いつか英国日記

英国を中心とした靴、鞄、時計、その他ファッションに関するブログ

オープンカーの装いについて考察する

2017-01-15 07:58:05 | カジュアル

1990年位にオートファッションというクルマとファッションを題材にした雑誌があり、私も載せてもらった事がありましたが、クルマとファッションって難しいですよね。特にオープンカーその中でもクラシックなタイプのオープンカーだと風も凄い勢いで入ってくるので実用性も考えなければなりません。

たとえば英国のこのクルマ。
ケータハムスーパー7BDR。



時速80km/hで走ると、息が出来なくなるくらい、暴力的な風が入ってきます。以前ベルスタッフのジャケットをご紹介しましたが、流石にこれ1着だけだと厳しいなあと思っていたところ、昨年ポルシェのイベントにお邪魔にした時にたまたま見つけたのが今回ご紹介するマルティニレーシングのジャケットです。

マルティニレーシング、マルティニ・エ・ロッシは有名なイタリアトリノの酒造メーカー、レースのスポンサードにはとても積極的でランチアやポルシェのレース活動で一躍有名になりました。特に1976にジャッキーイクスが運転するマルティニカラーのポルシェ936スパイダーがルマンで総合優勝したは印象深いです。


出典:ポルシェジャパン

このマルティニのジャケット、厚手の綿スエット生地とナイロンの素材で出来た、かなりしっかりした作りです。服の前面は風を通さないようナイロン生地でガードされています。デザインの特徴となるマルティニストライプは袖の下部に入っています。



胸にはロゴとファスナー付きのポケット。



腕にはマルティニのバッジが付きます。



そしてセブンの場合重要なのはエルボーパッチです。



肘がナイロンで強化されるとともにガードされることで風が通りません。セブン乗りの間ではセブンエルボーという言葉があり、クルマの構造上どうしても肘が車体から出て運転する形なるので肘が冷えて痛くなったりすることがあります。これを防いでくれるのですね。

後ろ身頃はスエット生地のみとなり、通気性を確保しています。



オープンカーとその装い、往年のレーシングドライバーのファッションをモチーフとしてみるもの楽しそうです。もっと色々なところでクルマにも合う服の扱いがあればいいのですが、英国に比べるとそういった店舗が少ない気がします。GOODWOODの辺りにはそういったお店も沢山あるのでしょうか。あるいはアストンマーチンのスポンサーとして有名なハケットにも色々あるかもしれません。今度、覗いてみようと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノーフォークジャケットを考察する

2017-01-08 06:51:30 | カジュアル
アジャスタブルコスチュームのノーフォークジャケットです。オーダーしたものが出来上がってきました。



元々狩猟用ゲームジャケットとして生まれたこのスポーツコート、ディティールに特徴があります。肩から前身頃に伸びるベルト状のパーティカルパネル、激しい運動をしても型崩れを防ぎ、体とのフィッティングを高める仕組みで背中側も同様の作りとなっています。又、背中部分にはインヴァーテッドプリーツが入っているのでシューティングや激しい動きをしても動きやすい構造です。ウェスト部分はボタンで留めるベルトになっていますが、これもフィッティングを向上させるための構造です。腰のパッチポケットはマチがありかなりの物を入れられる上、ボタンが付いているので、走るような事があっても中の物が外に出てしまうこともありません。傷みやすい袖口は丈夫な2重構造、ボタンが付いたストラップになっていて袖口が絞れる構造になっています。

実際には私はシューティングする事はありませんが、一つ一つのディティールが意味を持っている事が男の服の場合は重要だと思います。





元々スポーツ用のジャケットですので、コーディネイトはタートルネックのようなものでも良さそうですが、ネクタイやボウタイの方がよりマッチすると思います。ニッカポッカまで履けば完璧でしょうが、もはや装いという範疇を飛び越えてコスプレなってしまいそうですので、コーデュロイのトラウザーズなどと合わせてみようと思います。



今回オーダーした英国生地のLovat、恐らく目付は1kg近く、とても仕立て栄えしていますがジャケット自体の重さはかなりのものです。これを着用すればコートはいらないと思います。さて、作ったはいいのですがどんなシーンで着用するか悩むところですね〜。

ロンドンで着るとそれはシティの服ではなくカントリーの服だと言われそうですので、やはり東京でしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます

2017-01-01 19:13:35 | その他
新年明けましておめでとうございます。

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。いつかこのブログから本が出版出来るよう、今後も頑張ろうと思います。

昨年は念願かなって英国デビューが出来ました。今年も英国には行く予定です。出来れば服飾だけでなく、クルマ関連のイベントでグッドウッドとかにもいければ嬉しいです。

貴方にとって今年が素晴らしい一年となりますように。本年も宜しくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう フランコプリンツィバリ

2016-12-31 07:33:44 | スーツ

先日オーダーしたフランコプリンツィバリのスーツが出来上がりました。今回選んだ生地は英国カイノック社製のもの、打ち込みされたヘヴィーオンスの素材はとても仕立て栄えする出来上がりです。



色はブルーグレイ、柄はヘリンボーンです。いかにも英国らしい、わたし好みの生地です。



特徴的な袖のカッティング。フランコプリンツィバリのスーツの最も目をひく部分ではないでしょうか。



袖は本切羽の一番奥が眠りボタン、ボタンは重ねになるいつも通りの仕様です。



裏地ですがフランコさんと相談し、オーソドックスなネイヴィーのものを選びました。



フランコプリンツィバリのスーツのゲージモデルを初めてフィッティングした時の驚きは今でも新鮮に覚えています。ボタンを留めなくても前身頃が開かない、両腕を上げても上着全体が持ち上がらない、ヘヴィーオンスの生地でも重さを感じない、結果として全くストレスを感じる事なく一日オフィスで着用していても上着が脱ぎたくならない。正に目からウロコが落ちる瞬間でした。スーツのフィッティングの概念が全く変わりました。それでいて英国的で構築的なカッティング。1着目のオーダーからほぼ完璧なフィッティングで出来上がってきたことも驚きでした。回を重ねおそらく20着くらいはオーダーしたと思いますが、4〜5回目からは補正はほとんどなくなり確認だけになりました。フランコさんの型紙によるカッティング、一般のファクトリーメイドより遥かに多い工程、そして来日の度に工場を訪れ縫製の指導をするという地道な努力がこのスーツの完成度をもたらしたのだと思います。



さて、新聞報道にもありましたのでご存知の方も多いと思いますが、三陽商会の事業見直しによりフランコプリンツィバリのブランドが2月7日でなくなることになりました。日本で17年、私がお付き合いさせていただいたのは約10年ですが非常に残念です。フランコさんのテーラリングと日本のものづくりが高度な形で結実した他に例を見ないスーツだと思います。



フランコさんのその人柄に惚れ込み、そしてその素晴らしいスーツを毎シーズンオーダーできたことは本当に幸せでした。伊勢丹及び三陽商会のスタッフの皆さんにも大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。

服飾業界に吹く風は決して順風なものではありませんが、真摯にものづくりを行い、顧客の真の悩みを解決することに心血をそそげば、必ず道は開けると思います。三陽商会さんに心よりエールを送ります。

さて、本日はいよいよ大晦日、素晴らしい新年をお迎えください。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

パネライ病は時々やってくる

2016-12-25 06:53:20 | 時計

オフィチーネ パネライ 1860年にフィレンツェに創業された時計工房を持つ時計店。1936年に試作されたイタリア海軍の潜水特殊工作隊用に作成されたラジオミール。水中での防水性や夜光塗料を使い視認性を高めた光る文字盤などタフネスな男の時計というイメージが強い。ラジオミールはスタイルアイコンとも言えるブリッジ型リューズプロテクターを備えたルミノールマリーナに進化。このルミノールマリーナが一般的なパネライのイメージだと思います。私も今まで二つほどパネライを入手しましたが、その大きさや重さなど中々実用に使う機会がなく結局手放してしまいました。そしてしばらくパネライのことは忘れていました。ところがある時、店頭でたまたまパネライを見てしまい再びパネライ病が発病!そして最も大きい47mmケースを持つルミノールマリーナ1950 3 DAYS PAM00422を入手してしまいました。



一番の特徴は1950年当時を復刻したその時計ケース。ケースサイドに丸みを持たせたそのデザインは正に昔のパネライを彷彿とさせるもの、大きいから手放したという事に対しての学習効果が全くと言っていいほど役に立っていません。困ったものです。しかも時計のケースの素材はステンレススティール。それなりの重さがあります。しかし、翻ってみれば最もパネライらしい1本という事が言えると思います。文字盤も数字の部分をくり抜いたサンドイッチの2枚構造、文字をくり抜く関係で「6」の文字が特徴的になります。これがまたかっこいいところです。



裏面はシースルー構造。これもパネライらしさのひとつ。今では時計を一貫生産するマニュファクチュールとなったパネライ、ムーブメントも自家製キャリパーのP.3001です。手巻きのこのムーブメントはパワーリザーブの表示機構を持ち0〜3の数字を矢印が指すようになっています。これが現在のムーブメントの稼働可能な日数を表します。ムーブメントそのもののデザインも力強く美しいです。



そしてもうひとつの美点は夜間の美しさです。美しい光を放つ蛍光塗料は夜間でも視認性が高く、とても実用的です。

PAM00422、流石にスーツには合いませんが、オフの日のカントリージェントルマン的なカジュアルスタイルや、クルマを運転するときにも良いと思います。パネライ、時計好きなら1本は手元に置いておいて損のない時計だと思います。

さて、今日はこの時計でどこに出かけようかな、、、

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロイドフットウェアのモンクストラップ

2016-12-18 07:09:29 | 
ロイドフットウェアのモンクストラップです。ラストは69番、ウィズはEでサイズは6。

このところ仕事でイヴェントなどもあり、滑りやすい床の場所で一日、立ちっぱなしだったり、その場所で結構走り回ったりすることもあり、ソールがラバーで、ガンガン履けるちゃんとした靴を探し求めていました。意外にこの条件で探すとないものです。このちゃんとした靴というのがポイントで、基準は底付けがグッドイヤーでラストがロングノーズでないこと、革質がある程度良く、メンテナンスのしがいがあること、これが最低条件になります。さてどうしたものかと、銀座をあるいていたところ、偶然靴屋さんの前を通りかかりました。ちょっとクラシックなお店の佇まい、いかにも靴好きが来店しそうなお店、そう、ロイドフットウェアだったのです。



靴好きだけでなく、服飾好きにも有名な靴屋さんです。私も以前、青山の店舗を覗いたことがありましたが、本店だった代官山と青山は銀座に統合されたようです。どんな靴があるのかなと思い、入ってみました。革底の本格靴を中心に美しい靴が並んでいます。ロイドフットウェアの靴は、靴の聖地英国ノーサンプトン製ですが価格帯はエドワードグリーンの半分から1/3以下という非常にリーズナブルな設定です。

店員の方にラバーソールの靴の件を相談するといくつか紹介していただきました。まずは何とクレープソールのスリップオンの靴!その靴は履きやすかったのですが革質(多分キップのガラス仕上げ)が好みでなかったのとカジュアルすぎたので見送り、次にセミブローグの靴をフィッティング、これは右足の小指が当たり痛くなりそうなので、これも見送り、そしてモンクストラップを試したところ同じラスト同じサイズなのに、右足の小指に当たりません。これは個体差なのかレースアップとストラップの違いなのか、わかりませんがベストフィットだったので贖うことにしました。



端正なラストのモンクストラップです。エドワードグリーンの202ラストなどと比べると多少ロングノーズかもしれませんが、そこは英国の靴、イタリア靴のようなデザインではなく、クラシックな趣です。革質も磨きがいがありそうな革です。



ソールはダイナイトソール、滑りやすい床でも大丈夫、そして雨の日でも気にせずガンガン履けます。



インソールにはLloyd Footwear Englandの文字。足入れは細く見るからにフィッティングが良さそうです。
履き心地は英国靴そのもの、ポールジョイントと踵がしっかり掴まれます。今回フィッティングはMさんにお願いしましたがShoe Fitting Cardというものをいただきました。そのカードにはこう書かれています。

「私達は合わない靴は売りません。もし、合わない靴をお買い上げの場合は同額のものと交換または全額返金します。ただし、グッドイヤーウェルテッド製法の靴は、慣らし(ウォーミングアップ)を必要とし、中底が足型に沈み、甲革がなじむ事により最終的にフィッティングが完成します。そのため新品時には、その分を考慮して若干タイトなことがあります。慣らしをしても合わない、あるいは、慣らし中に痛いなどの場合はストレッチマシンにより無料でストレッチ、修正を致します。納得いくまで何回でもお持ちください。しかし、いくらストレッチ、修正をしても合わない靴は絶対に合わない靴です。そのような靴を売ったのは私達のミスですから、交換、返金を致します。」以下 略

これは感銘を受けました。これは単純にリスクリバーサルの手法を使っているのではなく真摯に靴と顧客に向き合っているのがわかります。

靴好きなら、また行ってみたくなる靴屋さん、それがロイドフットウェアです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エドワードグリーンのOXFORD

2016-12-11 05:52:43 | 
エドワードグリーン最後の靴はパーフォレーションの入ったストレートチップのOXFORDです。



カンタベリーやチェルシーとも少しデザインが異なります。箱のモデル名を示すSTYLEのところにはOXFORD SHOEと記載されています。ラストは私が最も好きな安心安定のエッグドトウの202ラスト、ウィズはEです。クラシックで最もエドワードグリーンらしい、そして万人に合いやすい魔法のラストです。このラストはスーツによく合うと思います。素材はスエード、色はナツメグです。



エドワードグリーンのひとつの肝ともいえる、掴むようなフィッティングが得られる踵です。

私が初めてエドワードグリーンをフィッティングしたのが202ラストのチェルシー、その踵をつかむ感覚と土踏まずを指圧されているような感覚は衝撃でした。気がつけばいつの間にか手元に10足以上のエドワードグリーンが集まってしまいました。



インソールです。最新のデザインになっています。エドワードグリーンの最も時代を感じる部分だと思います。

OXFORDのこの靴、スーツには勿論、デザインがスエードということもあり、カジュアルにも使える便利な靴だと思います。この冬大活躍しそうですね。

今回ノーサンプトンのファクトリーを訪れた経験は本当に素晴らしいものでした。先日、社長のヒラリーさんが来日されると伊勢丹のバイヤーさんからお聞きし、お礼を兼ねて皆で会いに行ってきました。玉川堂の茶筒をお土産に持って行ったのですが、紅茶が好きなヒラリーさんはとても喜んでくれて嬉しかったです。

さて、長らく続きました英国レポートもこれで一区切りです。お付き合いいただきましてありがとうございます。

次週は新しい靴との出会いがありましたので、そちらをご案内したいと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エドワードグリーンのデューク

2016-12-04 06:54:02 | 
二足目の靴はデュークです。



勿論イメージしたのはエドワード8世ことウィンザー公爵(The Prince Edward, Duke of Windsor)です。



この靴を手に入れられたのはラッキーでした。ヘーゼルナッツとホワイトの2トーンカラー。色の組み合わせはウィンザー公と同じです。



デュークはいわゆるカジュアルなコインローファーですが、一般的なローファーと比べラストがとてもエレガントだと思います。特にスポーツカーを思わせる横のラインが素晴らしい。202ラストのチェルシーは靴のポルシェ911と言われますが



つま先から緩やかに踵にむけ上昇するこの新型ラスト137はさしずめBMWのクーペでしょうか。ソールも含めとても美しい靴だと思います。



エドワードグリーンらしい、踵もしっかりホールドするラストです。

ツートーンカラーのこの靴、ヘーゼル部分とホワイト部分、どんな乳化性クリームとワックスを使えばいいのか悩むところです。必ずしも当初のオリジナル状態ではなく、エイジングされた靴が持つ独特の趣ある色も良いものです。メンテナンスについては色々試行錯誤してみようと思います。

アメリカントラッドとは違う雰囲気を与えてくれるエドワードグリーンのデューク。
靴から考える装いも楽しいですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エドワードグリーンのカンタベリー

2016-11-27 06:58:07 | 
エドワーグリーンのノーサンプトンのアウトレットで購入した靴、一足目はカンタベリーです。



カンタベリーはデパートの売り場などでもよく見る定番ですが、この色は初めて見ました。クラウドアンティークブラックカーフという名称が箱に書いてあります。つま先の部分と紐を結ぶ部分が黒、その他の部分がグレーになっています。見た瞬間、これ、かっこいいな〜と思いました。ラストはE82ラスト。エドワードグリーンは10足以上ありますがこのラストは初めてです。オーソドックスなエックドトウの202ラストなどと比較するとややロングノーズ気味の現代的なラストかと思います。



ソールの仕上げが又かっこいいですね〜。土踏まずの部分が黒く塗られています。普通のカンタベリーは1色ですので何か特別な感じがしますね。



インソールのラベル表記は最新のものではなく一番慣れ親しんだ以前のタイプ。



サイズ表記にはE82ラストの表記が。



そして踵の部分がまた美しいですね〜。思わず踵も鏡面磨きしたくなる作りです。

ツートンのエドワードグリーンは初めてですが、スーツでもスポーティなジャケット+トラウザーズの組み合わせでも両方コーディネイトが出来そうです。ノーサンプトンのアウトレットは必ず自分のサイズがあるとは限りませんので、この色の組み合わせのカンタベリーが入手できたのはラッキーでした。

さて、どんな装いに合わせるか、ワクワクです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして憧れのファクトリーへ その2

2016-11-20 07:26:51 | 
さて先週の続きです。まずは番外編として定番靴のひとつドーバーのスキンステッチを行う様子を見せてもらいました。



いのししの毛針を使って縫っているとのこと。凄いですね〜。これを出来る職人さんの数も少なく、ひとつひとつ手縫いなのでそれほど数は作れないとのことでした。





靴の製造工程に戻ります。上の写真は専用の工作機械を使ってアッパーの釣り込みをしているところ。手際よく次々作られています。





ウエルトを縫った後にアッパーの革を靴底に縫いこんでいきます。この時点では既にアッパーの傷を防止する為にビニールのカバーがかけられています。





靴底にコルクを盛っていきます。このコルクがあることでショックを軽減し、又、履いていくことによりソールが沈み自分の足にフィットしていきます。





チャネル仕上げのソールの底付けが終わった後は、ソールにローラーをかけ表面を整えていきます。





こちらはヒールを付けてる工程です。釘を丁寧に打ち込んでいきます。



仕上げはソールに塗装をして、磨きます。

今回ご紹介した工程はごく一部ですが、ひとつの靴が出来上がるのにこんなに沢山の工程があることに大変驚くとともに感動しました。そしてその工程のひとつひとつが非常に丁寧に行われ、職人さん一人一人が誇りを持って仕事をしているのが伝わってきました。

エドワードグリーンとても良い靴だと思います。そしてその価格も適切だと思いました。

さて、この後ヒラリー社長にファクトリー内にあるアウトレットに行きたいと伝えたところ、何とヒラリー社長自ら案内していただき、フィッティングまでしてもらいました。



日本ではあまり見かけない靴などもあり思わず3足も購入してしまいました。さてお買い物も終わりヒラリー社長にお礼を言ってタクシーを呼ぼうとしたところ、何と先ほどスキンステッチをしていた職人さんが駅まで送ってくれるとのこと。そしてクルマが工場を出て見えなくなるまで、ヒラリー社長がずっと見送ってくれたのがとても印象的でした。

今回の英国ツアーでエドワードグリーンのファクトリー見学が最も感動的な出来事となりました。エドワードグリーンが更に好きになりました。今回の見学をアテンドしていただいた伊勢丹の鈴木様、そしてヒラリー社長にこの場をかりて心より御礼申し上げます。

さて、次回はそのアウトレットで購入した靴をご紹介します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加