2019 SOCJ SLALOM in 大磯ロングビーチ <ご案内>


海の見える素敵なコースで目いっぱい

 

       遊びましょう!
 
 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

日 時 : 4月28日(日) 受付 午前 6:30~7:15(ゲートオープン6:00) 雨天決行

場 所 : 大磯ロングビーチ       協力 大磯プリンスホテル
      神奈川県中群大磯町国府本郷546


スト:Tipo元編集長               嶋田 智之 氏 

    全日本ジムカーナチャンピオン(2回)   小林 辰郎 氏

                         長島 美香 氏


内 容 :● SLALOM チャレンジ・ミドル・エキスパートの3コースを設定
     ●じゃんけん大会によるプレゼント争奪戦
     ●セブンショップの協力によるグッズ・パーツ販売、etc

     パイロンコースを走行しタイム計測を行いベストタイム他各賞の表彰。

     ・練習後、数本タイムアタック(練習も含め5本以上の走行予定)
     ・一般車両の参加も大歓迎です。
     ・見学のみでも結構です。


参加費 :● チャレンジクラス ミドルクラス エキスパートクラス
       (車種は問いません/昼食付)
        クラブ員:13.000円  一般参加:16.000円
     

     ● 割引制度

    ・レディース割引
        クラブ員:10.000円   一般参加:13.000円 

        ・会員家族割引:13.000円 

        ・学生割引:10.000円(要:当日証明書)

    ・一般参加者グループ割引 一名13.000円(振込が同時にできる5名以上のグループ)

       
     ● 同伴者等 昼食代 1500円  

      
問合先 :オートプロデュース ザ・クロス 雲越(クモコシ) FAX 0480-85-9251
      Mail:kumo@t-cross.com 
       S.O.C.J.                          


締切り : 4月18日(木)厳守 参加費も同日までに、お振込ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※2019年度 本イベントのご案内、申し込み、コース図などの詳細は【コチラ】からダウンロードしてご利用ください。




たくさんの方々の参加をお待ちしています。





最後までご覧いただき、ありがとうございました。





※ 本イベントに関する、取材・報道・写真・録音・録画及びそれらの使用・公表については主催者の権限であり、それらに伴う対価の要求は一切認めません。

※ 個人情報については、本イベント以外での使用はいたしません。



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「和歌山ロングツーリングに参加して」2018.11.16~11.19

「和歌山ロングツーリングに参加して」

2018.11.16〜19


【プロローグ】

「セブン」でのロングツーリングがある時は、その1ヵ月ほど前から、天候、

車の状態、自分自身の体の具合などが気になって仕方ない。

 特に天気は、そんなに早く気にかけても、どうにもなるわけではないのに

1か月予報、週間予報など早いうちから気になる。

車の状態はショート・ツーリングと評して出かけてみたり、何時オイル交換

したかなど車の修理履歴など調べてみたり、修理日程を考えてみたりして

しまう。自分自身の健康については、年相応と諦める外はない。

 それがツーリング直前になると、実際にセブンのあの狭い空間に工具や

着替え、雨対策のコートなどは入るかなど考えて部屋にすべてのものを

並べてみたりしてしまう。

 

【1日目-東名中井PA-トヨタ博物館見学-ホテルルートイン豊田】

 午前4時に目覚まし時計に起こされ、パンとホット牛乳の軽い朝食で

腹を満たしセブンのシートに潜り込む。この一瞬がたまらなく緊張する。

これから始まるロングツーリングのワクワク感とあいまって、初めて走る

路に想いを巡らせての高揚感である。

 妻が起きて来て音でご近所に迷惑にならないようにとセブンを表の道路まで

押し出してくれる。

 まず、関東組が集合する東名中井PAに向かう、9時30分の集合時間より2時間程

早く着き後続のセブンの到着を待つ。

集合予定者がそろった時点で、次の昼食場所の静岡SAに出発、11時に到着して

昼食をすませる。ここで合流したS氏・K氏とともに本日の見学場所の

「トヨタ博物館」をめざして走り、午後2時すぎ博物館に到着した。

 

  私は2度目の見学であったが、今回も展示内容の素晴らしさとスタッフの

マナー良さはさすがトヨタだと感心させられる。

 でも、展示車両の中にロータスはあったが、セブンの影も形もなかったのが

唯一残念なことだった。

 楽しい見学の後、近くの「ルートイン豊田朝日ヶ丘」にチェックインし、

軽く1日目の汗を流し、夕食は近くの和食屋「岬」へ、美味しい寿司とお酒で

腹を満たし、明日からのことを考え早めに切り上げてホテルへ。(各自爆睡?)

