牧師のブログ

牧師の日常生活ブログです
命を守るため
社会生活正常化のため
アビガンの早期承認を

すべてはメンツと利権死守 アビガンを厚労省がすぐ承認できぬ闇 

2020年06月04日 | 新型コロナウイルス

『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』より一部抜粋

2020.06.02

新型コロナウイルス感染症の治療薬として5月中の承認が期待されたものの、残念ながら見送りとなってしまった抗ウイルス薬「アビガン」。ロシアからはアビガンのジェネリック品が暫定承認されたというニュースも入ってきていますが、なぜ開発元を抱える我が国では未承認のままなのでしょうか。今回のメルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』では元国税調査官で作家の大村大次郎さんが、その裏にあるにわかに信じがたい理由を暴露しています。

※本記事は有料メルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』2020年6月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:大村大次郎(おおむら・おおじろう)
大阪府出身。10年間の国税局勤務の後、経理事務所などを経て経営コンサルタント、フリーライターに。主な著書に「あらゆる領収書は経費で落とせる」(中央公論新社)「悪の会計学」(双葉社)がある。

なぜアビガンはなかなか承認されないのか?厚生労働省という利権集団

はリンク先でお読みください。

なぜアビガンはなかなか新薬承認されなかったのか?

PCR検査だけじゃなく、新型コロナの治療自体においても、厚生労働省の「妨害工作」はあります。その最たる例が、アビガンの新薬承認の遅れです。アビガンというのは、日本の富士フィルムが開発した新型インフルエンザの治療薬です。

このアビガンは、世界各国で新型コロナの治療に使用され、有効性が認められているものです。

また日本でも、宮藤官九郎さんなどの新型コロナ感染者がアビガンを使用することで劇的に症状が完全したことを明らかにしています。

日本政府は、新型インフルエンザの流行に備え、このアビガンを70万人分備蓄していました。もしアビガンが有効な薬なのであれば、これを使用することで新型コロナ治療が大きく前進するはずです。

にもかかわらず、アビガンは2020年6月1日現在、新型コロナの治療薬としての承認は受けていません。治療薬としての承認を受けていないとどうなるかというと、治療薬としては使えないということなのです。

今もアビガンは新型コロナ治療の現場で使われていますが、アビガンの投与は、治療ではなく、「観察研究」「臨床研究」「企業治験」ということになっているのです。つまり、実験段階として使っているに過ぎないということなのです。

このアビガンを医療機関が使用する場合、藤田医科大の研究班や国立国際医療研究センターの研究班による観察研究に参加する必要があるのです。ざっくり言えば、アビガンは今現在も使えないわけではないが、使える病院はアビガンの観察研究に参加しているところに限られるのです。だから、いざとなったときにどこの病院でもアビガンが使えるというわけではないのです。

アビガンを使用するには面倒な手続きを経なければならず、機動的、即効的に使うことは難しいということです。またアビガンを使う際には、患者の同意も必要となります。だから意識が朦朧としているような患者、意識が飛んでしまっている患者には使えないわけです。

3,000人に投与して「効果が不明」とはどういうことだ!

アビガンは現在、日本で3,000人以上の新型コロナ患者に投与されています。厚生労働省お抱えの医者や評論家などは、規則の細かい臨床試験などの少ないデータを持ち出して「アビガンの有効性はまだ証明されていない」「だから簡単に承認できないのだ」などと主張しています。

が、日本ですでに3,000人以上投与されているのだから、有効かそうでないかは、どういう副作用があるかなどはざっくりでもわかっているはずです。もし本当に「有効性がわかっていない」のであれば、「有効性が確認されていない、身体に決して負担が少なくない薬を3,000人に投与した」ことになります。そういう薬を3,000人への投与を許すというのは、あまりに無責任なことです。

アビガンがなかなか新薬として承認されない一方で、アメリカの製薬メーカーがつくった「レムデシビル」は、非常に短期間で特例承認されました。レムデシビルはもともとはエボラ出血熱のために研究開発された薬で、重篤な新型コロナ患者に有効性が認められています。

