風のいろ・・・

どんな色?

認知症?「ユニマチュード」?

2017年04月29日 | 介護?

☆汗ばむ季節になりましたね♪

 

認知症をテーマに開催された

 国立京都国際会館(京都市左京区)で開催中の「国際アルツハイマー病協会(ADI、本部・英国)国際会議」

認知症と向き合う日々の中、少しでも?一つでも?ヒントを見つけて、取り入れたいと思いながら・・・

 

情報は外から貰わなければ^^;

自分では到底、方法も対策も生み出せないし^^;

 

様々な情報がTVやネットにもありますが、それぞれ皆認知症の症状も違うし、適応できることとできないことはそばにいる自分にしかできないので・・・

 

参考にできることを一つでも見つけたいと思いながら毎日、実生活で身近に利用できる手段を探しながら、

専門職の方に聞いたり、調べながら探ってみたり・・・

 

どんな環境でどのように対処?対応?しているのかを一番知ることが死活問題となっているので~

 

 

精神的な自分のケアも大事だし・・・

認知症の症状も理解しつつ・・・

医学的な治療法や専門家の方々の治療法や知識を探りつつ・・・

でも・・・

ひとりひとり違うので専門知識だけでは決して解決できないし?

いやいや・・・解決できると思いながら接すると自分本位と頭でっかちな融通の利かない「こうやらねばならぬ」精神が私を支配してしまいつまずく原因になって相手を非難しちゃいかねないし^^;;;;

 

 

毎日、認知症の母と接していると・・・

自分までもが・・・認知症状ではないのかな?と^^;

錯覚しちゃうほど・・・落ち込んだりしちゃうので~

受け止めるって大変~だから気をつけなければならないし・・・

理解する?「現実」をありのまま?冷静に観ることが問われる~

 

 

ここは感情的に物事を解決しないことを自分で決めて?(言葉で言うほど簡単ではないけど^^;)

時々・・・AIロボットになりたい~~~~と思うこともしばしば^^;

 

 

先日、TVで認知症関連の番組を拝見しました。

 

「ユニマチュード」という方法が話題になっているようですね^^

◎「ユニマチュード」とは、フランスで生まれた認知症ケアを言い、「見つめる・触る・話す・立つ」の4つの基本を心がけるというものだ。(抜粋文)

 

すべてが・・そのまま・・・取り入れられるかは・・・

私の場合、母の症状や母の状態と状況を理解と把握が必要で、優先されることがこの中で何か?を見極めながら(私に見極める能力がないのも考慮に入れながら)、取り入れられるように参考にしたいと思いました♪

 でも実践する上でとても有益ではないのかな?

目をしっかりと見ながら・・・

(普通で考えるとこの対応は当たり前なのに・・・毎日繰り返される同じ言葉と同じ行動と同じ対応をしていると・・・いつしか認知症に対する接し方にガサツになってしまったり、相手が認知症だということを忘れてしまうような対応をしてしまったりとか・・・そして落ち込んだり?して・・・^^;)

 

 

認知症を抱えてる方々に必要なのはどのように対処し、どうやって介護?すればいいのか?・・・

疲れてしまい、自分が対応できない状態になってしまうことが疲労困憊の原因にもなりかねないし・・・

 

健全に物事を考えることも、健全に接することもできなくなってしまうので・・・

 

相手は認知症なので健全ではないかもしれないけど、自分は健全であることを常に考えながら接することも大切かな?ってね。

健全とは?

必要な情報と利用できる適した公的なシステムを通して協力かつ利用する手段を常に探しながら、それぞれ毎日変わっていく認知症の状態に適切に対応していくように・・・

これが大変なんですけどね^^;

 

地域包括センターを利用し、ケアマネの方に相談しながら・・・

施設も利用できるなら利用し・・・

 

自分の忙しい生活も維持ししながらの対応は切羽詰まってしまい、自分にも余裕がなくなってしまう・・・

イライラや自分の神経もピリピリ・・・

では・・・

到底、落ち着いての対応はできていないし・・・

 

逆に認知症の方への心無い接し方をしてしまうし^^;

 

毎日、かみ合わない?会話の中で、ふと本当に認知症?と疑いたくなる瞬間が出てきてしまう^^;

(会話からくみ取るとそのように判断してしまう)

 

