愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

”電子レンジの真の恐ろしさ”に慄然とする!!消化器、泌尿器、リンパ系疾患、抗体破壊、そして癌・・

2016年10月22日 15時55分59秒 | マスコミが言わない健康情報

電子レンジは身体に悪い、と誰もが聞いて知っていると思う
しかし、以下に紹介する記事に、誰もが慄然としないではいられないだろう
僕自身、この記事を見た途端、それまで使用していた電子レンジを即刻捨て
ご飯を温めるには蒸し器を使うようになった

では

日本ナチュラルライフ協会より

電子レンジの危険性

今や現代生活には欠かせないほど普及している電子レンジ。

冷めたお弁当やお総菜、ご飯がほんの数秒で温まるという便利性から、
野菜がお湯を沸かさなくても短時間で簡単に茹でられる、
更には容器に材料を入れて電子レンジでチンするだけで手間なくお料理が
作れてしまう。

テレビや雑誌では、
電子レンジを使った料理が当たり前のように紹介されています。

確かに電子レンジは便利です。
しかし、その利便性を手に入れることによって自分の健康を損ねている
ことをご存知でしょうか?

様々な研究発表がされており、
既に実証されている電子レンジの有害性ですが、
残念ながらその有害性よりも利便性の方が強調されています。

これも経済第一主義(金儲け主義)の社会が、有害性を隠ぺいした結果です。
電子レンジの有害性が広がると困る企業、それと手を組んでいる政界、官僚が
自分達の利権のためにそうしている
のです。

ここでは電子レンジがどれほど有害なものかを皆さんにお知らせしますが、
電子レンジだけでなく、電子調理器、オール電化も同じ
ことが当てはまると
考えて下さい。

これまで電力会社や電気製品を開発している企業に騙されて
電子調理器やオール電化にしてしまった方は特にお考え下さい。

電子レンジの危険性

電子レンジの危険性としては、「電磁波の害」と「発がん性の危険
があげられます。

電子レンジは、電磁波、マイクロ波を発生して、
食材の水分子を超高速振動(1秒に24億5千万回)させて
周囲原子と摩擦させることによって加熱調理を行います。

そのことによって、以下の2つの害が指摘されています。

 

電磁波の害

電子レンジの害としてまずは、電磁波の害が考えられます。

電子レンジに使われているマイクロ波は、
人体に当たっても放射線のような発ガンの心配はないとされます。

しかし、部位によっては
細胞内のたんぱく質が変性し、白内障などを引き起こす可能性があるほか、
まだ完全解明されていない悪影響も心配です。

各メーカは、調理中にマイクロ波が外に漏れ出さないよう、
対策を講じており、安全性に問題はないと言いますが、
作動中はかなりの電磁波が放出されていますので、
作動中に電子レンジの近くにいれば、電磁波を大量に浴びることになります。
これを一日何度もそして何十年も繰り返すことによる健康被害は必ずあると
私は思います。

発がん性の危険

超高速振動による摩擦熱での加熱調理では、
食品の分子・原子レベルで深刻な破壊活動がおき、
栄養素が壊されるばかりでなく、
私たちの体内では代謝できない構造に変性する
といわれます。

電子レンジ調理でよく言われる利点として、
ビタミンCなどの水溶性のビタミンは、お湯でゆでると流出してしまうが、
電子レンジでチンするとお湯を使わないのでビタミンを損ねることがないと言われます。

確かにビタミンは流出しませんが、その代り、ビタミンは破壊されている
のです。

あたなは、ビタミンが流出した野菜と、ビタミンが破壊された野菜、
どちらを食べますか?

