goo
WindowsCE FAN/Windows Phone FANのウェブマスター日記 2007年〜2011年版です
Windows Phone FAN日記









初音ミクの経済学
個人的には1日で終わった初音ミクのマイブームだが、これだけ盛り上がって、数字的にはどの程度の盛り上がりなんだろうかと疑問に思った。ということで、初音ミクを巡る数字をニュースなどからピックアップ。果たして、このブームでどのくらいの人やお金が動いたのか、事実を元に推定してみた。

初音ミクを有名にした音声合成ソフトは、発売1ヶ月後の2007年9月末段階で、3,000本を売り上げたらしい。その後も、DTMソフトのシェア30%程度を確保したまま、年を越している。量販店頭では、初音ミクが平積みになっているところもあること、Amazonのトップセラーに掲載されることもあることを考慮すると、1.5万本くらいは売れている気がする。仕入れ数ベースだともっと仕入れられているだろうが、店頭で手に取るユーザーは比較的少ない印象で、ブームの割には動きは少ないのではないだろうかということで、実売数ベースで、1.5万本と推定してみた。

一方、そのソフトを使って作られた作品数だ。
初音ミクの投稿が多いのは、ニコニコ動画、それからYouTubeだ。これらを押さえておけばまあ問題がないだろう。すると、ニコニコ動画は、1.4万本の作品投稿があり、YouTubeには、4,500本の投稿があった。上位30本〜40本の再生数をカウントし、そこからトータルの再生数を推定してみた。ちょうどロングテールの恐竜の頭部分を、しっぽの方までのばした場合の再生数だ。また、再生するまでに表示されるページ数を 3倍程度と見込むと、PVはその3倍だ。

初音ミク関連のニュースを洗っていたら、フィギュアもでていた。しかも、1.2万本が予約だけで完売。それ以上はあまり動きもないっぽい気がするので、ひとまずその数値を計上。

第二弾のソフトが出たり、インテルが初音ミクの声優を招いたイベントを行ったり、ムックが発売されたりしているけど、具体的な数字も分からないし、実際のところ、純粋な初音ミク経済とも言えなそうなので省略。Googleで検索すると、74万件もページがヒットした。こちらも、実際のPV数にすればそれなりのものがありそうなのだが、いわゆるインターネット全体のマクロの広告ビジネスに組み込まれていると考えると、あまり考えても仕方がなさそうだと思った。





で、それらに単価をかけてみたのが、次のビジネス規模。
世の中にはいろいろなビジネス形態があり得るのだが、今回は、「初音ミク」が大ヒットしたクリプトン自身が最も大きなビジネスを手がけたように見える。次が関連グッズを販売したメーカー。それなりの単価なので、お金が動く。それに比べると、CGMとか騒がれるYouTubeや、ニコニコ動画はあんまり儲かる商売には見えない。実際に支払うネットワークコスト等を考えると、どの程度収益が得られるのかは実は結構疑問だったりする。それでも、「初音ミク」だけで収入規模を生み出しているのは事実だ。雑誌などは、これらに比べると小さなビジネスに見える。

もちろん、時間が経てば、徐々にニコニコ動画やYouTubeの総収入も増えてくるし、フィギュアに代表されるような関連グッズも、今後も企画されては収入規模を伸ばしていくだろう。

ということでこんな感じ。
実際にどの程度当たっているかは、関係者のみぞ知るのだと思いますが、ひとまず勝手な推定でした。




[ 日記 ] / 2008-01-13 01:35:12 コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )




« 遅ればせながら“... Wiiの「バーチャ... »

 
コメント
 
 
 
