風のいろ・・・

どんな色?

小説 「羊の群」・・・作られた形

2016年04月08日 | 小説

☆小説 「羊の群」続きです~





※表紙おかりしましたm(__)m







「俺は今自分のいる世界に絶望しているわけではない。
現実からの脱却のために君を知りたいと思っているのでもない。
前にも言ったけどそれを捨てる勇気もないんだ。
ただそこには真実もない。それだけはしってるつもりだ。
作られた偽りの形に閉じ込められ、息が詰まっているにもかかわらず、誰も抗わない世界が、俺の世界だよ。

・・・・」


・・・・・・・




「この真実を君に言うべきか迷っていた。
おそらく君は自分の気持ちに気付いていなかったろうから。
君のそれはこれから生きていく上で、辛いだけで、出口もない。知らなかった方が余程楽だったろう。
でもそれが真実なら逃げないでくれ。そして乗り越えて本当の自分を手に入れろ。
対面も、形も、他人の目も、自分の邪な欲望からも解放されたとき、そこに答えがあるはずだ。
君なら見つけられるし、到達することができる。」




・・・・・・・



・・・・・・・









「男女に関係において『恋』と『愛』とは存在のあり方が違うのではないでしょうか?
恋が障害において燃え安定において冷めるものなら、愛は、人間の孤独から生み出され、人間の孤独によって育てられてゆくのではないかしら。
とはいえ本当のところは、私にもよくわかりませんわ。恋と愛の違いだなんてとても難しくて。
ただ一般論として申し上げたまでで恥ずかしいですわ。
それに孤独とは多分、知能の高さや感性の違いによっても、感じる度合いがそれぞれに異なるのでしょうから。

ともすれば、どんなことにも慣れってありますでしょう?慣れてしまえば孤独だって、そう悪くないかもしれませんわ」



・・・・・・・




※許可のもと一部を抜粋させていただいてます。









☆「真実」と「孤独」に関してそれぞれ別のシーンにてそれぞれ違い人ととの会話を載せてます。

一番冷静に見なければ・・・考えなければならないことなのに・・・

一番避けたいと思ってしまうのは・・・

私だけ???

なんちゃってね~



最後の最後まで向き合いながら・・・
考えていきたいテーマかもしれないな♪


かみ合わない母と・・・こんなことをトークしたりしてます♪









※雨の降る前の近所の夜桜🌸









素敵な週末を☆彡







コメント

「ダイヤのA」

2016年04月06日 | アニメ


※画像おかりしてます。ありがとうございますm(__)m


アニメ 「ダイヤのA」ですよん~

ご存知の方も多いと思いますが・・・

現在、セカンド放映中?ですが、遅咲きの私は・・・

最初のダイヤのAにはまり中~~~

基本、リアルタイムでは見ていないことが多いんです^^;;


主人公はピッチャーの野球が大好きでめちゃくちゃ明るい?沢村君ですが、キャッチャーの御幸君がこれまた野球に対するぶれない真剣勝負を常に望み戦う頭のいいキャッチャーでこのコンビが・・・・

いろんなことに向き合う姿が・・・めっちゃしぶいっす!




興味のある方は、私が毎日読ませていただいてるブログです。
↓  ↓  ↓ 
「アルのつぶやきの部屋」さん
http://plaza.rakuten.co.jp/samariyanonezumi/

この方のブログをぜひぜひ飛んでみてね~いつも記事の最後に記される言葉に・・・グッときます♪



☆本当に好きなものに出会うって・・・
簡単なようで・・・実は本当は見つけていないのかも・・・

だけど・・・

きっと誰にでも本当はあるはず・・・かな?^^v






ダイヤのA MAD
nepia0328 様 Thank you!




☆彼らはいう・・・

「普通の高校生活なんてとっくにあきらめた!」

「全国制覇のみ!」


沢村はいう・・・

「甲子園というところがどういうところかはわからないけど・・・ここで逃げたら・・・もう二度とマウンドには立てられない気がする!」





野球は一人でではできない・・・

だけど・・・

自分が本当に「したいこと」がなにか?をもし知らずに、見つけることできないままだと・・・

いつでも逃げ出す口実をポケットに隠しながら、辛い時には逃げ道を開けられるように隠し持ってるドアのカギをぶら下げて、最初の自分の目標なんかよりも、どうでもいいようなことに心を揺さぶられ、大事なものを探すことをあきらめてしまう・・・

でも・・・

自ら厳しいとしっていて入った世界・・・

自分で決めたこと・・・

甘えなんて通じない

本当に好きなら・・・


何があってもぶれない、責任転換(※責任転嫁)をしない、自分の選んだことには決して後悔しない!

自分のために!

ですよね♪


なんちゃってね☆彡










(おまけ)

・責任転換責任転嫁」の誤り
責任転嫁とは、ある責任を自らが果たさなければならないことを認めず、その責任他人にあると主張することを意味する表現

 

 

責任転嫁(せきにんてんか)とは、自分に多くの責任があることを認めず、外部に責任があるとすること。人の所為にすること。責任の押し付け、なすりつけ。



☆私も・・・やってる~やってる^^;;;;;





 

コメント

小説 「羊の群」

2016年04月01日 | 小説

☆小説 「羊の群」  







※表紙:画像おかりしましたm(__)m







「人は恋に恋し、虚しい芝居を繰り返すだけさ。
強欲の人間に自分よりいとおしいものがあるものか。恋など自己満足の押し売りさ。偽善にすぎない」



「可哀想なお兄さん。
人が人を愛するということは本当に素晴らしいことよ。誰も愛せないお兄さんには所詮わかりっこないわ」





・・・・・





「愛が、相手の過ちを許し何の報いも求めないで与え続けることができるというなら、俺は信じるよ。
だがそれが本当に可能ならな」





「人間はそりゃ失敗もするけど、人を好きになるときはそうやって頭で計算し理屈でするものではないわ。
考えるのではなく心で感じるものよ。だから自然と相手にも優しくなれる。
残念なことに、この家には全く存在しないものだわ」





・・・・・・・・・・・・・




「俺は当てにもならない人間を信じたりしない。ましてや移り変わりやすい心などにすがるのはごめんだ。
人間なんて、自分以外誰も愛せやしないさ。自分の感情でさえ支配できやしないんだからな。
いつか必ず自分が、愚かなピエロであることに気付く時がくる」












※近所のモクレン♪







☆小説の一部をご紹介させていただきましたm(__)m














コメント