「特例承認」というのは、海外で販売(使用)されているような薬で緊急性がある場合には、通常の手続きを経ずに新薬として承認するという制度のことです。

ここにも、日本の官庁の欠陥が如実に表れているといえます。日本の官庁は、国内の業界に対しては鬼のように厳しいのですが、アメリカから言われれば簡単に折れてしまうのです。

アビガンもこの特例承認をしようと思えばできるのです。「レムデシビル」は海外で有効性が確認されているとはいえ、日本での使用数はまだ50件ほどしかありません。アビガンの3,000件の使用例とは比べ物にならないのです。

薬の有効性や副作用のデータなどは、アビガンの方がはるかに蓄積されているの
です。特例承認するのであれば、どう見てもアビガンが先なのです。

以上引用中途終了

続きは以下のリンクでご覧ください。

なぜ日本の新薬承認は遅いのか?

dd20200601

コメント

コヘレト書(伝道の書)を読む(5)「知恵」―神の知恵と世の知恵― 

2020年06月04日 | コヘレト書を読む

コヘレト書を読む(5)「知恵」―神の知恵と世の知恵― 臼田宣弘

12 わたしコヘレトはイスラエルの王としてエルサレムにいた。13 天の下に起こることをすべて知ろうと熱心に探究し、知恵を尽くして調べた。神はつらいことを人の子らの務めとなさったものだ。14 わたしは太陽の下に起こることをすべて見極めたが、見よ、どれもみな空しく、風を追うようなことであった。

15 ゆがみは直らず、欠けていれば、数えられない。

16 わたしは心にこう言ってみた。「見よ、かつてエルサレムに君臨した者のだれにもまさって、わたしは知恵を深め、大いなるものとなった」と。わたしの心は知恵と知識を深く見極めたが、17 熱心に求めて知ったことは、結局、知恵も知識も狂気であり愚かであるにすぎないということだ。これも風を追うようなことだと悟った。18 知恵が深まれば悩みも深まり、知識が増せば痛みも増す。(1:12~18、新共同訳)

12節からは文章が改まります。ヘブライ語聖書では、12節の前に文章を区切るマークが挿入されています。前回まで取り上げたところまでがコヘレト書の序文であり、12節から本文に入るといわれています。コヘレトは本文の最初の単元である12~18節において、「知恵による探求」と、「知恵そのものへの探求」について語ります。知恵についてはコヘレト書全体で触れられています。それはやはり、コヘレトが知恵というものを重視しているからでしょう。ちなみにコヘレト書は、旧約聖書において、ヨブ記、箴言と並んで「知恵文学」と呼ばれています。

知恵という言葉はヘブライ語で「ホクマー(חָכְמָה)」と言いますが、これは旧約聖書においてはとても重要な言葉です。箴言8章12節には「わたしは知恵」と書かれていますが、知恵はこのように、旧約聖書ではしばしば「人格」として取り扱われています。

箴言8章22節以下ではその知恵が、

「主は、その道の初めにわたしを造られた。いにしえの御業になお、先立って。永遠の昔、わたしは祝別されていた。太初、大地に先立って。わたしは生み出されていた、深淵も水のみなぎる源も、まだ存在しないとき。山々の基も据えられてはおらず、丘もなかったが、わたしは生み出されていた」(8:22~25)

と語っています。知恵は「天地創造の時に神と共にあった人格」として伝えられているのです(詩編104編24節「あなたはすべてを知恵によって成し遂げられた」も参照)。

新約聖書においては、パウロがキリストを「神の知恵」(コリント一1:24、30)と言っています。パウロにそのように言わしめているのは、旧約聖書に「知恵が人格である」と記されているからでありましょう。パウロはそして、「神の知恵」と「世の知恵」(コリント一2:6)を峻別しています。実はコヘレトも、パウロと同じように、知恵を「神の知恵」と「世の知恵」に峻別しているように思えます。そのことについても、コヘレト書全体にわたって読み取っていきたいと思います。

12節でコヘレトはまず、自分がソロモン王であると名乗ります。これはソロモン王が知恵を極めた人と伝えられているからでしょう。列王記上には、ソロモン王に語り掛ける神の言葉が記されています。

あなたは自分のために長寿を求めず、富を求めず、また敵の命も求めることなく、訴えを正しく聞き分ける知恵を求めた。見よ、わたしはあなたの言葉に従って、今あなたに知恵に満ちた賢明な心を与える。(列王記上3:11、12)

ソロモン王は神によって「知恵」を与えられたのでした。また同章28節には、「王の下した裁きを聞いて、イスラエルの人々は皆、王を畏れ敬うようになった。『神の知恵』が王のうちにあって、正しい裁きを行うのを見たからである」とあります。ソロモン王に与えられた知恵は、「神の知恵」であったのです。

ソロモン王に扮したコヘレトは、最初に天の下に起こることをすべて知ろうと、知恵を尽くして調べました(13節前半)。つまり「知恵による探求」を行ったのです。しかしどうやら、この最初の探求は失敗したものと思われます。「神はつらいことを人の子らの務めとなさったものだ」(13節後半)と、コヘレトは愚痴をこぼしているように思えます。

箴言によれば、「主を畏れることは知恵の初め」(9:10)であり、神を畏れ敬うことによってこそ「神の知恵」が与えられるのです(ヨブ記28章28節「主を畏れ敬うこと、それが知恵」も参照)。しかしコヘレトは、どうもこの最初の探求では「世の知恵」を追い求めてしまったように感じられます。実はそのことからも、コヘレトがソロモン王本人ではないことが分かってしまうわけです。ソロモン王は「神の知恵」を用いた人として伝えられているからです。

コヘレトは「世の知恵」による探求の結果、「ゆがみ(曲がったもの)は直らず、欠けていれば、数えられない」と言います。この言葉はコヘレト自身の言葉ではなく、格言を使用しているともいわれています。実はこの「ゆがみ(曲がったもの)は直らず」ととてもよく似た文が、7章13節にあります。「神が曲げたものを、誰が直しえようか」という言葉です。両節はヘブライ語原典でも似た文です。7章の方は「神の御業の絶対肯定」というコヘレトのモチーフに沿っての「神の曲げたゆがみ」という意味のことですが、1章の「ゆがみは直らず」は、神の曲げたゆがみのことではなく、一般的なゆがみについて言っているのだと思われます。人間社会におけるゆがみなどでしょう。そういったゆがみは「人間の知恵」を用いても、簡単には直せないというのです。

この話は、申し上げておりますパウロの手紙と読み比べると、分かりやすいように思えます。パウロもまた、ゆがみに直面した人でありました。パウロは宣教者でしたから、彼の直面したゆがみは、教会の中に起こっていたゆがみでした。コリントの信徒への手紙一は、コリントの教会内に起こっていたさまざまな「ゆがみ(問題)」に対処するために書かれたものです。

パウロは「世の知恵」の空しさを知っていたのでしょう。教会内のゆがみを解決するために「世の知恵」を使いませんでした。コリントの信徒への手紙一の冒頭にはこうあります。

知恵のある人はどこにいる。学者はどこにいる。この世の論客はどこにいる。神は世の知恵を愚かなものにされたではないか。そこで神は、宣教という愚かな手段によって信じる者を救おうと、お考えになったのです。(コリント一1:20、21)

パウロは神からの示しによって、「世の知恵」でなく「宣教という愚かな手段」を用いることによって、教会内のゆがみを解決しようとしたのです。なぜ宣教は愚かな手段と言われるのでしょうか。コリントの教会への手紙のその後の部分にはこうあります。「神の愚かさは人よりも賢く・・・」(1:25)

「世の知恵」では、それをどんなに使ってもゆがみをなおすことはできない。しかし「神の知恵」であれば、それは愚かなように思えることでも、「世の知恵」より賢いのです。そしてそれが宣教、言い換えるならば、神が人となったイエス・キリストの十字架の出来事なのです。イエス・キリストの十字架によって、教会内のゆがみを直そうとしているのが、コリントの信徒への手紙一なのです。

