小説工房/山田企画事務所http://www.yamada-kikaku.com/

小説●ビジネスマンガ制作 山田企画事務所yamada-kikaku.com

ガーディアンルポ03「洪水」第8回-完 [ ガーデイアンレポシリーズ ]

2006年02月28日 | SF小説と歴史小説
■ガーディアンルポ03「洪水」第8回 作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所 http://www.yamada-kikaku.com/ ■ガーディアンルポ03「洪水」第8回■ ■11  僕、カインが、目をさますと、知らない人達が、僕の顔をのぞき込んでいた。 「大丈夫か地球人よ」 「あなた方は」 「君達を助けるために来た宇宙人、LS星人だ」  遅かった。もう少しても早ぐ来てくれた . . . 本文を読む

ガーディアンルポ03「洪水」第7回

2006年02月27日 | SF小説と歴史小説
■ガーディアンルポ03「洪水」第7回(1979年作品) 作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所 http://www.yamada-kikaku.com/ ■ガーディアンルポ03「洪水」第7回■ ■8 ム=ウムの姿は、かつてシュクセイキにフネが入間の姿をしていた時の姿に うり二つだった。フネは爆発のショックでシュクセイキに自分が人間であったことを思い出していたのだ。フネの全記憶機構の働 . . . 本文を読む

ガーディアンルポ03「洪水」第6回

2006年02月22日 | SF小説と歴史小説
■ガーディアンルポ03「洪水」第6回(1979年作品) 作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所 http://www.yamada-kikaku.com/ http://ameblo.jp/yamadabook/ ■ガーディアンルポ03「洪水」第6回■ 海底の泥流の中に一個の知性体が存在していた。主である。 その中枢記憶回路はムの一族の禁制地域にあった。 フネに攻撃をかけ、失敗した「黒 . . . 本文を読む

ガーディアンルポ03「洪水」第5回

2006年02月21日 | SF小説と歴史小説
[ ガーデイアンレポシリーズ ] ■ガーディアンルポ03「洪水」第5回(1979年作品) 作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所 http://www.yamada-kikaku.com/ http://ameblo.jp/yamadabook/ ■ガーディアンルポ03「洪水」第5回■  ム=ウムはフネの収容子の出入口を捜そうとしていた。  数週間、ム=ウムムは例のチューブですごLて . . . 本文を読む

ガーディアンルポ03「洪水」第4回

2006年02月13日 | SF小説と歴史小説
■ガーディアンルポ03「洪水」第4回(1979年作品) 作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所 http://www.yamada-kikaku.com/ http://ameblo.jp/yamadabook/ ■ガーディアンルポ03「洪水」第4回■ 部屋は白色の球形をしていた。 ム=ウムは、溶液のみたされたチューブの中で眠る。 部屋には、そのチューブ以外には何の装備もないようだった . . . 本文を読む

ガーディアンルポ03「洪水」第3回

2006年02月07日 | SF小説と歴史小説
■ガーディアンルポ03「洪水」第3回(1979年作品) 作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所 http://www.yamada-kikaku.com/ http://ameblo.jp/yamadabook/ ■ガーディアンルポ03「洪水」第3回■ ミ=ムネはうなだれて岩の上で想いかえす。彼、ム=ウムの事を。  ム=ウムは生まれた時から変わったところがあったのだ。 しかし、彼女の属 . . . 本文を読む

ガーディアンルポ03「洪水」第2回

2006年02月03日 | SF小説と歴史小説
■ガーディアンルポ03「洪水」第2回(1979年作品) 作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所 http://www.yamada-kikaku.com/ http://ameblo.jp/yamadabook/ ■ガーディアンルポ03「洪水」第2回■  フネは大洋を漂っていた。 陸地と呼べるものは存在しなかった。 生物は海の中に生息していた。海はどこまても青く、広がっている。 地球は . . . 本文を読む

ガーディアンルポ03「洪水」■第1回■(1979年作品)

2006年02月03日 | SF小説と歴史小説
ガーディアンルポ03「洪水」■第1回■(1979年作品) 作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所 http://www.yamada-kikaku.com/ http://ameblo.jp/yamadabook/ ■第1回■ 見渡す限り波だ。 水の壁は情容赦なく僕カインの方へ襲いかかってくる。 その激流の中で、僕の足はもう焼けただれた建物の屋上には届いていなかった。 放射線で焼けた . . . 本文を読む

ガーディアンルポ01「最終列車」■第4回

2006年02月01日 | SF小説と歴史小説
ガーディアンルポ01「最終列車」■第4回 ガーディアンルポ01「最終列車」■第4回 (1979年作品) 作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所 http://www.yama-kikaku.com/ http://ameblo.jp/yamadabook/ ■ガーディアンルポ01「最終列車」■第4回■ ■ 思わず、イヌイはしまったという顔をして 「いや、剣豪小説を読んだり . . . 本文を読む