HAPPY-GO-LUCKY!

E・コッカーのころっけと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活

あれから一年…の巻

2017-03-23 16:25:17 | 日記・エッセイ・コラム
FBっていろんなコトを思い出させてくれるわけです。

強制的にw

開くと「1年前のあの日」って感じのアップがなされるのよね~

全部が全部楽しくてかなわないって話じゃないわけで、時にシミジミいたします。


で、今回の「あれから一年」ってのは、異動の話。

そーいえば今日、内示があったんだった。

その辺はこれ。

http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/d262d4bb7720355394fddf7d5ebfa860

「いやあ、一年経ったんだ~」とも「まだ、一年なのか~」とも。

定年までのあと7年、なかなか長いねぇ。


てなこととともに、昨夜のことを思い出すジジイ。

昔やった「団地」って仕事のダチとでした。

かんぱーい!




燻製やらハーゲンダッツやらさまざまに集まりました。

で、お酒もとっておきのウエポンを持参してもらったのさ。




再びかんぱーい!




「団地」ってのは、こんな問題意識から。

団地が老いを深めている。高度成長期に大量造成され、マイホームの夢をかなえた「器」たち。それが今、高齢化や孤立に直面する。住民は立ちすくみ、その姿は現代社会の縮図でもある。地域とともに、再生への処方箋を探したい


ここにその「仕事」が残っています。

会員登録が必要なのかな?

http://www.chugoku-np.co.jp/column/?localfrom=danchi


団地と言えば、広島では山を切り開いた一戸建てって感じ。

TOKIOを含む三大都市圏では、マンション群やら高層アパート群ってことなんだろうな。

どちらにしても、一斉に同時期に老いる、そしてそうなった時の手立てが施されていないって点では同じなのよ。

今、まさに多くが直面している課題で、少し早すぎた感はあるけど、いい仕事だったと思っています。


で、その時のソルジャーたちが異動もあって、久しぶりに一堂に会し、遊びに来てくれたのさ。

ぎっくり腰も徐々に治り、少しだけ飲酒。

久しぶりで美味しかったなあ。

当時の苦労話や武勇伝が肴だったから、よけいに美味しく感じたのでしょう。


そしてあらためて思いました。「俺はいつものように後ろで太鼓を叩いてるだけだったなあ」ってw


あの時の「果実」って実はいろいろあるのよね。

広島市の団地対策って、実は全国でもかなり先進的。視察も相次いでるんだよね。

すべてが彼、彼女たちの力とは言わないけれど、グッジョブだったことは間違いない。うんうん。




てなことで、「おうち」をめぐるさまざまな話をした夜。

実は、わが「家」にまつわる「ええ~~~!」ってゆー大ネタもあるんだけど、そこは内緒。

いかにバカブログとはいえ、ちょっと公開しづらいのでしたw

リアルでお問い合わせください。って、全然たいした話でもないんだけどww


てなこともありながら、平々凡々な日々が過ぎていく今日この頃。

シアワセな感じもいたしますな。うふふ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

求む、赤い糸…が、つながった!の巻

2017-03-19 14:33:13 | イングリッシュ・コッカーたち
以下のようなことを書いていたのですが、21日朝、吉報が!

保護センターから「譲渡先が見つかりました」って。

相手については言えないけれどってことでしたが、「ちゃんとお世話してくださる方と判断致しました」とのことです。

飼い主さんが現れたら、状況に応じて、そちらにお戻しになることもあると。

どちらにしても、よかった、よかった。

皆さん、ご心配お掛けしました~。




金曜日、犬友さんから「場所が近そうだけど、何とかならないかしらん?」ってご連絡がありました。

見ると、SNS上で悲鳴にも似た書き込みがいくつも。

かいつまんで言うとね。

「保護されてるイングリッシュコッカーが今日までの命。誰か急いでレスキューして!」

ってお話。


場所は山口県周南市。

オスのイングリッシュコッカーが保護されていました。

「12日保護で、一週間しか猶予はなく、すでに17日。連休は助け出せないから、万事休す?」って感じで、「悲鳴」が上がってたってことだね。



http://www.doubutuaigo.pref.yamaguchi.lg.jp/maigo/003f88ee2f7611ce671598f10583f90726428c45.pdf


平日のビジネスタイム。

だから、連絡に気づき、SNSをチェックするのも、まずいかがなものかw。

ましてや、「じゃあ、行ってみようか」って思っちゃったりする俺は自由人か(笑)