パウロは「世の知恵」に頼ろうとしませんでしたが、コヘレトの最初の探求は、どうも「世の知恵」に頼ってしまったようです。その結果が「ゆがみは直らず、欠けていれば、数えられない」だったのです。コヘレトは次に「知恵そのものへの探求」を行います(16節以下)。しかしそれも「世の知恵」への探求であったようです。その結果としてコヘレトは、「知恵も知識も狂気であり愚かであるにすぎない」と言うことになってしまいます。

「世の知恵」に頼っての2つの探求の結果、コヘレトは「風を追うようなこと」という言葉を繰り返します(14、17節)。この言葉はコヘレト書において何度も出てきますが、「空しい」という言葉とセットにされている場合が多いです。この世の価値観を探求した場合に、そのように言われていることが多いように思われます。

コヘレトは、当初は「世の知恵」に頼って探求をしてしまったのです。コヘレト書を読み進めてまいりますと、「神の知恵」について語られている箇所があり、コヘレトが「神の知恵」と「世の知恵」を峻別していることが分かりますが、ここでは「世の知恵」に頼って失敗してしまったようです。そして失敗を率直に認めているように思えます。しかし失敗を認めたコヘレトは、次のさらなる探求に向かいます。

前回>> <<次回

ソロモン王に謁見するシバの女王(エドワード・ポインター)
ソロモン王を訪問するシバの女王

コメント

壺浅壺男 退社

2020年06月04日 | You Tube

【ご報告】壺浅壺男 辞めることになりました。今までお世話になりました。

コメント

ロシアのプーチン大統領「アビガンは通常の2倍効く!」

2020年06月03日 | 新型コロナウイルス

ロシアのプーチン大統領「アビガンは通常の2倍効く!」一方、巨大クラスターが続々発生中の韓国の文在寅大統領「日本の韓国コンプレックスが酷い~」他【カッパえんちょーal】

コメント (2)

ヨナさん、TRILLIONのTSシャンプーのCMに

2020年06月01日 | キム・ヨナ選手

フィギュアの女王キムヨナが、TRILLIONというメーカーのTSシャンプーのコマーシャルに出ている。



















[TS샴푸x김연아] 피겨 퀸 김연아(Yuna Kim)의 선택, 연아도 TS! ✨

コメント

塩だれまぐろカツ丼/すき家

2020年05月31日 | 食べ歩き



すき家の期間限定品の新作、今回は。



塩だれまぐろカツ丼を大盛り(割引券使って681円)で注文。



タレの味がウリなんだろうね。



かなりうんまい味だと思います。香りも良いし。ただ、タレの量がもう少し多くてもよいなあとは思いますが。珍しく卓上のドレッシングをかけました。

ごちそうさまでした。

コメント

北九州市の取り組みはむしろモデルケース

2020年05月31日 | 新型コロナウイルス


北九州 新たに16人感染確認 8日連続で計85人に 新型コロナ

冒頭の写真はNHKのものだが、北九州市での感染が多く報道されている。

しかし、西日本新聞は以下のような報道をしている。

北九州モデルで「第2波」対抗へ 濃厚接触者全員にPCR検査

2020/5/31 6:00

感染者の早期発見を優先

 新型コロナウイルスの感染が再拡大している北九州市は、PCR検査の対象を無症状の濃厚接触者にまで拡大し、クラスター(感染者集団)の追跡によって感染者を可能な限り絞り込むなど「第2波」(北橋健治市長)の一日も早い収束に懸命だ。目指すのは感染経路不明者を減らしつつ、早期発見で把握した感染者を治療、周りに接触させないことで拡大を抑え込む「北九州モデル」の確立。第2波は、人口密集地を発火点に都道府県レベルに広がることも想定され、それを「点」に抑え込めるかが今後の課題となってきている。

 同市のPCR検査数は30日136件、29日160件、28日が117件。これ以前の100件超えは4月15日までさかのぼる。再び感染者が出た今月23日から8日間で濃厚接触者は計404人となり、このうち30日までに290人のPCR検査が終了し、53人の陽性が判明した。

