web-sahara

月々の活動のまとめ。

2021年2月まとめ。

2021-02-28 23:00:00 | 月まとめ


あたたかくなったり、さむくなったりをくりかえしながら季節がすすみつつある2月。
いろいろすすむ中で、大学だけでなくオンラインの講座も少しずつ増えてきました。

通うには遠くてもインターネットに繋がる環境さえあれば、どこからでも授業に参加できるのはオンラインの良さで、学びの場が増えるのは素晴らしいことだなぁ、と実感しています。
僕自身も、普段お目にかかれない方とオンライン授業の場をとおしてあらためて学ぶことも多く、良い機会になっています。
オンラインでも回数を重ねるともに、できることが広がってきたようです。

3月10日にも開講予定です。

おうちで描く水彩画 [オンライン講座]

ご興味のある方は、是非ご参加いただければと思います。


2月の記録はこちらで。

→thinking:2021年2月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/202102-1



コメント

2021年1月まとめ。

2021-01-31 22:00:00 | 月まとめ



2021年も始まって1ヶ月。
今年は自宅でおいしい牛肉をいただく機会に恵まれまして、胃がもうびっくり。
丑年だからでしょうか。
ゆっくりでも力強く、元気に歩をすすめてゆきたいところです。

それはさておき、大学では昨年から授業もオンラインに切り替わり、新たな試みを続けてきました。
まだまだ課題はありつつも、それを上回る良さもたくさんあり、これから回数を重ねながらさらにしっかりと取り組んでゆきたいと思います。
2月23日にはオンラインで公開講座も行います。

構図の決め方・考え方 [オンライン講座]
https://web-sahara-info.blog.ss-blog.jp/2021-02-23

対面で行ってきたことを生かしながら、前に向かってすすんでゆきたいと思っています。
楽しみながら、一歩一歩。


1月の記録はこちらで。

→thinking:2021年1月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/202101-1



コメント

2020年12月まとめ。

2020-12-31 22:00:00 | 月まとめ



5歳の息子に鯛のお刺身をすすめたところ、「じゃあお言葉に甘えて。」と言って美味しそうに食べていました。。。
日々の変化は面白いものですね。。。

今まで平日にお医者さんなどに行くと、「今日お休みですか?」と聞かれていたのが、今年は「在宅勤務ですか?」と聞かれるようになりました。
20年来在宅で制作をしているのですが、この変化は初めてでした。
平日の昼間に在宅で仕事をしていることがようやく認知されたようです。。。

また、大学の授業も全面的にオンラインとなり、ありがたいことに授業が終わるとすぐに保育園のお迎えに行けるようになりました。
家族との時間が増えるという、思いがけない生活の変化もありました。

できなくなったこともたくさんあるけれど、できるようになったことがそれ以上にたくさんありました。
変化に出会うのはワクワクします。

来たる年も健康第一で、たくさんの変化を楽しみたいと思います。


12月の記録はこちらで。

→thinking:2020年12月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/202012-1



コメント

2020年11月まとめ。

2020-11-30 10:00:00 | 月まとめ



木々の色もこのひと月でどんどん変わってまいりました。
肌寒くなるとオンラインのありがたみを再度感じるようになります。。。

12月は八雲こども美術倶楽部もオンラインで開催します。

八雲こども美術倶楽部 オンライン 12/6
 「さきをみてみよう」 ドローイングによる2021年カレンダーづくり
https://web-sahara-info.blog.ss-blog.jp/2020-12-06

来年には好評をいただいている水彩の公開講座もオンラインで開催予定です。
お天気を気にしなくて良いのは本当に助かります。

これから寒くなる季節、いろいろなものを活用しながら元気に活動したいなぁ、と思っています。



11月の記録はこちらで。

→thinking:2020年11月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/202011-1



コメント

2020年10月まとめ。

2020-10-31 21:00:00 | 月まとめ



後期の大学での講義も始まり、オンラインでの授業がすすんでいます。
集中して、個人個人の課題を行うのにはとても良い方法で、一人ひとりの進み具合に合わせて話ができる。
資料を見てもらうのもアトリエから直接配信するので、話の流れですぐに手元から紹介できる。
何しろ授業をする側としては、できることが格段に増えたので、あれこれ試しながらより良い方法を模索する楽しみがあります。

一方で学生にとってみれば、一日中画面に向かう日々。
目もチカチカしてくるだろうし、腰も痛くなってくるだろうと思います。
せっかく天気が良くても外に出られず、友達にも会えず、、、は、なかなかつらいところ。
徐々に対面とのハイブリッドとなって、両方のいいとこ取りの授業ができる環境が整えられたら、、、そのための工夫ができたら、と、少しずつすすめています。

何でもとにかく、やってみようと思います。



10月の記録はこちらで。

→thinking:2020年10月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/202010-1



コメント