YDR~やればできるリハビリ~

脳疾患、怪我などでリハビリが必要な人や、そのご家族が気軽に情報交換できるコミュニティの場です。

第3回リハさくら

2019-04-08 20:50:32 | イベント

2019年4月7日(日)

第3回リハさくらを開催しました

昨年は桜が散っていましたが、今年は満開の中11名参加いただき楽しい時間を過ごせました

 

準備中

 

乾杯

 

 

 

おでん祭りも開催していたので物凄い人でしたが、これもいいリハビリになりました

みなさん、大変お疲れ様でした~!

 

コメント

YDRイベントのお知らせ(第3回 リハさくら)

2019-03-30 20:46:39 | イベント

こんばんは! さくらが開花してきましたが、今日は寒かったですね~

みなさん体調崩さないように気を付けてくださいね

さて、昨年に続き今年もリハさくらを開催致します

お食事をしながら、リハビリや日常生活で困っていることなどを 皆さんでお話したり、楽しく笑って過ごせる一日にしましょう!  UMECOでランチをした後は、小田原城までリハ散歩 ご参加お待ちしていま~す(^_-)-☆

◆日 時:2019年4月7日(日)11時~14時

◆場 所:小田原市民交流センター 『UMECO』

      活動エリア(A1ブロック)

      小田原市栄町1-1-27 http://umeco.info/use/access/  

◆参加費:無料

◆持ち物:お弁当は各自で持参ください。

◆申込・問い合わせ:yd_reha@yahoo.co.jp

 

コメント

第6回リハビリフェスタに参加しました

2019-03-27 21:48:33 | イベント

2019年3月24日、小田原アリーナで行われた第6回リハビリフェスタに参加しました。


天気にも恵まれ笑顔で


メイン会場

昨年に続き2年連続で発表の機会を作ってくださったI先生、スタッフの皆様いつもありがとうございます

発表内容は、
バス旅行🚌、国際医療福祉大学との交流、バリアフリーハウス、地元の人との交流、
冒険の旅について4人で発表しました


発表前はみんなドキドキです




 I先生からもお話をいただけました


そのあと、当事者フォーラムに病院のOT、PTの方とどのような気持ちでリハビリに取り組んだか、
気持ちが落ち込んでる時にどういう声かけをしたか、前向きになれる理由は?など話しました


Oさんの熱弁にうるうるです

発表はいつも緊張しますが
参加いただいた方から、とてもいい話が聞けてよかったよ!とお褒めの言葉もいただき
私たちもとても幸せです。
これからもYDRをどうぞよろしくお願い致します

コメント

県西地区 第6回 リハビリフェスタに参加します

2019-02-24 09:32:07 | イベント
2019年3月24日 日曜日 10時から、
小田原アリーナ サブアリーナにおいて
神奈川県西地区 第6回 リハビリフェスタが開催されます。
私たちYDRも参加します!
今回はYDRの活動内容の紹介として、バス旅行、国際医療福祉大学との交流、
バリアフリーハウスについてなどを話します。
また、当事者フォーラムとして脳出血の当事者がその後足の骨折を経験、
病院スタッフとのリハビリについてお話しします。
ご興味をお持ちの皆さん、お待ちしています。




コメント

国際医療福祉大学の授業に参加しました。その3

2018-12-05 22:52:39 | イベント
国際医療福祉大学の授業に参加しました。
今日は2クール目です。
毎週水曜日に3回行います。


11月28日

仕事の内容、困っていること、家族の家事分担など話しました。
手、足の評価を受けました。肩の関節の下がってしまっていることなど、自分の
身体の知らないことを教えていただき良かったです。
私が入院中書いていたノートを見せました。
その時に感じたこと、改めて読み直そうと思いました。

12月5日

手足の感覚の評価でした。
手のひら、手の甲、肘までの内側、外側、
足の裏、甲、膝までの脛側、ふくらはぎ側、など
筆で触られたり安全ピンで刺されたり。
手のひらの一部が安全ピンで刺されると痛い!
痛覚が強いということ。
温かい、冷たい、という感覚の評価は感じない、わからない所が多く、
自分の状態を知ることが出来ました。





12月12日

今日が最終日です。
いつものようにバイタルチェックでスタート。




握力や足の可動範囲を測定したり、入院中に検査された無作為の3つの言葉を
覚えたり、図形を写したり。
1日の生活の流れや休日の過ごし方、家族でのクリスマスや正月の過ごし方など、
質問に答えました。

作業療法を目指している学生さんはただなんとなく選んだ道ではなく、
やりたいこと、目指している道がある程度具体的にあると思います。
今は覚えることが多すぎたり、出来ないことがあり、不安も多いと思うのですが、
初めから全部できる人なんていません。
わからないことは先生、実習先の頼れる先輩に聞いたり、患者さんに聞いたりできます。
人とのコミュニケーションがとても大事な仕事ですから、自分から心を開いて、
患者さんの心に近づいていくことができる人になってほしいと思います。

実習を通じて、一生懸命な学生の方と接して、今感じている幸せ度合いとか、
生き甲斐、目標など聞かれて、即答出来なかったのですが、
毎日の生活に流されるのではなく、
目標を持って行かなくては、と思いました。


コメント