よみがえりの技(わざ)

愛知・名古屋でフローリングキズ補修・建材キズ補修をしている、株式会社リペアマスターの社員たちによる現場日誌

玄関框の塗装補修

2015年02月10日 | リペアマスター作業事例/中古物件

株式会社リペアマスターの、玄関框塗装補修例です。リフォーム現場で現地塗装された玄関框、こういう状態を↓

こういう状態にしただけの地味な作業ですが、↓

これが結構、大変な作業なのです。前職の塗装の方法が刷毛で色を塗っただけだったので、木目は消え、単色に塗りつぶされていた上に、色相も赤みがかっていました。

塗膜剥離剤という薬剤を使います。

こんな風に取れてきます。

完全に木地が表れた所。

ここから、木工塗装の工程に従って、施塗作業です。まず、木目を際立たせるための木地着色。

次は塗膜着色。養生をめくってフローリングと色を合わせながら徐々に色を決めていきます。

色を決めるのに、こんな秘密兵器もあります。RGBが数値で測れる優れモノ。

最後に上塗りを2回。突板の継ぎ目が目立つので、塗膜硬化後に対処予定です。

外はこんな雪模様でした。ウレタンの硬化が少し心配です。

 得意技の蹴っ飛ばしも。・・・既に想定内なので被害は自分だけで済みました。お弁当を食べずに通しで作業したのが間違い。休憩は大切ですね。

 

コメント

クローゼット扉の穴補修

2015年02月01日 | リペアマスター作業事例/中古物件

少し前の記事はキックでしたが、このたびはパンチのようなサイズの穴です。このような扉は、中が中空になっているので、割と弱めの衝撃でもバリッと割れてしまって驚くようなことがあるのです。

まず平滑面を作り、

木目を描き始めます。

艶を合わせて完成。

リペアマスター日比野さんの作業です。

コメント