ファセテラピーのブログ

あぁ...きれいだな..と日々の生活の中で美しいなと感じたものやことについて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お世話になりました!2018年❗

2018-12-31 21:24:17 | 日記

今年は、
「運命の人というか、出合わなければならない人に、やっとたどり着くことができた、、」という感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、
来年は絶対、なんとか、
研究をかたちにしてみせる、、
頑張らねば、、と思っています。

「人とは何か」
本当のことが、どうしても知りたい。
これが研究のはじまりでした。
「人とは何か」は、幸せな気持ちで生きるために、
知らなければいけないことです。
「人とは何か」を知るために、「触覚論理」というテーマを名付けで研究をしています。
わたしはそれが真理なのかを自分の感性で判断することしかできません。
私は適当に言葉を使っていません。真理は言葉のなかにあります。

今年は、
「やっとスタートにラインにたどり着くことができた」という嬉しい気持ちで、余計な肩の力が抜けていき、
自分のこころが柔らかくほぐれる年でもありました。

実は鈴木家の父と意見が合わず7年間も口もきかず、合わずにいたのですが、

先月、わたしから、
「お父さん、久しぶりにごはんでも食べにいきませんか!」とお誘いしました。
自然に話しができました。
新年は7年ぶりに、鈴木家で迎えたいとおもいます。

話しはかわりますが、
わたしは、京都に行くと、かならず、父のお墓参りをします。あるとき、手をおわせていると、
「頭をさげる」ことの意味、大事さに気づきました。
「未熟者、無知な自分にお知恵をください」という意味なんだ、、と気づきました。父が教えてくれた気がします。
そんな気づきがあって、
今年は
いろんな方に出合うことができました。
また、
たくさんお願いをさせていただいた年でもありました。
まず、
京都大学の阪上先生に研究をみていただけるようお願いをしました。
それから、京都大学の総長や補佐の先生方にも、
「研究成果を世にだすチャンスをください」とお願いをしました。
願いが叶って、京都大学OBの方々が集まる権威ある会議で研究を発表することができました。
そこでCEOにも出合うことができました。
CEOと、はじめてお会いした時、お願いをしました。「どんな小さな仕事でもいいのでチャンスをください」と。
このように、
お願いの綱渡りで、
いまにたどり着くことができたと思います。

さて、

来年は、
自分の変人ぶりを
もっと発揮させていきたいと思います。人はトンガッテいたほうがおもしろいからです。

京都大学の阪上先生と触覚論理の研究をはじめて、
自分の変人ぶりが、
ますます強くなった気がします。
先生は、
わたしが感覚にまかせて、ぶっ飛んで話しをすると、
いつもほめてくれるから、調子にのってしまいます。
先日の研究会でも、
わたしはガソリンで、
先生は、自分のことをエンジン&コントローラ、、なんておっしゃっていました。
先生は、物理学者だから、
わたしの感覚的な言葉の中の現象を観て、それがおもしろいんだと思います。

阪上先生とは、
触覚論理の研究をしています。
わたしの中では、
「触覚論理=人とは何か」です。
人とは何かがわかると、
間違いもわかります。
間違いによる無駄な苦しみも少なくなります。
人には、こころ(感覚)があって、身体があって、考える頭があります。
やっぱりこの3つの中で、
大事なのは、こころ(感覚)です。
触覚論理の研究は、
こころ(感覚)をデザインできる研究ともいえます。
こころ(感覚)は、自然の成り行きで生まれてしまうものではなく、自分の頭である程度計算して、自分のこころ(感覚)はつくっていくべきものです。
こころ(感覚)の状態は、
身体、思考に強く影響してしまいます。
だから、自分のこころ(感覚)のコントロールが簡単にできる方法があれば、病気の苦しみも少なくなるはずです。
触覚論理の研究は、
そんな画期的な薬の代替をめざしています。
その鍵は音楽にあることがわかっています。
「音楽と触覚とを組み合わせると、私たちは正しく、大きく、方向転換ができる」
来年こそ、
世界中の人が喜んでくれる事を実現していかなければ!
実は
今年、わたしがたどり着くことができたのは、
日本を代表する音楽家でした。


