goo
WindowsCE FAN/Windows Phone FANのウェブマスター日記 2007年~2011年版です
Windows Phone FAN日記









プレゼント第2弾 古いゲーム機編
個人の引っ越しに伴うプレゼントキャンペーン第二弾です。(^^;
必要な方に差し上げます。
いずれの場合も応募方法はこちらをご覧ください。

No.5 初代 PLAYSTATION SCH-5500(2年くらい使用)

いわゆるファイティングパックとして、1997年に発売されたPLAYSTATIONです。
すでに7年くらい使っていなかったので、動くかどうかも分かりません。ごめんなさい。もし、CDプレーヤーとして使ってみたい、やっぱ初代でしょ、という方がいらっしゃればご連絡ください。なぜか物持ちがよく、箱もあります。

No.6 初代 Dreamcast(1年使用済み)

セガの最後のゲーム機「Dreamcast(ドリームキャスト)」です。
オプションのコントローラー、専用キーボードもあるので、一緒にお送りします。
ゲームソフトは、探して出てくれば送ります。
こちらについても、7年近く使っていないので、動くかどうか分かりません。
Dreamcastについては、今でも中古屋でソフトがあったり、年に2本くらい新作ソフトもでていたりするので、興味のある方ご連絡ください。
こちらも物持ちよく箱あります。

No.7 任天堂 GameCube(ゲームキューブ)(2年使用済み)

発売日に購入したけど、最後までクリアしたソフト0本という感じです。
Wiiで、GameCubeソフトが使えるので、本体が不要になってしまいました。

いずれの場合も応募方法はこちらをご覧ください。
[ お知らせ ] / 2007-10-24 00:25:10 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




So-netのオンラインハガキ作成サービス
そろそろ年賀状の受付が始まる時期だ。
昔は手書き、一時期プリントゴッコでの作成というのがメジャーだった気がする年賀状だが、今や印刷サービスを利用するか、パソコンを使ってプリンタで印刷、というのが多くなってきている。特に、パソコンを使った場合には、住所などについても簡単に印刷してくれるのがメリットだ。

そのパソコンを使った年賀状印刷で活躍するのが、年賀状作成ソフト。
その年賀状作成ソフトを、SaaS (Software as a service)という流れで作ったら、どうなるか、という一つの例が、このSo-netのオンラインハガキ作成サービスだろう。

年賀状、ネットで作って送れます はがき購入・投函いらずの新サービス
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/18/news104.html

もちろん、こちらのサービスは年賀状時期だけを狙ったものではない。
もっと気軽に、パソコンからハガキを買って、それを投函するところまでを裏方でやってくれる。ユーザーは、PC画面上で、テンプレートを選択し、テキストを入力し、宛先を入力すればよいという。さらに、画像のアップロードや、画像・テキストフォントの加工なども可能で、住所録をCSV形式でアップロードすることも出来るのだという。

残念なのは、ハガキ1枚50円のところが、1枚 124円(キャンペーン期間)と少々お高いこと。しかし時間が経てば、郵政省は民営化されたことだし、大口割引などを適用していけば、案外、既存のハガキと同じ価格で作成・郵送できるようになるかもしれない。実際のところ、似たようなサービスでは、NTT東日本・NTT西日本が提供しているオンラインの電報受付サービスがあるが、こちらは、電話でオーダーしても、Webからオーダーしても同一価格で提供されている。

ハガキに関しては、これまでこうしたものが提供されていなかったのがちょっと意外ではあるが、自分が知らなかっただけ、かな?
[ ニュース ] / 2007-10-23 01:44:12 コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )




レアもの、モバイルグッズプレゼント第一弾
自宅のレアもの、モバイルグッズの大放出です。
応募方法はこちらをご覧ください。

No.1 GENIO e サイドパネル(未開封)
東芝のPocket PC GENIO e550シリーズのサイドパネルです。
東芝 Pocket PC「GENIO e550」の新春キャンペーンで購入者にプレゼントされたものです。GENIO e550を買ったときに応募してもらいました。今でも、GENIO e550をご利用中の方にぜひプレゼントしたいと思ってます。




No.2 iTAX-56K CFタイプモデムカード(一度開封)
CFカードスロットを持つ Pocket PCの他、Windows 98, 98SE, Me, Windows 2000, Windows NT4.0用のドライバが付属した56KBモデムカードです。海外出張で今でもモデムが必要な方や、Pocket PCで使いたいという方ぜひ。




