酔狼亭日誌

酔狼こと好酒家が日々見つけた獣なモノやそうでないモノを綴るblogです。
★しばらく改装中のため不定期更新★

「レディ・ガンナー外伝 そして四人は東へ向かう」 茅田砂胡

2011-02-06 23:55:37 | 最近読んだ本
意外なことにblog開始してからこのシリーズを紹介するのは初めて。
「KLAN」並みに刊行ペースの間隔が空いてる作品の外伝が出ました。収録されている短編は雑誌掲載されたものが4本と書下ろしが1本。

姿を変えない人間"無形種"と、種族ごとに動物の姿に変わることができる"異種人類"が暮らす世界が舞台。
メインのシリーズでは無形種のキャサリンが主人公ですが、本作ではいろいろな種族が主に登場し、種族ごとの交わりや対立を中心に描かれています。
一作目からいきなり《蛇》と《鰐》の異種婚姻の話だったり、なかなか濃厚でした。
中盤の3作は《獅子》、《鷲》、《水牛》をめぐる関連した話。形態変化(トランスフォーム)シーンがけっこう登場し、変身解除(フォームリターン)にも言及しているばかりか、中間形態まで描写されています。

外伝なので登場人物や設定はシリーズと共通ですが、ストーリーとしてはこの本だけでも解るので、まだ読んだことのない方にもおすすめ。

レディ・ガンナー外伝 そして四人は東へ向かう (角川スニーカー文庫)
茅田 砂胡
角川書店(角川グループパブリッシング)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ケータイのクーポン | トップ | 鉄道博物館に「はやぶさ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

最近読んだ本」カテゴリの最新記事