横浜・凛

横浜F・マリノスと一心同体。
山瀬功治にぞっこん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブラジル戦ー進化論

2005年06月25日 | 日本代表
日本代表は、 世界王者ブラジルをびっくりさせた!


23日、日本時間3:45amからキックオフだったブラジル戦。
直前まで、『ブラジルは、決勝リーグの為に選手を温存する。』と、
ふざけた事を言って、主力選手を出さない様なことを言い、
「ぐぞ~~っ なんて日本はなめられてるんだ~~! o( =□=) o
けっちょんけっちょんにして、
主力を引きずり出してえ~!」と、思っていたら
試合直前のブラジル代表スタメン発表。

ロナウジーニョ (バルセロナ所属  スペインで第1位チーム)
ロビーニョ   (R.マドリード移籍?  スペインで第2位チーム)
アドリアーノ  (インテル所属 イタリア第3位チーム)
カカ      (ACミラン所属 イタリア第2位チーム)
   
。。

めっちゃ、やる気じゃん。。 
本気のガチンコメンバーじゃん。。 (^_^;)

後日談で、ロナウジーニョが監督に直談判したらしい。
現時点のベストメンバーで臨まないのは、
ブラジルの英雄ジーコに失礼だと。(そうだそうだ

ブラジルのパレイラ監督の試合前のインタビュー
『ジーコが蹴る訳じゃないから大丈夫。ぶふっ』
なんじゃ、このおっさんは。笑えないよ。

この試合ほんと正直、日本はどうなるかと心配だった。
(期待度20%:不安度80%)
だって、相手はFIFAランキング、世界1位のブラジルですよ?
前のワールドカップ、優勝国ですよ?
サッカー大国、ブラジルですよ? (シツコイ
点数取れるチャンスなんて、果たしてあるのかと。

試合開始10分。

(・"・)

あっけなく、あっさりとブラジルが1点を取った。
まさか、いいようにどんどん点数を重ねられる。。?
と、すごい危機感。
開始数分で、幻と消えた加地さんのゴールの天国から地獄。

でもね。
俊輔がやってくれたよ。。

前半26分。
多分、ゴールキーパーも思いもよらない、
(観ている人達も、私も思いもよらない)
目の覚めるような、長距離弾頭のようなミドルシュート。
福西からのパスを俊輔がトラップした瞬間、
ゴールから30メートル離れた場所から、
利き足である左足で蹴ったボールは、
ゴール直前で、くっと落ちるカーブを描いてネットを直撃した。


朝もやのご近所さんに響き渡るほど、私は奇声を発したに
間違いないです。


1-1としたものの、前半2点目を取られてまたもや追う立場に。

後半43分
俊輔のフリーキックはゴールの枠に当たったけれど、
それを大黒が逃さずに、ごぉぉーーーーる!

俊輔は、ブラジルの壁をジャンプさせない絶妙のタイミングと
助走を少なくして、球筋を読ませないようにするテクで
ブラジルを動きを完全に封じた。

日本は、何度も得点チャンスを掴んだけれど、
2-2の引き分けになってしまい、
決勝リーグには出場は出来なくなってしまった。

王者ブラジルの肝を冷やした日本代表は、
ドイツ人観客が、日本人サポーターと共に
【ニッポン!】コールを叫ぶ中、
世界の舞台で日本のサッカーを魅せてくれました。

この試合は、予選リーグ中で一番凄い試合
(Best Match)だと言う認定までされた。

ロナウジーニョには、
『日本にあんな背番号10がいるなんて。。』と
絶句させたのでした!

ドイツ紙に『日本はあと一歩でセンセーショナル!』と報じられたほど
世界を、「あ゛っっっ (@@;」と言わせた事はやっぱり爽快!

今回の大活躍でマスコミは、持ち上げて大騒ぎだけれど
結果的には準決勝に進めなかったという事実は大きいので
慢心にならず、このまま来年のワールドカップに向けて
レベルアップして欲しい。

今回の凛的MVPは、やっぱり俊輔。
FIFAも、俊輔を2試合続けてMVPに選びました。
【もっと観ていたかった選手】投票でも俊輔が1位になってたり。
FIFA公式HP

最近では、一番調子が良かったように見えたキレキレの体。
最強国とやり合える事がすっごく楽しそうだった。
それでいて、世界の檜舞台で結果を出す実力。


お疲れ様でした、日本代表。

この数週間

休む暇も無く、ワールドカップ予選(バーレーン、タイ)
からコンフェデレーションカップ(ドイツ)へと、

いくつもの劇的なドラマを見せてくれて本当にありがとう。


人気サッカーblogランキングへ
コメント

ギリシャ戦、ばんざい!!

