いつか英国日記

英国を中心とした靴、鞄、時計、その他ファッションに関するブログ

英国Buddのドレスシャツ

2016-09-25 08:22:11 | ドレスシャツ
Buddでオーダーしたドレスシャツのサンプルが先日出来上がってきました。Buddのビスポークの場合は4枚でオーダーしそのうちの1枚目のシャツがサンプルとして出来上がってきます。サンプルが出来上るまで約2ヶ月ほどかかりました。冒頭の写真の箱に入ってエアーメールで日本に送られてきます。開封するとちゃんと丁寧にしまわれていて好感がもてますね。



サンプルで出来上がってきたドレスシャツはこちらです。



正直言って、2ヶ月もたつとこの生地でオーダーしたかな〜?と記憶も曖昧です。綺麗なブルーの生地で襟はBuddのレギュラーカラーです。特に指定しなければネックの裏あたりにイニシャルが入ります。



袖はダブルカフスです。



縫製は丁寧で特に問題はありません。Buddのチーフカッターの方には写真を送ってくれと言われているので特に大きな修正がなければ写真を送って修正の指示をして残り3枚の出来上がりを待つということになります。

さて、早速フィティングしてみます。

まず着てみて最初に感じたのは身頃がタイトすぎる事。クラシックなドレスシャツなので身頃はかなり余裕が欲しいところです。そして襟、私はタイトなものが好きなのですが、今回出来上がったサンプルはタイトすぎで首が苦しくなりそうです。袖、短すぎます。腕を曲げると引っ張られてしまう感じです。

う〜ん、想像以上に大きな修正点が多いです、、、これは写真とメールのやり取りだけでは難しそうです。Buddの方と相談をして、結局来年1月にまたロンドンに行く時に見てもらう事にしました。ビスポーク1着目、中々難しいですね。

シャツつながりという事で、先日香港に出張した時にシャツをビスポークしましたので、次回はその事についてレポートしたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリッカーズ×UWのブローグカジュアル

2016-09-18 08:31:30 | 
老舗の英国シューメーカートリッカーズのユニオンワークス別注モデルです。モデル名はブローグカジュアル。色はバーガンディです。

トリッカーズ、1829年ジョセフ・トリッカーズにより創業されました。現在工場は靴の聖地とも言えるノーザンプトンにあります。あのダイアナ妃が住んでいた事もあり、それがきっかけでチャールズ皇太子がこの靴を知り、英国王室御用達のロイヤルワラントを取得したと言われています。

トリッカーズというとごついカントリーブーツというイメージが強いですが、実はドレスシューズも良いものがいくつかあります。今回、ユニオンワークスに遊びに行き偶然発見したのが冒頭の写真のブローグカジュアルです。



靴紐なしのブローグ形状の靴です。パーフォレーションの入ったそのサイドラインはカジュアルな雰囲気ですが、ソールの厚さやコバの大きさが小さめでドレスシューズの雰囲気も兼ね備えています。



特徴的なヒールのカッティングです。



インソールにはコラボモデルを表すトリッカーズとユニオンワークスのダブルネームが記載されています。



今回は爪先にスチールを打っていただきました。これ結構効きます。



ブローグカジュアル、ツイードのジャケットにコーディロイのトラウザーズなどを合わせるととても良いと思います。
そろそろ、そういった装いがあう秋がやってきますね。

さて、次回からはまた英国編に戻りたいと思います。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランコ・プリンツィバリのソラーロのスーツ

2016-09-11 06:52:36 | スーツ
春夏オーダー会で仕立てたフランコプリンツィバリのダブルブレストのソラーロスーツです。



毎年2〜3着はスーツをオーダーしていますが、唯一作った事がなかった生地、それが今回オーダーしたソラーロです。

SOLAROイタリア語で「太陽の生地」、英国ではSUN CLOTHとも呼ばれています。この生地の出自はインドの貴族が華やかな生地を作って欲しいとの要望に対し織られたという説もありますが、最も有力なのは植民地における英国人の為に作られたとの説。ソラーロは光を反射し太陽の光を和らげる効果があると言われています。実はORGINAL SOLAROは英国のマーチャント スミスウーレンズが登録商標を持っている事から後者の説のほうが説得力があります。