お湯に流出するビタミンなんてたいした量ではありません。
でも、ビタミンが破壊された野菜は、分子レベルで破壊が起こっているので、
もう野菜ではなく、自然界に存在しない異物
となってしまうのです。

自然界に存在しない異物を人間は消化・吸収・排泄することはできません
また、一度体に入ってしまうと、その異物は排出することが難しいので、
脂肪細胞や臓器などにどんどん蓄積されてしまいます。
一回の量ではたいしたことがなくとも、何十年かけて蓄積されていけば、
人体に悪影響を及ぼす、つまり、がんになる可能性はあります。


電子レンジの発がん性を実証した研究結果

電子レンジが健康を害する研究結果は多々あります。

ハンス・ヘルテルによる科学的な臨床実験

1991年、スイスの食品会社の食物科学者であるハンス・ヘルテルは、
分子がひどく損傷を受けた食べ物は、
人間の血液と免疫機能に異常な変化を起こす
ことを発見し、
人間の血液を生理学の観点から調査した結果、
電子レンジは食物中の栄養素を変化させ、
それを食べた者の血液にも組織の悪化を引き起こす
ことを突き止め、
研究の有効性についての見解を書物におさめました。

実験は20歳~30歳の8人の被験者と64歳のヘルテルが、
8週間同じホテルに泊まり、行われました。

与えられた食事は牛乳と野菜でしたが、調理の仕方を変えて与えられました。

牛乳では、有機農場の生牛乳、ガスで温めた牛乳、低温殺菌牛乳、
電子レンジで温めた生牛乳で、
野菜は、有機農場の野菜、ガスで調理された野菜、
冷凍後電子レンジで解凍した生野菜、
電子レンジで調理した野菜でした。

被験者は隔離され、それぞれの食べ物を食べる直前と食べた一定時間後に
採血しました。
その結果、電子レンジ料理を食べる前と後の血液検査の結果が
以下のようになりました。

  • 白血球の増加
  • ヘモグロビン値の減少(貧血状態)
  • コレステロール値の比率の悪化(悪玉コレステロールの増加)
  • 血液中にがん化現象

リー博士の発がん性の研究

1991年、アール・レター誌3月号、9月号に、リー博士は、
いかなる電子レンジであろうとも、電磁放射線を発し、
食べ物に被害を与え、
調理された食品の中に有害な危険な発がん性物質を生じる
」と発表しました。

リー博士によると、電子レンジで調理した食べ物を食べた人には
以下のような疾患が現れるそうです。

  • リンパ系の病気
  • 特定のがんに対する抵抗力の低下
  • 血液中のがん細胞の発生率の上昇
  • 胃腸がんの発生増加
  • 消化器系の疾患
  • 泌尿器系不全

その他、母乳を電子レンジで加熱することで抗体と酵素の破壊が起こるとか、
電子レンジで調理された食品を食べることで免疫系ダメージがあるとか、
ビタミンB12他、ビタミン類を破壊するとか、
電子レンジによって
電子レンジ用のパッケージから毒性の強い分子が食物に移るとか…
様々な研究結果が発表されています。

これまでもまだ電子レンジを使おうという気になりますか?
電子レンジで調理した料理を家族、子供に食べさせたいと思いますか?
以上は電子レンジの研究結果ですが、電子調理器、オール家電にも
当然、当てはまることです。

 

経済第一主義の隠ぺい工作

ここまで電子レンジが有害であることが実証されているのに、
なぜ電子レンジは禁止されないのでしょうか?

それは、
国民の健康よりも、電子レンジを作っている企業や電力会社を守るためです
政府は、国民の健康よりも企業や電力会社のほうが大切なんです。

例えばハンス・ヘルテルですが、
1993年、スイス裁判所は、
「病理学上の障害と関連があるというようなことを主張することを禁止」
する判決を下し、
ヘルテルに5,000スイスフランの罰金と諸経費の支払いを命じました。

ヘルテルは会社を首になり、共同研究者は助成金を止められてしまいました。

国民の健康のために真実を解明した人間は、
経済第一主義の社会から抹殺される。

よくある話です。

ただ、これには続きがあり、
1998年8月25日、ストラスプール、ヨーロッパ人権裁判所は、
言論の自由に反するとして、
ヘルテルに慰謝料40,000フランの支払いをスイス政府に命じました。

旧ソビエトでは、
電子レンジ調理は食物に発ガン性物質をつくり出し、
いくつかの必須栄養素の変性をもたらす
として、
1976年に電子レンジの使用を禁止しました。
しかし、なぜか、ペレストロイカ後(1990年頃)に使用が許可されてしまいました。

日本も同様ですね。
国が電子レンジの害を暗黙的に隠ぺいしているので、
企業は、電子レンジの利便性をコマーシャルや様々なマスコミ活動で
アピールし放題、
電力会社もそれに乗っかってオール電化を推奨しているのです。