2005年06月19日 | 日本代表
昨夜未明コンフェデレーションズカップ、欧州王者のギリシャとの試合がありました。

。。


勝った~~~!! (ノ_<。) ウレシナキ


俊輔も、大黒も、福西も、ヒデも、加持さんも、
みんなすっごく良い動きをしてた。
日本が欧州チャンプを破ったのは始めてことだって。

正直、勝利の期待は殆どしていなかった。。。
メキシコにいいようにやられてしまったので、
まさか、欧州王者に今の状態じゃ太刀打ちできないと思ったし。。
それが日本のシュートのチャンスも沢山作られていたのですよっ。

『あっあっ 玉田~~ 
そこで入れてほしかったなぁ~ (^_^;)』 みたいな。


ギリシャは、主力メンバーが怪我等でいないのと、
ブラジルにコテンパンにやられたせいか
ものすごく元気がなかった。

まぁ、メンバーがいないというのは、
日本だってDFの要の中澤も、小野くんも、
(高原も)いなかったのだしっ。

日本代表はメキシコ戦でのとは同じチームとは思えないほど
早いパス回しで、ギリシャを振り回してた。
シュートのチャンスは前半に何度も訪れっっ。

『あっ。 玉田~! 
FWならそこで入れないとっ。 (+_+)』 みたいな。


ヒデがどっしりとボランチとして
ゲームメイクをしていたので、
俊輔は小笠原とのコンビネーションを取りつつ
チャンスメーカーの役割をちゃんと果たしてました。

前半38分のカウンターというか、速攻。
俊輔、柳沢、玉田が3人並んでゴールに向かって疾走した時、
まさに鳥肌ものだった。

でも。。
 
『あ゛! そこは入れてくれなくっちゃ!
(# =□=) <  玉田ぁぁ~~! 』 なんで。



何度チャンスをもらえばいいと思ってけつかr。。。 (一体誰


俊輔はこの試合でマン・オブ・ザ・マッチをもらった!
派手なプレイは無かったけれど、
見てる人は見てるんだなって思ったし
今回の凛的MVPは俊輔にあげたいっ。(≧∇≦)
もう、気迫がメキシコ戦とぜんぜん違ったもの。

メキシコは、世界の王者ブラジルを破ってしまったらしい。。
そんなにすごいチームだったんだ。。??
ってことは、日本がブラジルに勝利する確立もあるわけで!! (ェエエ

なんたって、ブラジルの英雄ジーコが率いる日本と、
彼の母国ブラジルの対戦だよ??
あぁ~!水曜日が楽しみ~! ヾ(≧▽≦)ノ"


おまけ: 玉田。。ごめんね。 ネタにしちゃって。 
すごい頑張ってたよね♪ (^_^;) っとふぉろー。



コンフェデレーションズ・カップ 日本 vs. ブラジル
22日(水)未明  3:45AM(23日) ドイツ・ケルンにてキックオフ

なんじゃ、この時間帯は。。
夜寝して、3時ごろに起きないと。(+_+)



人気サッカーblogランキングへ
コメント

メキシコ戦

2005年06月17日 | 日本代表
メキシコは強かった。

初盤はほとんどメキシコペースで
ボールをキープされていたけれど、
そのうち、日本も自分たちのペースが出来てた。
調子も良さそうだったと思う。

でも。。何といっても辛かったのは。。
心を鬼にして書くけれど
今回の俊輔は、日本チームのリズムを絶つ場面が
多かった気がする。。

もちろん、的確な早いパスを出す場面も多々、あったけど
そんな良さを打ち消してしまうほど
ボールを取られる場面が多く、体のキレもなかった。
余りにも痛々し過ぎて、
早めに交代した方がいい、とさえ思った。
なんだかヤケになっていた。。?