ただ、この日は車がなくて、身動きが取れない。

あったら行ったのかよって話ですけどね。ぷぷぷ。


で、とりあえず事情聴取するかと。。

保護されているところに電話しました。

その結果、SNS上に報告したのがこれ。


ええっと、まずはご安心ください。
すぐの「処分」はありません。

一週間の期限については三連休は含まないということ。
火曜日まではここ(周南市)=0834-33-6426におり、その後、いったん山口市の保護センター=083-934-2535に移動。

http://www.doubutuaigo.pref.yamaguchi.lg.jp/

そこで、譲渡適正があるかどうか判断し、譲渡会などに出していくそうです。
最悪はそこで「この子は難しい」という判断が下されたときですが、それはまだ先のことですね。

彼の保護状況などについては、話をさせて貰った担当者が把握なさっておらず不明です。

で、嬉しいニュースとしては、現段階で、この子について複数の問い合わせがあるとのことです。
ただ、「どんな子ですか?」的なレベルではあるようですが。

そのうえで、小生の連絡先を伝え、何かあれば連絡して貰えるようにしておきました。
彼の状況については今後、ある程度お知らせできると思います。



まずは一安心です。

彼はというと、こんな子です。



丸々としており、毛並みもフツー。

サマーカット気味だけど、逆に言えばちゃんと世話してもらってたってことかな。

だから、純粋に迷い犬って可能性もあると思うんだけどね。

保護された場所は、周南市川崎です。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92746-0001+%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E7%9C%8C%E5%91%A8%E5%8D%97%E5%B8%82%E5%B7%9D%E5%B4%8E/@34.0731736,131.7746209,15z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3544e7b91bf22dcb:0x15ec5873548297ac!8m2!3d34.0711694!4d131.7805826


ただ、そんなに猶予はありません。

飼い主のもとに帰れればそれが一番だし、そうでなかったら新たな「赤い糸」が見つかればいいなあって。

ウチに引き取るってのもあるんだけど、ころっけとの相性がどうか。

まあ、今は彼の幸運を祈るばかり。


これから定期的に報告しようと思いますので、どうぞよろしくお願いします。


「あたしも祈ってるよ~」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぎっくりこん!の巻

2017-03-19 12:57:30 | 健康・病気
お父さんが動けなくなりました。うふふ。

だから今日はあたしが報告します。


あのね、お父さん、ぎっくり腰になったの、バカだから。

もともと、ブルベを断念するほど喉が痛くて、咳をこんこん。

ソファをリクライニングさせてテレビを見てる時に咳が出て、「ピリッ!」。

あれれ?って感じでベッドの部屋に行ったけど、そのまま出てきません。


そして次の朝、お父さん、呻いてます。

わーい!

乗っちゃおう。




でも、「うう~」だって。

ホントに動けないみたい。

ええ? 大丈夫?




なんだか心配になって来たから、一緒にいてあげましょ。




布団の中にも潜り込もうっと。




散歩はお母さんと。



わーい。



いろんな方からのお見舞いの言葉や激励をいただいたみたい。


少しずつ動けるようになって来たよ。

もうすぐ散歩にも行けるかな?




もっとサイクリングして鍛えなきゃね。もう、おじいちゃんなんだから。くくく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憂鬱な日々…の巻

2017-03-15 13:36:23 | サイクリング
憂鬱な日々を過ごしている。

喉の痛みが治らないのだ。

夜中に咳が出て、眠れない。うーむ、なかなか辛いぞ。


で、さらにこの憂鬱を加速させているのは、週末のこと。

何かと申しますとね。


ここで閑話休題。

先日、抜歯したころっけのその後を診てもらうために、パル動物病院(http://paru.hospital.ipetweb.jp/)に。

予後は順調らしく、ホッとしたのです。

で、高齢犬に与えるご飯とかアドバイスをいただきました。

そして先生が「ほかにご心配な点はありませんか?」とやさしく。

そこで小生、重々しく、こう申し述べたことをご報告致します。

「ええ、週末のブルベがとても心配なんです」と。

先生から満面の笑顔をいただきました。うふふ。




今回、久しぶりにチャレンジしようとするブルベはこんな感じ。

http://www.aj-hiroshima.org/?page_id=6276

呉から尾道まで走り、さらにしまなみ海道で今治に。その後、松山までとゆーこと。

〆て200キロですね。


こう書くと知らない方はもの凄いチャレンジと思われるかもしれませんが、そーではない。

サイクリングに毛が生えた程度。ほぼとゆーか、まったく坂はないし。

過去、200、300、400、600キロに挑んできた最弱のサイクリストであるボク。

その目からみても、最も安楽なコースのひとつであろう。


そういえば、過去の歴史の幾つか。


http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/93c657e758773e57b650be480e001ffc

http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/4b702a82932e85b395d7287d4aa80336


http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/28248b3b835380f035518372f3a7e6ee



