たくのわがまま風来記GOO

山の自然山の神秘自然への溶込みが爽快だ。

竹呂山から三室山へ

2018年09月06日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市天気予報 ☆山名検索 天気動画

 宍粟50名山新ルート(個人的)リンク

 30.09.06 木曜日 時、どき 

 

明日より雨模様が続くことで、ひとつでも登りたかった。

そこで今日の山行きは「天児屋山」としていましたが

情報によりかなり薮漕ぎ(笹)のようでしたので急遽変更しました。

行き先は、「竹呂山谷コース」から「三室山」です。

このルートも結構背丈の笹が立ちはだかり、登山道を

探しながらの葛藤登山でした。

 

車を三室高原広場に止め、道路を少し戻り竹呂山登山口へ

舗装された林道を上がってゆきます。

駐車場に着くとそこは石ころだらけで駐車はできません。

 

そこから谷コースへ進みますが、石がたくさん流れ込んでいます。

 

登山道自体はしっかり判別できますが、このオオバアサガラが

我がもののようにはびこる始末です。  手だけで軽く折れますが大変な数。

放置すけば大変なことに・・

 

葛藤しながら、植林地まで到達しました。 ここからは何とか先も見え、着実に

登って行けます。

 

そして竹呂山三室山をつなぐ稜線に乗り、気持ちのいい風も受けながら

緩やかに登っていきました。 気温は風もあり、温度計を見ると18℃です。

歩けば寒くはない感じでした。

 

展望がいいルートに出ましたが、なかなか! 笹やシダに往生します。

 

3カ所ほど、背丈以上の根曲がり竹で登山道が塞がれていますが、分け入ると

結構道がわかります。しかし注視しながら着実に登りました。

そして、やっと三室への分岐に着き、山頂はすぐそこです。

 

静かな山頂に到着。 兵庫県第二の標高ではあるも、登山の形跡が感じられません。

今日も我々だけでした。

 

今日はゴリラパットのカメラ三脚を持っていましたので、撮影しました。

 

登りに少し時間がかかったので、今日は30分ほどで昼食を済ませ、

正規の下山道で降ります。 下山口からもうすごい笹が大きくなっています。

 

下記写真を比べると、2018年は笹がますます成長しています。

 

伐採してある展望地まで掻き分け掻き分けの下山です。

そこを過ぎれば、スイスイでした。

 

毎回のごとく見事な「山上庭園」です。

 

特に注視するところもなく、駐車地に戻りました。

今日は急ぎ足でした。

 

今日の記録は、ロスも含め  8.1Km 4時間44分 約1.7Km/hで、速め歩きでした。

 

コメント

秋のような登山 「銅山」

2018年08月30日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市天気予報 ☆山名検索 天気動画

 宍粟50名山新ルート(個人的)リンク

 30.08.30 木曜日  

 

30-8-30今日はサンドイッチの日?? ではありませんが

暑さが少し低くなった今日でした。

来週は台風も近づくし雨の多い日が続くだろう。

と思いつつ、久しぶりの「銅山」953.7mに登りました。

豪雨で被害があるなら引き返そうと予定していましたが、

登山口まで車で到着できました。

準備しながら空は少し怪しそうな雲。 結果は一日中雨は降りませんでした。

スタートしましたが、登山取り付きまでの元赤銅鉱山の作業道は、

テープが張られていて、  これ以降は、

結構荒れていました。露岩、土砂崩れ、洪水にて道割れ。

歩くには問題なく登山取り付き点につきました。

おっとー! 立派な立ち姿ですね。 (^O^)/

これからずーっと登りが続きます。

でもいつもながら、ゆっくりと楽しく登ってゆきます。

なので体もそれほど疲れなく、暑い体に風をもらいながら休息を繰り返して

尾根筋へと・・

3カ所目の植林作業道を横切り上部へ、これが最後で尾根乗りします。

尾根に乗れば、緩やかな下り。

そして、最後の登りで山頂に到達しました。

ここは登山口とそんなに変わらず24℃でした。

ゆっくりと、食事を済ませます。 

今日は、ゴリラポッドと云う、カメラ三脚で木の枝に絡ませて取りました。

自動シャッターで極力お腹をへこませようとしましたが、その前にシャッターが

切れました。

 

そして、涼しすぎる冷たい風が吹き、秋を思い起こす山頂でした。

汗も引き下山にかかりました。

極楽尾根と言われるきれいな痩せ尾根が続き、春夏秋とも美景でした。

今年も花を咲かせてくれたであろうエビネがしっかりと根付いていました。

楽々な下山道を降りてゆきます。そして「大路峠」看板から、右の谷へと降りてゆくと

すぐに、源流プレートに出会います。 

揖保川の大量水もここからちょろちょろと出ています。

 

そんなに被害にもなく、駐車場に無事到着しました。

通算8Km 4時間50分 平均歩行速度1.6Km で

秋の涼しさを感じる登山ができました。

     ~end~

コメント

氷ノ山下見 

2018年08月27日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市天気予報 ☆山名検索 天気動画

 宍粟50名山新ルート(個人的)リンク

 30.08.26 土曜日  

 

久しぶりの氷ノ山でしたが、そんなに涼しくはありませんでした。

下見の目的は、坂の谷ルートの通信手段でした。

若桜町の調査はどのルートも「つくよね」地区との携帯電話か通じており

ポイントに表示をすれば終了で何の苦労もなく安全管理に役立てますが、

宍粟市は全く通信手段がありません。今までは無線を利用していましたが

不安定のため余り役には立てておらず、登山会などでは気になるところです。

たとえ通信が成立したとしてもその個所の説明は難しいところです。

問題は多々ありますが、氷ノ山だけではなく宍粟50名山ではたくさんあります。

登山者は自己責任としても登山届や明るい服装も気に留めるべきでしょう

最低でも地図とコンパスは必見と思います。およそ自分の居場所がわかれば、

何とかなるでしょう。 

坂の谷登山口

熊の住み家

殿下コース分岐

三ノ丸展望台

氷ノ山避難小屋

神大ヒュッテ (民間団体所有) 避難小屋にはならない

単なる登山だった   

三ノ丸から氷ノ山間参照 (c-7-----c-16)

