よみがえりの技(わざ)

愛知・名古屋でフローリングキズ補修・建材キズ補修をしている、株式会社リペアマスターの社員たちによる現場日誌

木製玄関ドアのリフィニッシュ

2018年11月10日 | リペアマスター作業事例/中古物件

木製の玄関ドアは長年の風雨や日差しにより、塗膜が劣化してきます。

最近の物は材も仕上げもわけのわからないものが多いですが、昔の物は割と素直で、綺麗に塗膜が剥離できます。下の写真は塗膜剥離剤でベロベロ状態のもの。

綺麗に剥離し、研磨したところ。

淡い色の仕上げの場合、ここで染み抜きの工程が入るのですが、今回は濃色仕上げなので割愛。再塗装して仕上がった写真です。

木工塗装担当、リペアマスターの飯田さんの仕事でした。

コメント