 

【2日目-豊田-名阪伊賀SA-和歌山】

前日までの雨の予報に反し“曇り„全員の善行に感謝!

幌を外しオープンにする、セブンは本来の姿と楽しさがここにある。

 途中、東名阪自動車道から名阪国道に入り、伊賀SAでセブン・ドクターK氏と

三重のM氏が合流し全車がそろった。今日の宿ダイワロイネットホテルに

向かう。

ホテル到着後すでに新幹線で到着していた事務局のM氏と全員そろってホテル

向い側の駐車場ビルの屋上で和歌山城を背景に記念撮影し、

そのまま階下の駐車場に全車移動した。

 ホテルにチェックイン後、タクシーに分乗して和歌山支部主催のウエルカム

ディナー会場に向かう。


総勢20名の大宴会となる。料理は和歌山支部が用意してくれた名物「クエ」

鍋料理や刺身、差し入れのお酒、支部が用意したお土産などセブンの話題や

皆が持ち寄った話などで大いに盛り上がって、8時過ぎ打ち上げとなった。

 

【3日目-ホテル-高野山散策(昼食)-ツーリング(和歌山組と別れ)-旅館】

 今日は今回のツーリングの目玉の高野山への参拝と宿坊での昼食会

(精進料理)が予定されている。

 高野山の登りは箱根の旧道を縮小したような感じでセブンには丁度良い楽しい

登り坂が続く、上り詰めた所に金剛峯寺があり、当日は日曜日で内外からの

観光客も多く、特に外国人から、めずらしい車の隊列に視線が集まる

(ちょっといい気分)。

また、ゆく先々でセブン(19台の内1台はロータス23B)は注目され、

羨望の的になっていた。また駐車させてもらった宿坊の地蔵院の境内には

子供を含む老若男女が集まりちょっとした自動車ショー的光景だった。

 

 境内にセブンを置き、奥之院までの散策となる。

 

うっそうとした奥の院に通じる参道は、太閤秀吉から太平洋戦争の英霊まで

二十万基を超えるあらゆる時代のあらゆる階層の人々のお墓が立ち並んでおり、

その一つ一つを和歌山支部の山崎さんが歴史上の人物や興味のある事柄を

取り上げ説明し、案内してくれた。

通常なら苦痛な片道1.6㎞の参道もどうにか説明に導かれて歩くことが出来、

奥の院への参拝が叶った。しかし往復3.2㎞はさすが後半疲れたが、その後は

楽しみな宿坊での精進料理が待っていた。

 独特の粘り気のある“胡麻豆腐”や高野山の厳しい寒さと生活の中から生ま

れた“高野豆腐などを堪能し、走りと味に十分満足し高野山を後にした。

 西名阪国道手前、奈良の大型電気店の駐車場で、それまで先導案内してくれた

和歌山支部方々に感謝とお礼を分かち合いながら別れ、今日の宿泊場所の

三重県津の湯本榊原館を目指し、アクセルを踏み込んだ。

 途中、名阪国道から伊勢自動車道に入るころには山陰に陽は落ちてライト点灯

なったが全車無事榊原館に到着した。

 トロッとした温泉”まろみの湯“に入り疲れを取った後、今回最後の宴会に

のぞんだ。

宴会の途中挨拶に現れた女将から当地の温泉の効能、旅館街の歴史などを聞き

ながら杯を重ね、最後の夜を楽しんだ。

今日は1部屋2人で12畳の広い部屋で手足を伸ばしての泊りとなった。

 

【4日目-ホテル-】

 私は、新幹線で来る家内と伊勢・志摩で2泊ほど観光するため、

ここで皆を見送り南下することとした。

 そこに三重在住の前川氏から道案内を兼ねて同行してくれるとの有難い

話があり、大変助かるし、なにせ2台で走った方がはるかに楽しさが

増すことになる。また、これも楽しさの始まりである。

  伊勢市駅まで“GO”

 

 

記述の終わりに際し、この度のツーリング実施に対し、多大なご尽力を

いただいた和歌山支部の皆様に感謝いたしますとともに御礼申し上げます。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。 

 

Text: 鈴木 昌平

Photo: 杉浦 定雄



コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )

第7回SOCJスラロームイン宝台樹 イベントリポート

 

初秋の高原に集まってSEVENと一日遊びました!

 

台風24号の上陸が予報される中、31台が出走しました。

 

<開会式>

イベント事務局 小松原さんより、タイムスケジュールの変更がアナウンスされました。

台風の影響が帰宅時に及ばないよう、午後に予定されていたタイムアタックを午前に実施。

表彰式を午前で行い、残りの時間は、希望者のみのフリー走行です。

 

会長が会社の台風対策で来られなかったため、副会長の新井さんよりご挨拶。

「あいにくの天候ですが、記念すべき第”7”回大会に多数のエントリーをいただきありがとうございます。

記念イベントとして”チーム賞”を設定しました。最後までお楽しみください」

 

競技長兼副会長 立屋さんより諸注意。

「雨で楽に滑らせることができ楽しいですが、コースアウトにはくれぐれもご注意を」

 

真剣な表情の参加者のみなさん

 

お馴染みとなりました講師のお二人。

2017年度 全日本ジムカーナチャンピオン 小林さん

レディースジムカーナドライバー 長島さん

 

雨の中の試走

まずはMR2 長島さん試走

 

続いて、立屋競技長のセブンで小林さん試走

 

 

本日のコースは、チャレンジクラス、エキスパートクラスの2コース

広い宝台樹コースをいっぱいに使ったハイスピードコース。

ウェット路面も相まって、難敵です。くれぐれもコースアウトはご注意!!

 

さっそくタイムアタック開始です。まずは、チャレンジクラスから。

ウェット路面で始まったタイムアタック。

雨天のため、セブンでの参加は少なかったものの、熱いバトルが展開されました。

 

続いて、エキスパートクラス

さすがはエキスパートクラス、セブンでエントリーのみなさんは、全員セブンで走行

セブンだらけのエキスパートクラスで、奮闘するS2000、速かったー!!

 

3本のタイムアタック結果で決勝。

 

<表彰式>

チャレンジクラス

4位新井さん 5位堀さん 6位齋藤さん 8位阪さん

とても若い顔ぶれですね、これからが楽しみ。

 

2位新井さん 1位南雲さん 3位小松原さん 7位青戸さん

第”7”回 記念大会7位トロフィーは拍力の特大セブン

 

おめでとうございます!!

 

エキスパートクラス

4位加藤さん 5位高橋さん 6位東海林さん 8位菊池さん

S2000で参加の加藤さん、なんと古稀を超えられています。

 

2位國生さん 1位島村さん 3位沼田さん 7位吉成さん

 

おめでとうございます!

 

そして、特別企画 チーム賞

Cチームの皆さん

 

講師特別賞 小林さん賞は…

いつもの場所に出られなかった競技長兼副会長「たまーに健忘症になるんです」

 

恒例のじゃんけん大会を経て、無事閉幕です。

 

チャレンジクラス1位 ゼッケン94の走行です

 

チャレンジクラス2位 ゼッケン88の走行です

 

チャレンジクラス3位 ゼッケン73の走行です

 

エキスパートクラス1位 ゼッケン119の走行です

 

エキスパートクラス2位 ゼッケン118の走行です

 

エキスパートクラス3位 ゼッケン113の走行です

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

※ 今回SOCJスラロームイン宝台樹の開催にあたりご協賛及びご協力頂きました各位に対し感謝申し上げます。 

協賛会社  横浜ゴム株式会社 ダートフォード AUTO PRODUCE THE CROSS

協力    Scuderia・CeT



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

第7回 SOCJ スラローム イン 宝台樹  <ご案内>

第7回 SOCJ スラローム イン 宝台樹のご案内

2018.9.30(日)宝台樹スキー場 駐車場 特設会場でスラローム大会を開催します。

本格的なジムカーナ競技ではなく、練習走行を中心とした走行会です。

また、皆さんとの情報交換や豪華な講師陣によるアドバイス等、

「SUPER SEVEN 第7回 特別イベント」もありで、ワクワクで一日中楽しく過ごせると思います。

詳細は、別途申し込みをご覧ください。


 

 

初秋の高原に集まってSEVENと一日遊びましょう!