一瞬一瞬のその場のその瞬間に反応することがやっと?の母には5分後の状態を想像して判断することも、この瞬間の選択が五分に大きな影響を及ぼすことを理解し、想像できる対応力が失われているので・・・

だけど?自分でやりたいようにしないと・・・納得しないし^^;

一つの「選択肢」しかない母にとって・・・

その選択が最も自分にとって「最善」で「有益」だと思っているので^^;

(今までの性格的な部分も含まれているかもしれませんが)

 

ますます考え方や行動が狭まってしまうしかない^^;

 

危険が伴うことは事前に防がなければならないのが、周りで接する人の役割というか・・・

 

情報なくては・・・自分では解決できないし?

本人の状態を観察しながら理解することから始めないと、情報の通りにだけしちゃうとまたそこはそこで壁にぶつかってしまうこともあるし・・・

 

限られた状況をどう生かすかを日々模索しながら・・・

 

毎日、一歩一歩?

時にはバッグしちゃったりもするけど^^;

 

 

 

 

 

 この季節は花が沢山咲いているので忙しい日々、歩きながら目で楽しむ時間となりますよね♪

 

 

素敵な週末を笑顔で☆彡

 

 

 

God Bless You!!!

 

 

 

 小説羊の群魂の色#エルサ#パピルスの詩#蒼天の風の道#elusa#心の声#考える#心のリアクション#

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメシスト♪

2017年04月26日 | ひとりごと・・・

沢山あるブログの中からここに立ち寄ってくださり感謝しますm(__)m

 

新装オープン?というほど大げさなものではありませんが^^;

 

今日からガラリと雰囲気を変えてみました♪

 

これからもよろしくお願いしますね^^v

 

 

 

今日は認知症の母のことではなく・・・

 

個人的な記録用として自分のことを少し・・・

 

「アメジスト」・・・石の名ですね^^

 

二月の誕生石!

(私は二月生まれではありません^^;)

 

初めて手にするアメジスト・・・♪

 

 

プレゼントって嬉しくてなんだか胸がわくわくするはずが・・・

なぜか・・・???

この石の重みを感じずにはいられなくて^^;

 

ひとりごとで、ちょっと書き込もうかと思います。

 

 アメジストの誕生石は二月!

(何度もひつこいようですが・・・私は二月ではありません^^;)

誕生石はアメジストではないので・・・

(どちらかというと・・・誕生石を好む・・・アクセサリー)

今まで、身につけたいと思ったことがありませんでした。

 

身につけるアクセサリーを見てみると誕生石が一番多いかな? 

 

しかし・・・この石をいただき・・・

大切な自分の誕生宝石を私にくださった送り主は二月生まれ^^

そして・・・送り主の方の二月の「誕生日」の石言葉は・・・

「産みの苦しみと喜び」

 

綺麗なアメジスト!

品のある高貴な色合いとこの石の奥ゆかしい輝き・・・ 

 

調べてみると・・・

ビックリ!!!

 

私の誕生石ではないはずのアメジストだと思っていたのですが・・・

私の「誕生日」と、つながりがあったことを初めて知りました^^;

 

ドンピシャの私の誕生日の石とこのアメジストの石が・・・

関連のある石?!

 

 

この紫のアメジストが???

 

アメジストのペンダントヘッドを初めて頂いた時・・・

 

なぜか?心の中で・・・ずっしりと、この石の重さを感じずにはいらませんでした^^;

(普段は何も考えずに有頂天になるタイプなのんで)

 

嬉しいだけではなく・・・?

喜びだけではなく・・・?

 

この石の重さの圧迫というか・・・^^;

(実際には抱えきれないほど重いわけではあ~りませんが)

私にとって・・・抱えきれない・・なんだか大きな重圧が・・・ 

 

なぜこの石が届いたの?

この意味するものとは?

 

「なんでだろう~?なんでだろう~?」ということで・・・

 

届いたその日から軽くあしらえない?簡単には身につけられない?

(ひとりごとなので^^;スルーでヨロシク) 

 

珍しくこの石に関して調べてみると・・・

「アメジスト」

「誕生石に関しての地域説では・・・

旧約聖書のエジプト記のは裁きの胸当てにはめる12個の貴石の記述がある」(抜粋文)そうです 

 

私の誕生石ではないのに・・・

誕生石は「二月」

だけど・・・自分の誕生日を調べると・・・

誕生石としてしるされてあったアメジスト!!!ビックリ!