経済第一主義(金儲け主義)の企業や政治家、官僚は、
私達の健康を守ってはくれません。
このような悪質な製品は、自分で判断して使用しないようにするしか
ありません

日本ナチュラルライフ協会は、このような隠ぺいされた真実を皆様に伝え、
本当の安全を皆さん自身で手に入れて頂きたいと思っております。

また、日本ナチュラルライフ協会がプロデュースするお店では
お総菜のお持ち帰りができますが、
電子レンジには上記のような害があることをお知らせし、
温めなおすにはガスを使用することをお勧めしています。

これまで電子レンジに頼っていた皆さん、そろそろ目を覚まし、
電子レンジとおさらばしましょう。

私たち国民が電子レンジを使用しなくなれば、
企業も儲からないので生産することはありません。

金のためならどんな劣悪な製品でも作る企業ですが、
その劣悪な商品を私達が買わなければ生産しません。

私達が正しい見る目をもって商品を選ぶことで、
企業を教育できると私は思っています。

逆に、企業のコマーシャルなどに踊らされて劣悪な商品を買ってしまえば、
いつまでたっても劣悪製品がはびこり、
結果、自分自身の健康やはては命までも捨てることになるのです。

これからの日本を救うのは、経済第一主義ではありません。
真に消費者の健康や安全を考える企業です

そういう企業が増えるように、
私達がこれまでの経済第一主義が作り上げた偽物の常識を捨て去らなくてはいけません

一人でも正しい目利きができる人が増えることを心から望んでおります。

ーーーー

続いて、内海聡Dr.のFacebookより
内海 聡


電子レンジを使ってはいけないという話はよく出てくる。
ある人がそれについて反論されたそうだが、
そういうのに一般人はなかなか反論できないようだ。
ここではごく簡単にそのことを書いてみよう。
元記事は船瀬俊介氏の記事に対する反論であるらしい。

以下が簡単な反論内容だそうが、

電子レンジの危険性については
現在までにすべて追試試験が行われており、否定されているものがほとんどということ。
特に動物が電子レンジで暖めた水を飲まない、などというのは大嘘であり、

ペットフードに水を含ませ、電子レンジでふやかせる、という方法は
昔から存在しているからそんなことはないということ。
『残留電磁波』について船瀬氏は書いているが、
元の論文にも記載がないうえ電磁波が残留するなど科学から反すること。

などとなっている。

電子レンジの基礎知識についてはこちらにまとまっているので参考にされたいが、
これは非常に巧妙、もしくは洗脳された書き方だという風に理解できるだろうか?
おそらくこう書かれるとほとんどの人はそうかもと思ってしまうだろう。
ここに現代科学の嘘の根幹が隠れている。 
https://www.facebook.com/・・・/%E9%9B%BB%E5・・・/331080936979237

この巧妙な嘘について暴いていくと次のようになる。

追試したすべてで否定されている⇒
業界が関与してくるのですべて否定した論文が出されることは既定路線になっている。
その反対の論文は認められなかったり潰されたりする。

動物が電子レンジの水を飲まない⇒
ペットフードには依存性興奮毒が入っているので、
電子レンジの水を探り出すことは動物には困難になる。

電磁波が残留するのは嘘⇒
先日のホメオパシーでもやっていたが、最先端科学では量子力学や波動学の観点からも、
記憶が残るということがわかっている。

まだメカニズムには不明点が多い。
これらは主流の御用科学や御用物理学では認めてくれない。

他にも知っていればバカにできる話はいくつもあるが、
ようするに既存の科学者や医学者に対して、
既存の科学の枠内で反論しようとしても無駄なのだ。
その科学がもとから誤誘導され間違っていることに気付けない限り、
議論しても無駄であり議論というなら勝つことはできない。
そして答えはもっとシンプルなところに隠されている。

 

怖!!

