いつか英国日記

英国を中心とした靴、鞄、時計、その他ファッションに関するブログ

エドワードグリーンのOXFORD

2016-12-11 05:52:43 | 
エドワードグリーン最後の靴はパーフォレーションの入ったストレートチップのOXFORDです。



カンタベリーやチェルシーとも少しデザインが異なります。箱のモデル名を示すSTYLEのところにはOXFORD SHOEと記載されています。ラストは私が最も好きな安心安定のエッグドトウの202ラスト、ウィズはEです。クラシックで最もエドワードグリーンらしい、そして万人に合いやすい魔法のラストです。このラストはスーツによく合うと思います。素材はスエード、色はナツメグです。



エドワードグリーンのひとつの肝ともいえる、掴むようなフィッティングが得られる踵です。

私が初めてエドワードグリーンをフィッティングしたのが202ラストのチェルシー、その踵をつかむ感覚と土踏まずを指圧されているような感覚は衝撃でした。気がつけばいつの間にか手元に10足以上のエドワードグリーンが集まってしまいました。



インソールです。最新のデザインになっています。エドワードグリーンの最も時代を感じる部分だと思います。

OXFORDのこの靴、スーツには勿論、デザインがスエードということもあり、カジュアルにも使える便利な靴だと思います。この冬大活躍しそうですね。

今回ノーサンプトンのファクトリーを訪れた経験は本当に素晴らしいものでした。先日、社長のヒラリーさんが来日されると伊勢丹のバイヤーさんからお聞きし、お礼を兼ねて皆で会いに行ってきました。玉川堂の茶筒をお土産に持って行ったのですが、紅茶が好きなヒラリーさんはとても喜んでくれて嬉しかったです。

さて、長らく続きました英国レポートもこれで一区切りです。お付き合いいただきましてありがとうございます。

次週は新しい靴との出会いがありましたので、そちらをご案内したいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エドワードグリーンのデューク

2016-12-04 06:54:02 | 
二足目の靴はデュークです。



勿論イメージしたのはエドワード8世ことウィンザー公爵(The Prince Edward, Duke of Windsor)です。



この靴を手に入れられたのはラッキーでした。ヘーゼルナッツとホワイトの2トーンカラー。色の組み合わせはウィンザー公と同じです。



デュークはいわゆるカジュアルなコインローファーですが、一般的なローファーと比べラストがとてもエレガントだと思います。特にスポーツカーを思わせる横のラインが素晴らしい。202ラストのチェルシーは靴のポルシェ911と言われますが



つま先から緩やかに踵にむけ上昇するこの新型ラスト137はさしずめBMWのクーペでしょうか。ソールも含めとても美しい靴だと思います。



エドワードグリーンらしい、踵もしっかりホールドするラストです。

ツートーンカラーのこの靴、ヘーゼル部分とホワイト部分、どんな乳化性クリームとワックスを使えばいいのか悩むところです。必ずしも当初のオリジナル状態ではなく、エイジングされた靴が持つ独特の趣ある色も良いものです。メンテナンスについては色々試行錯誤してみようと思います。

アメリカントラッドとは違う雰囲気を与えてくれるエドワードグリーンのデューク。
靴から考える装いも楽しいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エドワードグリーンのカンタベリー

2016-11-27 06:58:07 | 
エドワーグリーンのノーサンプトンのアウトレットで購入した靴、一足目はカンタベリーです。



カンタベリーはデパートの売り場などでもよく見る定番ですが、この色は初めて見ました。クラウドアンティークブラックカーフという名称が箱に書いてあります。つま先の部分と紐を結ぶ部分が黒、その他の部分がグレーになっています。見た瞬間、これ、かっこいいな〜と思いました。ラストはE82ラスト。エドワードグリーンは10足以上ありますがこのラストは初めてです。オーソドックスなエックドトウの202ラストなどと比較するとややロングノーズ気味の現代的なラストかと思います。



ソールの仕上げが又かっこいいですね〜。土踏まずの部分が黒く塗られています。普通のカンタベリーは1色ですので何か特別な感じがしますね。



インソールのラベル表記は最新のものではなく一番慣れ親しんだ以前のタイプ。



サイズ表記にはE82ラストの表記が。



そして踵の部分がまた美しいですね〜。思わず踵も鏡面磨きしたくなる作りです。

ツートンのエドワードグリーンは初めてですが、スーツでもスポーティなジャケット+トラウザーズの組み合わせでも両方コーディネイトが出来そうです。ノーサンプトンのアウトレットは必ず自分のサイズがあるとは限りませんので、この色の組み合わせのカンタベリーが入手できたのはラッキーでした。

さて、どんな装いに合わせるか、ワクワクです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして憧れのファクトリーへ その2

