いつか英国日記

英国を中心とした靴、鞄、時計、その他ファッションに関するブログ

Ginza Fashion Academia 第二期生を募集します

2017-06-25 15:56:12 | 番外編
Ginza Fashion Academia 早くも第一期が終わり第二期生を募集します。第二期のテーマは「フォーマルウェアについて」です。第一期も非常に盛り上がりました。第二期は継続受講の方だけでなく新規の方も受講されます。是非皆様のご参加をお待ちしています。

詳しくは下記から

Ginza Fashion Academia第二期生 募集します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクアスキュータムのドレスシャツ

2017-06-18 07:06:31 | ドレスシャツ
アクアスキュータムの生地を使い伊勢丹でオーダーしたドレスシャツです。アクアスキュータム、1851年にロンドン、リージェント街の高級服仕立店として創業。 ラテン語の“aqua-水”と“scutum- 盾”を組み合わせた造語“Aquascutum”がブランド名の由来、その文字通り防水という意味からきています。その防水布で作ったコートが英国将校用として使用されたことにより一気に有名になりました。その後は英国王室御用達にもなっています。



選んだ柄はピンク系のストライプ。あまりこういった種類の生地は持っていないのでオーダーした次第です。



仕様はいつもどおりのセミワイドのカラー、前立てあり。



袖はフレンチカフとしました。

どんなスーツに合わせるか、当初はソラーロのスーツとも思っていましたが、ちょっと派手になりすぎるので濃紺系のスーツに合わせてみようと思っています。

そういえばBuddのシャツも作成途中であることを思い出しました。そろそろロンドンに行かないといけないですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Ginza Fashion Academia からお知らせです!

2017-06-13 07:25:21 | その他
目からウロコのメンズファッション!

従来にないメンズファッションの講座です。

講師を務めるのはあの出石尚三氏。

出石氏の話が直接聞ける日本で唯一の講座です。

無料説明会、是非ご参加をご検討ください!

Ginza Fashion Academia 無料説明会を開催します

皆様の応募をお待ちしています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運命の出会い 後編

2017-06-03 05:49:52 | 時計
さて、前回からの続きです。



これがムーブメントの中身です。もっとも特徴的なのは自動巻きのローターがハーフローターになっているところです。下のスプリングが付いている部分が固定されていて上部のローターが左右に動きながらゼンマイを巻いていきます。腕につけている時は感じませんが時計を手に持って振ると中で小さなボールが動いているようなとても不思議な感触があります。これはローターが固定ハンマーのスプリングにぶつかる時に発生する振動により生まれるもの。まるで生き物のようにも感じます。



そして私が最も惚れた部分。それがこのなんとも渋い文字盤です。シンプルなデザインに特徴的なフォントの数字、そしてエレガントな針。JAEGER-LECOULTREの上品な表記。まさに大人のドレスウオッチです。ルクルトはアメリカで最も売れていましたが、実はアメリカ向けは商標の関係でJAEGER-LECOULTREの表記が使えませんでした。下の文字盤がアメリカ向けのものです。



そうJAEGERの文字がありません。このLECOULTREだけの文字盤はやはり何か子供っぽい気がします。それに比べJAEGER-LECOULTRE銘の入ったヨーロッパ向けの文字盤は控えめで何とエレガントなのでしょう。一発で惚れました。



時計ベルトですが、マットなデザインのものが付いていたので、クロコのベルトに交換してもらいました。ベルトを変えるだけでグッと雰囲気が変わりますね。

さて、真夏になるまではこの時計、大変活躍すると思います。

いつも身につける時計、気にいったものが身近にあると幸せですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運命の出会い

2017-05-27 05:58:56 | 時計
そうなんです。運命の出会いは、いつ、どこで、おこるかわからないものです。私が出会ってしまった時計、それはヴィンテージのジャガールクルトです。



ケアーズさんにロレックスの修理受け取りに行った時に出会ってしまいました。この時計を見てそのエレガントな佇まいに一目惚れ。思わず店員さんを呼び、「この時計は何ですか?」と聞いてしまいました。



モデル名 インディケーター。1950年代の時計です。フェースの上部の窓、じつはこれ今でいうパワーリザーブなんです。MAXで40時間のパワーリザーブ機構が付いています。ムーブメントはCAL481 1948年に開発された名器といわれるムーブメントのひとつ。当時時計は手巻きが主流で自動巻はまだ黎明期。手巻きは巻いた感覚がよくわかりますので、朝巻けば翌朝まで時計は動き続けます。当時の自動巻きは巻きの力が弱く途中で止まってしまったり、または巻かれていてもその状態がよくわからなかった為、人気がありませんでした。そこでルクルトはムーブメントが今どういった状態にあるかを一目でわかるようにインディケーターを開発しました。70年前の時計でそれを実現していたのは凄いですね。