   

※ この写真は2017年に開催いたしました、宝台樹でのイベントの様子です。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□ イベント内容 ■□■□■□■□■□■□■□



日 時 : 9月30日(日) 受付 8:30~ (スタート 9:30の予定) 雨天決行

場 所 : 宝台樹スキー場 駐車場特設会場  群馬県利根郡みなかみ町藤原3839-1   
       関越自動車道 水上インターからのご案内 

内 容 :● SLALOM  チャレンジコース・エキスパートコースを設定 
       パイロンコースを走行しタイム計測を行い、ベストタイムを表彰します。
     ・練習後、数本タイムアタック
     ・一般車両の参加も大歓迎です。
     ・見学のみでも結構です。


参加費 : ● SLALOM (車種は問いません/昼食付)
     クラブ員 9000円  ビジター 12000円  昼食付
      (9月15日まに申し込まれた方は、クラブ員・ビジター 共に1000円の割引有り) 
      (9月25日を過ぎて申し込まれた方は、クラブ員・ビジター 共に1000円増し)
      同伴者等 追加昼食代 1000円(昼食追加は7日前まで対応)


問合先 :ザ・クロス 雲越(クモコシ) TEL 0480-85-9250 

    立屋  征美 TEL 090-3243-9592

    小松原 孝司 TEL 090-7183-5546 

     S.O.C.J.                          


申込期間: 9月5日(水)〜 9月20日(日) 必着


今回も、2014、2015全日本ジムカーナチャンピオンを獲得している小林辰朗 氏と昨年も参加して頂きました長島美香さんを講師にむかえて走りのサポートを致します。

全日本ジムカーナ選手権 2015



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


 

概要、コース図、申込書につきましては【コチラ】からダウンロードしてご利用ください。

 

 



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

2018 Seven Day Brunch Meeting in 八ヶ岳 (信州原村) のリポート



全国のSEVEN仲間とBrunch Meetingを楽しみました!


 

 初夏の気持ち良い雲ひとつ無い天気に恵まれ、楽しいブランチミーティングを芝生の上で過ごしました。

 

 

    

 2018セブンデ-・ブランチミーテイングin八ヶ岳は、天候に恵まれた中で八ヶ岳・自然文化園にて行われ

 70台もの参加を頂き,盛況となりました。

  新緑の時期、「高原の芝生」の上で自分のセブンに見とれる人、他人のセブンを見て違いを楽しむ人、

 芝生の上でゆったりする人、それぞれが楽しい一時を過ごしました。

 

  

 SOCJ武田会長の挨拶。

   

 木陰のベンチテーブルで、気持ちの良いブランチです。

 今年のセブンデ-は食事を楽しみながら「チーム制によるクイズ」が行われました。

 クイズの内容はセブンにまつわるマニアックな問題であり、各チームにて侃々諤々と問題を

 解きました。チーム制でクイズを解くとの事で、初めて参加された方とのコミュニケーションも

 取れたのではないでしょうか? 

 

   

 カナディアンファーム特製デリバリーブランチです。コーヒーも付いて味もボリュームも最高!

 

  

  こちらが当日の参加記念品の、クラブオリジナルニット帽・記念プレートとプログラムです。

 

 

  

 抽選会の司会にはアランさん・小松原さんの2人で行われ、各チームの代表者が順位発表を聞き

 豪華商品?を戴きました。

 

 

 新たな試みとして、ドローンを利用した撮影が行われ、あらゆる角度からの映像が取れ

 出来上がりました。

 

 

 

 

  

 また、昨年に好評であった「バグパイプの演奏」が行われ、参加者全員がイギリスにいるような

 雰囲気を楽しめたのではないでしょうか?

 

 

 出店協力をして頂きました、三貴プリパレーション有限会社さんのスタンドには、レアものの

 商品もたくさん並んでいて、来場者もたくさん集まっていました。



 

 参加して頂きました皆様、ご来場頂きました皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 又、来年逢えることを楽しみに閉会と致しました。



 次回もSOCJのイベントでご一緒出来る事を楽しみにしています!

※ 今年は 9月30日(日)宝台樹でスラローム大会を予定しています。
  よろしければ是非ご参加ください。





 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