者を村を揚げて救った話。
それに呼応してイランから日本人を飛行機で助け出してくれたトルコの話。
トルコではこのエルトゥルール号の話は学校で習うのだと言う。それで親日家が多い。
同じようにスリランカでは学校で日本が第2次世界大戦の時に、二つもの原爆を受けて、まったくの焼け野原からものすごい努力で素晴らしい経済大国に成長した話を習うらしい。それで広島と長崎に行きたい人が多くて、そして日本人を尊敬している人たちが多い。
日本の教育でも震災の時に外国の人たちがどんなに助けてくれたかの話をちゃんと学校でしたらいいのになあと思う。
子どもの時に聞いた話がその人の思いに浸みこんで、他の国との関係を作って行く。(マイナスの時もしかりだけど)

「リリーのすべて」は初めて性転換手術を受けた男の人の話。
奥さん(女性)の支えがすごいなと。
結局手術はうまく行かなくて残念。
性同一性の人はなかなか思う相手を見つけるのが大変だなあといつも思うんだけど、
良く考えたら世界中から一人を選ぶんだったら、ストレートの人だって確率的には同じだなと。
新しい観点。
とにかくご夫婦二人ともとっても可愛い。

「おやすみなさいを言いたくて」は戦場カメラマンの女性の話。
ジュリエットビノシュが好きだから観た。
家族の不安。それでも行かないと気が済まないお母さん。
命を懸けてするってのはやっぱりあんまり健康とは言えないなあと思いながら観る。
この頃はどんな人でもスマホで写真や動画が撮れるから、わざわざカメラマンが行く必要がなくなって来た感じもするなあと思いながら観る。
伝えると言う手段が変わって来てる感じ。受け取り方も。ニュースや写真集になってから観るってのが主流ではなくなって来てる気がする。
だからこそ、ニュースに鈍感にもなって来てるよなと。どんなひどいニュースも通り過ぎて行く。

その他にも暇だからつらつらとテレビとかたまたま始まった映画とか観て。
お笑いのブルゾンちえみって言う人があんまり面白くて笑って。
アニメの「坂本ですが?」ってのがなかなかうまく出来てると思って。
若冲がものすごく素晴らしいのに気付いて。
これが何回観ても面白いなと思ったのが「パイレーツロック」だった。
やっぱりロックだよね。って思いながら最後の感動シーンを観る。
ラブアンドピース!



もう元気だし、明日から普通に動こうっと。

作ってないとブログに書くこともない。普通の日記でした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

がっちり固めました

2017-02-15 15:55:41 | 暮らし Daily life
百均で買ったジャグ(1ℓ計量カップ)をこの前落として割ってしまったのを修理したもの。
「あれは使えてるの?」って聞かれた。
使っています。ちょっと用心しながらだけど大丈夫。
その継ぎ目をグルーガンで固めたら良いんちゃうか?と息子の意見。
さすが材料の事を研究している人だけあるな。
それでやってみました。

       

かなり良い感じです。でも良く観たら根元の所が弱くなってる感じなので、そこが折れたら使えないなあと。
まあそれまで粘って使おう。

一日に何回もこれで水を汲むんだけど、どうやって使ってるかというと
ティファールの湯沸かしに浄水器の水をためて入れる。これだけで6回くらいはしてると思う。
料理の時もお茶もそれでしてるから。コンロが3つ欲しいなと思うけど、ないから一つはここでお湯を沸かす感じ。

それと米を研ぐときに。
米をボールに入れる時にまずこのジャグに浄水器の水を貯め始める。
貯まったら、ざっと入れてさっと洗って水を切る。私にはそれが大事。
米はすぐに水を吸うので、一回目の水はたくさん一気に入れてすぐに流したい。
2回目からも流している間に貯めるので、流し終わったらすぐに次の水を一回で入れられます。
そうやって4回くらい研ぐ。
最後のは炊飯器に入れる水です。