2016-11-20 07:26:51 | 
さて先週の続きです。まずは番外編として定番靴のひとつドーバーのスキンステッチを行う様子を見せてもらいました。



いのししの毛針を使って縫っているとのこと。凄いですね〜。これを出来る職人さんの数も少なく、ひとつひとつ手縫いなのでそれほど数は作れないとのことでした。





靴の製造工程に戻ります。上の写真は専用の工作機械を使ってアッパーの釣り込みをしているところ。手際よく次々作られています。





ウエルトを縫った後にアッパーの革を靴底に縫いこんでいきます。この時点では既にアッパーの傷を防止する為にビニールのカバーがかけられています。





靴底にコルクを盛っていきます。このコルクがあることでショックを軽減し、又、履いていくことによりソールが沈み自分の足にフィットしていきます。





チャネル仕上げのソールの底付けが終わった後は、ソールにローラーをかけ表面を整えていきます。





こちらはヒールを付けてる工程です。釘を丁寧に打ち込んでいきます。



仕上げはソールに塗装をして、磨きます。

今回ご紹介した工程はごく一部ですが、ひとつの靴が出来上がるのにこんなに沢山の工程があることに大変驚くとともに感動しました。そしてその工程のひとつひとつが非常に丁寧に行われ、職人さん一人一人が誇りを持って仕事をしているのが伝わってきました。

エドワードグリーンとても良い靴だと思います。そしてその価格も適切だと思いました。

さて、この後ヒラリー社長にファクトリー内にあるアウトレットに行きたいと伝えたところ、何とヒラリー社長自ら案内していただき、フィッティングまでしてもらいました。



日本ではあまり見かけない靴などもあり思わず3足も購入してしまいました。さてお買い物も終わりヒラリー社長にお礼を言ってタクシーを呼ぼうとしたところ、何と先ほどスキンステッチをしていた職人さんが駅まで送ってくれるとのこと。そしてクルマが工場を出て見えなくなるまで、ヒラリー社長がずっと見送ってくれたのがとても印象的でした。

今回の英国ツアーでエドワードグリーンのファクトリー見学が最も感動的な出来事となりました。エドワードグリーンが更に好きになりました。今回の見学をアテンドしていただいた伊勢丹の鈴木様、そしてヒラリー社長にこの場をかりて心より御礼申し上げます。

さて、次回はそのアウトレットで購入した靴をご紹介します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして憧れのファクトリーへ

2016-11-13 07:07:14 | 
そして今回最大のミッション それは大好きな靴EDWORD GREENのファクトリーを訪問することです。EGの靴は10足以上持っていますが、今でも202ラストのチェルシーを履いた時の衝撃は忘れられません。革靴なのに運動靴のような軽快さ、そして踵を掴まれ土踏まずを指圧されるような独特の履き心地。そんな靴がどんな工程を経て作成されているのか、一度自分の目で見てみたかった、それが遂に叶う時が来ました。

ノーサンプトンの駅からタクシーで15分、冒頭の写真のファクトリーに着き、インターフォンで名前を告げます。程なくドアが解錠され中に通されました。



今回訪問したメンバーですが友人の大学教授のご夫妻、バタクハウスカット本店の川部店長、そして私の計4名で訪問させて頂きました。
まずは写真の応接室に通していただき、何とヒラリー社長みずから、紅茶と、ジンジャービスケットを振舞っていただき、約30分ほどエドワードグリーンの歴史などについて、お話しして頂きました。そしていよいよ工場見学です。



何と!ヒラリー社長みずから工場を案内して頂きました。



まずは靴のアッパーの革をカットする工程です。革はやはり自然のものなので、場合によってはキズなどがあります。これを避けながら透明なプラスチックの型を使いながらカットしていきます。各職人さんがそれぞれカッターをカスタマイズしているとのこと。とても綺麗にカットできるものですね。





そしてこちら。PCの画面には何とCADのソフトが!PCで靴のサイズを指定すると靴の型紙が自動的に描画されるのです。う〜ん時代は変わりましたね〜。



工場内を移動する途中、色々な種類のラストが置いてあるラックがありました。写真は比較的新しいラストのラックのようです。



こちらはウェルトをソールに縫い付ける工程です。特殊なミシンを使って手際良く行っています。



ウィングチップの靴に飾りの穴を開けている工程です。穴を開ける場所に印が付いている訳ではないので、職人さんの経験と勘で位置決めをしてひとつひとつ穴を開けていきます。まるでオートメーションのロボットのように正確に作業が行われていました。これは結構手間がかかる工程ですね〜。



さて、今回はここまでです。とても印象的だったのは職人さんが靴を非常に丁寧に扱っていた事です。他のメーカーでは靴をバンバン投げて扱うようなシューメーカーもあるようです。そして皆さんとても優しくて作業する時も「こっちから見た方が見やすいよ」とか、作業を一旦止めながら、色々説明をしてくれました。本当に感謝です。

