横浜・凛

横浜F・マリノスと一心同体。
山瀬功治にぞっこん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

清水遠征 【お菓子杯】

2007年03月26日 | 横浜F・マリノス
今日になっても、疲労困憊感は抜けず。
汗をかく → 寒くなる → 汗 → 冷える、を繰り返した為と、
90分間ぶっ続けチャントで体力は使い果たした。

けど、ピッチ上の功治と幸宏を思い出すと顔が揺るむ~。
オオシとさかてぃのゴールを思い出すと元気出るわ。

久しぶりにあれだけの数のクロスが上がったり、サイドチェンジが観られたのは
幸宏が頑張っていたから。

良かった選手は使い続けて下さいね? 早野監督。
良かった選手は使い続けてね?
悪くなかったらいきなり干さないでよね!?
 半切れ

2点目追いつかれても、選手達は全く諦めていなかった。
「早く、行くぞ」、と他の選手を煽る功治と隼磨。

あと一歩の所で勝ち点3を逃した試合だったけれど、
広島戦までの1週間を元気に過ごすには十分、良い試合だった。

キクマリで正治さんが、功治の疲労とキレが無くなって来たことを心配していたけれど、
あれだけ毎試合、全力でやっていたら疲労も溜まるよね。。


人気サッカーblogランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ


コメント (4)

トレセン / ペルー戦【代表】

2007年03月25日 | 横浜F・マリノス
試合の前日なので、
軽いミニゲームでもあるかと思って行ったトレセン。

練習を観ながらあんなに笑ったのは珍しいかも。


ビブス組とビブス無し組に分かれて小さいゴールマウスを守る。。?

↓ ビブス組がみっちり隙間なく守る(?)。




対抗するように
↓ ビブス無し組もみっちり隙間なく守る(?)。




そのうちコーチが叫ぶ。「ゴールラインには二人だけっっ!」

シュートを跳ね返す度に、「ウ゛ェ~~ィッッ♪」
「Why~?」な大袈裟なジェスチャーがお茶目だったマイク。
至近距離から遠慮なくキョーシュー(キヨウレツシュート)を浴びて痛そうだったジロー。
妙なハイテンションで、奇声を発する那須くん。

いや、笑った。



夜は、とうとう俊輔が戻って来た代表戦へ。




ペルーがいくら2軍だって、
俊輔と佑二が出ている代表は最高に面白かったし。
こんなにわくわくした代表戦はトリバゴ戦以来。

いや~エフマリでも観たいよ、あんなサイドチェンジ。
俊輔の華麗なサイドチェンジの度に、「ぉおっ」とどよめくスタジアム。
6万人入った日産スタジアムは圧巻。
佑二は人が沢山入ったスタジアムが大好きなので、
きっと楽しかっただろうな。。

流石な俊輔のFK。
ひとつ位は流れの中からのゴールを観たかったところ。

大注目は俊輔と憲剛のコンビに、
俊輔とヤットの熟成コンビ。
試合後、兄弟のような俊輔と憲剛は仲良くしゃべりならが会場を一周。

これからももっと観たい、と思うような代表試合だった~。


さて、土曜日はめいっぱいパワーを充電したので
明日は清水だ!


人気サッカーblogランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

コメント (8)

大宮戦 (H)【お菓子杯】

2007年03月23日 | 横浜F・マリノス
功治を削り逃げした大悟に決められるなんて、


ああ。



先制されて、その後相手ゴールをこじ開けられない
あのパターン。



物凄い危機感がある。



選手のコメントから悲鳴が聞こえるような。



人気サッカーblogランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
コメント

トレセン

2007年03月19日 | 横浜F・マリノス
日に日に寒さが深まって参りましたが、もうすぐ真冬?
ぐらいに今朝は寒かった。

家を出る直前に見ていたサンデーモーニングで
代表戦のニュースの後にいきなり映った神戸戦。
大沢親分に「渇!」をいただき、
軽く鬱りながらMMへ。

フル出場組は軽いランニングとパス回しで終了。
他の選手達はミニゲーム。
ゴールが丁度観覧席側に置かれていて
ゴールがバンバン決まっているようなのに見えない見えない。