No.3 iTAX-IrDA (携帯電話用のIrDAアダプタ)(一度開封)
NTTドコモのMovaシリーズの下側にくっつけるタイプのIrDAアダプタです。
いわゆる携帯電話用の充電池のような形でくっつけることで、パソコンや Pocket PCと赤外線通信できるようになると言うアダプタです。赤外線通信後は、いわゆるUSBの携帯電話ケーブルと同じように電話帳の編集なんかが可能です。





No.4 NTT-X Store開店記念パームレスト(未使用品)
NTT-X Storeの開店記念だったか、開店一年のプレゼント品。使い方が分かるところも撮影しておきましたので、ぜひご覧ください。





第二弾以降も継続的に(部屋を整理する度に・・・)登場します。
お楽しみに♪
[ お知らせ ] / 2007-10-21 12:20:08 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




レアもの、モバイルグッズプレゼント
私事で恐縮ですが、これまでに住んでいたところが取り壊されることになり、約1ヶ月か2ヶ月後に引っ越しすることになりました。
そのため、自宅にあるレアものや、昔のモバイルグッズなどをプレゼントします。プレゼントと言いつつ、あんまりコストもかけられないので、着払いで引き取ってくださる方優先としたいと思います。

第一弾はこの後投稿します。ほしいと思った方はぜひご一報ください。

【応募の流れ】

1.下記の応募方法で、メールを送ってください。
2.一週間に一度程度、当選者(着払いOKの人優先で)当選者にメールを送ります。
3.郵送先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(宅配便送付の場合)を教えてください。
※ 本情報はこのプレゼント送付のためだけに利用し、送付後は削除します。

【応募方法】

送付先:  present2007@windows-keitai.com
タイトル: モバイルグッズプレゼント
内容:   希望商品名(掲載名で教えてください)
     着払いOK または 着払いNG
     感想
例:




[ お知らせ ] / 2007-10-21 11:58:10 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ちょいテレウルトラ高感度版
パソコン用のUSB周辺機器で、今年もっとも売れている※ のではないかと思うのが、このBUFFALOのちょいテレ。そのちょいテレの最新作で、「ウルトラ高感度版」を買いました。パソコンにドライバとソフトをインストールして、USBメモリくらいの大きさのチューナーをぽちっと差し込めば、それでテレビが見えるようになると言うスグレものです。

このバージョンあたりから、アップデータではなく標準で、Windows Vista対応を歌うようになったので、買ってみた次第。

実際に、Windows VistaのAero上できちんとテレビ再生ができています。
これまで、同じ、BUFFALOの「PC-MV5DX/U2」を使っていて、これだと、720×480という解像度でテレビが見えていたのですが、それらがワンセグになっても、ほとんど伝わる情報量は変わらず、返って、字幕でセリフが読めたり、録画しても1時間もので 1番組 160MBくらい (MPEG2の時は 標準画質で 1.2GBくらい) っていうコンパクトさも手伝って、まったく不満がありません。





ちなみに価格も1万円程度。
さらに驚いたのは、この価格の中に、これでもか、というくらいいろんなオプションアンテナが含まれていること。持ち運び用のロッドアンテナが2本と、デスクサイド用の高感度アンテナ、それから、普通の宅内同軸ケーブルに接続するための変換ケーブル。さらに、USBチューナーを本体から離すためのUSB延長ケーブルまで付属している。そして、極めつけが、マグネットと吸盤がセットになったアダプタ。これで高感度アンテナなどを壁とか、デスクサイドに固定することが出来る。



妙にたくさんの付属品が入っています。サービス精神旺盛すぎ。


高感度アンテナにマグネット吸盤を取り付けてみたところ。



いやあ、なんか意味不明にサービス精神旺盛で、妙にガジェット魂をくすぐられてしまいました。

ちなみに使ってみた感じは、とても快適。
Core 2 Duoの場合で、受信時のCPU負荷は ブラウジングとかしていても 10%以下。
難点は、CREATIVEのUSBオーディオアダプタと同時に利用すると音が割れること。内蔵音源では問題がないので、原因がどちらにあるか分かりません。もしかすると、同じ USB端子を共用していることによる相性問題かも。まあ、普段の利用に影響はありません。