私は通常はオーダー会前にどの生地でオーダーするか大体決めるようにしています。しかし今回はオーダー会当日にフランコさんと話をしてソラーロに決めました。決め手はフランコさんの写真。ソラーロのダブルブレストスーツを着用したフランコさんがイタリアの雑誌に掲載されていて、それがとってもエレガントでカッコよかったからです。話をしながら、生地を決めていく、信頼できるテーラーならではの楽しさですね。

仕様はいつもの春夏用と同じようにレジュリッシモと言われる、副素材を少なくした軽量な仕立です。フランコプリンツィバリのスーツはそういった仕立てでも非常に構築的に出来上がるところが美点だと思います。



特にソラーロの生地は目付けが300g以上ありますので、夏物とはいえかなり仕立て栄えしますね。



この夏もいくつかパーティやイベントがありましたので、このスーツを着用しました。ビジネスシーンでも外資系の会社との打ち合わせの時に着用しましたが特に女性の方に評判がよかったです。

フランコ氏も年齢的な事を考えると、いつまでオーダー会が開催されるかわかりませんので今回ソラーロのスーツをオーダー出来て良かったと思います。

貴方も是非、ソラーロのスーツ一度お試しなられてはいかがでしょうか。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

VESTAのサマージャケット 

2016-09-04 07:05:22 | スーツ
VESTAのジャケットです。実はVESTAさんではウェストコートばかりをオーダーしていて初のジャケットをオーダーしました。



サマージャケットはウェストコートも一緒に着用することも考えると少しでも副素材が少なく軽いものの方が助かります。かと言ってアンコンのようなカジュアルすぎるものは好みではありません。VESTAのブログを読んでいて構築的で軽いジャケットができそうなので今回オーダーしてみました。生地はダンヒルのものをチョイス。シルク混のリネンです。目付は恐らく300g位、夏用としては丁度良い生地だと思います。



VESTAのオーダーシステムは一種独特です。採寸後、約一ヶ月後にジャケットが出来上がってきますが、ウエストから上の肩入れ、袖は仮付けとなっています。その状態で試着を行い最終的な仕上げは店内にあるガラス張りの工房で職人さんが行います。ビスポークとパターンオーダーの中間のようなユニークなオーダーシステムだと思います。今回初めてということもあり、心配していた肩の仕上がりとフィッティングですが、パーフェクトに出来上がってきました。一点だけウェストがややルーズでしたのでそこだけ少し絞り込んでもらいました。尚、それらの仕立ては店内の工房にて行うため、納期は早く2、3日後には最終的な完成となります。

気になる着心地ですがジャケットが肩にちゃんと乗っているので、とても軽く感じれらます。また英国系の仕立てのようにやや拘束感を伴うようなものでなく(それも好きですが)羽織るような気軽さで着用出来る着心地です。



着心地は軽いですが、しっかり構築的な作りとなっています。裏地は好みのボルドー系のものにしました。



今回、このジャケット、香港出張時に大活躍しました。香港はとても暑く移動も多かったのですが、ディナーでの着用なども含め大いに助かりました。

そして、さらにもう一着。英国マーチャントHuberrossのイタリア製生地を使いオーダーしたウェストコート。コットン85%カシミア15%の生地です。少ししっとりした感じの生地です。






これは出勤時、スーツと一緒に着用するウェストコートとして使っています。ネイヴィー系でも、グレー系でも意外にコーディネイト可能なのでとても重宝しています。VESTAのウェストコートは価格もリーズナブルなのでつい毎夏オーダーしてしまいますね。

さて、次回は初挑戦ソラーロのサマースーツについてご報告したいと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

VESTAのウェストコート

2016-08-28 07:53:38 | スーツ
英国レポートの途中ですが、いくつかオーダーしてきたものが上がってきましたので、英国レポートはちょっと休憩です。

夏になると、このところ必ずオーダーするのがウェストコートです。私のクールビズスタイルは夏物スーツにボウタイの組み合わせ。夏場は上着を脱ぐ可能性もありますので、そうなるとウェストコートは必須となります。勿論、元来下着であったドレスシャツとブレイシーズを露出させない為です。



