いつか英国日記

英国を中心とした靴、鞄、時計、その他ファッションに関するブログ

ロイドフットウェアのスリッポン

2017-03-26 07:36:10 | 
ロイドフットウェアの英国製のスリッポンです。仕事の関係で時々1日立ちっぱなしでイベントに参加することがあります。そんな時に比較的楽に履ける靴ということで購入したものです。



お店の方の説明では以前Dr.マーチンの靴を扱っていたが今はない為、その後継モデルとして作ったとのこと。素材はキップでしょうか、ガラス加工が施されています。ガラス加工の靴は一般のカーフの靴に比べて比較的メンテナンスが楽といいますが私は通常のカーフの靴と同じ手入れをしています。つま先には鏡面磨きを施しましたがガラス加工した面とはまた違った趣で仕上がります。



基本的にはカジュアル寄りのシューズですが、ラストのデザインが良い為、スーツに合わせると一見ドレスシューズを履いているように見えます。



そして最も特徴的なのはソールがクレープソールということです。冒頭の話にあったDr.マーチンの後継の靴ということで、非常にソフトな履き心地で楽に履くことが出来るように作られています。ただし、底付けは接着式のセメントなのでオールソールは出来ません。
そしてこの靴の意外な美点。それはクルマの運転がしやすいことです。ソールの厚みはありますが、クレープソールがしっかりペダル類を捕捉する為、クラッチが重めのマニュアルトランスミッションのスポーツカーなどでも全く問題がありません。先日マクラーレンを試乗する機会がありましたが、昼過ぎまで仕事だった為、この靴を履いて行きました。クルマはATでしたがサーキット走行を意識してか、ブレーキはある程度踏力を必要とするセッティング、そんなクルマでもこの靴であれば問題なくコントロールが可能です。

話がちょっと横道にそれましたが、カジュアルデーやあまりドレスコードを気にしなくても良い場面なら、時にはこういった靴もリラックス出来て良いと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ginza Fashion Academia 募集要項

2017-03-23 21:37:36 | その他


3月22日水曜日 無事Ginza Fashion Academia無料説明会を終了しました。



説明会での話の一部と募集要項について公開しました。

Ginza Fashion Academia募集要項

是非、ご一読、ご検討いただければ幸いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国レポート その6 ハバダッシャリー

2017-03-19 07:34:36 | タイ
さて 英国レポートも最終回。ハバダッシャリーいわゆる紳士洋品です。まずは定番のボウタイです。



もちろん手結びのタイプでネックの長さが調整できるタイプです。シルク100%ですが織りがしっかりしていて質実剛健の英国らしい品質の良さを感じます。柄はグリーンのペイズリーです。柄の中にスカイブルーが使われていてこれがアクセントになっています。このボウタイなら白はもちろんのこと、ライラック系の色柄のドレスシャツにも合いそうです。


出典:STUMPER&FIELDING

ポートベローのSTUMPER&FIELDINGで購入しました。このお店は本当にクラシックで良いものが揃っています。



そして密かに探していたのがこちら。ブランケットストラップです。



同じポートベローにあるHIGHLAND STOREで購入しました。こちらのショップはスコットランドの伝統衣装であるキルトを扱っているお店で店員さんもキルトを着用されてました。このブランケットストラップ、日本で探そうとするとなかなか良いものがみつかりません。



こちらの製品は革もしっかりしていて、とても頑丈な作りです。以前TVRキミーラのヘッドレストステーにこれをセットして走っている方がいて、かっこいいな〜と思い探していました。私もスーパーセブンのヘッドレストステーにこれをセットして走ろうと思っています。

さて、英国レポートも今回で無事終了です。また夏にも行きたいと思っていますが、スケジュールが合うかな、、、

次回は日本の有名靴店で購入したちょっと変わった英国製の靴を紹介したいと思います。お楽しみに。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急告知!Ginza Fashion Academiaを開催します

2017-03-15 01:24:10 | その他




四半期ごとに開催していた出石尚三氏による「英国から来た流儀」もお陰様で沢山の方にご参加頂き、先日無事4回目を開催致しました。

以前よりご参加頂いた方から体系的にわかる講座を開催してほしい、もっと回数を増やして欲しいとの声を頂いていましたが、今回、満を持して、Ginza Fashion Academiaを開催させて頂く運びとなりました。

Ginza Fashion Academiaはメンズファッションのプロフェショナルを育成すべく、体系的に学べる場です。対象はメンズファッションに関わる仕事をされている方のみならず、メンズファッションの知識向上を目指している方、また、メンズファッションに強い興味をお持ちの方も対象としています。どうかお気軽に門戸を叩いて頂きたいと思います。