いろいろ抜けてるような (Houdy)
2008-01-20 22:11:47
よくニュースで言われている「25000本の売り上げ」というのは出荷ベースだと思うから、全部売れてるというわけでもないでしょうけど、15000本はいくらなんでもないでしょう。SONYじゃないんですから。
あと初音ミクが出てから旧作であるVOCALOIDのKAITOとMEIKOが明らかに売り上げを伸ばしてます。あと海外産のSweetANNもありますが、さすがにこっちは売れてなさげか。
それと「初音ミクの経済学」と銘打ってるのに、研究対象がクリプトンのみになってるのが不思議ですねー。
なぜかというと、ミクが売れたせいで例えばUSB接続のMIDIキーボードが連動して売り上げを伸ばしてますよね。楽天だと売り切れ続出ですし。それとかJAMバンドとかの初心者向けお手軽DTMソフトやこれまたお手軽な音源なんかも同じ傾向があります。
ミクだけ買ってもなんもできませんから、この辺のツールは周辺機器として必須です。
ここらへんのミク波及効果まで考えるとけっこうな額と市場規模になると思いませんか?
 
 
 
Unknown (tonny)
2008-01-21 01:11:38
それは計算するのが面倒だったんじゃね?
ま、初音ミクの経済学というタイトルなら
それらも含めて算出して欲しかったね><
 
 
 
Unknown (Unknown)
2008-01-21 01:53:52
コミケの初音ミク関連の企業ブースグッズ、
初音ミク関連の同人誌で数億程度の売上がある気がします
 
 
 
Unknown (Unknown)
2008-01-21 05:20:08
フィギュアの予約は去年の段階で5万個で生産ラインが追いつかないとのことで打ち切られています。
ちなみにこれまでで最も売れたハルヒの倍の数字だそうです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2008-01-21 10:05:17
>ちなみにこれまでで最も売れたハルヒの倍の数字だそうです。
それってハルヒ関係累計の数字だよね
単体で倍ってどんだけーw
 
 
 
いい加減な (徒然亭)
2008-01-21 13:07:41
同人抜けを初めてとして
準備というか調査や対象に関する知識なさ過ぎ!
 
 
 
Unknown (Unknown)
2008-01-21 15:10:03
経済学って言うぐらいなら、具体的な数値出てるところぐらいは押えて置きなさい!
 
 
 
コメにわろた ()
2008-01-21 17:43:44
突っ込みどころは満載だが、本腰入れてやったわけでもないだろうし
適当考察なんだからそんなに突っ込むなよみんなw
 
 
 
横槍〜 (とおりすがり)
2008-01-22 11:53:26
―于戰戞璽垢婆27,000(年を越した時点)、
△佑鵑匹蹐い匹魯▲泪哨鵑砲突縮鵑虜導、
ミク関連でキーボード、DAW、MIDIシーケンサーなどが「最近では過去に無い勢いで」売れたり
い弔い任縫螢鵑糧売で、またミクが店頭からかなり姿を消したりと、
突っ込みどころが多すぎる…w

出荷ベースとはいえ「店頭に在庫」がそこまであるような商品でもないので、2万三千程度はハケたと思う。
あとはド、マイナーな雑誌であるDTMマガジンが売り上げが倍以上になったりとか、コスプレ衣装だとか、痛社とか…まあ……ガンバレw
 
 
 
Unknown (Unknown)
2008-01-22 14:10:36
んー、まあとんでもないほどの影響があるってことは本文とコメでわかりましたww

改めて考えるとすごいね
 
 
 
精錬祭り (  阿鳥)
2008-01-22 14:20:38
1/15(金)の精錬祭りは無事終了しました。
 1.5倍期間ということで参加者が少なかったですが、
 露店さんの参加と精錬依頼にきてくれるひとがいてたのは
 ありがたい限りです。(人′ω`).ア☆.リ。ガ.:ト*

 次回29日にはいつもどおりになっているとおもいますので、
 次回もよろしくお願いいたします
http://www.tafcone.net/blog/
 
 
 
Unknown (通りすがり)
2008-01-22 20:21:18
中の人は初音ミクアンチなんですか?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2008-06-01 10:49:51
WinCEとDTM、殆んど関係の無いのが寂しい、
せめてMIDIシーケンサーforCEみたいなソフトが、
(低機能でも構わないから)
巷で手軽に入手可能なら事情は変わるのだろうけれど、
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 



URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)
XML