 

 

「アメジストの歴史は古く、旧約聖書にも登場していて・・・

その名の由来はギリシア語で、「酔わせない」という意味があり、

酔いを防ぐ効果があると信じられていましたとのこと。

 

一つ一つの宝石に与えられた象徴的な意味・石言葉は

「決断・知性・調和誠実・心の平和・高貴・愛情・・」などなど」 (抜粋文)

 (伝説としての見解)

 

一般的に言われている私の誕生石ではないアメジスト・・・

だけど・・・

本来一般的にはアメジストは二月であって・・・

私の誕生石ではありませんが・・・

しかし・・・

私の「誕生日」の石でも伝えられていたことに・・・

 

 

 

石言葉で一番目に入ってきた言葉は・・・

「決断」でした

 

今、決断すべき・・・

 

本当の「決断!」

 

 

記されてる言葉の意味に見合う?似合う?価値ある生き方をしていきたいですね♪

 

(落ちのない?^^;)

 

長~いひとりごとでした。

 

 

感謝!

 

神様、感謝します!

 

 

皆様の上にイエス・キリストの祝福と恵みがありますように☆彡

 

 

 

 

「この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全でるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。」

ローマ12章2節

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小説#羊の群#魂の色#エルサ#パピルスの詩#蒼天の風の道#elusa#心の声#考える#心のリアクション#

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心の賛美

2017年04月11日 | ひとりごと・・・


「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。
わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。
そうすればたましいに安らぎが来ます。
わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」

マタイ11章28~30節

 

 

心の平安と魂の安らぎが・・・

皆様の上にありますように・・・

 

神さまと出会う喜びと感謝で満ち溢れますように・・・

生きる意味を生涯を通して教えていただけますように♪

 

 地の果てまで・・・

 

イエス・キリストの栄光がほめたたえられますように!

 

 

JESUS LOVES YOU!

 

 

 

 

 

 

☆おまけ画像☆

 

 

 

 感謝!!

 

 

 

  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

☆大盛堂書店にて・・・

渋谷駅ハチ公前出口
(スクランブル信号渡り、センター街入口の左側にあります) 

 

 

四月限定・・・

 

小説「羊の群」

 

数に限りがあるようなのでお早めに?!

 

 

 

 

 

 

小説#羊の群#魂の色#エルサ#パピルスの詩#蒼天の風の道#elusa#心の声#考える#心のリアクション#

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説「羊の群」 (渋谷)

2017年04月01日 | 小説

☆小説のご紹介☆

 

小説「羊の群」

 

 

 

 

渋谷ハチ公口のセンター街入口にある

大盛堂書店にて

4月限定(4/1~4/30)販売しているそうです!

数に限りがあるのでお早めにどうぞ!とのことです。

 

 

 

 

(内容) 

主人公は双子の兄妹。

二人は一度も愛されたことがなく

互いに憎み合って生きてきた。

愛に飢えながら、愛し方がわからに二人。

やっと互いに認め合った時、

大切なものを失ってしまう。

しかし兄妹の真剣な生き方に、

いつしか周囲の人間が影響を受け人生をやり直す。

※コピペさせていただきましたm(__)m

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

☆四月カレンダー♪

 

 


「太陽がもうあなたの昼のとはならず、

月の輝きもあなたを照らさず、

主(しゅ)があなたの永遠のとなり、

あなたの神があなたの光栄(こうえい)となる。

あなたの太陽はもう沈まず、

あなたの月はかげることがない。

主(しゅ)があなたの永遠のとなり、

あなたの嘆き悲しむ日が終わるからである。」

ーイザヤ書 60章 19節ー

 

 

 

 

 

 

 

手作りでいただきました^^

公的にも・・・

個人的にも・・・

生涯・・・忘れられない・・・

神様の恵みによって与えられた奇跡の4月です♪

 

この日があったから・・・

今日があります☆彡

 

「永遠の命」に感謝と共に・・・

 

 ひとりでも多くの方々がイエス様と出会えますように・・・ 

 

 

イエス・キリストに感謝します♪

 

 

 

 

 

 

素敵な週末を☆彡

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加