web-sahara

月々の活動のまとめ。

2018年10月まとめ。

2018-10-31 10:00:00 | 月まとめ


10月は各講座で屋外スケッチに出かけるのですが、今年は塩害の影響か、枯れたようになっている木が多かったようです。

今月も行なった公開講座は、世界堂さんご協力のもと開催している、画材を試そうシリーズ。
今回は、ホルベイン社で発売している水彩紙を描き比べていただく、という企画でした。
見た目ではほとんど違いがなくても、実際に水を入れた状態で使ってみると、紙の反り具合やにじみ具合、しみ込み具合など、描いて初めてわかることがたくさん。
自分好みの紙を見つける一助になってくれれば、と思います。

定期講座のクラスも、毎年恒例の作品発表の機会。
みなさん真剣に楽しんでおられるので、年々レベルアップした空間になってきます。

これに加えて、学外授業、子供の運動会、友人の結婚式、など秋はイベントの多い季節。
毎日違った刺激を楽しみつつも、健康第一でいろんなことに取り組みたいと思います。



10月の記録はこちらで。

→thinking:2018年10月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201810-1


コメント

2018年9月まとめ。

2018-09-30 21:00:00 | 月まとめ


雨が降るたびに、秋が進んでいった9月。
何をするにも心地よい季節になってきました。

毎年恒例の生徒さんたちの展覧会も始まり、大学の後期の講座も始まり、と年末に向けて加速がつく時期でもあります。
スピード感の中で、なるべく小さなことも見のがさずに楽しんでいきたいところ。
しっかりと体調管理をして、深まる秋を迎えたいと思います。



9月の記録はこちらで。

→thinking:2018年9月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201809-1



コメント

2018年8月まとめ。

2018-08-31 14:00:00 | 月まとめ


大量に汗をかいては、大量に水分補給をすることとなった8月。

今年も恒例の夏休み親子講座を行いました。
子どもたちの真剣な取り組みやその本気の度合いで、ついこちらも楽しくなってしまうもの。
帰り際、手に出来上がった作品を持って、充実した笑顔で挨拶してくれる姿を見ると、とても嬉しくなります。
貴重な夏休みの思い出を共有させてもらいました。

そのあとはすこしばかり家族で夏休み。
子どもといっしょだからこそ行ける場所や、見られる景色もたくさんあるんだなぁ、とあらためて実感しました。
祖父の言っていた、「何をしてたってそれは勉強だ。」の言葉を思い出します。

たくさん遊んで、たくさん勉強して、また次の季節に向けて進んでゆきたいと思います。



8月の記録はこちらで。

→thinking:2018年8月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201808-1


コメント

2018年7月まとめ。

2018-07-31 11:00:00 | 月まとめ


エアコンの効いた部屋から出たくない日々となった7月。
とは言え外に楽しいこともたくさんあるので、水分とミネラルを補給しながら、汗をかきかき出かけます。

今年も東邦大学看護学部の文化講座発表会。
受講生のしっかりした準備と頑張りで、「手と色と光」をテーマに巨大な絵燈籠を制作しました。
舞台での発表では大きな歓声があがる、見事な成果に。
短期間でも伝えた以上のことを表現にしてくれました。

そして、長野の康耀堂美術館に、収蔵されている父の作品を見に行ってきました。
きちんと保管していただいている作品たちは、以前と変わらない姿で、まるでタイムスリップしたような不思議な感覚。
すこしばかりゆっくりした時間を楽しんできました。

夏休み恒例の、みなとみらいでの親子ガラス絵講座も。
まずは7月の2回でしたが、教室いっぱいのみなさんにお集まりいただき、それぞれにガラス絵を楽しんでいただきました。
思いきって大胆に色をのせる子もいれば、丁寧に細かく描いていく子もいて、小さな画面の上にも個性が光ります。
兄弟姉妹でも、その違いが見えて面白いものです。

汗をかいたらかいたで楽しみも増えるので、まだまだこの夏を楽しみたいと思います。



7月の記録はこちらで。

→thinking:2018年7月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201807-1



コメント

2018年6月まとめ。

2018-06-30 21:00:00 | 月まとめ


6月のうちに梅雨が明け、今年は季節の進みが早い気がします。

さて、今月は朝日カルチャーセンター横浜教室で、世界堂さんご協力のもと行われている「画材を試そう」シリーズの講座でした。
今回はアルキド樹脂絵具の「アキーラ」を使って、ガラスの風鈴に絵を描いていただきました。
通常のガラス絵とは違い、曲面に、しかも内側から描く、ということで最初はなかなか苦労されていましたが、最終的にはみなさんアイデアを素敵な形にされ、見事なオリジナルの風鈴を完成されました。

そして中旬にはこちらも恒例の、松戸・創美会のみなさんとのスケッチ旅行。
今年は熱海に一泊して、お天気がくずれることもなく、潮の香りをかぎながらそれぞれに絵を描いてきました。
興味の対象もそれぞれで、仲間の目を通しての違った景色の発見もありました。
もちろん美味しいものをいただいて、英気を養うことも忘れずに。。。

いよいよ夏本番。
元気だしていきましょう。



6月の記録はこちらで。

→thinking:2018年6月
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/archive/201806-1



コメント