疲れた心にオオシの笑顔が染みる。




亞脱臼も治って元気な田代くん




陽介。
すぽるとで清水さんに
「新人はチームが良い状態の時に使わないと。」と心配され
ますます心配になって来た。。




「俺達の」ラッキーボーイ




人気サッカーblogランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
コメント

神戸戦 【第3節】

2007年03月18日 | 横浜F・マリノス
前半、良治さんの凄いボレーで追いついた時は、
10人でも十分やれると思ったのだけど。
先制されてそのまま逃げ切られるパターンにならないと思ったし。
10人の方が結束が固くなって良い方向へ転ぶことも多いし。

それが。
まさか。

後半、1得点でも返す気概が欲しかった。
衝撃を通り越して何だか心が麻痺している感じ。
せっかく陽介のデビュー戦だったのに。


新横浜駅、22時。
ガラーンとしたホームで神戸サポ7、8人のグループ。

私達を見つけるや、

「4-1? 4-1?」

「横浜、かましたわ~~」


傷口にたっぷりと塩とワサビを塗っていただき、どうも有難うございました。


人気サッカーblogランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
コメント (2)

FC戦 / トレセン

2007年03月14日 | 横浜F・マリノス
元気をもらいに有休を取ってトレセンに行ってきた。
今日はマツと孝行の誕生日。
ファンサに来た孝行にお祝い言えた。

土曜日のことは無かった事にしたいぐらい。
それでも何度も(一部抜かして)録画を見てしまったのは、
サイドを幾度もえぐる功治とか
ポストに阻まれたFKとか
ぎゅぎゅっとドリブルで上がっていく乾くんとか
ミドルを撃つ裕介が見たかったから。

昨季のJ2首位のFCの力を侮っていた訳では無かったし、
去年のPSMでのチームとは別物だと思ってた。
奥があんな形で移籍せざるを得なかったのが、ストレスの元凶。

90分出場出来るのね。 久保さん。
W杯選出から洩れて、その姿を見て号泣した私にとって
すっかり、きっぱり、さっぱり、今は赤の他人。
守備の堅いチームには絶対先制されちゃ駄目だよね。
あのゴールはアンラッキーだった。
でも主審がどんなに●▲でも、得点が取れないことには。


オフから既にスクランブル状態だったのに
今季希望の光のひとつであるアーリアが骨折とは。。ぁぁ

今日の練習で面白かったのは最終ラインからの攻撃の構築。
長々と白板で説明があった後、
何度も何度も繰り返して練習してた。
DF陣はお那須、佑二、勇蔵に隼磨。
ボランチは竜二と良治さん。


元気いっぱいの勇蔵で安心した。
神戸戦は大丈夫そう。




同じ位の大きさに見える。。(?)




今日も元気で嬉しい、功治。




平日にも関わらず観戦者の数が増えててびっくりしたけれど、
そうか、世の中は春休みだった。


人気サッカーblogランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
コメント (6)

甲府戦 【第1節】

2007年03月04日 | 横浜F・マリノス
功治!

功治が無事に開幕戦を迎えられた事だけでも幸せなのに、
キレキレであのゴール。
これぞ功治の、なゴール。

Jデビューのアーリアがフル出場するとは~!
18歳であれだけ背があって理想的過ぎな、
待望の待望の待望のボランチの誕生。
後ろから佑二、勇蔵、竜二、アーリアって、た、高い。

“ハマのダル”長谷川鮮烈デビュー

『ココリコ田中直樹似の顔を初々しくほころばせた。』

OZMarinos見てたでしょ。


前半の半ばまでは面白い程の攻撃ぶりだったのが、
一転ボールは回されるは、ハラハラし通し。

それでも1点を守り切って勝てたことは大きい。
ロスタイムで追いつかれて、なパターン脱却。
後半、その1点を守り切るのかもう1点取りに行こうとしてるのか
良く分からなかったけど。
後半、ダレて来た時に乾くん投入が見たかった。

素敵よ、鈴木さん。
練習試合から観てたけど、その献身的な姿。
2節のダービーに出られなくなったことは本当に残念。。

まだ慣れない4バックになっても堅守なDF陣。
アーリアはユースで4バックだったし、やり易いのでは。

「攻撃的」を掲げているのに1得点は寂しかったけど、
どんな時でも勝ち点を拾うのが大事。

船は出港したばかり。


横浜山瀬功が07年1号弾/J1【日刊スポーツ】
ルーキー長谷川 J最速アシスト【スポニチ】


人気サッカーblogランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
コメント (8)