 市は従来、濃厚接触者のPCR検査については有症者に限り、症状がない人は経過観察としていた。

 無症状を含む全ての濃厚接触者の検査に踏み切ったきっかけは、第2波の発表初日となった23日。「市内で感染再発」の情報を受け、各医療機関が救急搬送で運ばれたコロナと無関係の患者を念のため調べたところ、次々と感染が発覚した。その一つ、門司メディカルセンター(門司区)では医療スタッフのクラスターが確認された。

 検査対象を広げれば、確認される感染者数も増えることは想定され、対外的に「市内で感染が広がっている」との印象を与えることは市も覚悟の上だ。

 30日まで8日間の感染者は経路不明32人を含む85人と増加の一途だが、北橋市長は「第2波の中、日本で初めて早期発見、早期治療のため全員を検査している。無症状の陽性者も多く出るが、短期決戦で収束させるには必要だ」と強調する。


中途引用終了。以下はhttps://www.nishinippon.co.jp/item/n/612812/でお読みください。


北九州市の取り組みはむしろモデルケースなのだ。

コメント

ローマの信徒への手紙8:1~11(2020年5月31日・ペンテコステ)

2020年05月31日 | 説教要旨

ペンテコステは聖霊が降って教会が出来た日です。使徒言行録2章に、舌・炎のようなものが弟子たちの上に降ったとありますが、炎、すなわち火は、旧約聖書では神様の栄光をあらわしています。

神様の栄光は、イスラエルの民をいつも守って下さいました。それと同じく、ペンテコステに聖霊が火として降り、そこに神様の栄光があらわされた時に、新しく教会の民となった人たちを守って下さるということなのだと思います。

パウロはローマ書8章でそのことを書いています。「霊の思いは命と平和」とあります(6節)。そして「霊の支配下と肉の支配下」と書いています(8~9節)。ある人はこのことを「私たちの身体は神の霊とこの世界の両方に属している」と言います。

私たちの身体が神の霊に支配されているならば、私たちの身体はこの世界においても「命と平和」を築いていくことが出来ます。そのようにして私たちの身体を神様はこの世界において守って下さるのです。

ペンテコステの出来事は、「神の栄光である霊」が弟子たち、すなわち人間の身体に降った出来事であり、私たちはその霊の支配下にあることによってこの世界で守られているのです。

新型ウイルス蔓延の状況の中でも、聖霊なる神様は私たちに働き、私たちの「命と平和」を守って下さいます。




ペンでこすって

コメント

石田純一が語る「コロナ肺炎地獄」からの生還 “医師は「もうダメなんじゃないか」と…”

2020年05月31日 | 新型コロナウイルス

2020年5月28日号掲載

新型コロナウイルスの犠牲者が高齢者に多いことを考えれば、石田純一(66)も危険にさらされていたと言っていい。実際、一時は息子宛てに遺言までしたためながら、幸い退院がかなったいま、生還するまでのすべてを語った。

・・・・

 妻の運転で順天堂に行き、パルスオキシメーターで酸素飽和度を測り、CTスキャンを受けましたが、酸素飽和度は90%まで下がり、CTでも明らかに肺炎の症状が見られたので、即入院です。その後、PCR検査を受け、翌日に出た結果は陽性。「まさか」と愕然とすると同時に、年齢が年齢なので、不安にもなりました。

 入院後の主な症状は熱、頭痛、息苦しさで、妻と電話で話すだけでキツく、途中で切ったこともありました。振り返れば軽い味覚障害もあり、差し入れにいただいたジュースの後味が薬っぽかったり、食事が塩辛く感じられたりしました。入院前、家の近所の工事現場を通ると少しゴミ臭く感じたのは、嗅覚異常だったのかもしれません。あとは軽い下痢くらいで、咳は全然出ませんでした。

 入院して4、5日経った真夜中、脈拍が160まで上がったことが一度だけありましてね。看護師さんには「大丈夫です」と伝えながら、妻のメールに、小2になる息子の理汰郎宛ての遺言を送りました。

