web-sahara

月々の活動のまとめ。

2018年3月まとめ。

2018-03-31 10:00:00 | 月まとめ


桜の開花が早かった3月。
この時期は行事も多く、年度末を実感します。

そんなあいまに、かつての自分の仕事と再会してきました。
この絵が完成した頃にはまだおなかの中にいた子供にも、見せてあげたかったのです。
当人は「いいねェ」と言って喜んでくれてましたが。。。

さて、いよいよ来月の8日には「絵画と香りの往復書簡」と題して目黒の蟠龍寺さんにてワークショップを行います。

絵画と香りの往復書簡 ~はなまつり~
http://web-sahara-info.blog.so-net.ne.jp/2018-03-15

近年取り組んでいる、「香りを描く」プロジェクト。
ご参加のみなさんには絵から受けた印象を調香していただき、僕はその香りをかいで再度目に見える絵にしてみようという試み。
今回はお釈迦様の誕生日でもある4月8日のはなまつり、ということで甘茶のご接待や副住職による法話もお楽しみいただけます。
身体の機能としての記憶だけでなく、不可解な心の動きの一端も、香りを通して垣間見ることができるかもしれません。

この時期つらい花粉症の方も、どうぞお気軽にご参加ください。



3月の記録はこちらで。

→thinking:2018年3月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201803-1


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年2月まとめ。

2018-02-28 14:00:00 | 月まとめ


春の気配をあちこちで感じるようになってきた2月。
次の季節を想像しながら仕事に向かうのは楽しいものです。

定期講座をつとめている日本橋・三越カルチャーサロンでは講師作品の参考として、スケッチを一点展示しています。

三越カルチャーサロン|【定期講座】基礎から学ぶ水彩画
http://mitsukoshi.mistore.jp/bunka/product/7050900000000000000000285466.html?rid=f70c770598fd407aa3827648d0a3999a

ゆったりと学べるので、4月からなにかはじめてみたい方にはおすすめです。

2月後半には、世界堂さんご協力のもと、朝日カルチャーセンター横浜教室にて開催している公開講座「画材を試そう」のシリーズも実施されました。
今回は水彩紙の「紙目」に着目して、パッと見ただけではわかりにくいけど、実際に描いてみるとまるで感覚の違う紙の目の荒さ、細かさを体験していただく講座となりました。
買って使い比べるのには勇気の要る、高級紙、最高級紙を7種類描き比べていただきました。
紙の目が変わるだけで、筆運びひとつとってもこんなに変わるんだ、と楽しんでいただけたようです。

5月には場所を湘南教室(藤沢)にうつして紙目の違いを体験していただく予定なので、この機会に是非ご参加ください。

朝日カルチャーセンター 湘南教室|<画材を試そう>水彩紙を比べてみよう 荒目・細目・極細目
https://www.asahiculture.jp/shonan/course/b2543dc0-8153-ca91-7d1a-5a6b130866e2

風邪などひかず、これからきたる外出に気持ちのいい時季を楽しみたいと思います。



2月の記録はこちらで。

→thinking:2018年2月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201802-1


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年1月まとめ。

2018-01-31 23:00:00 | 月まとめ


正月太りをしたなぁ、、、と思っていたら元にもどることもなく、1月を終えようとしています。
もしかして正月のせいではないのでは。。。
とりあえず元気なので、それはそれでよしとして日々のつとめに励もうと思います。

今年も定期講座にくわえて公開講座もあり、準備も含めてこれから楽しみなことも多くひかえています。
急にすごいことはできないので、今年もじっくりコツコツと前に進んでゆきたいと思っています。
とくに制作は時間がかかるのだけど、手をかけただけおもしろい表情が出てくるので、一筆一筆を楽しみながらしっかりと描きたいと思います。

そのためには栄養をつけて、、、万全の体調で、頑張ります。



1月の記録はこちらで。

→thinking:2018年1月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201801-1


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月まとめ。

2017-12-31 17:00:00 | 月まとめ


忘年会で「良いお年を~」のあいさつをかわすたびに、年越しが近づいてきます。

昨年TOYOYAのカレンダーを描かせていただいたおかげで、今年はいろんなところで飾って楽しんでいただけたようで、たくさんの反響をいただきました。
知らずに掛けてたら、僕の描いたのだった、なんてこともちらほら。
嬉しいものです。

そして今年は例年よりも多くの講座、講演などをおまかせいただき、多くのみなさんにお集まりいただきました。
それぞれに楽しい会で、準備してると自分自身の再発見につながったりと、大変ありがたい機会でした。

年末にして気づけばいつの間にか、前厄、本厄、後厄、と大きな病気や怪我もせず、無事に過ごしてこられました。
来年は厄明け。
いっしょに笑っているうちに自然と元気になれる、妻や息子に感謝しつつ、しっかり気をひきしめて、またひとつずつがんばっていきたいと思います。



12月の記録はこちらで。

→thinking:2017年12月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201712-1


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年11月まとめ。

2017-11-30 10:00:00 | 月まとめ


東京も紅葉のシーズンを迎えました。

11月には「透明水彩の基礎知識」と題したレクチャーとデモンストレーションの公開講座を「色彩編」「構図編」の2回に分けて開講しました。
水彩では珍しい座学の講座だからでしょうか、ありがたいことに満員の回もあり、とても多くの方にお集まりいただきました。
みなさんそれぞれに、始めてみたいけどどうスタートを切ったらいいかわからない、とか、普段の制作の中での疑問、などたくさんあったようで、どちらの回でも最後は質疑応答で活況でした。
水彩独自の捉え方や扱い方は、油絵の下絵としての水彩や淡彩とはまた違った味わいがあるので、これを機会に水彩の面白さ、奥深さに触れてもらえるといいなぁ、と思います。
今までなかなかまとまった時間でこういうお話をする機会がなかったので、あらためて僕自身も自分の制作について基礎に立ち返って見つめ直すきっかけにもなりました。

さて、いよいよ冬へ向かいます。
絵の具の乾燥にはいい季節なので、また励みたいと思います。



11月の記録はこちらで。

→thinking:2017年11月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201711-1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加