さて、この後はいよいよ吊り込みや底付の工程になります。

引き続き次回レポートしますね。お楽しみに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして英国へ行った最も重要なミッションとは

2016-11-06 06:52:34 | 
英国レポートも終盤にかかってきました。
今回の出張の最も重要なミッション、、、

それは



こちらのある場所に伺うこと。



そうノーザンプトン。
英国の方はノーサンプトンと言っていました。ロンドンのユーストン駅から特急電車で約1時間。今は冒頭の写真のようにとてもモダンな駅になっています。そしてこちらは靴好きなら知らない人はいない、別名「靴の聖地」と言われています。ジョンロブ、クロケット&ジョーンズ、チャーチ、トリッカーズなど本格英国靴のファクトリーが集まっている地域です。なぜこんなにもシューメーカーが集まったのか。一説によると豊富な水と樫の木があり、靴の革をなめすのにとても適した土地柄だった為と言われています。



そしてこの方とお会いするのが今回の最大のミッションでした。

そうこの方です。

詳しくは次回、、、



好きな方ならすぐにわかりますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

benson & cleggのカフリンクス その2

2016-10-30 07:31:42 | カフリンクス


benson & cleggのカフリンクス、実はあまりに面白くて翌日もカフリンクスを見に行ってしまいました。お店の方も私を覚えていたようで「また来たね」みたいなことを言われました。さて、前回ご紹介したカフリンクスが比較的コンサバなものとすれば、今回はちょっと遊びごころのあるカフリンクスです。



まずは一つ目。クルマ好き、特にポルシェ好きの私はこのカフリンクスに反応してしまいました。ポルシェ911のカフリンクスです。ポルシェのディーラー、ポルシェセンターでもこの手のカフリンクスはありますが、心なしかこの英国版の方がより精緻に出来ているような気がしました。



装着するとこんなイメージです。ビジネスではこのカフリンクスをつけるチャンスはなさそうですので、ポルシェのイベントやディーラーに行く時にこれを付けていこうと思います。ちょっと洒落がきいてしかも可愛いですね。



そしてもうひとつがこちら。ユニオンジャックのカフリンクス。いかにもという感じですが、このカフリンクス作りが非常に丁寧ですので、意外にスーツにも使えます。



装着イメージはこちらです。実はとても気に入っています。カフリンクスは見せびらかすものでもないので、スーツの袖の下にこれを身につけ密かに楽しむのも良いと思います。

カフリンクスは本来、男の装いで唯一許された装飾品と考えれば、クラシックで非常に高価なものから、比較的手頃な価格でファッショナブルなものまで、幅広く自分なりに楽しむのがいいですね。

出来ることならいつかはファベルジェを手に入れたいと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

benson & cleggのカフリンクス

2016-10-23 06:52:57 | カフリンクス
さて、話をロンドンに戻します。

ジャーミンストリートに面したピカデリーアーケード、既にご紹介したビスポークシャツメーカーのBuddやNew Lingwood、Swaine Adeney & Briggなど名店がひしめくアーケードです。そのアーケードにひときわカフリンクスのディスプレイが目立つbenson & cleggがあります。創業は1937年、Harry BensonとThomas Cleggがロンドンに創業したビスポークテーラーです。クラシックな紳士の用品を扱うハバダッシャーがなくなってしまった今、テーラーにはその機能が残っている店舗もあります。benson & cleggは正にそんなテーラーです。1944年には英国王室の公式なテーラーとしてロイヤルワラントを付与されています。現在では英国式のボタンやタイ、エンブレムがロイヤルワラントの対象となっています。

ショーウィンドーには沢山のカフリンクスが綺麗に並べられ、ついいくつかを入手してしまいました。



まずはこちら。ノットタイプのファンシーなカフリンクスです。ゴールドとシルバーのコンビネーションになっています。



ドレスシャツに装着してみるとこんな感じです。ちょっとモダンな感じですね。



そしてこちらはクラシックな円形のカフリンクス。表面の仕上げはエナメル加工となっています。



アンティークな雰囲気があり、クラシックなスーツに合うと思います。

カフリンクス、集め出すとキリがありませんが、英国では比較的リーズナブルな価格のものからアンティークの逸品まで色々な種類のものが入手でき、とても楽しいですね〜。もちろん極めたい方は車を購入するくらいのつもりで行けばファベルジェなども入手できる可能性があります。正にダイバーシティです。

さて、カフリンクスまだ続きます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランコプリンツィバリ オーダー会 2016 FW

2016-10-16 07:14:54 | スーツ


今年も又、この季節がやってきました。フランコプリンツィバリのオーダー会の季節です。本当に月日が経つのが早いですね。今年もあっという間に終わりそうです。既にフランコさんとのおつきあいも10年、毎夏、毎冬欠かさずオーダーしたので20着以上はフランコプリンツィバリのスーツがある勘定になります。床屋とテーラーは一生の付き合いとフランコさんがおっしゃいますが正にその通りですね。