今回も銀座のテーラーVESTAのキーちゃんこと北川マネージャーにお世話になりました。VESTAはウェストコートの生地も豊富に取り揃えています、特にここ数年、VESTAで扱っているアイリッシュリネンが私のお気に入りです。生地は薄いのですがリネンらしいハリがあり夏らしい素材です。

厳密な意味でのアイリッシュリネンはフラックスを湿式紡績した糸で作った非常に高品質なものでしたが、今はアイルランド産のフラックスは存在していないので単にアイルランドで作られたリネンという意味でアイリッシュリネンという言葉を使っていると思います。



色はブルーにしました。ネイビー系のスーツにもグレー系のスーツにも合わせやすい色合いです。背中の生地は夏らしく白に。



オーダーですので体に合わせて作る為、アジャストするベルトはつけませんでした。



夏はこう言ったウェストコートを何色かもっているととても便利ですね。



価格もリーズナブルですので色々な色を取り揃えたくなります。
ということで、、、

もう一着作ってみました。

続きは次回で。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lock&Coのハンチング

2016-08-13 06:36:08 | ハット
ロンドン ジェームスストリートにあるJames Lock & Co, Hatters。創業は1676年、一説によると世界最古の帽子屋さんとも言われています。
鉄で出来たやや重いドアを開けると、最初に飛び込んでくるのが冒頭の写真のディスプレイです。



店内は一階が紳士用の帽子、二階が婦人用の帽子となっています。二階もちょっとのぞいてみましたが、ロイヤルファミリーの結婚式などでご婦人たちがかぶっているような帽子が沢山展示されている様は正に圧巻です。日本ではまず見かけない光景ですね。実は今回ハンチングを求めてJames Lockにやってきました。オープンエアーのクルマに乗る私にはハンチングは必須なのですが日本では中々好みのものが見つかりません。ここLock&Coでは豊富な種類のハンチングが奥の方の部屋に置いてあります。

今回、その中から選んだのが下の二つの帽子です。
色はややオレンジがかった赤い帽子。素材はリネンで夏にぴったりです。
最近納車になったクルマがこういった内装色なのでドライブの時マッチしそうな色合いです。







そしてもうひとつがこちら。
ライトグレーのハンチングです。
これは普段使いに。







夏はパナマもいいですが、リネンなどのスポーツコートを着る時は、こういったハンチングも良いと思います。
その品数の多さに、また訪ねたくなる帽子屋さんですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

FAVOURBROOKのボウタイ

2016-08-07 08:07:06 | タイ
英国FAVOURBROOKのボウタイです。ロンドンのジャーミンストリート沿いには幾つかのアーケードが存在しますが、その中でもピカデリーアーケードは紳士用品の老舗が軒を連ねる有数のアーケードだと思います。その中では比較的新しいお店FAVOURBROOK。ピカデリーアーケードを散策していたところ凄い数のボウタイが店内に並んでいるのを見て思わず入ってしまいました。

そして購入したのが冒頭の写真のボウタイです。素材はシルクですがややリネンが混じっているようなザラっとした質感です。お店の方に素材を確認したところ、「この店のボウタイは全部シルクです。」と言っていました。



サンドベージュの色合い、ちょっと見るとフォーマルに使えそうな色ですが夏にこのボウタイは良いと思います。非常にしっかりした作りですので結びやすいです。

クラシックなボウタイも欲しいと思いこちらも一緒に購入しました。ボルドーにドットのボウタイです。



ボウタイは日本で探そうと思うと思いの外種類が少なくいつも困ります。百貨店しかり、セレクトショップしかりです。比較的テーラーの方が入手しやすいかもしれません。冒頭の写真のボウタイ早速ロンドンでも着用したところ、結構、街の方に「Smart Style!」と声を掛けらました。

6月のロンドンの気候はとても過ごしやすく、暑くないのでボウタイも自然にすることが出来ますね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急告知!AUTOMOBILE COUNCIL