というか、ジーコに守備はしないように
試合数日前に言われていたのでは。
でも、トップ下と思えないほど守備にも駆け回っていたなぁ。。

試合後のコメントでは、
チームを客観的に見た感想のみを述べてた。
今、まだ腰の調子が。。と、云々書いても、
言い訳だとマスコミに言われるだけだろうし
それで良かったと思う。

試合後の反省や疑問を「ジーコへの造反・批判」としてしまう
まるで女性誌のノリのような報道もあったけれど。
それは○刊●ジ。
サッカー報道のモラルを下げるウジ虫め。

前回のW杯の代表落選で、
俊輔は一度も批判もせず、ひとのせいにもしなかった。
『自分の力が足りなかったからだ。』と言っていた。
そう信じないとやってられなかったのだと思うけど。
そんな俊輔だからこそ、私は応援しているし。

今月、3日のバーレーン戦からは、試合には出ていなかったし
それで2週間かかっても調子が戻らないなら
右膝を痛めた中澤のように、無理しない方が良かったね。。
その采配をしたのは監督のジーコだけれども。

絶不調だったと言うことは、
本人が一番分かっていると思うし、くやしいだろうと思う。
その不調は俊輔だけじゃないよね。
チーム全体で調和が取れてなかった。
ヒデ。。ちょっと前に出過ぎてたよね?
何故か、俊輔と小笠原が後ろにまわってたし。

あ~なんだか無念。


人気サッカーblogランキングへ
コメント

コンフェデ(ドイツ)

2005年06月15日 | 日本代表
今日からドイツで、
コンフェデレーションズ・カップが開幕。
来年のワールドカップの前哨戦として
今の日本代表がどれだけやれるのか? 
ものすごい注目が集まっているはずっ。

5大陸の王者+開催国のドイツが激突するこの大会は、
去年の夏、日本が中国で開かれたアジアカップで優勝したからこそ
出場出来る、貴重な大会! \(^o^)/

アジアカップ後、宮本主将のインタビュー、
『日本の敗戦を望む観衆に、
勝利の背中を見せながら帰国してやろうと思った。』
という言葉がすごく格好良かった。

【12億人のアウェイ】と呼ばれたアジアカップ。
君が代が流れると嵐のようなブーイングに
掻き消されて聞こえなくなった。

でも、
選手たちは、反日感情を逆に発奮材料にして勝利をもぎ取った。
毎試合、酷暑と湿気の中逆転に次ぐ逆転劇。
相手がブラジルだろうと、何処だろうと
あの粘り強さをまた見せて欲しいって思う。

今回、鉄壁のDFの中澤と、MFの小野くんが
いないのがすっごく不安だけれど。

日本が戦うグループリーグBには、
南米の王者ブラジル、
欧州の王者ギリシャ、
北中米王者メキシコ。

俊輔は、だいぶ腰の状態が良くなって来て
1トップの柳沢とのコンビネーションが楽しみ。(^^
【日本】を背負い過ぎて、
気負いすぎずに試合を楽しんで来て欲しいです。


コンフェデレーションズ・カップ 日本 vs. メキシコ
6月16日(木)深夜 25:00 (ドイツ ハノーバーにて)キックオフ


人気サッカーblogランキングへ
コメント

おめでとう!日本代表

2005年06月09日 | 日本代表
昨夜、とうとうサッカー日本代表が
来年のワールドカップ出場を決めたね!

自国で開催のため、予選を免除された4年前と違って
イチから自力で予選を勝ち上がっていかなければならないのと、
今回始めて日本代表が直面した
『海外組』、『国内組』と呼ばれるグループの融合の問題もあって
不安材料は尽きなかったけど、
なんだかんだ言っても、やっぱり目標はひとつなのだし
勝利目指してなんとか、まとまって来てた。

今回の凛的MVPは、
FWの柳沢と、大黒~~! 
FWがゴールを決めることが、こんなに爽快だなんて!(笑)

試合前から、柳沢と大黒の2トップが見たかったので
後半に大黒が出てきた時には、「やったっ!」 って思った。

柳沢は。。やっぱりかっこいいかも。 
華があるというか、あの切れ長のきつめの目も、
真っ白な綺麗な歯並び(マニアック?w)も、さらさらの髪も
かっなり好みですっっ。(ぉぃ

あっ 俊ちゃん。 もちろん、私は俊ちゃん一筋だからっっ (^_^;)

大黒は、ガンバの元気印って感じ。
大黒が入ったことによって、
日本の攻撃本能が息を吹き返したって感じだったけど
前半の鈴木との動きの差に、北朝鮮が翻弄された?
そうなら、VIVA鈴木!じゃないですか。 (?