40,30,20とパワーリザーブが減少していき、残りわずかになるとインディケーターが赤い表示に変わります。これもインパクトあります。

さて、では時計の内部がどうなっているのか、次回ご紹介しますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出会いは突然に、、、

2017-05-21 06:08:49 | 時計
ヴィンテージ時計好きの間では最も有名な店舗のひとつケアーズ。森下本店は顧客の近くにある為、時々顔を出します。今使っている冒頭の写真のロレックスのメンテナンスもケアーズさんでお願いしています。



スーツの時はよくするこのロレックス。手巻きの為、毎朝リューズでゼンマイを巻くのですが、ある日、おや、この感触は、、、

そうゼンマイ切れです。

しかしオーバーホールして1年くらいしか経ってないはず。ということでケアーズさんにお邪魔しました。診断の結果やはりゼンマイ切れ、今回は部品代だけで対応してくれることになりました。よかったです。やはり、信頼できるお店とのお付き合いは大切ですね。

そして数週間後、ケアーズさんから修理完了の連絡。早速2階のメンテルームに取りにいきましたが、その待ち時間の間、1階で時計を何気なくみていると、なにかオーラーを放ちながら、私に呼びかけるように展示されている時計が!!!



なんということでしょう。この上品な佇まい。そして時計界に燦然と輝くブランド名、、、

もういけません。

時計の修理の受け取りにきたはずなのに。

さてどうしましょう、、、

続きは次回で。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクアスキュータムのドレスシャツ

2017-05-14 11:43:55 | ドレスシャツ
伊勢丹でオーダーしたアクアスキュータムのドレスシャツです。明るいブルーの生地です。襟はクラシックな装いに合わせやすいセミワイド。



生地は勿論コットン100%。織はオックスフォードです。番手がある程度高いので程よい光沢とシルクのようなしなやかさを持っています。勿論通気性もいいのでこれからの季節にも最適です。



オーソドックスな色合い、そして質感もあるので、袖はスタンダードなダブルカフスにしました。



この手の色合いのドレスシャツはベーシックなのでカフリンクスも選べる範囲が広がり楽しいですね。ある程度かしこまったビジネスの場で活用できるドレスシャツだと思います。

そういえば、そろそろBuddのドレスシャツのサンプルが出来上がる頃。さて受け取りはどうしたものか、、、


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジャスタブルコスチュームのクラシックシルクストール

2017-05-07 05:41:18 | その他
アジャスタブルコスチュームのシルクストールです。



微起毛仕上げのこのストール。シルクがなかなか肉厚でクラシックな感じがします。柄はこれまた定番の水玉模様。色合いはネイヴィーもありますが私が選んだのは最も好きなバーガンディです。



今は少し暑くなってきましたが、ストールは秋、冬、春の装いには欠かせないと思います。素材はやはりシルクが一番ですが、シルクは品質感がそのまま出てしまうので、慎重に選ぶ必要があります。こちらの素材は英国MacclesfieldにあるADAMLEYのもの。150年以上の歴史を持つ伝統的なハンドプリント(手捺染)を得意とする老舗です。まるでビスポークしたようなこのストール、今回、アジャスタブルコスチュームが特別に別注したとのこと。私も実物を見て即決しました。流石、服好き、特にクラシック好きの趣向がわかってらっしゃいますね〜。



そしてもうひとつのポイント、それはフリンジです。クラシックなストールには欠かせないフリンジ。最もハンドクラフトな面が出る部分です。素材はレーヨン。一房、一房、非常に丁寧に手祭りで作られています。こういったディティールがその手の洋品には非常に重要だと思います。最近、既製品ではこういったものをほとんど見なくなった気がします。

さて、クラシックなバーガンディストール。今からもう秋が待ち遠しくなってきました。それともロンドンなら今もまだ寒いでしょうか、、、


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ginza Fashion Academia 第二回目が開催されました!

2017-04-16 23:31:57 | その他
Ginza Fashion Academia第二回目が4/15に開催されました。



人はなぜスーツを着るのか?

ルーズとフィット、その歴史的背景と
メンズファッションの原理原則における
その本当の意味とは?

非常に興味深い講義でした。

まだ、応募可能です。
ご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ginza Fashion Academia 開講しました!

2017-04-09 13:17:36 | その他

Ginza Fashion Academia 無事開講致しました!熱い講義が展開されています。是非、下記から Webをご覧ください。

Ginza Fashion Academiaが開講しました!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加