 重症化すると、人工呼吸器や人工肺エクモを装着することになりますが、そうなると自分の力で呼吸もできません。もちろん、そこから回復する方もいますが、麻酔して意識がないまま戻らない方もいますからね。「地位が高い人やお金持ちが偉いわけじゃない。努力して新しい自分を獲得していくことが一番尊いんだよ」というような文面です。

 結果的に持ち直しましたが、そのときはICUの目の前まで行ったようで、退院時に看護師さんから聞いて驚きました。5月19日に病院に行き、あらためて医師と話すと、僕が入院したとき、肺の状態がかなり悪く、「もしかしたら、もうダメなんじゃないかと思った」と言われました。その後、僕が持ち直したのは、驚きだったそうです。

 入院して10日もすると平熱に戻り、以後は元気にすごしていました。久々に時間ができたので、本も8冊読みました。しかし血液検査の結果が芳しくなく、PCR検査で2度続けて陰性になって退院できるまで、1カ月かかりました。

アビガンは2週間で

 その間の治療ですが、アビガン、血液の凝固を防ぐ薬、尿酸値を下げる薬などを、服用したり点滴したりしました。アビガンは入院初日から飲みはじめましたが、服用前に「望んで投与の治療を受ける」という書類にサインをしました。肝臓や腎臓に副作用が出ることが多いらしいのです。最初の3日間は朝晩9錠ずつ、その後は4錠ずつでしたが、服用量と期間が決まっているらしく、2週間ほどで服用できなくなりました。まだ肺の影が消えたわけではなかったので、不安になりましたね。

 医師でさえ「詳しいことはまだわからない」と言っていた新型コロナウイルスですが、脳血栓や肺血栓を引き起こす恐れもあるそうです。それを警戒し、血液検査も毎日受けました。また僕の場合、尿酸値が見たことない数値まで上がりました。人間ドックでは4~5台だったのに、8まで上がったのです。薬の副作用ではなく、ウイルスの仕業らしいです。

 食事は1日3回、魚中心に栄養バランスが考えられたものを、頭からつま先まで覆う重装備の看護師さんが、部屋まで運んでくれました。水1本持ってきてくれるときでも、病室に入るときに防護服をまとい、出るときに捨てていました。

 一方、医師とはICUの手前まで行った日と入退院時に顔を合わせただけで、治療方針などの話は基本的に電話。実務はすべて看護師さんです。勇気が要るすばらしい献身ぶりで、感謝しかありませんし、尊敬の気持ちでいっぱいです。いつかなんらかの恩返しができたら、と考えています。

以下はhttps://www.dailyshincho.jp/article/2020/05290557/?all=1&page=2

コメント

黒田屋/地獄ラーメン辛めの辛めの辛め@豊橋市

2020年05月30日 | 激辛

久々に激辛ラーメンを。

豊橋市の黒田屋豊橋店で、激辛地獄ラーメンの辛めの辛めの辛め。このお店のマックス。



ニンニクもたっぷり効かせて最高にうんまい。

コメント

【最新】アビガン日本初の大規模研究の結果を解説 

2020年05月29日 | 新型コロナウイルス

専門家による中立的でわかりやすい説明です。

【最新】アビガン日本初の大規模研究の結果を解説 Favipiravir 2158 patients Trial in Japan

同じ医師によるレムデシビルの説明。

コロナ治療薬レムデシビルの本当の実力と副作用を解説

コメント

アビガン、3000例の投与で副作用報告無し

2020年05月28日 | 新型コロナウイルス

アビガン、5月中の薬事承認ならず! 3000例の投与で副作用報告無し 9分15秒から

投与例3000で副作用無し。それでもアビガンを否定するか?
アビガンで救われた命はどれだけだろう。

コメント

こぼれ種のペチュニア

2020年05月28日 | 

礼拝堂の横に花が一輪。



見てみるとペチュニアのようだ。



どうやって種がこぼれたのだろう。

私が育ててるのはこちらである。↓



紫は勢いが良いが、赤はのんびり。


コメント

COVID-19治療候補薬として注目の「アビガン」、投与開始は「早ければ早いほどいい」

2020年05月28日 | 新型コロナウイルス

日本医事新報社が以下のような報道をしている。
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14757