もう少し小さいジャグ(700mlくらいの)はバーミックスで大根おろしを作ったりするときにも使う。
今はティーポット使ってるけど、夏はそのジャグで紅茶を淹れます。スリランカの紅茶は細かいのでそれで充分。冷めないんだったらそれで支障ない。
スリランカの人たちはそうやって計量カップに紅茶バッと入れて湯を注いで茶こしで漉してたっぷり砂糖入れて飲んでます。
ティーポットに入れて冷めないようにティーコゼーで包むのは寒いイギリスのやり方だと思う。

計量カップ。
値段は関係ない、とにかく大活躍。台所に欠かせない。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

一日バレンタインデー

2017-02-14 20:46:48 | 食べ物 Eat
バレンタインデー。
うちの分のチョコレートは当日作ることになった。
朝からチョコレートを削って作る。いつものパヴェドショコラ。
今回はキルギスの蜂蜜が入っています。前に作ったレモンの皮の砂糖漬けを上に散らす。

       

チョコレートが冷えるまで待つ。その間に工房に行って作業。
ずっと前に作りかけにしていたルームシューズの続きを。しっかり縮めたら良い感じに出来た。

       

帰ってチョコレートの仕上げ。切ってココアをまぶす。

       

包んで、実家や妹のうちに持って行った。毎年同じのを持って行ってるのに「こんなに美味しいの初めて食べた~!」って父が言ってる。
まあ仕方ないな。
後で乗せたレモンの皮の砂糖漬けがカリカリして美味しい。

夫をどうやったら喜ばせられるかずっと考える。
今年は初めて、近くの花屋で買った小さな可愛い花束も、夫にあげた。
そしたら嬉しそうだった。男性ってあんまり花を貰わないから嬉しいんだろうなあと思う。
どうせうちに飾るから、私にだって同じだ。買って良かった。


夕食も朝から用意してたグラーシュ。美味しい牛肉を使った。

       

特別な感じに出来たかな?頑張ったな私。
息子も嬉しそうだった。あんまり嬉しそうで、ちょっと複雑だったけど。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

花を食べる。野菜パーティー。

2017-02-11 20:26:56 | 食べ物 Eat
えなみのうじょうの花と野菜を使って料理して食べる会。
野菜はこんな感じ。
大根、黄色いカブ、ニンジン、ゴボウ、ディルにフェンネルなど。

       

そして花。洗って乾かします。

       

とっても綺麗。ビオラの濃い紫のが、ちょっと観たら黒なんだけど、深い輝きがあって素敵。

       

妹は料理が得意。そして丁寧にきれいにお客さんに出せるように作れる人。栄養士の資格も持ってる。
いきなりこんなにきれいなのが出てきた。
オープンサンド。これ、きれいなだけじゃなくて、食べたら思ったより斜め上の美味しい味がする。すごいわ。

       

これも、南国の味がするって。花は全部食べられます。エディブルフラワー。種の段階から農薬を使っていません。

       

これがなんとも美しい。マーマレードの黄色と花の紫が。そしてクリームチーズと相まってそのお味が素敵。

       

そして大御所ザッハトルテ。たくさんの花に飾られて登場。

       

もうちょっと表面が綺麗だったらいいのになあ。
でも花はとっても美しい。これも全部食べられます。味は特にしないんだけど、ちょっと気分が上がる感じ。

       

切り分けて生クリームをかけて食べます。やっぱり美味しい。特別な味。それに花の特別感が加わって、気分が上がる。
実際に抗酸化物質を多く含むので、元気が出ます。
紫の花とザッハートルテが合う。美しい美味しい!最高!

