第8回SOCJスラロームイン宝台樹 イベントリポート

2019.10.6

第8回SOCJスラロームin宝台樹 イベントリポート

 

早朝から所々でにわか雨の降る中、32台が宝台樹スラローム会場へ集まってき

ました。



会場である宝台樹の天候は曇り時々晴れの恵まれた天候の中スラロームを楽しむ

事が出来ました。


 

朝のブリーフィングでは新井副会長の開催の挨拶から始まり、

立屋競技長の競技進行・注意事項の説明、ゲストドライバー小林辰朗・長島美香

さんの紹介を行い完熟歩行となりました。

完熟歩行では2人のゲストドライバーのアドバイスを頂きながら行うことが出来

ました。


 

9:00 チャレンジクラス 87号車安藤選手より3本の練習走行が始まりました。

朝はミスコースする人もいますが、午後が本番の為、人それぞれ練習走行に励ん

でいました。

午前中に、小林選手・長島選手に同乗走行して頂きオーナーも目から鱗の体験が

できたのではないでしょうか?



 

12:00 ~ 13:00は昼食・完熟歩行の時間でオーナー同士の楽しい会話・

時間が過ごせたのではないでしょうか?


 

13:00 本戦がチャレンジクラスエキスパートクラスと始まり、各クラス共熱

戦いが繰り広げられました。


 

15:30 各クラスの表彰式が始まり、チャレンジクラスは関根選手が念願の

初優勝、エキスパートクラスは國生選手が優勝しました。

常勝の立屋選手がミスコースの為結果が残せずとの波乱もありましたが、

事故もなく無事終了しました。

 

 

 

 

最後に恒例のジャンケン大会で盛り上がり16:30に又、次の大会で逢えること

楽しみに閉会と致しました。


楽しい一日が終わってしまいまいたが、帰りもにわか雨に降られ疲れが出る中、

皆安全運転で帰られたことと思われます。


 

下記リザルトをクリックするとpdfが見れます。



 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

第8回 SOCJ スラローム イン 宝台樹  <ご案内>

第8回 SOCJ スラローム イン 宝台樹のご案内

2019.10.6(日)宝台樹スキー場 駐車場 特設会場でスラローム大会を開催

します。

本格的なジムカーナ競技ではなく、練習走行を中心とした走行会です。

また、皆さんとの情報交換や豪華な講師陣によるアドバイス等、ワクワクで

一日中楽しく過ごせると思います。

詳細は、別途申し込みをご覧ください。


 

 

初秋の高原に集まってSEVENと一日遊びましょう!

   

※ この写真は2017年に開催いたしました、宝台樹でのイベントの様子です。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□ イベント内容 ■□■□■□■□■□■□■□



日 時 :10月6日(日) 受付 8:30~ (スタート 9:30の予定) 雨天決行

場 所 : 宝台樹スキー場 駐車場特設会場  群馬県利根郡みなかみ町藤原3839-1   
       関越自動車道 水上インターからのご案内 

内 容 :● SLALOM  チャレンジコース・エキスパートコースを設定 
       パイロンコースを走行しタイム計測を行い、ベストタイムを表彰します。
     ・練習後、数本タイムアタック
     ・一般車両の参加も大歓迎です。
     ・見学のみでも結構です。

参加費 : ● SLALOM (車種は問いません/昼食付)
     ・クラブ員 9000円  ビジター 12000円  昼食付
      (9月20日まに申し込まれた方は、クラブ員・ビジター 共に1000円の割引有り) 
      (9月27日を過ぎて申し込まれた方は、クラブ員・ビジター 共に1000円増し)
     ・ 同伴者等 追加昼食代 1000円(昼食追加は7日前まで対応)

参加資格:普通免許以上をお持ちの方で走行マナー・ルールの守れる方

     ※初心者大歓迎です、お気軽にご参加ください。


問合先 :ザ・クロス 雲越(クモコシ) TEL 0480-85-9250 

    立屋  征美 TEL 090-3243-9592

    小松原 孝司 TEL 090-7183-5546 

     S.O.C.J.                          


