ホットミルクに砂糖を入れて

某学校で教師をしつつ、鍵盤弾きとして作編曲や演奏活動をする、東京生活17年目、道産子・まつけんのブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時季(とき)は巡る。

2020-04-21 18:04:54 | Weblog
久々の更新です。
Matsuken(かつまたばれん)です。

コロナ渦のご時世。
皆さん、お元気ですか。
ふと思い立って、ブログを更新してみたところです。

とりあえず、在宅勤務の日々が続き。
結果、「音楽を楽しむことを子ども達と共有する」という本来の仕事ができず。
体ではなく、気持ちがちょっと病みそうにもなっていますが、
何にせよ、時間は過ぎていくので。
その日その日で、小さくともできることをしていくことが大切ですよね。

気づけば、教師になって12年目となりました。
教師って、昔の自分も含め、「教える」職業だと思いがちなのですが・・・。
経験を積み重ねるごとに、「一緒に学ぶ」という先輩方の言葉の意味がわかるようになり。
今の自分は、「一緒に音楽を楽しむ」というのが根っこにあるな、と。
子どもが好きなように感じて、歌って、演奏して、聴いて。
そこに、種や肥料、水を少し用意して選ばせてあげたり、
どうやって育てるかのヒントを与えるのが、音楽教師のあるべき姿なんじゃないかと。
そんなことを考えるようになりました。

そして、こんな状況下だからこそ、音楽の力を信じたいところです。
これまでに育ててきた子ども達にとって、音楽が少しでも心の支えになっていればいいな。
なんて思う日々です。

元気の出る曲と、心が落ち着く曲と。
その日その時の気分に合わせて、いろんなジャンルの音楽を聴く自分ですが。
今日は、この曲の気分。
さかいゆうさんの歌声には、本当に癒されます。



さかいゆう『 時季(とき)は巡る』







コメント (2)

走る。

2019-12-08 22:22:48 | Weblog
ご無沙汰しております。
Matsukenです。
皆さん、お元気でしょうか。

最近は、Matsukenよりも、かつまたばれんと名乗ることが増えました。
検索する時に、こっちのほうが見つかりやすいんだよね。
いっそ、かつまたばれんで統一していこうかな。(笑)

さて、そんな自分は昨日、仲間たちと共に、チームランに参加しました。
2時間、タスキをつなぎながら、ぶっ続けで走り続けるレースです。

実は中学時代に陸上部で長距離をやってまして。
とはいえ、弱小陸上部の弱小部員だったので、大した記録は残していないんですが。(笑)
それでも、走るのが好きで。
そんなこんなで、今回も楽しく走ることができました。

何より、チームで協力しあって、2時間を走り切る喜び!
これは、感動ものです。

一方で、これとは全くの別件ですが。
ちょっとした悩みも。

自分をもっとさらけ出せ!
とまわりから言われていたのは、まわりのことを考えすぎていたから。
だから、最近は少しずつ、自分の本音を吐きだすようになった。
そうすると、今度は、
人の気持ちも考えろ!
という。
このさじ加減が、なかなか難しい。

でも、ぶつかってこそ、お互いをもっとわかりえあえる。
それが人間ですよね。
雨降って、地固まるってやつです。

よし、前向きに!

また新しい1週間も、頑張ります!


コメント (2)

誕生日前夜はジャズバーで。

2019-09-03 18:44:20 | Weblog
先日、誕生日を迎えました。
この年齢になると、誕生日はあまり嬉しくはないのですが…。(苦笑)

そんな誕生日前夜は、久々にジャズバーへ。
ぜひ行きたい!という仲間達も引き連れて、池袋まで遠征してきました。

で、感想。
やっぱ、ジャズ最高!!!!

今回は、ピアノ、ドラム、ウッドベースのトリオ。
MCで「スタンダードナンバーはやりません。」と宣言していただけあり、
初めて聴くナンバーばかり。
でもね、演奏スタイルが王道なジャズって感じで、たまらなかった。

特に、3つの楽器が複雑なリズムのところでピタリと合わせてくるところ!
身震いしたね。
それからそれから、アドリブの時の駆け引き!
「ドラムさん、まだまだやっちゃって!」
と言わんばかりに、ピアニストがニヤリとする姿!
ドラムも、それに応えるがごとく、すご技プレーを魅せる!
ひっそりと、ウッドベースもグイグイ攻めるアドリブをぶちこんでくる!