いやあ、久しぶりに読み返しましたが、見事に成長がないね、俺w

そして、反省もなければ後悔もない。

ステキなオトコだなあww


で、話戻って今週末のこと。

現在、半年近く、自転車に乗っておりません。

脚力低下は甚だしく、しかも喉の痛みで体調も悪化。

どーするねん?と。


でも、そうはいっても走りたいなあ。

で、こんなことを書いてブルベの関係者さんは眉をひそめられるかもしれないけど、ホントはすごく楽しみ。

ほぼ1年前に病床にあった自分からの「卒業」って思いもあるしね~。

http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/78bf585915fba28b2eea4520e21d834b


だから、少しでもやれることをと、ここ二、三日、こんなことしています。



はい、階段上りですね。


12階のわが家まで、とことこと。



ころっけの散歩の折には、10キロ弱の彼女を抱っこしてとことこ。

いやあ、健気だぞ、オレ。


ただ、なかなかの息の上がりようで、喉がひゅーひゅー。

さらに咳が出るとゆー悪循環。

バカなのか、貴様は?

DNS必至な気もする今日この頃です。


しかし、53歳になんなんとするこの俺様。

何度も死の淵から舞い戻ってきた「土橋の不沈艦」である。



なんとか治して、走っちゃうぞ~と。

家族はみんな反対してますが、なにか?(笑)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春はそこまで…の巻

2017-03-13 14:09:30 | 日記・エッセイ・コラム
喉の痛みに苦しんだ週末。

発熱はないんだけど、とにかく喉が痛いなう。

そんな週末はおとなしく過ごしたのだ。


とはいえ、ころっけの朝夕の散歩は欠かせません。


「まだぁ?」って。



彼女中心の暮らしですね。

じゃあ、行こうか。


で、早速、真っ昼間っから「ルネッサーンス!」



近所のマリオですね。



「ちょーだい!」ってうるさい。




「何を頼もうかなあ」ってさ。



しばらくすると、カフェマットで落ち着きましたよ。




さらにころっけの冒険。

先日オープンしたキング軒本通店に向かいます。



で、お持ち帰り。

レシピ通り正確に作ると、あれ? 美味しいw

「きさく」のはいつもべちゃべちゃで美味しくないんだけどなあ。




そういえば、お店の近くにこれ。



やっぱ991はバックシャンだよね。

そして近くでこれ。



うーん、かっこいい。

お家に帰り、さっそくこんなのを鑑賞致しましたよ。




ころっけはお家に帰ると、サンママにいただいたカモのおもちゃにべったり。





夜はお父さんの晩酌の相手です。



そしてむにゃむにゃ。



幸せそうだよねw


翌日はお墓参りに。

その前に、FBを覗いてると、こんなシェアが。

https://twitter.com/r19950201/status/840446250726047745

「拡散お願いします。

3月9日、祖父が朝から行方がわからなくなっています。
広島市東雲付近から消息が途絶えました。

・藤井進 ふじいすすむ
・80代
・身長155〜160くらい
・足を痛めているので歩くのがゆっくり

少しでも多くの方に見てもらいたいので、拡散お願い致します」





どの家庭で起きても不思議でない話。

わが家の場合、かつてジジイの軽い徘徊に肝を冷やしたことがあるので、余計にそう思ったのさ。


そしてお墓参りに。

早くも春爛漫な感じ。



そんな中で、驚くようなことが。


奥さんが先に車を降り、とことこと山中に入って墓掃除してると、若者が近づいてきたのだそう。

人気のない場所なので、「怖いな」って思ってたところ、ようやく俺がやってきた。

で、奥さんに話しかけてる若者に、「なんや、われ?」って風情の俺(若干、戦闘モードw)

するとね。


なんと先述のツイートをした「りょーた」さんでした。

こんな偶然あるのかな?

いくつかのアドバイスをさせていただき、若干の助力をさせてもらった私たちでした。

ホントにはやくおうちに戻れればいいな、おじいちゃん。


いつものANIJUに立ち寄って。



夜はまた獺祭。




あれ? 視線を感じるぞ。



あっ、奴がいるw




深夜までWBC。



やっぱり面白いね、日本代表の試合は。




薬をたんまりいただいたので、週末の200キロブルベに向け、体調を戻したいところです。



半年以上乗ってないし、無理かなあ…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加