申込期間: 2019年9月8日(水)〜 2019年9月27日(日) 必着


今回も、2014、2015全日本ジムカーナチャンピオンを獲得している
小林辰朗 氏

と昨年も参加して頂きました長島美香さんを講師にむかえて走りの

サポートを致します。

全日本ジムカーナ選手権 2015



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


 

概要、コース図、申込書につきましては【コチラ】からダウンロードしてご利用ください。

 

 



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

2019 Seven Day Brunch Meeting in 八ヶ岳 (信州原村) のリポート

日付    2019年5月26日

場所    八ヶ岳自然文化園

時間    09:00 ~ 12:00

 

2019 Seven Day Brunch Meeting in 八ヶ岳(信州・原村)

全国のSEVEN仲間とBrunch Meetingを楽しみました!

 

 

 

 

 

 2019セブンデ-・ブランチミーテイングin八ヶ岳は真夏を思わせるような日差

中、八ヶ岳自然文化園にて行われ、遠くは神戸・和歌山・三重からも集まり

51台もの様々なセブンの参加を頂き、SOCJ武田会長の挨拶によりスタートしまし

た。

 

 

 

 新緑の時期に高原の芝生の上で、自分のセブンに見とれる人、他のセブンを

違いを楽しむ人、芝生の上でゆったりする人、セブン関連商品を購入する人、

それぞれが思い思いの楽しい一時を過ごされました。

 

 

 今年もセブンデ-は新緑の中で食事を楽しみながら「チーム制によるクイズ」

が行われました。クイズの内容はセブンにまつわるマニアックな問題あり、

サッカーにまつわる問題ありと広範囲の問題に頭を悩ませ各チームにて侃々諤々

と問題を解いていました。チーム制でクイズを解くとの事で、初対面の方々と

のコミュニケーションも取れたのではないでしょうか?

 抽選会の司会にはアランさん・田代副会長の2人で行われ、各チームの皆さん

自分たちが何位なのか?ドキドキしながら結果発表を待っていました。


 


 

 

 

 また、好評であった「バグパイプの演奏」が行われ、参加者全員がイギリスに

いるような雰囲気を楽しめたのではないでしょうか?

 

 

 昨年好評だったドローン撮影も行われ、あらゆる角度からの、カッコイイ映像

ができました。

 

 

 朝早くから会場の設営に協力して頂いたクラブ員に感謝をすると共に又、

来年一緒に遊ぶことが楽しみになりました。

 


 

 

 

 出店協力をして頂きました、三貴プリパレーション有限会社さんのスタンドに

は、レアものの商品もたくさん並んでいて、来場者もたくさん集まっていまし

た。

 

 Fit Supportingの鈴木さん、参加して頂きました皆様、ご来場頂きました皆

様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 又、来年逢えることを楽しみに閉会と致しました。



 次回もSOCJのイベントでご一緒出来る事を楽しみにしています!

※ 今年は 10月6日(日)宝台樹でスラローム大会を予定しています。
  よろしければ是非ご参加ください。





 

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 





コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

2019 SOCJ SLALOM in 大磯ロングビーチ イベントリポート

10連休となったゴールデンウィーク最初の日曜日

大磯ロングビーチの青空のもと、ジムカーナの熱い戦いが繰り広げられました。

 

 2015年からスタートし、早や5回を数えることとなったSOCJ SLALOM in 大磯

ロングビーチ スーパーセブンを愛する猛者たちにとどまらず、

腕に覚えのある素晴らしいドライバーを含め、82台の参加をいただきました。

 