やっぱ、ジャズは面白い!
改めて、そう思いました。

ただただ、オシャレなだけじゃない。
知れば知るほど、奥が深いジャズ。
自分もまだ、かじる程度の無知な奴ですが…。
どんな音楽も好きだけど、ジャズは格別に知的で情熱的だな、と。

理論をちょっとずつ、勉強してみようかな。

コメント (2)

集まる、ということ。

2019-08-16 20:58:50 | Weblog
盆踊りの2日目。
代表の人の挨拶が胸に染みたので。

備忘録。

☆☆☆

太鼓の叩き手も踊り手も、年々少なくなってきています。
高齢者も増えてきています。
それでも、1ヶ月、あるいは1年に1回でも、
こういう機会に会って、
「元気だったかい?」
と顔を合わせることに意味があると思います。
なので、続けられる限り、続けていきます。

☆☆☆

自分なりにまとめてみましたが…。
このような話をされていました。

自分にとっても、北海道に帰省するのは、
年に1回しかできなくなりました。
でも、その1回の帰省で、多くの人が声をかけてくれます。

「元気だったかい?」

ここは自分が生まれ育った場所。

今では、都会の便利さに、すっかり慣れてしまったけど。
人々の温かさなら、ここに勝るものはないです。

老若男女、様々な和太鼓の仲間達。
「また来年、会おうな!」
「元気でな!」
そして、強すぎるくらいの握手。

また来年、

「元気だったかい?」

を言い合うために。

新たな気持ちでまた1年間、頑張ります。





コメント

たくさんの思いを抱えて。

2019-08-14 23:30:38 | Weblog
夏。

北海道に帰省すると、自分は盆踊りの和太鼓を叩かせてもらっています。
そんな和太鼓を継承していこうと、地域の子ども達に指導してくださっていた方がいました。
その方は、小さい頃から自分のことも可愛かってくれていた方です。

その方に久々にお会いして、衝撃を受けました。
半身が麻痺し、動かなくなり、車椅子生活をしていたのです。
でも、自分に会いたいとおっしゃってくださっていたようで。
盆踊り会場で、久々の再会。

…その姿を目の当たりにして、上手く言葉が出ず、とにかく悲しくて、悔しくて。
涙をこらえるのに必死でした。
それでも笑顔を見せつつ、いざ、やぐらの上へ。

和太鼓を叩いていると、その方がやぐらの下から自分の姿を見上げている。
その姿に気づいた瞬間、泣きながら和太鼓を叩いていました。

今年も一緒に叩きたかった。
けど、その方の分も頑張るんだ。
なんでこうなったんだ、理不尽だろ。

色々な思いを抱えながら叩いた和太鼓。

でも、今の自分にできることは、たぶんそれだけなんでしょう。
色々な思いを抱えながら、明日もまた、和太鼓を叩きます。








コメント

何ヵ月ぶり?何年ぶり?

2019-08-10 22:51:31 | Weblog
ども、Matsukenです。
ブログ、放置してました。
すみません。

そして今、俺は海の上におります。
海の上からブログを書いたら面白いんじゃないの?
なんて、ふと思い立って、更新してみました。

ええ、相変わらず元気です。

よし、またぼちぼち、再開しますか!


コメント

教え子の歌に感動した1日。

2018-11-04 22:27:05 | Weblog
中学校の頃。
ピアノコンクールの北海道大会に進出。
札幌の大きなホールが会場となり、全国大会もかかっている大一番。
ダメもとで担任の先生に、「応援に来てください!」と伝えたら・・・。
なんと!
会場に来て、聴いてくださいました。

さらに、元担任の先生まで、応援に来てくださっていたのです。
その先生は、間違えて出演者席に座っていたという、可愛らしさもあったのですが。(笑)

でも、すごく嬉しかったんです。

その思い出があってこそ、今、教師になった自分は、教え子の発表会などにも足を運ぶことがあります。
もちろん、お誘いを受けたら、ですが。(笑)
やっぱ、誰かに応援してもらうってことは、何よりのパワーになると思うんです。

そんな今日は、教え子が合唱団に所属していて、大きなホールで歌うとのことで。
見に行ってきました。

・・・いやはや、可愛すぎで、癒されました。
何よりも、演出が可愛すぎる!
「黒猫のタンゴ」を歌い、曲の最後に猫のポーズで「ニャー」。
・・・これは反則です!(笑)
会場の聴衆からも、拍手喝采!

しかし、少人数ながら、一人一人の声が綺麗で、統一感があって。
合唱の響きを味わうこともできました。

今日は老若男女、様々な団体が出演していましたが、
やっぱり合唱はいいなぁ、と思える1日でした。

そんな自分が好きな合唱曲の1つが、「信じる」です。
この曲を聴くと、何か泣けてくるんだよなぁ。


「信じる」



さ、明日からまた、頑張ろう!




