ぼ~ざん工房
ぼ~ざんのBLOGです。いろいろ体験・書籍等紹介します!

 TOPICS  『ぼ〜ざん工房』は望山(水野敦之)の個人のBLOGです。


「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援—すぐに使えるワークシート用CD‐ROM付
クリエーター情報なし
エンパワメント研究所

 
  【2013年度 自閉症教育・支援フレームワークセミナー予定(随時更新予定)】
  ☆ プロフィール講演・セミナー等の依頼について ☆ RSS readerをご活用ください!

  ※ このBLOG『ぼ〜ざん工房』はリンク・フリーです。
    ご紹介いただき、たくさんの方に読んでいただいたら幸いです。  



災害時の自閉症児・者の支援について書いてます。
緊急時に、そのような余裕がないことも承知ですが、
周囲の人に少しイメージを作っていただきたいので書いています。

避難所などで、難しい部分も現状が難しい部分もありますが。

できるだけ具体的な活動を設定してください。

つぶやきで「やっていいこと、やっていけないこと」を視覚的に提示するという書き込みがあってますが。

災害時にやっていけないことはいっぱい増えますが、やっていいことが具体化しません。

自閉症の方は、曖昧でイメージがない時間がつづくのは得意ではありません。

そこで、できる範囲で具体的な活動設定していただきたい。

以下は、知的障害を重複してもつ方の緊急時に実施した内容です。

・役割を探す(物を運ぶ など)

・課題を設定する(ペットボトル等でプットインタスクをつくる)

・好きな活動(広告の裏などを使って絵を書いたり、折り紙など)

・体操・リラックス(簡単な体を動かす活動を、モデルを見せて)

・感覚的な活動(クッション、小さなチップを箱に入れる)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




« 緊急時の視覚... 習慣をつくります »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。