※ 実際には、USBメモリや、マウスの方が売れていると思いますので念のため。
[ 日記 ] / 2007-10-20 16:06:54 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ようやく登場したノイズキャンセルイヤフォン
道路際や、駅などで電話するときに困るのが、相手の声が聞きにくいこと。
特に相手の声が小さいときには苦労する。
そんな場所でわざわざ電話をかけることはないのだが、かかってくることがあるから始末が悪い。

2006年頃から、ヘッドホンの世界では、ノイズキャンセリング機能が普及してきて、選択肢も増えている。となれば、次は、イヤホンマイクでも、ノイズキャンセルタイプが登場してくるはずだ、いや登場してきてほしい、と思っていた。

そんな中で、先日ソニーから発売された製品は結構魅力的。ノイズキャンセルイヤフォンは11月に発売されたら買ってみようと思った。Advanced/W-ZERO3[es]でも使えるんじゃないだろうかと期待している次第。どのくらい効果があるかは、買ってみたらのレビューで。

ソニー、携帯電話用のノイズキャンセルイヤフォン
-騒音を約1/4に低減。ネックバンド式ヘッドフォンも
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071012/sony3.htm
[ ニュース ] / 2007-10-14 02:08:55 コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




ウォークマンの「OPEN」戦略の真意
AV Watchに掲載されていた表題の記事を読んだ。
途中に、
「デジタル技術の世界が始まるころであれば、色々と手がうちやすいのですが、今はすでにできあがりつつあります。海外でいえば、アップルにWindows Media系、あとはノンDRM。日本では、やはりアップルとOpenMG。もう、それを我々が動かせる状態ではないと思います。」
なる段落があった。

しっかし、これをみると、今回の動きは、新たな戦略と言うよりは、デジタル・オーディオを取り巻く外部環境を冷静に見つめ直し、自分たちの戦略ポジションをそれに合わせて修正した、というスタンスなんだろうなと思った。

まー、そうした外部環境を正しく認識して、腰を落ち着けたからこそ、Rollyとか、ノイズキャンセルイヤフォンなんかのおもしろいチャレンジも登場してきた、と理解するべき何だろうなあ。

西田宗千佳の― RandomTracking ―
ソニー吉岡オーディオ事業本部長に聞く
ウォークマン「OPEN」戦略の真意
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071011/rt042.htm
[ ニュース ] / 2007-10-13 01:59:27 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




JR東日本・横浜駅
朝、横浜駅へ向かったところ、自動改札システムがシャットダウンされ、フリー通行になっていた。
何があったんでしょうね。
今日のJR東日本は大変そうだ。関係者のみなさま、お疲れさまです。

[ 日記 ] / 2007-10-12 08:39:13 コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




アル・ゴア氏の地球環境保護映画「不都合な真実」を観た
三連休に、ビデオ・オンデマンドのサービス「OCNシアター」の新着リストをチェックしていて発見したので、見てみた。
「不都合な真実」は、地球環境の危機を訴えるアル・ゴア元副大統領の講演内容を元に97分間にまとめたノンフィクション作品。“不都合な真実”とは、政治家や、金儲け優先の経済界にとって不都合なことはもちろん、地球で生きる我々にとっても目を背け続けていられないような内容だ。

これまで何百年もの間解けなかった氷河が突然解けてなくなったり、渡り鳥の雛がかえっても、餌となる虫がいなくなっていたり、様々な小さな、それでいてよくわかる変化が我々の地球で起きている。

その対策として、省エネ家電を買おう、低燃費の車を買おうなどが提示されるが、結構そんなレベルでもみんなでやれば効果があるらしい。

ちなみに、映画を見終わった後、ちょっと気になっていろいろ調べてみていたところ、下記のブログで紹介されている内容がおもしろかった。映画で述べられているようなデータを自分のパソコン上でビジュアルに体験することができる。こういう映画は、わざわざお金取って流すというより、ネット上にパブリックに公開すれば、WindowsCE FANサーバーからも配信するの手伝ってあげるのに、と思ったりもした。

・OCNシアター、アル・ゴア氏の映画「不都合な真実」。視聴料10%を寄付
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/19671.html

・No.182 - 「不都合な真実」、日本公開記念
地球意識を芽生えさせるソフトたち
http://www.microsoft.com/japan/mac/column/contents/182.mspx

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション

[ 日記 ] / 2007-10-08 18:55:01 コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )




     




URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)
XML