コメント

ありがとう安室ちゃん!安室奈美恵『Don't wanna cry』を、おもちゃのピアノで弾いてみた。

2018-09-15 23:51:10 | Weblog
安室奈美恵『Don't wanna cry』を、おもちゃのピアノで弾いてみた。



自分の人生の中で、一番最初に恋をした芸能人。
それが、安室ちゃんでした。

小学5年生の頃。
安室奈美恵と出会い、それ以来すっかりファンに。
ほんのわずかの小遣いで、昔のアルバム(『Try me』とか『愛してマスカット』とか収録されている)なんかも買い。
あ、その当時は、安室ちゃんのバックにいたのが、スーパーモンキーズだったり。(笑)
スーパーモンキーズはやがて、MAXとして大活躍するんですが・・・。

新曲が出るという情報を得る度に、CD屋さんに行って即予約し。
発売日の前日に手に入れて、聴いて、その度に感動して。

あ、今の人には信じられないかもしれないけど、昔はシングル曲は縦長のCDケースだったんですよ。(笑)
しかも、CDそのもののサイズもすごく小さいという。
で、その頃のCDは、今も実家の自分の部屋に、大事に置いてあります。

そして、今回おもちゃのピアノで弾いた『Don't wanna cry』ももちろん、縦長のを持ってます。

それから、当時はラジオに安室ちゃんの曲を何度もリクエストして。

いとこには、安室ちゃん好きってことで、安室ちゃんの便箋やらグッズやらもらったりして。

あと、安室ちゃんが好きすぎて、映画の『That's カンニング!』を観に行ったのも、すごく記憶に残ってる。
今は逮捕されてしまった、TOKIOの山口達也さんとW主演で。
ラストのキスシーンには、幼なかった自分としてはちょっとショックを受けたけど。(笑)
あと、同時上映だった、ともさかりえさんが主演の映画の記憶は、ほとんどないけど。(笑)
この映画のエンディングにもなった、『SWEET 19 BLUES』!
この曲にも泣かされたな。

結局、音楽をプロデュースした小室哲哉さんの力もすごかったんだろうけど。
でも、歌ってのは、歌い手の人間性が一番大きいから。
やっぱ、安室ちゃんは、本物だったんだなぁって。

とにもかくにも、安室奈美恵あっての自分の青春時代だったと、今では思います。

そして。
いよいよ引退、ですね。
でも、この潔さもまた、安室ちゃんだと思う。
本当に、ありがとう。
安室ちゃんが好きな人は誰しもがきっと、そう思ってると思うけど。
その大勢のうちの一人として、ここに記事として記録しておきます。

感謝。










コメント

Happy Happy Wedding!!

2018-08-06 07:54:34 | Weblog
お久しぶりです。
Matsukenです。
暑い日が続いていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

さて、昨日の話ですが、同僚の結婚式に行ってきました。
結婚式は、いつ行っても、幸せな気持ちになりますね。

そして、そんな同僚のために、こっそりサプライズムービーを作ったんです。
さらに、オリジナルの新曲も作っちゃったんです!

そのムービーは、音楽に合わせたMV風の仕上がりで、かなり上出来なのですが・・・。
子ども達の姿が思い切り映っているために、ネット上では公開しません。
その代わりに、フリー素材の写真をつないだものを動画として、Youtubeで公開してみました。


『 Happy Happy Wedding 』 by かつまたばれん(Matsuken)



今回の新曲は、可愛らしく、キャッチーな仕上がりになったかな?と。

そんな昨日は、東京の友達、北海道の友達も、それぞれ結婚式でした!
偶然にも結婚式が重なった1日なのでした。

結婚は、勢いが大切。
そして、結婚後は、相手のよさを見失わずに、あらゆることを受け入れる心の広さが大切。
それが、自分の見つけた一つの答えです。



コメント

6年ぶりの、教え子達との再会。

2018-05-18 22:34:06 | Weblog
ども、Matsukenです。

今日は、毎月恒例の神楽坂の日でした。
オーシャンゼリゼにて、いつものようにピアノを弾いてきました。

そして、そんなオーシャンゼリゼで、実に6年ぶりの再会が…!
なんと、昔の教え子達が、来店してくれたのです!
懐かしくて、終演後にもつい、話し込んでしまいました。

その子達が卒業してから6年。
もちろん、大きくなっていました。
でも、話していたら、よい意味で中身はあまり変わってなくて。
素直さや明るさは、そのままでした。
それが嬉しくて、ほっとしたり。

ちなみに、教え子の一人は、自分との出会いによって、音楽の道を選んだそうです。

自分にとって、教え子達は一人一人が宝物のように大切で。
こうやって再会できるのは、本当に嬉しくて。
疲れていたけど、一気に元気になりました。

よし、来週も頑張ろう!
その前に、明日と明後日はちょっと、休めるぞ!(笑)

ところで。
神楽坂ですが、諸事情により、8月までお休みをいただきます。
9月より、復帰予定です。
よろしくお願いします!


コメント