四日市 アーバンホームブログ

四日市の不動産売買はアーバンホームにお任せください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

病氣療養中の子供を一時的に預かってもらえる!!

2019年06月14日 | こんなこと知ってる?


※病氣療養中の子供を一時的に預かってもらえる!!
四日市市では病氣療養中で、保育園・小学校などの集団生活に不安がある子供を
一時的に預かってもらえる施設病児保育室が3ヶ所あります。

病児保育室
1,カンガルーム(中部8-17)    電話/FAX 351-4152
2,チェリーケア(桜花台一丁目45-1)電話/FAX 340-7015
3,ひばりルーム(西大鐘町1607-1)電話     338-3020 FAX338-3021

利用できる児童
・市内に居住している
・保育園、幼稚園、小学校などに通園または通学している
・保護者の勤務などの都合で、家庭での保育がこんなんである

利用料
2,000円/日(課税状況により減免あり)
 500円/日(食事・ミルク・おやつ代)

top

四日市の不動産売買はアーバンホームにお任せください!
Email:info@urbanhome-mie.jp ホームページ http://www.urbanhome-mie.jp
電話059-337-4341 ファクス059-337-4355

ポータルサイトや他社サイトで気になる土地・建物がございましたら お気軽にご相 談ください
コメント

空き店舗への新規出店支援

2019年06月10日 | チョットした話


四日市市では、買い物拠点再生事業の一環として空き店舗等を活用し新たに出店する事業に対して支援が受けられます。
詳細は下記にお問い合わせ下さい。

【お問い合わせ先】
四日市市役所 商工農水部 商工課 商業振興係(市役所7階)
〒510-8601 三重県四日市市諏訪町1番5号
(TEL)059-354-8175 (FAX) 059-354-8307
(e-mail) syoukou@city.yokkaichi.mie.jp

file:///C:/Users/user/Desktop/H31空き店舗チラシ.pdf


top

四日市の不動産売買はアーバンホームにお任せください!
Email:info@urbanhome-mie.jp ホームページ http://www.urbanhome-mie.jp
電話059-337-4341 ファクス059-337-4355

ポータルサイトや他社サイトで気になる土地・建物がございましたら お気軽にご相 談ください
コメント

公共下水道接続促進補助金制度

2018年11月21日 | おでかけ


※公共下水道接続促進補助金制度

市民税非課税世帯を対象に公共下水道への接続工事費の一部が補助されます。
世帯全員の市民税が非課税の世帯が対象です。

補助の条件
①供用開始区域の公示から3年以内(平成30年に限り3年を超えるものも対象とする)

②共同住宅でない建物(新築、増築を除く)

補助金の額
公共下水道への接続工事費の2分の1

汚水処理区分
汲み取り便所  補助上限額 25万円
単独浄化槽     〃   20万円
合併浄化槽     〃   12万円


top

四日市の不動産売買はアーバンホームにお任せください!

ポータルサイトや他社サイトで気になる土地・建物がございましたら
お気軽にご相 談ください
コメント

合併処理浄化槽維持管理補助金の申請

2018年11月20日 | おでかけ


※合併処理浄化槽維持管理補助金の申請(上下水道局生活排水課 電話354-8402)

適正な維持管理をしている合併処理浄化槽使用者に対して、維持管理の補助金がでます。
次の①~③の条件をすべて満たす人


①年に一回の法定検査の判定が「適正」か「おおむね適正」である。
 新たに設置した浄化槽の初回の法定検査は対象外

②下水道の供用区域外に合併浄化槽を設置している。
 単独処理浄化槽は対象外

③申請者が居住している専用住宅または併用住宅である。

補助額(平成30年4月1日以降の法定検査受検分から適用)

イ、5~6人槽  補助金 7,000円

ロ、7~9人槽  補助金 9,000円

ハ、10~50人槽  補助金12,000円


対象者には三重県水質検査センターから法定検査の結果書とともに
「四日市市浄化槽維持管理事業補助金交付申請書件請求書」が送付
されます。
この申請書と法定検査結果書の写しを生活排水課へ提出してください。
(提出期限平成31年3月31日まで)


top

四日市の不動産売買はアーバンホームにお任せください!
コメント

住宅ローン控除を受けられる増改築の場合

2018年10月09日 | おでかけ


※住宅ローン控除を受けられる増改築の場合
①平成21年1月1日から平成33年12月31日までに増改築を行い、同日までに入居すること。

②工事費用が100万円(増改築等の費用に関して補助金等の交付を受ける場合には、その補助金等の金額を控除した金額)を越えるものであること。

③工事を行った家屋が住居用と居住用以外の部分があるときは居住部分の工事費用が全部の工事費用の2分の1以上であること。

④増改築等を行った後の住宅の床面積が50㎡以上であること。

⑤増改築等を行った後の住宅の床面積の2分の1以上が居住用であること。

⑥増改築等の日から6ヶ月以内に自己の用に供すること。

top

四日市の不動産売買はアーバンホームにお任せください!
コメント