       

これだけではありません。写真を撮るためにと、もう一丁妹が頑張ってくれました。
手鞠寿司です。テーブルに運ぶと歓声が上がる。
鯛の刺身に大葉が透けてるのとかキュウリにサーモンが透けてるのとか、たまらん。
そして食べたらそのお味のバランスが絶妙!天才やなあ。

       

綺麗な稲荷寿司もあります。

       

本当に一つ一つ美しくて美味しくて、みんなで感動しながら食べる。
綺麗なもの食べるってこんなに特別な気分になるのかあと。

紅茶にも花を入れてみました。

       

しばらく余韻に浸ってしゃべったりしてゆったりと過ごす。

日が落ちて小腹がすいてきたし、私が野菜で適当にカレーを作りました。
南インド料理のサンバルとチキンカリー。

       

美味しかったな。
花の料理。いろいろと出来るなあと。
これから雛祭りやお花見にも良いと思います。
ご注文は「えなみのうじょう」まで。メールで。enaminoujou@gmail.com
レストランなどの注文も承っています。

野菜パーティー。もっと人が来てくれたら良いなあと思う。
どうやったら来て貰えるのかな?
いろいろ考えてるんだけどわからない。
まあ今の体勢だったらこれくらいで良いんだけど。

  







Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ザッハートルテを作る

2017-02-10 20:21:09 | 食べ物 Eat
明日の花と野菜のパーティーのためにザッハトルテを焼く。
ハンドワークのためにもチョコレートとナッツのケーキを焼く。
両方ともオーストリアの家族の教えて貰ったもの。上の四角いのがチョコとナッツのケーキ。焼きっぱなしだけどとっても美味しいんです。

       

焼けてから半日以上は寝かせる。そしてデコレーション。
まず杏のジャムを真ん中と表面に塗る。ジャムは作ったのを冷凍しておいた。まだあって良かった。

       

グラズールをチョコレートと砂糖で作ってかける。
この前は水分が多くて固まらなかったので、少し硬めに仕上げた。
なかなかうまく行った。でも滑らかになったらもっと良かったのにな。どうしてもガタガタになる。

       

私の用意するのはこれだけ。明日は妹と頑張ります。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ブライアンからの贈り物

2017-02-09 08:50:29 | 洋書 English books
去年のクリスマスに、Queenのブライアン・メイからのクリスマスプレゼントとして、彼のブログで紹介されていた本です。


The Language of Letting Go: Hazelden Meditation Series (English Edition)
Melody Beattie
Hazelden Publishing


Kindle版を購入。
ちょっと高いなと思ったけど買いました。
ブライアンが何年も折に触れては読んで、生きる指針になったと言うので。

ちょうどお正月あたりに買ったので、日付に合わせて少しずつ読んでいます。
量が毎日読むのにちょうど良い。

簡単に言うと、共依存や生きづらさを手放すための言葉が書いてあります。
同じようなものにこれがあります。これは随分前にクリニックで紹介されて読みました。

心の傷を癒すカウンセリング366日 (講談社+α文庫)
西尾 和美
講談社


たぶんKindle版がこちらです。

今日1日のアファメーション―自分を愛する365日
西尾和美
ヘルスワーク協会


同じく一日ずつ少しの量を読んで行く形式です。

主旨が似ているんだけど、Melody Beattieの本は今の私にしっくり来るかも。
アメリカの人だと思うけど、A.A(アルコールアノニマス)の考え方を元にしていると思います。
それでハイヤーパワーの話が結構出てくる。それが私にはわかりやすい。

それがちょっとニューエイジ的だからか、とても良い内容なのに和訳されていないようです。
そんなに難しい英語ではないので心配なく読めると思います。

例えば、2月8日の文章には「罪悪感を手放す事」が書いてあります。

罪悪感を多大に持つことで、人からコントロールされやすくなります。そして自分と他人との健康な境界を築くのや健康な行動をする事も制約されやすくなります。
罪悪感を持つことは人生の手かせ足かせになる事を学ぶ時期に来ています。もし罪となる事をしたとしても、それを拡大解釈して持ち続けることでその問題が解決されるわけではありません。
祈り
神様、罪悪感を手放せますように。そしてそれを自分を愛する事(self-love)に置き換えられますように。

といった内容です。

そんな感じ。自分で全部無理にしようとしないで、いつも祈りの言葉があるのが良いなあと思う。
大きな存在に任せるのは一つの方法だと思う。自分で無理に変わろうとしても無理な時多いから。
毎日こんな風に読んでいて、ためになる言葉がたくさんあります。
さすがブライアン。紹介してくれてありがとう!