大磯ロングビーチ駐車場を大きく使った走りがいのあるコースが、

[challenge][middle][expart]で設定され、ドライバーを待ち構えます。

いつもながら、すべてのクラスで奥深く、そしてワナが隠された素敵な

コースです。

コースが広いので、派手に流してみせる走りをするもよし、いつもはできない

全開スロットルを試すもよし、地味に、でもタイムをしっかり刻んでニヤリと

するもよしと、楽しみ方いっぱいです。

 

本日は、いつもお世話になっているインストラクター 小林選手、長島選手に

加え、西野選手も参加いただき、圧巻の試走や走行レクチャーをしてもらいま

した。いつもながら、全日本ジムカーナドライバーを迎えてのイベント、

ほんとに豪華です。

  

開会式では、会長の開会宣言に続き、ジムカーナ走行の注意点が説明されます。

年2回のSOCJジムカーナイベント、続けていくことで、参加者も慣れてきた

感じがします。

 

午前中は、クラス毎の練習走行です。

インストラクター3選手の試走を参考にしながら、自分の走りを確認していきます。

コースに集中すると走りがもうひとつに、走りに集中するとコース上で頭が真っ

白にとジムカーナの洗礼を受けつつ、午後のアタックに向けて、各人集中です。

   

今回は、スーパーセブン以外のクルマも多数参戦いただき、し・か・も、

ガチの現役選手が、スーパーセブン勢を追い立てる展開になりました。

エキスパートクラス 練習1本目は、1~3位のタイムをセブン以外に独占

され、「大人げない」人たちの胸に火がついてしまいました。

 

練習2本目は、「もう本番だっけ?」と思えるような走りが、各クラスで展開

させてれました。

 

出店テントでは、お得なレーシングギアや、空くじ無しのくじ引きなど

協賛企業様にもイベントを盛り上げていただきました。

 

午後のアタックに向けて、否が応でも盛り上がる気持ちを、おいしい昼食で

いったんクールダウン。シュウマイがおいしい中華弁当に舌鼓。

 

し・か・し、やっぱり、みなさんクールダウンしてはいませんでした。

食事後の小林選手、西野選手によるタイムアップ講座は、

攻略法の質問が止まらない展開になりました。FF,FR,MR,4WD それぞれの特性と

走り方のアドバイスをもらい、午前の反省と午後の作戦に勤しみます。

 

その流れのまま、各インストラクターとコースを完熟歩行。

実際にパイロンを見ながら、進入の角度やスピード、ブレーキコントロールと、

ここでも質問は尽きません。

 

いよいよ、午後のアタック開始です。

タイムアタックは、3本走行のベストタイムで争われます。

 

前走者の走りが気になりながらも、自分のコースイメージを確認。

スタートを待ち、ステアリングを握る手にも、緊張の色がうかがえます。

 

午前以上に、嶋田さんのアナウンスが高らかに響き渡ります。

「ミスコースッ」「ミス クォ~~~ スッ」

そんなに高らかに連呼しなくても… そりゃ、間違ったほうが悪いけど、でも、

そんなに…

って言われたドライバーの心の声が聞こえてくるような。

  

はい、火が付いた人々の「大人げない」走りが、真剣に繰り広げられました。

キスパートクラス7位、ゼッケン82の走行風景です。車両はCaterham 7 KENTです。
SOCJ会員のSさん動画の提供、ありがとうございました。


タイムが読み上げられ、次々とタイム更新がアナウンスされます。

自分のタイムにも、他の選手のタイムにも、一喜一憂。

3回のチャンスが、あと2回、あと1回と減る中、

思い通りの走りができたひと、できなかったひと、

ぜーんぶミスコースしちゃったひとさまざまでした。

3本目のタイムは、表彰式までお預けです。

エキスパートクラス 2位、ゼッケン80の走行風景です。車両は Caterham 7 VXR です。
副会長、動画提供、ありがとうございました。



「タイムをアナウンスしたいよー」、「タイムをききたいよー」

もやもやを抱えつつも、3本のアタックは、全車無事終了です。

 

ラウンジにあがり、お待ちかねの表彰式。

チャレンジクラス、ミドルクラス、エキスパートクラスそれぞれで、

「8位、6位、5位、4位」「3位、2位、1位、7位」が表彰されました。

 


 


 


やっぱり7(セブン)賞は栄誉です。

下記リザルトをクリックするとpdfが見れます。

 

各クラス 優勝は、なんとかセブンがとれました。SOCJイベントの意地?