後半、ロスタイム中に起こったことについては、
残念だ、としか言いようがないね。。
え?あわや乱闘?プロ野球じゃあるまいし、と言う一幕。

事の発端は、北朝鮮の選手が田中に両足で、
危険なスライディングをしてきたこと。
倒された田中の両足が、その選手の顔を直撃。
それが意図的であったのか、偶然であったのか
田中だけが知っていると思うけど。

顔を蹴られた北朝鮮の選手が、逆上。
なんと、ピッチ上で田中を蹴る、という暴挙に。。。
もともと、始めに危険プレイをしたその選手に
カードが出る雰囲気だったけれど
結局、一発退場のレッドカード。
勝利の爽快感に、一瞬、陰を落とす一幕だった。

ただ、
田中が蹴られた瞬間、
仲間を助けるために飛び出していった中澤に
惚れそうでしたっ。(ぉぃ
 
ぁっと、、俊ちゃん。私は俊ちゃん一筋だってば。。(^_^;) 


そして、もう一人。
ぎりぎりのラフプレイの多い、福西。
彼のあの気の強さも(エルボースマッシュも)
かなり好きさ。代表ではね。

今回は、イランvs北朝鮮戦での
北朝鮮の態度への制裁、ということで
第3国での無観客試合だったけど
試合を見られないにも関わらず、
スタジアムの外で声援を送っていたサポーター達。
実際のプレイを見られないで、スクリーンでなのに
国立競技場や他のパブリックビューイングに集まった
何万人ものサポーター達。

サッカー以外の、どのスポーツに
こんなに熱いサポーターを持つスポーツがあるだろ。。?


人気サッカーblogランキングへ
コメント

勝利の雄たけび

2005年06月08日 | 日本代表
嬉しい~~~!! (≧∇≦)


今夜はきっと、眠れない~~~!! 
(≧∇≦)(≧∇≦)

詳しくは明日っっ(ぉ

コメント

バーレーンに勝った♪

2005年06月07日 | 日本代表
金曜日の深夜のW杯最終予選、
日本 vs バーレーン戦
アウェイだったけど、日本は勝った! 
というか、自国での試合だっていうのに、
バーレーンの選手が先にばててたって、一体?!

個人的には、ヒデと中澤にMVPを上げたい。 

ヒデは、しばらくイタリアでの公式戦に
出場させてもらえてなかったので
予選に出るにはコンディションがどうの、
と色々言われていたけど、
さすが! ヒデは真のプロフェッショナルだった。。

ミスがかなり少なかったのじゃないかと思うし、
【絶対勝つ】という闘志が物凄かった。 まさに闘将。
ヒデを使わないフィオレンティーナの監督は、タコだすね。

佑二は、まさにアジアの壁って感じで。
ことごとく、バーレーンのFWを前に行かせなかった。
すごく安心して見ていられた。
欧州でもきっと活躍出来るんだろうな。。

今回は、試合の前から選手の顔がなんとなく明るかったし
チームの雰囲気は良かったのかも。

で、肝心の俊輔。
始まり5分に倒された時に腰を痛めたらしく、
CKもAlexに譲ってた。
見たかったのに~!俊輔のCK。

ハーフタイムの時に、腰をテーピングでぐるぐる巻きにして
後半の交代もその時決まっていたらしい。

いつもの華麗なFKも見られなかったけれど
守備にも良く走り回っていたし 
(ドリブルは取られて欲しくなかったけど)
ワンタッチのヒールで小笠原にパスしてそれがゴールに繋がったのは
さすが、俊輔だった。

小さかった体格をカバーする為に
腰を使ってのキック練習を子供の頃から繰り返してきたせいで
慢性的な腰痛を抱えているのだから、
水曜日の北朝鮮戦は出られないことだし、
ゆっくり静養して欲しい。

6月中旬からは、コンフェデレーションズ・カップが始まることだし。

でも。。あの意味不明なイエローカードは何だったんだ。。 (--
Alexに出ちゃったのは納得だけど。
俊輔の、ボール持って歩いた数歩なんて【注意】で済まされることなのに。
ヒデのなんて、ごく普通のファウルだったのに。

アジアカップのヨルダン戦と同じだった審判さん、
日本のMFを潰さないで下さい。

ワールドカップアジア地区予選 日本 x 北朝鮮
6月8日(水) 19:35 キックオフ (タイにて)

人気サッカーblogランキングへ
コメント

初・ぷろぐ始めます

2005年06月01日 | サッカー関連その他
別の場所で日記を公開していたのですが
サッカーの話題が多くなって来たので
その部分だけ取り出して
サッカー用のブログにすることにしました。 (^^ゞ

日記を移したのは7月20日。
それ以降は、このブログに直接書き込んでいます。

読みに来ていただける方はいるのかな?
皆様、よろしくお願いします。
コメント