COVID-19治療候補薬として注目の「アビガン」、投与開始は「早ければ早いほどいい」【Breakthrough 医薬品研究開発の舞台裏(12)〈特別編〉:西 耕一 石川県立中央病院呼吸器内科診療部長】

登録日: 2020-05-27 最終更新日: 2020-05-27

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療候補薬として世界中の注目を集める抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」(一般名:ファビピラビル)。ウイルスの増殖を防ぐメカニズムを有することから、インフルエンザウイルスと同種のRNAウイルスである新型コロナウイルスへの効果が期待されているが、治療の最前線で使用経験を積んできた医師はその効果をどう感じているのか。COVID-19患者が国内各地で発生し始めた3月から観察研究の枠組みでアビガンを使用してきた西耕一医師に、アビガンの効果と安全性、投与のタイミングについてどう考えるか、話を聞いた。(取材は5月上旬に電話で行いました)


にし こういち:1985年金沢大医学部卒。89年同大院医学研究科修了。公立能登総合病院内科医員、石川県立中央病院呼吸器内科医長などを経て2002年より現職。金沢大臨床准教授。

─COVID-19患者に対しアビガンを使い始めた経緯を教えてください。

西 COVID-19患者が自分の病院に来たときにどのような治療を行えばいいか、2月頃から考え始め、ウイルス学が専門の知り合いの先生に相談したところ「治療候補薬の中ではアビガンが理論的に効果がありそうだ」という話をいただきました。

「国立国際医療研究センターのレジストリに参加すればアビガンが使える」と聞いてすぐに申し込み、3月上旬に手続きを完了させました。その直後に1例目のCOVID-19患者が当院に入院し、アビガンによる治療を開始しました。



25~26例に使用、3分の2で効果

─直近のデータでどのくらいの患者にアビガンを使用しましたか。

西 25~26例です。そのうち3分の2の方で、熱が下がり、咳が減り、呼吸困難が改善し、酸素投与も中止になるという効果がみられました。

─アビガン投与を開始したタイミングは発症から何日目が多いですか。

西 早い方は発症後2日、最も遅い方は発症後14日。中央値は7~8日です。

─効果がみられたケースで最も投与が遅かったのは何日目ですか。

西 他の薬剤も併用したのでアビガンだけの効果とは言えませんが、発症から12日目に投与してなんとか間に合ったというケースがあります。ただ入院が遅れ重症化してから12~14日目に投与した他のケースはみな苦戦しています。

─アビガンの投与が必要と判断する際の基準は?

西 酸素飽和度が低下し、胸部X線・CTで陰影がかなり広範囲に見られる場合に使っています。

学会の手引きで治療が後手になる恐れ

─アビガンを開発した白木公康富山大名誉教授は「胸部CTで肺病変があれば、発症後6日までにアビガン治療を開始すべき」(日本医事新報3月28日号)と主張していますが、現場の実感としてはどうですか。

西 私もだいたい6日までに投与すべきだと思います。

「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上」という相談・受診の目安が国から示されていたため、多くの方は症状が出てから4日間様子を見て5日目に帰国者・接触者相談センターに相談します。その日か翌日にPCR検査をすると、結果が分かるまでに発症から6~7日が経過し、アビガンを投与できるのは7〜8日目以降になるので、実は発症後6日以内に投与するというのは難しいんです。

発症後2日に投与した例があると言いましたが、その方は感染した家族を持つ濃厚接触者だったため、すぐにPCR検査ができ、アビガンを早期に使えたケースです。

─発症後6日までに投与ができない場合でも、何日までなら効果が期待できるという感触はありますか。

西 発症から日が経つほど重症化しやすいので、早ければ早いほどいいというのが個人的な感想です。日本感染症学会の「COVID-19に対する薬物治療の考え方」では、抗ウイルス薬使用開始のタイミングについて「概ね60歳未満の患者は肺炎を発症しても投与せず経過を観察してよい」とされています。いろいろな考えがあって作られた手引きだと思いますが、現場の感覚としては、これだと治療が後手になる恐れがあると心配しています。