きっと、「大人げない」ひとの意地が勝ちを引き寄せたのでしょう。

いろいろな車種が競い合うことで、それぞれに新しい刺激が得られたことと

思います。

 

恒例のじゃんけん大会では、豪華賞品が飛ぶように勝者の手に。

じゃんけんでも、熱く熱く勝負しました。

  

会長より閉会のあいさつをいただき、2019SOCJ SLALOM in 大磯ロングビーチは

無事終了いたしました。

 

このイベントは、スーパーセブンオーナーはもちろん、スーパーセブンオーナー

でなくても参加できます。

参加者が多くなれば、その分、刺激や気づきが多くなります。

これからも、イベント盛り上げてまいりましょう。

 

最後に、

協賛いただいた

横浜ゴム株式会社 株式会社オリフラム プロジェクション

三貴プリパレーション有限会社 株式会社アクト・トレーディング

トタル・ルブリカンツ・ジャパン株式会社 有限会社ステージング

有限会社アブロード ダートフォード サマーアイプロジェクト

株式会社トワイス AUTO PRODUCE THE CROSS

会場協力いただいた

大磯プリンスホテル 大磯ロングビーチ

いつもイベント運営で多大な協力をいただいている

Scuderia・CeT(敬称略)

感謝いたします。

 

そして、ご参加いただいたすべての方に、感謝をお伝えします。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

2019 Seven Day Brunch Meeting in 八ヶ岳 (信州 原村) のご案内

※ 画像は2018年に信州原村で開催したイベントの模様です

 


全国の”SEVEN”仲間の環に加わってみませんか!


 

■□■□■□■□■□■□■□■イベント予告■□■□■□■□■□■□■□■

 

イベント名  : 2019 Seven Day Brunch Meeting in 八ヶ岳(信州 原村)

主   催  : セブン オーナーズ クラブ オブ ジャパン (S.O.C.J.)

開 催 日  : 2019年5月26日(日)9:00~ 雨天決行

開 催 地  : 長野県諏訪郡原村17217-1613 八ヶ岳自然文化園

                      (0266-74-2681)

      :雨天時 カナディアンファーム

           (0266-74-2741)

 

参加資格  : SUPER SEVEN での参加ができる方(年式・メーカー問わず)

スーパーサポーター : テレビ朝日スーパーJチャンネルレポーター アラン・ロア

エントリー費:一  般: 10,500円
       クラブ員: 8,500円

          (記念品・記念プレート・食事券・抽選会参加券を含む)

       同 伴 者: 5,000円(食事券が必要な方)

当日のイベント予定  ・ 参加車両の展示
           ・ Alain Royさん、クラブ員によるインタビュータイム
           ・ ゲーム、抽選会ほか

締   切: 5月13日(月)必着

問 合 せ : S.O.C.J.事務局 FAX 03-3971-2758



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


※ 本イベントの申し込みなどの詳細につきましては下記からダウンロードして

  ご利用ください。

  イベント概要・Seven Day ツーリング・宿泊 申込書


※ ご来場の際、開催場所付近では出来る限りお静かにご走行頂きます様ご協力

  ください。特に騒音に対し御心づかいをお願いします。

 


※ 本イベントに関する、取材・報道・写真・録音・録画及びそれらの使用・公表については主催者の権限であり、それらに伴う対価の要求は一切認めません。
※ 個人情報については、本イベント以外での使用はいたしません。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