                ~end~

コメント

登山道は飽きない 「千町が峰」

2018年08月18日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市天気予報 ☆山名検索 天気動画

 宍粟50名山新ルート(個人的)リンク

 30.08.18 土曜日  

 

暑いけど・・登りたい。

木陰が多いほどいいなー。

ゆっくりで、2時間ぐらいで山頂に・・お昼はゆっくりと(^ω^)

今日はあそこから登ろう!! 

 

広い駐車場に止めます。   木陰です。

そして、登山準備してこの鉄橋を渡ると、   もうそこは森林の中。

 

 登山道は青々と木々が茂っている割に、明るいルートです。

ぐんぐん登り (休み休み  ◠‿◠ )

そして草原(シダ)が多い道を登ってゆき、

 

 「弘法の池」に達しました。 ここは山上の池 枯葉で埋まってはいますが

水面から 苔が いっぱい生えています。 

時期になればモリアオガエルの繁殖地 毎年たくさんの白い卵塊を木からぶら下げています。

 

-----写真-----

ちょっと珍しい植物があったので、載せよう思いましたが、盗掘されますので

やめました。

 

さて、山頂  到着!

すがすがしい空。 もう秋の空ですね。

 

 山頂はたくさんの蝶々やトンボが舞っていました。

アセビの何を吸っているのだろう。  12cmぐらいの大きな キアゲハです。

何匹もたわむっていました。

 

 気温を見てみると、25℃ 乾燥はしてますね。

 

 トンボがたくさんいます。   うるさいぐらい。

涼しい山で育ち、9月過ぎれば民家に移動します。

♀なので茶色いですね、  ナツアカネより少し大きいのでアキアカネです。

                        ↑ 間違い、アキアカネです。<m(__)m>

 

北東には

今日も暑そうな 「氷ノ山」です。

先日の 「扇ノ山」はちょうどこの山の裏から眺めたところです。 

 

 そして、東には 「段が峰」が優雅な姿で招いています。

 

カメラ台になるものがありません。  どうして撮ったか・・・

また伝授します。(^^♪

彼女は胸が出て、私は腹が出ています。( ◠‿◠ )  :-)

 

 この山頂だけで下山もったいないので、無線小屋まで行きました。

ここから下山道はありますが下山後からの駐車場までは遠いため往復します。

 

 眺めも抜群です。 下方に基幹林道が見えます。ドライブがおすすめです。

中央の奥の薄い山は。。「笠形山」かな。

南の瀬戸内海は見えませんでした。

 

 復路で下山しました。 1組2人西脇から来られた方とお会いしました。

ゆったりと疲れない山歩き方は、山登りが楽しくなります。(*^^)v

 

駐車した場所は、炎天下だった。(;'∀')

本日登山タイムは、  6.5Km 5時間半でした。 内お昼は60分ぐらい

           ~end~

コメント

厳しい 「水剣山」 に登る

2018年08月11日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市天気予報 ☆山名検索 天気動画

 宍粟50名山新ルート(個人的)リンク

 30.08.11 土曜日  

 

こんな暑い日に? とも思いますが、結構植林の中、涼しいです。

ただ。低山のためそんなに気温は下がりませんが、山頂は23℃と一時的に涼しくなりました。

コースは、周回ですがこちらの方が歩きやすと思い決めた。(西尾根コース)

 

 ところがなかなか、どこまでも上り坂が続きます。ひんぱんに休みを入れながら

約3時間45分で山頂に立つ結果なりました。

まずは、鉄塔での展望がありますが、木々はすくすくと育ち、眺望もなくなりつつです。

千種方面が見えています。

 

 頑張って登ります。 明るくなったところで今度は東方面が見え始めました。

良く見慣れた山が目立っています「明神山」です。

一息つきまた、汗をかきながら登ります。

 

 ここは2つめのビューポイント。「屏風岩」です。 とくに展望だけですが

風が通り涼しい場所でした。

 

 やれやれやっと山頂到達です。

良く繁っています。 広い空き地でしたが登る登山者も減少してきて

灌木がはびこります。 涼しくなれば整備もしたいところです。

 

 山頂は25℃でした。

日陰で昼食しました。

 

 1時間ほどゆっくりし、下山にかかります。

下山コースはアップダウンが少なく、下れますが急でもあります。

このルートには巨木の「ツガ」があります。幹回りは2人の大人が手が繋がる大きさ。

幹回りは4mぐらい 高さは推測20m 約400歳ぐらいでしょうか。

 

 まだまだ元気で勢いがある様子でした。

さて、この稜線は山頂と、この「水剣槍」をつり尾根で繋がっており

鉄塔柱が両方にある。ここからの景色は南東が見渡せ里山の美しさが目に映ります。

 

 ここが808ピークの「水剣槍」です。

 

 下山はまだ三倍。下りが続きます。そして主尾根から支尾根へのルートは

先日の豪雨で登山道を砂利で不明瞭になっていました。

ここは注意して目印テープを探しながら下ることとします。

そして下山時間も2時間15分を費やしました。

 

 

水剣山の登山コースは、低山ですが時間がかかる難所で健脚者には登り応えがあると思う。

地図です。

   ~end~

 

 

 

 

コメント