北海道 十勝 星空自慢の宿 帯広八千代ユースホステル

十勝 帯広 星空自慢
大きな畑と森と空がいっぱいです。

いかにかわすか?

2018年09月05日 23時45分46秒 | 夜のお話



災害の多さに?驚きです
育った関西を思います・・

蒸し暑い一日でした
久しぶりに夕食をとるゲストさんも少なくて
夕方、ゆっくりと散歩
身体のアチコチがほぐれてスッキリとです
しかし、ご飯が美味すぎて、笑、
もう一杯を?お腹周りを気にしながらですね、
けれど?健康も大事ですが美味!も!
僕は大事な生きるための言葉だと思います。

お前はハングリーな顔してるなぁ?
日本人はよく食うしな?、笑
そんな言葉をかけながら
バーベキューグリルからソウセージ、肉、
山盛りのポテトを僕の日々のキャンプ生活で
ボコボコになった皿に盛ってくれました。
彼の温かな目の中には数ヶ月間
キャンプしながら自転車で旅する僕への労りと
親切にしたくてしたくて
そんなソワソワ感いっぱいが漂っていました
たった15分ほど前に
僕と出会ったばかりなのにね?
はーい、自分の皿持ってこっちへ来いよーが
第一声・・でした。 僕にとって
27年前のニュージーランド南島の旅の問題は?
食い過ぎと親切にしたくて仕方が無い人たちの
親切と好奇心アリアリの目を
いかにかわして自分の時間を守れるか?
難しい課題でしたね〜? m(__)m、笑

あなたは素晴らしいわぁ
ニュージーランドのおばちゃんに
よく言われた言葉です・・。
堂々としていいのよ
そんな事を僕に教えてくれた日々だったと
思い返しています。

良い旅を。

コメント

先を考えても?

2018年09月05日 20時27分34秒 | 帯広八千代ユースホステル


真っ直ぐな道、散歩道
四季が移ろって行くだけで
ここに見える景色は・・
なんにも変わりません
多分?ずっと前から変わらず
そしてこの先もかなり先を考えても
変わらずだと思われます
秋の空は天高く、雲の動きは大陸的
十勝らしい空です。

八千代町西二線
ここには昭和30年頃まで
主にビートの搬出のため線路が
敷かれていました・・終点は八千代市街地
駅前には旅館、蕎麦屋、散髪屋などの他
食料品などのお店があり、小学校もあり
それなりに?いまよりも?ですね?
賑わっていたように聞いています。
自転車でも追い抜けるほどのスピードの
蒸気機関車が一日数度なのかな?帯広まで
物や人を運ぶ長閑な時の頃です。

コメント

穏やか

2018年09月05日 07時46分39秒 | 帯広八千代ユースホステル


風は少しありますが
雨もさほどでも無く
穏やかな朝になってます
気温めです。

昨夜は10名ほどのゲストさん
それぞれ向かう方向の天気が
心配いっぱい・・

秋が深まればなんて
考えています
コメント