年のおわりだから、
長くだらだら書いてしまいました。

みなさま、
よいお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は

2018-12-28 22:09:21 | 日記
男のひとも、女のひとも、
「いつまでも
美しく、
若々しくありたい」と
願う人は
多いと思います。
そのためには、
「楽しい気持ち」で生活することが大事です。
「仕事の種類に拘ったり、
日々何をして生活するか」は、ひとの気持ちには関係がなく、
「どのように生活するか」で、日々の気持ちは決まります。
どれだけ、仕事に恵まれて、人が羨むような生活をしていても、
それらに追われているような生活では楽しい気持ちは生まれません。
「生活に追われる」のではなく、
計画をもって「生活をリード」していってこそ、毎日楽しい気持ちでいられます。
わたしも、
日々楽しい気持ちでいたいから、
かならず毎日していることがあります。
それは、
簡単な「その日すること」のメモ書きです。
毎日メモをみて
行動をするようにしています。
たった一言でも
「今日することを書く」だけで、
「追われた生活」から、
「リードする生活」へ変わります。
「ひとの気持ち」って意識の状態に左右されるから、
「ただ行動する」から→「テーマをきめて行動する」のように、意識の持ち方を少し変えるだけで、
自分を大きく「変える」ことができます。

今日はクリスマスディナーショーへ。

2018-12-24 21:43:47 | 日記

今日は、
母と、
野口五郎さんのディナーショーで、
クリスマスイブのお祝いをしました。
野口五郎さん、素晴らしい歌を、ありがとうございました。

明後日は母とクリスマスディナーショーへ。

2018-12-22 17:56:12 | 日記


夜ウォーキングをしていると、クリスマスのイルミネーションがきれいです。
明後日は、
母と一緒に、
野口五郎さんのクリスマスディナーショーにいくので楽しみ。

先日は、
京都大学で研究会がありました。
研究会の後は、
いつも決まって大学近くの中華レストランで、
研究会のみなさんと食べます。
好きなメニューは、ブログの写真の肉団子。
"げんこつ"という名前で握りこぶし2つ分ぐらいの大きな肉団子です。
外側がかりかりに揚げてあり、中は柔らかくてジューシーです。

先生は物理学者です。
社会の現象なども物理学的に研究をされています。

先生とは、いつも、
いろんな話しをします。
「組織や集団は、どうして硬くなるのか?」
これは先生と、
よく議論するテーマです。
例えば、会社で
一つのプロジェクトを進めていくのに、
チームみんなでミーティングを重ね、意見をだしあう、、いろんな視点からもの事を議論することで最善の答えがだせるように思ってしまいますが、
それは、違って、
多くの意見でアイディアをもみ合うということは、
アイディアが平均化してしまうということだから、
つまらないアイディア、
誰でもが思いつくアイディアになりかねません。
これが組織や集団が硬くなる一つの要因です。
これと同じようなことは、個人でもおきているので,
わたしは、
自分の動きが硬くならないように工夫していることがあります。
それは、
人からの意見を十分に選別することです。
何か新しい事を始める時は、何かを始める前に常にいろんな意見に覆われてしまいますが、
自分の力を伸ばしてくれる人の意見には、
あるパターンがあります.
否定的なコメントがあっても必ず,「だから,こうしたら良くなるのでは、、」と前向きな言葉や方向が込められています.
一方、自分の動きを小さく閉じ込めてしまうコメントは、
否定的な言葉のみで、
言いっぱなしで
言葉に責任がありません。この方法で
意見を聞き分けることで,
前へ前へと、スピードを落とさず進むようにしています。
自分には、
自分に与えられた感性を
最大限に輝かせる義務があるので、
自分を硬く封じ込めてしまわないように、
この意見の聞き分けは大事にしています。

昨夜から京都

2018-12-16 11:41:29 | 日記

昨夜から京都にきました。

今日は、
休日で、京都でゆっくりして過ごします。

今朝は、
いつもの宝ヶ池でウォーキング。
カフェで
美味しいパンとコーヒーをいただいて休憩してます。

明日は、京都で
顔リズムマスクの
講師養成レッスン第1回目を行い、
夕方は京大で研究会があります。