ガラスの向こう側

フォトブログ★日々の暮らしの中でふと心に触れたもの

京都・感じるままに (8)

2020年11月08日 | 京へ

撮影も終わり、友人ととことこと駅へ向かっている時に
撮ったものです。京都らしさはないけれど、少し強引に
言うならば、"slowly"にそれっぽさを感じたりして・・・

コメント

京都・感じるままに (7)

2020年11月07日 | 京へ

八坂神社から二年坂へと歩く途中で撮ったもの。
土壁の風化具合、特にひびやへこみに歴史を
感じたりしたのでした。(ねねの道にて)

コメント

京都・感じるままに (6)

2020年11月06日 | 京へ

それぞれの気持ちのこもった暖簾。
これは左右のシンメトリー崩しが面白いな
と個人的に思いました。で、何の店だっけ。

コメント

京都・感じるままに (5)

2020年11月05日 | 京へ

これは昨日と同じ位置から右側の窓を撮ったものです。
少しアンダー気味にして、全く違う表情を狙って
みました。ちょっと別の世界に紛れ込んだかのような
感覚ですね。

コメント

京都・感じるままに (4)

2020年11月04日 | 京へ

スタバ、京都二寧坂ヤサカ茶屋店。
和のテイストにたっぷり浸りながら楽しむ珈琲。
何んとも贅沢な空間、そして時間でした。

コメント

京都・感じるままに (3)

2020年11月03日 | 京へ

ここまで色褪せたポスターを大切に飾ってある意図は
なんだろうと考えてしまいます。お店にとって特別な
ものなのでしょうか。いずれにしても、この雰囲気、
妖しげでとても魅力的なんですよね。

コメント

京都・感じるままに (2)

2020年11月02日 | 京へ

祇園の花見小路に佇む丸ポスト、これはその屋根部分。
華やかな雰囲気の中で、対極的な風化具合です。
でも、これもまた味があっていいなと思います。

コメント

京都・感じるままに (1)

2020年11月01日 | 京へ

久し振りに京都を歩いてきました。
これは、面白い暖簾を見つけて撮ろうとした時に、
風で隙間が出来た瞬間です。向こうがよく分かり
ませんが、それはあなたの想像力で補ってください。

コメント

師走の高瀬川 (13)

2019年12月29日 | 京へ

五条を過ぎて、かなり四条に近づいたところです。
ここまでくると、雑多な生活感と高瀬川の自然との混在した
風景を見ることができます。これでこのシリーズ最終回。
少しずつ変わっていく情景を楽しみながらの短い旅でした。
13日間ありがとうございました。

コメント (2)

師走の高瀬川 (12)

2019年12月28日 | 京へ

近隣の方がお世話をしているのでしょう。
この時期でも様々な草花が水面を背に咲いております。

コメント (2)