いいね!と思ったら↓クリックお願いします

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べ続けたら死の危険10倍... | トップ | そのシャンプー、リンス”ハゲ... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(´・ω・`) (ジェダイ)
2016-06-28 11:06:09
アムウェイ信者達が同じことを煽って、IHの電磁調理器とごつい鍋を情報弱者に売りつけようと躍起になっていました。
その人達、息してるのかな?
ジェダイさん、こんにちは (shig/谷田茂)
2016-06-28 11:16:20
さあ、どうなんでしょう
そのような経験がないもので
電子レンジの怖さが分かりました (バーティカル)
2016-06-28 16:10:51
おじさんと言われるいい年の私ですが、
前々から気分が優れないことが多く
病院にかかることが何度かありました。
気持ちの問題だけでなく、食べるものを
だいぶ気にしていなかったことも
よっぽど大きかったのですね。参考になりました。
こんにちわ (ダンボ)
2016-06-28 23:15:30
電車のモータから出る電磁波は桁違いで大きいです。携帯電話より遥かに大きなパワーのものが足元にあるのに何でこれは問題にならないのか不思議ですね。毎日乗っている電車の運転手さんや車掌さんはかなりの確率で電磁波に侵されてると思うのですが、、、真相は不明です。
Unknown (pon)
2016-06-30 04:54:24
電磁波が危険なことは存じておりましたが、電子レンジで温めた食品も危険ということは存じませんでした。

温める間に出来るだけ離れて対策をしていたつもりでしたが、これからはやはりガスで温める他ないということがわかりました。
バーティカルさん、こんにちは (shig/谷田茂)
2016-06-30 09:36:01
電子レンジだけでなく
昨今の食べ物は
農薬、食品添加物、遺伝子組換え、放射能汚染と
体に悪いもののオンパレードです
僕のブログの左のタイトルをクリックしてください
参考になれば、と思います
ダンボさん、こんにちは (shig/谷田茂)
2016-06-30 09:38:16
なるほど、それには気がつきませんでした
この記事は引用記事なのに
個人攻撃コメントが多く
コメントを承認制にしていました
返事が遅くなり
申し訳ありません
ponさん、こんにちは (shig/谷田茂)
2016-06-30 09:43:12
レンジで温め、危険である以外に
美味しくない、という点も挙げられると思います
冷やご飯は、僕は蒸しています
炊きたてよりも美味しい時がありますよ
http://cookpad.com/recipe/907807

あと、コンビニ弁当
「温めますか」と聞かれますが
レンジでチンすると、容器の有害物質が溶け出すのでやめたほうがいいです。
でも (Unknown)
2016-07-07 19:13:18
電磁波の影響を全く受けなくても結局100歳を超えて健康的に生きられるわけではないよね
利便性と安全性を考えてうまく付き合っていけばいいんじゃないかと思う

ただ気がかりは子供への遺伝
と言っても研究結果がでるのはいつになる頃やら
ChungCB (Quảng cáo trực tuyến )
2016-08-28 14:26:47
電磁波が危険なことは存じておりましたが、電子レンジで温めた食品も危険ということは存じませんでした。
有害な電磁波を無害化…? (ゆき)
2016-08-29 02:02:41
響奏鍋 というものを買いました
電磁波をよい波動??無害化?するとか

やむを得ず電子レンジの利便性を利用したい時に、と思って
結構高かったけどまだ自炊してませんが…

これって、どうなんでしょう
ゆきさん、こんばんは (shig/谷田茂)
2016-08-30 20:37:02
響奏鍋って売り出したばかりなのでしょうか
ちょっと調べて限りでは
有害ではないようですが・・
メカニズムについては
よく理解できませんでした
調理して
おいしくいただけるのなら
いいのかもしれませんね
よくわかりません (YW)
2016-09-21 19:31:46
健康に関連する仕事に携わっているのですが、

電子レンジの問題については、公正かつ信頼
できるデータを示し、それこそ科学的にそれ
らを検討して、まあ結論とまではいかなくて
も、現時点での事実の理解と対処法の両方を
とりあえず提示すべきかな、とは思ってます。

かつて波動測定なる現場に立ち会い、目の前
で電子レンジ使用前・後の数値などを見せら
れたこともありました。

使わないに越したことはない、と個人的には
判断してますが、日常でちょっと使う状況も
ありますよ。

正しい情報が広く共有された上で、使うか否
かの判断は、最終的には消費者次第かな、と
いうのが私見です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL