きっと、横浜のラーメンが好きになる

やっつけラーメンコンサルタントに気をつけろ!

G麺7@上大岡の期間限定『冷やしらーめん2008改』は6/30(水)から

2010年06月30日 | 横浜市内のラーメン
 
 
 
今や神奈川県内のみならず、首都圏のラーメンシーンで最も注目される存在の
一つとなったG麺7@上大岡。今年は精力的に限定メニューを提供してきましたが、
本日6月30日より2010年の限定第三弾『冷やしらーめん2008改(全粒粉もどき)』が
登場します。
 

しかし『冷やしらーめん2008改(全粒粉もどき)』とは長い名前だなw

ネーミングについて詳しくは聞いていないんだけど、おそらくこうだ。
店主がまだ横浜きた西口(現在、鶴屋町方面はこう呼ぶのが正しいのねん)の
麺場濱虎にいた一昨年の夏、自信を持って提供した冷やしラーメン(私は未食)が、
常連客には「これは濱虎らしくない」とあまり評判が良くなく凹んでいたのだが、
これを食べた北島達人超らーめんナビで絶賛したのを見て改めて自信を持ち、
独立する決心がついたことで現在に至った、という経緯がある。

ということは、今回の限定はよほどの自信作、ということなんでしょう。


  



※ 写真は試作品のため、トッピングは変更となる可能性があります。


豚チャーシュー・鶏チャーシュー・生ハムと、肉が3種類も載っているw
あとの具材はトマト、カッテージチーズ、大葉。最初の試作品では大葉ではなく
バジルだったんだけど、食べてみるとまったく存在感が無いことが判明。
大葉に替えたところ、かなり良いアクセントになってます。






スープは、簡単に言えば前回の限定『冷たいつけめん』の粘度を抑えた感じ。
トロミは強いがあれに較べればかなりサラッとしていて飲みやすい。
旨みの塊・タマネギ油も載っているが、あえてスープとほとんど混ぜていない
状態で提供しているので、まっさらなスープと油と馴染んだスープ、それぞれの
味わいを比較してほしい。






さて、このスープに合わせる麺は、うどん用の粉をベースに全粒粉を30%配合した
新たに冷やしラーメン用に開発したもの。冷たく〆てもこれだけモチモチ感と
胚芽の風味を楽しめる麺、なかなかない。

そのためか、食べていると「これ、熱いスープに合わせても旨いんじゃない?」
という思いが頭をもたげてきた。そこで無理を言ってこの麺を通常メニューで
食べさせてもらったところ…

案の定、とても美味しい(笑)

ネットを徘徊していてこの店を食べた感想にぶち当たると、必ず目に留まるのが
「まるでパスタみたいな麺だった」というコメント。たしかにエッヂの立った麺を
硬めに茹で上げ、プツンッという歯切れの良さもあるためそう感じるのだろう。
だからこのモチッムチッとした食感は、この店では余計に新鮮だ。


というわけで、この麺を熱いスープのラーメンでも味わえることになりました。
通常メニューの食券を買い、渡す際にひとこと「限定の麺で」と伝えてもらえば
この麺を試すことができるので、今までこの店の麺に「パスタみたい」という
画一的なイメージしか持っていなかった方には、ぜひともオススメしておく。

もちろん、冷やしと連食して比較してみるのもいいでしょう(笑)



G麺7(じーめんせぶん)
横浜市港南区上大岡西3-10-6
11:30~14:00、18:00~23:00 火曜定休
※2010年6月現在の情報です。

京急上大岡駅/横浜市営地下鉄ブルーライン上大岡駅・港南中央駅 各駅徒歩8分




最新の画像もっと見る

コメントを投稿