場所は伊勢丹メンズ館8階、チャーリーバイスとはまた違う隠し部屋にてオーダー会は一人一人行われます。いつも通り近況報告から。今回も通訳はクララさん。17年前からフランコさんの通訳をずっとされているので言いたい事もすぐに伝わり安心してお話ができます。落合正勝氏が初めてフランコさんに会ってスーツをフィッティングした時にその着やすさ、特にアームホール回りの動きやすさなどに感動した様子などをリアルに再現してくれてとても盛り上がります。






まずは、今回私が事前に選んだ生地をチェックしてもらいます。KYNOCH(カイノック)社の青みががったヘリンボーンの生地です。目付は400g近くあるかなりヘヴィーウェイトの生地。杢糸(もくいと)に2色の撚り合わせた糸を使っているのでとても複雑な深みのある色合いの生地になります。三陽商会でもこういった生地を扱っているのは意外でした。カイノック社はスコットランドLANGHOLMのミルでその歴史は175年と言われていますが、1970年代になくなってしまったミルです。しかし近年復活したようですね。フランコさんは時々、全く商売を考えず、「この生地はダメ」と言って、日本人スタッフを慌てさせたりしますが、今回チョイスした生地はとても良いとのお墨付きを頂きました。



前回オーダーしたソラーロのスーツのフィッティングのチェックです。既に私の型紙は完成しているので何も修正するところありません。でも念のためチェック。結果はやはりいじらないほうが良いとの事になりました。





最後にスーツに合わせて裏地とボタンを選びます。以前は裏地に奇抜な色を選んだりしましたが、クラシックなスーツにはやはりオーソドックスな組み合わせがいいですね。フランコさんと色々話しながら同色系の落ち着いた裏地とボタンをセレクトしました。

スーツの仕様は3Pです。出来上がりはおおよそ一ヶ月半後くらいかと思います。楽しみですね。

服飾業界では再編やブランドの整理が行われていますが、稀にみる非常に完成度の高いフランコプリンツィバリのスーツ。フランコさんが元気なうちはこのブランドを継続してもらいたいと強く思った次第です。

さて、次回はまた英国編に戻っていきます。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

英国スタイルAscot Changのドレスシャツ

2016-10-10 08:08:15 | ドレスシャツ
さて、前回の続きです。

わずか三日間で仕上がってきたAscot Changのドレスシャツ。ビスポークとはいえ、仮縫いもサンプルもなく一発勝負です。まずはマオカラーのドレスシャツ。マオカラーは毛沢東、英語名Mao Zedongに由来する立襟のシャツです。このカラーは中国そしてインドで良く見られます。マオカラーはシャツだけでなくスーツもありますが、日本ではあまり馴染みがないでしょうか。クラシックの指揮者の方などが時々着用しているのを見かけます。



風水を意識した訳ではありませんが、色は黄色、素材はコットンです。



見頃は細身ではなくクラシックなゆとりのあるサイズ感です。



袖はシングルカフスです。



そして初体験のマオカラー。



早速フィッティングしてみました。シャツ姿で失礼します。実は衝撃的と言ったのはどこでシャツを作ってもそうですが、最初の1着目はなにがしかの修正点があるものです。しかし今回出来上がってきたシャツは修正したいところが見当たりません。身頃や袖の長さ、着心地も完璧です。強いていうならネック周りはもう少しだけ細くても良いかなという位。ネック周りは俗に指2本が入る位が良いといいますが、私は指が1本入るか入らないか位が好みです。その点を伝えていなかったので一般的なフィッティングで出来上がってきたのだと思います。



ジャケットを着用した写真です。ノーネクタイでも程よいフォーマル感があり、正に夏のクールビズスタイル(この言葉はあまり好きではありませんが)にも良さそうです。



こちらはタブカラーのドレスシャツです。袖はダブルカフスです。タブカラーにダブルカフスの組み合わせはあまりないと思いますので、是非この仕様で作ってみたいと思っていました。



残り2枚はブルーの太めのストライプ、襟はタブカラーで袖はダブルカフス、もう1着は色は白、襟はセミワイドでダブルカフスです。



白い方は織り柄が入ったコットン生地です。



太めのブルーストライプのタブカラーはリネンの生地にしました。リネンというと夏の生地というイメージが強いですが、打ち込みの良いものでしたら通年着用が可能です。

Ascot Chang、初めからこのレベルで仕立て上がるのであれば、又、オーダーしてみたいと思いました。特にマオカラーはあと何着かあっても良さそうです。オーダーはわざわざ香港に行かなくても日本でオーダー会を時々やっているようです。同じ価格ならその時にオーダーするのも良いですね。

さて、次回のブログは、いつものあの方が来日です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加