こういった本を準備なく読み始めると、自分のそれまでに隠していたつらい部分が出てくることもあるので、心療内科やカウンセラーなど専門家につながった状態で読むことをお勧めします。

自分の世話をする事、苦しみから逃れる事、幸せになる事は自分勝手ではありません。
自分を良くすること、心地よくすることは本当の意味でこの世を幸せに良いものにして行く事なのですから。
いろんな手段を使って、いろんな人に助けて貰って
元気に幸せになりましょう!










Comment
この記事をはてなブックマークに追加

上々の収穫

2017-02-08 22:19:54 | 暮らし Daily life
うちの事をしばらくしたら友達と一緒にお昼を食べて、しゃべりながらお雛様の続きを作る。
今度は良い感じで出来ました。これで講習出来ると思う。

       

2月16日のはぐくむ手で作ります。
興味のある方はここへ

甘酒は60℃くらいに設定してシャトルシェフで保温。途中2回ほど温め直してまた保温。
それで甘く甘く出来上がりました。
うちで精米した七分搗き米で作った甘酒。おいしい!

       

パンも膨らんだ。

       

成型して焼きます。いい匂いがうち中に広がる。

       

今日の目標は70%くらい達成できました。そして予定してなかった事も出来たので上々。
収穫たっぷりの一日。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ふつふつ増えてね

2017-02-08 10:33:50 | 暮らし Daily life
今日は休むと決めた。
朝からうちのことをする。
いろいろ発酵仕事も。

パンを捏ねて温めて置く。
お粥を炊いて甘酒を仕込む。

       

他にもいろいろやりたかったけど出来てなかった事をして行こう。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

春はまだまだ

2017-02-07 16:23:36 | 工房working place
工房にて。
春の作品を開発する。
お雛様が作りたいなと作り始めたけど、なかなかどうして難しい。
きっと本物を知りすぎてるからだと思う。

2作目でようやくそれらしく。でもこんなにふわふわで、一年だけだったら良いけど、毎年飾るのは出来ないなあと。
まだまだやってみないと。

       

生徒さんが来て、作りたいものがあると。それで一緒に作りました。
ねっこぼっこ。絵本に出てくる小人たち。

       
ねっこぼっこ
Sibylle von Olfers,秦 理絵子
平凡社


冬の間は地面の中で寝ているんだけど、春の前になると準備をして、春になると地上に出てくる。
花や生き物の精たち。

       

今度の「はぐくむ手」でお雛様かねっこぼっこのどちらかが作れたら良いなあと思っています。
子どもが一緒だからそれでも出来るように考えています。
春はまだまだ。足音は聴こえてるんだけどね。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

雪が降ってる

2017-02-06 19:45:52 | ハンドワーククラブ HandworkClub
ハンドワーククラブにて。

いつもの人たちが集まって来てそれぞれに作る。
すごい雪が降ってるねえなんて言いながら。
山の方に住んでいる人も居るから、帰るタイミングを見計らいながら。

小銭入れが出来た。

       

私はタバコを吸わないから気付かなかったけど、この前お土産屋さんで見つけてヒントを貰った百円ライターのケース。作ってみました。

       

どんどん出来るなあ。

着てた服が破けたから縫いに来たり。いろいろな参加の形。

一番寒い時、これから温かくなる時。
調子を崩しやすい季節です。
みんな元気で来週も逢いましょう!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加