詳細及び受付はこちらをご覧下さい。


尚、下記日程にて
出石氏によるショートセミナー
及び、Ginza Fashion Academiaの
説明会を行います。

定員(30名)になり次第、受付終了となりますので
ご了承下さい。

日時 2017年3月22日 水曜日 19:00-20:00
場所 銀座六丁目

内容
出石氏によるショートセミナー
Ginza Fashion Academia説明会

参加費 無料


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国レポート その5 EDWARD GREEN

2017-03-12 06:25:58 | 
EDWARD GREEN第二弾です。以前もブログで書きましたが手持ちの靴は大半が茶系の靴です。これは落合正勝氏の影響かもしれません。氏はほとんど黒の靴を持っていなかったといいます。装いの基本でもある黒の靴。今回、EDWARD GREENを訪問するにあたって靴を購入するのであれば1足はOXFORD系の黒の靴にしようと思っていました。



そして入手したのがこちら。モデル名ALEBEMARLE。日本に未入荷のタイプだと思います。



一見 CHELSEAに見えますがサイドのデザインがいわゆるスワンネックとは全く異なります。写真にはありませんがヒールのデザインも異なっていてCHELSEAはヒール部分が完全に上から下まで縫い合わせて作られていますが、こちらは上部半分は革が繋がっていて下半分で縫い合わせられています。



ソールは半カラス仕上げのドレッシーな仕上げとなっています。



インソールは新しいデザインですね。



ラストは606。ウィズはE、サイズは6です。606ラストはDOVERを所有していますが、自分の足にフィットするラストです。感覚としては爪先がスクエアトウの202ラストのような感じだと思います。

どんなスーツにも合う定番中の定番ですね。

今回は英国からインドに移動する関係で、荷物はあまり増やすことができないので靴は2足で打ち止めとしました。

さて、次回はどうなることでしょう、、、

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

英国レポート その4 EDWARD GREEN

2017-03-05 06:16:50 | 
英国レポート その4はお馴染みのEDWARD GREENです。
今回もノーサンプトンまで足を伸ばしました。(EDWARD GREENの工場についてはこちらをご覧くださいね。)
今回は残念ながらヒラリー社長は出張中とのことでお会いすることが出来ませんでした。



そのまま工場内にあるアウトレットのコーナーへ。今回はロンドンの後、インドのチェンナイにも行くため、あまり沢山の靴は買うことが出来ないので(というより、後どれだけ一生に靴を買うつもりなのか?と思ったりして)厳選しなければなりません。そして選んだ靴の1足めがこちら。



スエードのシングルモンクストラップの靴です。モデル名はMERCER 色はインディゴブルーです。



とても綺麗な色で思わず「欲しい!」と思ってしまいました。デザインもシンプルながらとても美しいです。



ソールは土踏まずの部分が黒く塗られている半カラス仕上げです。ドレッシーですね。ロゴは新しいタイプでインソールも何とブルーになっているこだわった作り。履き口が狭くフィッティングがいかにも良さそうです。



ラストは82、これは通常私には細すぎるラストなんですが、この靴はウィズがF。色々フィッティングした結果ハーフサイズ上げて6ハーフにしました。こういったサイズの合わせ方は初めてですが、このところタイト気味なフィッティングで合わせてばかりいたので、こういうややリラックス出来る履きごこちもありだなと思いました。

このモンクストラップ、スーツにもカジュアルにも合わせることが可能です。スーツであればフラノ系の素材のスーツが良いと思います。本当に美しい色の靴だと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国レポート その3 James Purdey & Sons

2017-02-26 06:56:52 | カジュアル
英国レポート第三弾はJames Purdey & Sonsです。パーディーは1814年創業の高級銃砲店で、バタクハウスカットの別注モデルであるトレンチコートやフィールドジャケットで知り、いつかは行ってみたいと思っていた店舗です。場所はロンドングリーンパーク駅から程近いメイフェア地区にあります。



入り口は歴史を感じる重厚な造りですが中に入れば店内は明るく狩猟(ゲーム)を中心としたウェアやカバン、アクセサリー類が並べられています。どれもがファッションウェアではなく狩猟に使うための道具として発展したことを感じさせる本格的な作りのものが多いです。



珍しいところでは時計の蓋が猛獣になっているパネライとのコラボモデルもありました。



店内奥には重厚なミュージアムルームがあり、三つのロイヤルワラントを保持し200年も続く由緒あるショップであることを物語っています。顧客名簿には貴族の名が並び、この店に出入りすること自体がステータスであったことをうかがわせます。




そんな中で目に付いたのはこちら。サファリ風のかなり厚手のコットンを使ったジャケットです。この色合い、いかにも狩猟の為のウェアという雰囲気。サイズもベストフィットのものがありセールで半額だったので購入することにしました。



このジャケットが実用であることを示す前身頃、銃床が当たる胸の部分にパッドが入っています。



ウェスト部分は絞れるように絞り紐が付いています。



腰から首の付け根を通るこのストラップ、何の為についているかわかるでしょうか?実はこれ暑くなり上着を脱いだ時にリュックのようにジャケットを背負えるようになっているのです。どんな状況の時でも猟銃を撃てるように考えらえているのですね〜。単なるファッションを飛び越えた実用からくるデザインは男からみるととてもかっこいいです。