─アビガンを使用して効果がみられたケースで、最も年齢が高かったのは何歳ですか。

西 87歳で効いたケースがありますが、高齢であるほど成績が悪いというのが全体の傾向です。低い年齢では30代後半の方に使用して効果がみられました。

─若い方にも積極的にアビガンを使ったほうがいいというお考えですか。

西 年齢が低くても重症化リスクが高い方には早めに使用したほうがいいと思います。現場の医師は重症化リスクがあるかどうかはすぐに判断できますので。



副作用を懸念して拒否された事例はない

─アビガンについては動物実験で初期胚の致死や催奇形性が確認されていることから、厚労省の通知でも「妊娠可能な女性、妊娠させる可能性のある男性は慎重な検討が必要」とされていますが、現場では投与の是非をどのように判断していますか。

西 当院で治療対象となった女性は50代以上の方ばかりで妊娠が問題となったことはありませんが、妊娠可能な女性が対象となった場合は妊娠反応陰性を確認した上で投薬します。当然、妊婦には投薬しません。

男性には投与終了後10日間までは必ずコンドームの使用などで確実な避妊を行い、妊婦との性交渉は控えるよう指導していますが、これらのことがアビガン投与の支障になったことはありません。

すべての患者は病気を治そうと必死であり、少しでも効果のある治療薬の投与を希望します。副作用を懸念してアビガン投与を拒否された事例はありません。

─他の薬剤も含めてCOVID-19に対する現段階の治療戦略はどうあるべきと考えますか。

西 COVID-19に対する治療は多くの場合、アビガンだけでうまくいくわけではなく、いろいろな薬剤を組み合わせる必要があります。患者の状態に応じて抗ウイルス薬、過剰な炎症を抑える抗IL-6受容体抗体「アクテムラ」(一般名:トシリズマブ)などの薬剤、ヘパリンなどの抗凝固薬、呼吸管理を合わせて包括的な治療をしなければならないと考えています。

その治療戦略の中で、アビガンは、国産の抗ウイルス薬で供給面の不安が少ないという意味でも重要な治療選択肢として位置づけられるべきと思います。


引用終わり

現場のお医者さんは「効きますよ」と言ってるということです。

コメント

〈クリスチャントゥデイ 〉コロナ禍が告げる新自由主義の崩壊、経済成長神話からの脱却を 稲垣久和

2020年05月28日 | 「クリスチャントゥデイ」より

クリスチャントゥデイは2002年の創立以来、多くの皆様に支えられ、5月20日で満18周年を迎えることができました。これまで長きにわたり、ご愛読・ご支援いただき、誠にありがとうございます。創立18周年を記念して、今年は新型コロナウイルスが世界を席巻している状況を踏まえ、「100年に1度のパンデミック、教会は何を問われているのか?」をテーマに企画を用意致しました。コロナサバイバー、牧師、神学校教師、大学教授、政治家、ホームレス支援者など、さまざまな立場のクリスチャンから寄稿を頂きました。第8回は、東京基督教大学特別教授の稲垣久和氏による寄稿をお届けします。

2020年5月27日22時31分 執筆者 : 稲垣久和

精神主義的な権力行使による日本のコロナ対策

日本の権力行使の仕方は法的発想ではなく、情緒的かつ同調圧力といった独特の形でなされることが多かった。西洋的合理主義ではなく、真綿で首を絞められるような非合理的圧迫感とでも表現したらいいだろうか。古代天皇制国家の成立以来の大筋がそうだろう。権力行使の面での日本的特徴は容易に改まるものではない。

以下はリンクのクリスチャントゥデイで
https://www.christiantoday.co.jp/articles/28089/20200527/18th-anniversary-8.htm

 稲垣久和(いながき・ひさかず)
東京基督教大学特別教授。「みんなの品川をつくる会」共同代表。著書に、大澤真幸氏との対談である『キリスト教と近代の迷宮』(春秋社)『実践の公共哲学』(同)『「公共福祉」という試み』(中央法規出版)『宗教と公共哲学』(東京大学出版会)『国家・個人・宗教』(講談社現代新書)など。

コメント