HAPPY-GO-LUCKY!

E・コッカーのころっけと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活

嗚呼、助さんの夜は更けて!の巻

2016-10-11 15:14:12 | 日記・エッセイ・コラム
三連休、オモシロおかしく過ごしました。

なぜって?

そりゃ、助さんがやってきたからです。




助さんっていうのは、ここに時々登場する「S嬢」。

http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/7f5ef6fc0d1e290bae2ee7808cb05fe5


同業の中で、われわれも含め地方に本社がある社は、こぞって東京に支社を置きます。

そして国会の隣に同じように巣食い、まあ、いろいろとお仕事をするわけです。

その根城のお世話役が彼女。

39年ほどそのお役目をなさり、この春、勇退なさったのさ。


で、助さんを慕う全国のバカどもが、我先に地元に足を運んでくださるよう請い願い、この度、ようやく来広が実現したのさ。

すでに長野、仙台、新潟にはすでにお出ましになってます。

ぶっちゃけて言うと、東京支社ってのは、まあ一定にエラくなるヒトが赴任しがち。

だから前述の三社では、東京支社経験者である社長以下みなで大接待。

助さん、どんなにエライんやと(笑)


で、ウチも退くわけにはいきません。

もちろん現社長やら前社長やら、現役員やら元役員やら、有象無象が総出演。

ただ、それじゃ、助ちゃんもつまんなかろうと。


メインはわれわれ若者wwwが仕切ります。

平和記念公園、尾道、宮島、夜の街…

わしらの現役世代の「庭」じゃけんねw




とゆーことで、俺が参加したところでご紹介。

まずは尾道へ。

ロープウエーをお楽しみになります。




山頂からの景色を、そほど楽しそうでもなくw

そうそう、2泊3日の道中、弊社の誇るダメニンゲンがずっと密着取材。

どれほど回すんやってほど、ビデオカメラを向けておりました。

(で、意外とイイ仕事をしました、このヒトw)



で、展望台から千光寺に向かうんだけど、これがなかなかのダウンヒル!

めっちゃ危ないし。


もしお怪我など召されたら、全国の助ファンから指弾されること間違いなし!

わしゃ、久しぶりに助さんの手を握りましたよ。

これはあの善光寺以来でありますなあw

http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/7aaa8cc4972aa1d261b9f70cab25b7dc



みな険しい表情の中、弊社の誇るタフネゴシエーター、キーキーがタクシーを呼びます。




ところが剛腕を持ってしても、それはできないと。

まあ、そうだよね。みんながやったら収拾が付かないものね。


であはりますが、弊社には人材がおります。

THE 貴方とは違うんです!




そう、Dメンがやってくれました。

窮状を訴えてなんとかタクシーを呼び、無事下山です。

エライ!


そしてお昼。

昼間っから飲み倒すわしら。





サイトシーイングよりもビールです。




しかしまあ、ここに登らせたのかw


そして広島へ。

わしの馴染みのお店に連行!

麻婆テロをぶちかます「和華」ですね。


ただ、この日はもう味わう感じじゃなく、ただただ大騒ぎの大笑い。





わい、メッチャ嬉しそうw

そしてカラオケになだれ込む一同。


みんな歌う歌う!






踊るヒトも。




いやあ、楽しかったなあ。


年寄りだから挨拶させられたボクはこんなことをくっちゃべりました。


時代も世代も違う東京経験者をつなぐ、軸線のような存在である助さん。

彼女の名前を出すだけで、時空を超えて距離が縮まるのですね。

盟友キーキー的表現で言うと、「結集軸」ですな。


とゆーことで、「助さん世直しの旅 安芸国編」は案の定、一話では終わりませんな。

神の島探訪編は次回のココロだぁ!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥さんの誘惑…の巻 | トップ | 今年も立ち呑みん祭!の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL