いつか英国日記

英国を中心とした靴、鞄、時計、その他ファッションに関するブログ

Ginza Fashion Academia 第二回目が開催されました!

2017-04-16 23:31:57 | その他
Ginza Fashion Academia第二回目が4/15に開催されました。



人はなぜスーツを着るのか?

ルーズとフィット、その歴史的背景と
メンズファッションの原理原則における
その本当の意味とは?

非常に興味深い講義でした。

まだ、応募可能です。
ご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ginza Fashion Academia 開講しました!

2017-04-09 13:17:36 | その他

Ginza Fashion Academia 無事開講致しました!熱い講義が展開されています。是非、下記から Webをご覧ください。

Ginza Fashion Academiaが開講しました!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユニオンワークスのジェームスロック特別展

2017-04-09 06:46:13 | ハット
4月1日の土曜日より、土日限定でユニオンワークス銀座展においてJames Lock & Co, Hatters 通称ジェームスロックのハットの特別展が行われています。実は私もプライベート プレセールにお伺いしました。場所はユニオンワークス銀座店がある奥野ビルの2階です。



このビル、元祖デザイナーズビルだけあって、時が経った今でも趣がありますね〜。実は外装なども雰囲気を壊さないよう、特殊な加工を施したりしながらリニューアルされています。

ジェームスロック、1676年創業、世界最古といわれる英国の帽子専門店、古は、かのボー・ブランメルから現代のデビットベッカムまで多くの愛好者をもつ、ロイヤルワラントのハットです。そのジェームロックを日本一といっても良いほどの品揃えで今、特別展が行なわれています。



中折れ帽はもちろんのこと、ハンチングからちょっと変わったハットまで、是非、一見の価値があります。



種類もウールやフェルトのものから、いまから被れる春夏のものまで。コットンのモナコハットやリネンのハンチングなどもありました。写真に赤い帽子が写っていますが婦人物もあります。
とにかくその品揃えはロンドンの本店を凌ぐほどだと思います。

そして私が一番気になったハットはこちら。



スキッパーキャップ。マリンスタイルに合わせる帽子です。黒に見えますが実は濃いネイヴィーで上質なウールに防水加工が施されています。ディティールも非常に凝っていますね〜。この手の帽子をどう被ろうかと色々悩むのも楽しいですね。

さて、ジェームスロックの特別展、リアルな手触り、質感を確かめて購入することが出来る貴重なチャンスです。期間は4月末までとのこと。在庫に限りがありますので是非ご興味のある方はお急ぎください。

しかし、スキッパーキャップ気になりますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボウタイの季節がやってくる

2017-04-02 06:50:43 | タイ
あっという間に3ヶ月が終わり気がつけばもう4月!早いですね〜。今日は寒いですが、もう少し経つと世間はクールビズに突入していきます。そして私も私流のクールビズへ。
そう、、、ボウタイスタイルです。



こちらのボウタイは日本で購入したハケットロンドンのタイです。爽やかな夏らしいタイプのタイです。素材はリネン。



ネックの長さが調節できるタイプです。



このチェック柄、実は色々合わせやすい柄です。

そしてもうひとつ。



こちらは以前ロンドンで買ったものです。大きなドット柄のボウタイで、ややフォーマルな感じです。ピカデリーアーケードのFAVOURBROOKのものでこちらの素材はシルクになります。
ボウタイは通常のタイとはだいぶ印象が異なります。特に私はITの仕事なので初対面のお客様にはかなりインパクトを与えていると思います。ただ営業という意味では忘れられるよりいい、と思うことにしています。

そろそろ桜も満開になり、あっという間に暑い季節がやってきますね。ロンドンが恋しくなりそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ginza Fashion Academia 間もなく開講です!

2017-04-01 16:12:32 | その他




Ginza Fashion Academiaが開講する4月8日土曜日まで、あとわずかとなりました。

着々と準備が整っています。
残席わずかですが、ご検討中の方は
ぜひお早めにお申込みください。

お申込みはこちらから

今回は講師である出石氏の著書
「スーツの百科事典」からも一部資料を転載します。



ぜひお楽しみに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロイドフットウェアのスリッポン

2017-03-26 07:36:10 | 
ロイドフットウェアの英国製のスリッポンです。仕事の関係で時々1日立ちっぱなしでイベントに参加することがあります。そんな時に比較的楽に履ける靴ということで購入したものです。



お店の方の説明では以前Dr.マーチンの靴を扱っていたが今はない為、その後継モデルとして作ったとのこと。素材はキップでしょうか、ガラス加工が施されています。ガラス加工の靴は一般のカーフの靴に比べて比較的メンテナンスが楽といいますが私は通常のカーフの靴と同じ手入れをしています。つま先には鏡面磨きを施しましたがガラス加工した面とはまた違った趣で仕上がります。