さて、そろそろ春めいてきましたので、このジャケットが活躍する場がありそうです。街中だけでなく、ケータハムのようなクルマに乗る時もヘビーデューティーなこのジャケットは役に立ちそうです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国レポート その2 ハケットロンドン

2017-02-19 07:42:56 | コート
英国レポート 第2弾。まずはピカデリーアーケードにあるビスポークドレスシャツのBuddへ訪問。前回出来上がったシャツを持っていきました。



対応してくれたのは前回同様チーフカッターのダレンさん。色々修正要望をお伝えしました。修正点が多かったことから結局その1枚目のシャツは作り直しになりました。「修正点はシンプルなので今回はバッチリだ!今度はシャツが届いたら何度か洗ってくれ」とも。楽しみにして待つこととします。



そのあと、友人ご夫妻とザ リッツ ロンドンのアフタヌーンティーへ。1906年に創業されたこのホテル、生のピアノ演奏も行われ明らかに格が違う雰囲気。



前回行ったブラウンズホテルより、ゆったりした優雅な感じです。サンドイッチやスコーンの提供もゆっくり(笑)。その時たまたまかスコーンはあまり温かくなかったのがちょっと残念。



アフタヌーンティーについていえば雰囲気のリッツ、味のブラウンズといったところでしょうか。



その後、ジャーミンストリートを散策中にハケットロンドンがセールをしていたので、ちょっとのぞいてみました。



入り口近くになんとも雰囲気の良いコートがディスプレイされています。ダブルフェイスのチェック柄。この生地いいな〜と思って手に取ったところ



イタリアのロロピアーナの生地が使われていました。

ということで早速フィッティング。丁度合うサイズがあったのと、セールで半額ということもあり購入しました。これでコートは都合15着になります。ああ、もうコートはいらないよね、、、といつも思いながら素敵なもの見つけると買ってしまうのでした。これ病気?



さて英国レポートも段々佳境へと入っていきます。

英国クルマ事情についてもレポートしています。
お車好きの方はこちらもどうぞ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国レポート その1

2017-02-12 08:14:40 | その他
またロンドンへ出張に行ってきました!

だんだん大阪へ行くより距離が縮まってきた気がします。今回はなんと前半は一人旅です。ヒースロー空港に到着し係官が無愛想でちょっとドキドキするイミグレ、今回は係官に舌打ちされることもなくスムーズに入国できました。オイスターカードも持っていたので空港からロンドン市内への移動も比較的スムーズ、そして何よりGoogle Mapでロンドンのチューブ(地下鉄)やバスの時刻まで出ることがわかり、非常に安心して移動する事が出来ました。特にロンドンのチューブはメンテナンスで終日休止していたりすることもあるのですが(日本では考えられませんが)その情報も表示されとても便利でした。

今回は初めてテイトモダン博物館や





あの大英博物館へ行くことができ





感激でした!

さて、前回は平日に行ってしまったポートベロー通り。



ここは毎週土曜日開催されるアンティークのマーケットが非常に有名です。貴金属からカトラリーまで沢山のお店がところ狭しと出店しています。今回は無事土曜日に行くことが出来ましたがそれにしても凄い賑わいでした。



ポートベローにはマーケットだけでなく両サイドには沢山のお店が軒を連ねています。スコットランド衣装のキルトのお店などもありとても興味深いです。その中のお店のひとつSTUMPER FIELDING。入り口にはツイードのかっこいいジャケットなども飾ってあり思わず吸い込まれるように店内へ。



店内にはツイードのロングジャケットやハンチング、フィールドコートなどが展示してあり、とても魅力的。
その中で目に留まったのこちらです。

TOOTALのスカーフです。



1799年創業の老舗、特に1960年代英国モッズファッションには必須アイテムだったTOOTALのスカーフ。
今回購入したものは表はシルク、裏はウールのダブルフェイスのもの。特にペイズリーの柄が渋いです。このスカーフ、クラシックなスタイルにもマッチします。

この貴重なスカーフが入手出来るなんて、幸先良いスタートとなりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここはいったい、、、

2017-02-05 08:01:19 | その他
2週間ぶりのご無沙汰です。

冒頭の写真、特徴的なビル。

どこかわかりますか?

最近の建物のようです。




そして尖ったこちらのビル
一体なんでしょう、、、




おっとこの建物は
もしや、、、




そしてこれで分かってしまいましたね。





そう、またもやロンドンへ行ってまいりました。




今回はこんなところにも行きました!
詳しいレポートはまた来週に、、、


ちなみに

尖ったビルは ザ シャードビル 2012年完成
セントポール大聖堂に大英博物館
そして言わずと知れたビッグベンでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加