バレー気ちがいの部屋

バレー大好き人間が“バレー気ちがい”になるべく日々過ごしています。色々な話題で盛り上がって行きたいと思います。

初心者チームでの練習試合

2022年05月04日 | Weblog
 昨日、初めて練習試合を行いました。4月当初は2,3年生は3名しかおらず、1年生が入部しなければ大会参加が難しい状況でした。しかし、入部してくれたのは初心者2名のみ。あと1名足りず、女子マネージャーを加えたメンバーで練習していました。 他の部に頼み込んで、1年生2名を助っ人(⁉︎)としてお借りし、何とか5月の県高校総体に出場できるようになりました。 そして、初めての練習試合。ほとんど . . . 本文を読む

高校生のためのヤングバレー

2022年05月02日 | Weblog
 令和5年度から学校単位での部活動から地域でのクラブ活動への移行を図るという話が出ています。中学校で主に展開されるようです。 実際、現在は1時間程度で終わってしまっていることや部員数不足で組織的な練習が行えていないことを考えると、より具体的に地域で盛り上げていかなければならないのは必至です。 しかし、急に子供たちを地域で面倒を見るよう丸投げしてしまっては、双方が心配に陥るだけです。国や県がより具体 . . . 本文を読む

抜本的な強化策を願って

2022年02月15日 | Weblog
 本日発売された『月刊バレーボール』に目を通していると、身長190cm以上の男子高校生がたくさんいることに驚きと感動を覚えました。さらに、200cmクラスで動ける選手も増えているので、これからの成長が非常に楽しみです。 生活様式が大幅に改善されたことと、情報網が整理されたことで発掘がスムーズになったことは大きいです。それでも、世界と渡り合っていくためには、より抜本的な強化策が打ち出していくこと . . . 本文を読む

日本航空、初優勝‼️

2022年01月09日 | Weblog
『春の高校バレー』で、日本航空高校が見事に初優勝を飾りました。高校時代の同級生で大親友が監督として偉業を成し遂げたことに、自分のことのように嬉しさが込み上げて大泣きしてしまいました。思えば、高校1年生の頃。岩手から神奈川の高校に入り、右も左も分からなかった私に対して、同じクラスになった彼が自宅に泊めてくれました。家族に心温まるもてなしを受けたことを今でも覚えています。高校時代は辛いことでばかりでし . . . 本文を読む

成人式

2022年01月09日 | Weblog
今日、長女が成人式を迎えました。つくづく、親孝行な娘だとカミさんと話しています。これまで、大きな病気に罹ったことがなく、健やかに育ってくれました。我々夫婦は、部活動指導で他人の子どもの世話を頑張っています。あちこち連れて行くこともなく、放ったらかしにしていることご多かったです。それにも拘らず、グレることなく、身も心も太く育ってくれました(笑)この2年間は、コロナ禍の影響で満足な学生生活を送ることが . . . 本文を読む

選手の成長を信じる

2022年01月08日 | Weblog
『春の高校バレー』を観ていて、ある選手の活躍に目を見張りました。1年程前に練習試合をさせてもらった高校の生徒ですが、見違える程成長していました。1年前は、ミドルブロッカーを務めていて、セット間はひたすらオープントスの打ち込みをしていました。新チームでサイドアタッカーにコンバートされるのは分かりましたが、正直、大丈夫かなと心配する程でした。なかなかミートできずに苦しんでいたからです。ところが、今年度 . . . 本文を読む

将来が楽しみな選手たち

2022年01月07日 | Weblog
連日、『春の高校バレー』を観ていますが、今大会には大型で将来が非常に楽しみな選手が多くいます。まずは、何と言っても210cmの高さを誇る高松工芸の牧大晃君。このクラスだと、動きが鈍くてレシーブが苦手という印象を持ってしまいますが、彼はレセプションができてバックアタックやジャンプサーブも難なくやってのけます。今すぐにでも全日本に入れてもらいたいですし、海外で経験を積んで欲しい逸材です。次に、2mで細 . . . 本文を読む

春の高校バレー開催

2022年01月05日 | Weblog
 今日から春高が始まりました。残念ながら、岩手県代表の男女チームは初戦敗退となりました。 どちらも1,2年生中心の若いチームなので、これを糧に今後も頑張って欲しいと思います。 個人的には、男子の相手が親友のチームだったので、どんな試合運びをするのかに注目していました。最初は硬さが見受けられましたが、徐々に慣れてきて、第2セットは圧倒していました。流石に関東チャンピオンだなと思いました。なんと言 . . . 本文を読む

年代別カテゴリーについて

2021年12月18日 | Weblog
先日、『岩手県U14ヤングクラブ大会』を開催しましたが、その時にある方から「U14というのは、中学3年生でもいいんですか?」と訊かれました。以前、私が県協会の指導・強化委員長を務めている時、ミズノ株式会社の協賛による『東北U14ヤングクラブ大会』を開催していました。その頃から何故U15ではないのか疑問に思っていました。というのは、先進的に行っているサッカーでU15やU18と言っているのを知っていた . . . 本文を読む

スクリーンについて

2021年12月16日 | Weblog
Vリーグや強豪大学チームの試合を観ていると、どのチームもサーブ時にサーバーの位置の延長線上に集まっています。これは、"スクリーン"の反則にならないのでしょうか?スクリーンの定義は「サーバーが打つサーブコース等を意識的に相手から見えなくするサービスチーム側の反則」となります。それなのに、何故Vリーグや強豪大学チームは寄ってしまうのか、何故反則にならないのか。高校チームを指導している者としては、しっか . . . 本文を読む