基本的にはカジュアル寄りのシューズですが、ラストのデザインが良い為、スーツに合わせると一見ドレスシューズを履いているように見えます。



そして最も特徴的なのはソールがクレープソールということです。冒頭の話にあったDr.マーチンの後継の靴ということで、非常にソフトな履き心地で楽に履くことが出来るように作られています。ただし、底付けは接着式のセメントなのでオールソールは出来ません。
そしてこの靴の意外な美点。それはクルマの運転がしやすいことです。ソールの厚みはありますが、クレープソールがしっかりペダル類を捕捉する為、クラッチが重めのマニュアルトランスミッションのスポーツカーなどでも全く問題がありません。先日マクラーレンを試乗する機会がありましたが、昼過ぎまで仕事だった為、この靴を履いて行きました。クルマはATでしたがサーキット走行を意識してか、ブレーキはある程度踏力を必要とするセッティング、そんなクルマでもこの靴であれば問題なくコントロールが可能です。

話がちょっと横道にそれましたが、カジュアルデーやあまりドレスコードを気にしなくても良い場面なら、時にはこういった靴もリラックス出来て良いと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ginza Fashion Academia 募集要項

2017-03-23 21:37:36 | その他


3月22日水曜日 無事Ginza Fashion Academia無料説明会を終了しました。



説明会での話の一部と募集要項について公開しました。

Ginza Fashion Academia募集要項

是非、ご一読、ご検討いただければ幸いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国レポート その6 ハバダッシャリー

2017-03-19 07:34:36 | タイ
さて 英国レポートも最終回。ハバダッシャリーいわゆる紳士洋品です。まずは定番のボウタイです。



もちろん手結びのタイプでネックの長さが調整できるタイプです。シルク100%ですが織りがしっかりしていて質実剛健の英国らしい品質の良さを感じます。柄はグリーンのペイズリーです。柄の中にスカイブルーが使われていてこれがアクセントになっています。このボウタイなら白はもちろんのこと、ライラック系の色柄のドレスシャツにも合いそうです。


出典:STUMPER&FIELDING

ポートベローのSTUMPER&FIELDINGで購入しました。このお店は本当にクラシックで良いものが揃っています。



そして密かに探していたのがこちら。ブランケットストラップです。



同じポートベローにあるHIGHLAND STOREで購入しました。こちらのショップはスコットランドの伝統衣装であるキルトを扱っているお店で店員さんもキルトを着用されてました。このブランケットストラップ、日本で探そうとするとなかなか良いものがみつかりません。



こちらの製品は革もしっかりしていて、とても頑丈な作りです。以前TVRキミーラのヘッドレストステーにこれをセットして走っている方がいて、かっこいいな〜と思い探していました。私もスーパーセブンのヘッドレストステーにこれをセットして走ろうと思っています。

さて、英国レポートも今回で無事終了です。また夏にも行きたいと思っていますが、スケジュールが合うかな、、、

次回は日本の有名靴店で購入したちょっと変わった英国製の靴を紹介したいと思います。お楽しみに。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急告知!Ginza Fashion Academiaを開催します

2017-03-15 01:24:10 | その他




四半期ごとに開催していた出石尚三氏による「英国から来た流儀」もお陰様で沢山の方にご参加頂き、先日無事4回目を開催致しました。

以前よりご参加頂いた方から体系的にわかる講座を開催してほしい、もっと回数を増やして欲しいとの声を頂いていましたが、今回、満を持して、Ginza Fashion Academiaを開催させて頂く運びとなりました。

Ginza Fashion Academiaはメンズファッションのプロフェショナルを育成すべく、体系的に学べる場です。対象はメンズファッションに関わる仕事をされている方のみならず、メンズファッションの知識向上を目指している方、また、メンズファッションに強い興味をお持ちの方も対象としています。どうかお気軽に門戸を叩いて頂きたいと思います。

詳細及び受付はこちらをご覧下さい。


尚、下記日程にて
出石氏によるショートセミナー
及び、Ginza Fashion Academiaの
説明会を行います。

定員(30名)になり次第、受付終了となりますので
ご了承下さい。

日時 2017年3月22日 水曜日 19:00-20:00
場所 銀座六丁目

内容
出石氏によるショートセミナー
Ginza Fashion Academia説明会

参加費 無料


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国レポート その5 EDWARD GREEN

2017-03-12 06:25:58 | 
EDWARD GREEN第二弾です。以前もブログで書きましたが手持ちの靴は大半が茶系の靴です。これは落合正勝氏の影響かもしれません。氏はほとんど黒の靴を持っていなかったといいます。装いの基本でもある黒の靴。今回、EDWARD GREENを訪問するにあたって靴を購入するのであれば1足はOXFORD系の黒の靴にしようと思っていました。



そして入手したのがこちら。モデル名ALEBEMARLE。日本に未入荷のタイプだと思います。



一見 CHELSEAに見えますがサイドのデザインがいわゆるスワンネックとは全く異なります。写真にはありませんがヒールのデザインも異なっていてCHELSEAはヒール部分が完全に上から下まで縫い合わせて作られていますが、こちらは上部半分は革が繋がっていて下半分で縫い合わせられています。



ソールは半カラス仕上げのドレッシーな仕上げとなっています。



インソールは新しいデザインですね。



ラストは606。ウィズはE、サイズは6です。606ラストはDOVERを所有していますが、自分の足にフィットするラストです。感覚としては爪先がスクエアトウの202ラストのような感じだと思います。

どんなスーツにも合う定番中の定番ですね。

今回は英国からインドに移動する関係で、荷物はあまり増やすことができないので靴は2足で打ち止めとしました。

さて、次回はどうなることでしょう、、、

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加