2016-08-06 08:17:54 | その他
昨日より幕張メッセ第2、3ホールにおいて「AUTOMOBILE COUNCIL」が開催されています。
国内外の名車を集めた一大イベントです。普段目にする事のない名車が多数展示、ヘリーテージカー専売店も参加しコンクールコンディションのヴィンティージカーから現実的な価格で購入可能な名車まで多数出品されています。ヴィンテージカーだけでなく最新の日本初公開のスパイダーもありますよ!
また、グッズ関連の出店も多数あり、ここでしか入手できないレア物も沢山。私も実は一点物のクルマのイラストを購入しました。

通称ポルシェ904と言われている
ポルシェカレラGTS


実車を初めて見ました!
日本初のプロトタイプレーシングカー 
プリンスR380


ワンオフで復刻された
HONDA SPORTS360


是非会場に足をお運びください。

会場 幕張メッセ 第2、3ホール
期間 8/5から8/7まで 
   9:00〜18:00
 
詳しくは下記まで
AUTOMOBILE COUNCIL


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国でドレスシャツをビスポーク

2016-07-31 08:25:54 | ドレスシャツ
さて、いよいよ本題に入っていきます。サビルローで一通り老舗テーラーを外から(笑)見学し、いつかこの中のテーラーのどこかでビスポークする事を誓い、次に向かったのはジャーミンストリートに面したピカデリーアーケード。ここにはNew&Lingwoodなど老舗の洋品店が集まっています。今回英国でしたかった事のひとつ、それはドレスシャツのビスポークです。BeSpokeその言葉の通りカッターと話しながらシャツを注文で作ることです。英国でドレスシャツのビスポークというと一番最初に思い浮かぶのはTurnbull & Asserだと思います。初めてオーダーする場合はまず6枚が最小単位になりますので、これは結構ハードルが高いですね。何よりTurnbull & Asserは今では日本でトランクショーをやっているので日本でもオーダーすることが出来ます。英国でしかオーダー出来ないシャツ屋さんといえばこちらのBuddです。サビルローの老舗テーラーアンダーソンシェパードでスーツをビスポークするとシャツはこちらで作ると言われている老舗のシャツ屋さんです。今回、友人のTさんに紹介していただき、こちらの門をくぐりました。



店内はいかにも老舗のシャツ屋さんというディスプレイです。





色々な襟型のディスプレイ。



そしてTさんから紹介していただいたチーフカッターのダレンさん。とても親切な方でした。



早速採寸です。この採寸の写真はBuddの既製品のシャツを着ながら行っていますが、実は私が間違ってメジャーメイドと言ってしまったので、このような採寸の写真になっています。翌日「ビスポーク」でと再度お願いして、採寸をやり直してもらいました。





採寸が終わった後は、生地とデザインを選びます。Buddの場合、ビスポークの時はオーダーの最小単位は4枚からになります。最初高番手のイタリアの生地を勧められましたが、やはり英国の生地でということでACORNの生地でお願いしました。まず最初に1枚が完成し、それを修正して残り3枚を作ります。1枚目が完成すると日本に送られてきますのでそのシャツでフィッティングのチェックを行います。チェックは写真を送って修正箇所をお願いするか、またはロンドンのお店に行ってチェックしてもらいます。私は1月にロンドンへ再度行く予定ですのでシャツの完成度を見てどちらにするか考えようと思っています。



写真を見るとわかりますが、Buddではボウタイ、ブレイシーズ、傘やナイトウェアも扱っています。ナイトウェアはちょっと気になりますね。

さて、1枚目のシャツの完成は一ヶ月後と言っていましたので、そろそろ届く頃でしょうか?楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急告知!北原コレクション ミニチュアの世界展

2016-07-30 12:51:05 | 番外編
羽田空港第2ターミナル5階で開催されている
北原コレクション「ミニチュアの世界展」は明日が最終日になります。私も昨日お伺いしましたが単なるミニチュアではなく、物語性を持ったものや、作者の魂が感じられるものなど沢山の作品が展示されています。ジオラマグランプリを受賞した作品も展示されていますので是非ご覧になってください。入場は何と無料です!









明日の最終日は16時から北原さんによるギャラリートークも開催されます。1時間くらい前に行き、作品を事前に見てからギャラリートークを聞くとより一層楽しめると思います。



夏本番、この土日も暑そうですので気をつけてお出かけ下さい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加