日日火水木土土

「月月火水木金金」ではない
怠け者の絵日記、photo日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時空間の歪み

2014-10-20 | 身辺雑記
それは10月12日の勤務の時のことだ。
朝勤務が始まってすぐのころ、愛用のシャープペンシル、
ペンテルのTUFF0.7をポケットから取り出した。
その時に、シャーペンの上の部分が外れて、
床に落ちたと思ったら、忽然と消えてしまった。
わたしの勤務は、作業着で行うのだが、
筆記具を入れるポケットが付いている。
その幅がちょっと狭いのだ。
というよりも、わたしの愛用のTUFFは軸がちょっと太いので、
そのポケットにギュウギュウでささっている。
そのため、これまでも取り出そうとして上下が
離れてしまうことがたまにあった。

なのに、その日は下のペン先の部分は引き抜けたのだが、
消しゴムの付いた上の部分が外れてしまっていた。
床に落ちたような音がしたので、探してみたのだが見つからなかった。
机の下や、棚の隙間をのぞき込んでみたのだが、なかった。

そして、今日近くのスーパーに買物に行ったときのことだ。
棚の下の方にある商品の値段を確認しようと、老眼鏡を取り出そうとしたときだ。
Yシャツの胸のポケットに老眼鏡と携帯電話を入れていたのだが、
携帯電話が老眼鏡に引っかかったのか、ポケットから飛び出してしまった。
床に落ち、カバーが取れ、電池も外れていた。
本体と外れた電池は床にあったのだが、カバーの蓋がここでも忽然と消えてしまっていた。

棚の下の隙間や、近くにあった台車やワゴンなども動かして探したのだが、
見つけることはできなかった。いったいこれは!
わたしの周りで、時空間の歪みができてしまっているのだろうか。
わたしも、どこかへ消えてしまわないように気をつけなければと、
その後降り出した雨の中、二駅先のauショップに携帯のカバーを
注文に行った帰りに思うのであった。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

産院前の立派なゴミ箱

2013-11-27 | ゴミ箱鑑賞
 
松戸地区のゴミ箱の充実ぶりには、いつもながら感心させられる。
この物件は、娘がお世話になった産院の前に設えてある。
高さは2メートル近くあり、かなりどっしりと構えている。木製でしっかりとした作りだ。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

63歳の第一日目

2013-11-24 | 身辺雑記
朝早くから、運転免許証の更新で免許センターへ行った。
出かけるときのカーステレオのFMラジオから、
ジョージ ハリスンのマイ スイート ロードが流れてきた。
朝の光の中のマイスイートロードは、神々しかった。
 
免許証更新終了後、帰ってから蔓薔薇の枝を切った。
枝が伸びに伸びて、「電線に枝がかかって危ないよ」
と隣りのおじさんに注意されていた。
気にはなっていたのだが、なかなかできないでいた。
それが、やっと今日できてホットひと安心だ。
 
枝を切っているときに、イラガの繭をみつけた。
今は、紅葉がきれいなジューンベリー。
イラガの幼虫がびっしりと付いていたらしく、
ワイルド・ガーディニストの妻が大苦戦していた。
実も付くし、紅葉もするということで、植えたのだが、
3.11の影響でホットスポットとなった我が地区では、
実を食べるのははばかられるし、デンキムシの異名を持つ幼虫、
知らないで触るだけで刺されてしまい、その痛さたるや並々ならぬとのこと。
そんなこんなで、植えたのは失敗だったと妻は嘆いている。
しかしながら、四季折々の楽しめるこの木が、わたしは割に気に入っている。
その憎っくきイラガの繭を、今日の枝切りをやっているときに見つけた。
でも、なんだかきれいな形をしている。
とはいえ、卵をつぶしたり触れたりしてもかぶれるとの難物。
足で、妻の恨みを晴らすべく憎らしげに踏みつぶしておいた。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

B級ニュース

2013-11-22 | ひとりごと
 
先日、出産帰宅中の娘と夕方のTVニュースをみていた時のことだ。
800人で靴磨き、ギネス認定…東京・台東区」というニュースをやっていた。
「まあ、なんとも暇なのが多いんだな」と言うと、
「私、こんなニュース好きよ」と出産で帰ってきている娘が応えた。
「イヤなニュースばっかり多いから、こんなニュースが流れるとホッとするの。
3.11の後にそのことをすごく感じたの。あのときは、イヤな悪いニュースばっかりだったでしょう」
あの年の2月に長男を出産して、約1ヶ月後に地震とその後の災難が続いた。
わたしたちの住む、流山市はホットスポットとなり、
新生児を放射能から守るために、娘はひとかたならぬ努力を払っていた。
そんなことがあったので、なおのことそう思うのだろう。
 
赤瀬川源平の本に、B級ニュースについてのものがあったような気がした。
さっそくググってみたら、泉麻人の本に『B級ニュース図鑑』というのがあった。
この本も、誰かに借りて読んだような気がする。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

知人のお通夜

2013-11-21 | 身辺雑記
先日は、前の会社の知人のお通夜で北朝霞まで行ってきた。
71歳、ちょっと早すぎる現世との別れのような気がする。
詳細は定かではないが、風呂場で転倒して打ちどころ悪くて、みたいなことだったらしい。
かなりの酒好きな人だったので、酔っていたのではにだろうかと想像してしまう。
 
そのことで、父のことを思い出してしまった。
父は、ある年の正月に友人の家で泥酔し、崖から滑り落ちて脊椎に損傷をうけ、
全身不随となり10年近い年月をベットで過ごすことになったしまった。
わたしも酒は嫌いではないので、妻からいつも飲み過ぎないようにと注意を受けている。
 
まあ、知人がどのような状況で亡くなったのかは定かではないのだが、そんなことを思っての弔問となった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする