きっと、横浜のラーメンが好きになる

やっつけラーメンコンサルタントに気をつけろ!

麺や維新@横浜の夜営業限定『吉備黄金鶏の鶏油ソバ』

2010年05月22日 | 横浜市内のラーメン
 
 
麺や維新@横浜で、18時からの夜営業限定『吉備黄金鶏の鶏油ソバ』が登場しています。
 
 



「油そば」というと、たっぷりの具材とガツン度の高いタレ、背油そして硬茹での
粉っぽいバキバキした歯応えの極太麺でジャンクさを追求したものが主流だが、
こちらはなんと比内地鶏より値段が高いという吉備黄金鶏の鶏油に、これまた
希少な富山産の白海老の香りを存分に移し、その素材の旨みが詰まった油を
喉越し滑らかな太麺にたっぷりと纏わせ、鶏油の質の良さと滑らかな麺の旨さを
純粋に味わってもらう、上品な「麺料理」に仕上がっている。





これはお酒のアテにもなるね。二人でビールを飲んで、これ一つを分けて食べれば
良いつまみになると思う。麺量も250gと結構な量で食べ応えあるので食事としても
充分満足できる。あとはこれにスープが附随すれば完璧なんだが…

原価が高いのは充分察するが、油そばのスープなら鶏油はいらないだろうし、
逆に鶏油の入らない素のスープがどれだけレベルが高いのか分かるんじゃないか。
また限定メニューで湯飲み茶碗一杯程度のスープをケチってもしょうがない。
デフレも極まったと思えるこの時代、ラーメン一杯になかなかお得感を感じづらい
風潮の中で、消費者は特に敏感になっている。

店主の経営者としての苦労は痛いほど知っているし、ラーメンとして売れる杯数が
減ることを意味するのだからキツいだろうが、今はお客さんの顧客満足度を
少しでも上げなければほとんど「次」に繋がらない時代なのだ。
いくら常連客が多くても、人の心は遷り変わりが激しい。
至近距離にできた格安うどん店と戦うには、そういう柔軟さも必要だと思う。


なおこの『吉備黄金鶏の鶏油ソバ』は、18:00からの夜営業のみの提供、
また6/19(土)までの期間限定提供となっています。


吉備黄金鶏の鶏油を使った油そばというと、他にも音麺酒家 楽々@吉祥寺
麺創研かなで@府中など多摩の店でも出していたが、麺や維新を含むこれらの
店の共通点は、店主とこの人との繋がりなんだろうな。


また鶏油を使った油そばというと、神奈川県内で有名なのは本鵠沼・麺やBar 渦
『みやざき地頭鶏の絶品鶏油そば』を置いて他にないだろうが、こちらは
味付けも量も酒のアテにぴったりの仕様で、酒が進んで進んでしょうがない。
その証拠にこれを食べた湘南の呑んべえども、この人とかこの人とかこの人とか、
この人(この方だけはほぼ西湘の山奥だけど)などにとっては、酒が止まらなくなり
ラーメン店での支払いが1万円を越えさせてしまうという恐怖のメニューだw


維新と渦の両店、なにか共通点は、というと・・・  あ!あった!


皆さん、店主が平○学○出身で、鶏油そばを出しているラーメン店は知りませんか?w



麺や維新
横浜市西区北幸2-10-21 横浜太陽ビル1F
045-324-0767  日休
11:00~15:00、18:00~21:00(スープなくなり次第終了)

※2010年5月現在の情報です。
 




最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この場合は (Unknown)
2010-05-23 22:43:51
白海老の風味がフックになっているんですかね?
ブログの (ごっち)
2010-06-06 02:33:25
副題が気になりますw

コメントを投稿