杉ちゃんのWEB日記

国際山岳ガイド 杉坂 勉のブログ

今朝も

2019-07-13 13:45:13 | ブログ
綺麗にモンブランが見えてる!
iPhoneから送信
コメント

幸先よく

2019-07-12 00:12:01 | ブログ

今期1回目のモンブラン。天気も山のコンディションも良く、無事全員登頂出来ました!
iPhoneから送信
コメント

さてと、

2019-07-07 13:11:45 | ブログ
今日から労働の季節。
iPhoneから送信
コメント

今年も

2019-06-19 14:49:23 | ブログ
彼の地に到着。今日からしばらくはこちらの住人です。
iPhoneから送信
コメント

今シーズンも

2019-06-06 16:58:16 | ブログ
今日で滑り納め。
来シーズンもよろしくお願い致します!
iPhoneから送信
コメント

2019-6-1~2 富士山

2019-06-03 14:57:06 | ガイド山行記録

今週末は、来る夏のヨーロッパのトレーニングで富士山へ!

 

夜も明けてきた4時10分、佐藤小屋を出発。遠くには甲斐駒をはじめとする南アルプスと、その先には穂高や後立山などの北アルプスの峰々も!天気は予報に反していい感じ。

ところが今年は既に山には雪は無く、夏道を登る羽目に。

9合目にさしかかるところでようやく雪が出てきたので、アイゼン、ロープを付けてのトレーニング。

少し時間はかかりましたが無事に富士山山頂へ。

いやー富士山、さすが日本最高峰。長いですねー。でもこの時期はまだ登山者か、滑り系の人たちしかいないのでとても良いですね。

コメント

2019-5-25~27 剱岳・別山尾根

2019-05-28 12:26:35 | ガイド山行記録

いやー、先週末は暑かったですねー!

残雪期もいよいよおおづめになってまいりましたが、今年の剱・立山方面はまだまだ雪は沢山あります!そんな中剱岳に行ってきました。

初日はアルペンルートの混雑を避け、早めに室堂に入り、ゆっくりと剣沢まで。雷鳥坂の登り暑かったー!!

 

明けて26日は猛暑予報の中、4時20分には剱沢小屋を出発。

高めの気温のせいで雪面は早くも解け始めてサクサク。さすがに前剱大岩の登りはスタカットで。

 

その後も夏道の出始めた別山尾根を順調に登攀。平蔵の頭へと続くクサリ場を慎重に越えていきました。

 

そしていよいよ上部の核心、カニのタテバイへ。

剱岳山頂も雪解けが進み、お社もこんな感じ。

トレーニングも兼ねた今回は、平蔵谷は下らず別山尾根の往復!大変充実した1日でした‼

ちなみに剱沢の小屋に帰ってきてからサイダーのがぶ飲み…。山も猛暑?の影響でカラダはカラカラでした。

 

 

コメント

2019-5-4~5 北穂東稜

2019-05-06 15:13:08 | ガイド山行記録

 令和最初のGWは北穂の東稜でした。

 

 4日はこの連休最高の天気!少し気温は低めでしたが、気持ちの良い朝上高地から入山。

 

明神、徳澤、横尾と進み、本谷橋のあたりまで来るとぐっと積雪様も増します。今年は雪が少ないと言われながらもここからは夏道と分かれ沢ぞいにアプローチ出来ました。

夏道でいうSガレのあたりまで来るといよいよ涸沢から見上げる穂高の山々が!

明日の晴天も予感されます。

 

翌5日は3時半に起床。早々に身支度を整え4時40分いざ北穂へ。この日も雲一つない晴天!

5時を過ぎるとあたりの山々にも朝日が当たり始めます。この日も奥穂のモルゲンロートはとても綺麗でした。

南稜の分岐あたりから見上げる北穂東稜。ここでロープを付け東稜へ。

東稜にあがるとこれまた素晴らしい大パノラマ!前穂北尾根をバックに記念撮影。

 

今年の東稜はまだ着雪もバッチリでミックスクライミングを堪能。

 

雪壁、ナイフリッジとこなしいよいよ核心部へ。

ゴジラの背も無事通過。

 

あとはひたすら北穂小屋を目指して雪壁を登るのみ。

程よく締まった雪壁はステップもバッチリで快適。8時に無事北穂山頂を踏むことが出来ました。

北穂沢の下りも見事なステップが刻まれ、1時間ほどで快適に下山。

ヒュッテで北穂東稜をバックに記念撮影。素晴らしい登攀をもたらしてくれた山に感謝の念を抱き、幸せな気持ちに包まれながら涸沢を後にしました。

春山は楽しい!そして穂高は素晴らしい‼

 

 

 

 

コメント

2019-4-28~29 GW西穂高岳

2019-04-29 14:52:50 | ガイド山行記録

平成最後のGW第一弾は西穂!27日の悪天をやり過ごし、28日朝イチのロープウェーで入山。

 

小屋までの間では前日までの降雪で、新雪15cm前後が新しく積もった様子。でもこの日の気温上昇ですぐにグサグサのクサリ雪に。

 

1時間ちょっとで西穂山荘。お日柄も良いので外で身支度を整え、いざ西穂へ!

 

1週間前とは見違えるほど残雪も溶けており、やっぱり春なんだと実感。

独標の下でロープを付けここからいよいよ核心へ。

独標からの西穂そしてジャンダルムからの奥穂!

 

縦走路にはまだ残雪がびっしり!少しクサリかけてきたので踏み抜かないように注意して進みました。そして稜線上の特にコルにたまった雪庇には注意!!

 

少し行程がタイトだったこともあり、バテ気味で西穂山頂へ登頂。目標だったピークに立つことが出来ました。

山頂からの下りも時間をかけて慎重に下山。何とか明るいうちに山荘に到着することが出来ました!今回もお疲れ様でした!!

 

コメント

2019-3-30~31 八ヶ岳・大同心稜

2019-03-31 20:55:22 | ガイド山行記録

3月も終わろうとしているのに、なんと八ヶ岳にも大雪!

当初は阿弥陀の北稜に行く予定をしていたのですが、おりしも天気予報はどこも最悪…。さすがに北稜は無理だろうという事で、まあ行けるところまでという事で大同心稜へ行ってきまいた。

 

予報通りと言えば予報通り、八ヶ岳にも大量降雪。赤岳鉱泉の周りも一晩で20cmほど積もりました。

まさに真冬に逆戻り。

大同心稜は当たり前のようにトレースは無く、スネから膝ぐらいまでのラッセル。元のトレースを外すとズボズボ潜るので、足裏でトレースの感触を確かめながらのラッセル。

森林限界を越えると上部は真っ白にガスがかかり、大同心なんて到底見えない様子。

 

何とか基部までたどり着き、いよいよ核心部へ。

ところが南稜の取り付きを回り込もうとしたところで雪庇を踏み抜き‼ほんのすこし足を取られました。。

上部は風の音も轟轟としているし、雪崩も怖そうだし。今日はここで敗退!

まあ、荒れた天気を体験してみるにはちょうど良かったですね。

コメント